光GENJI ローラーパニック

【ひかるげんじ ろーらーぱにっく】

ジャンル アドベンチャー
裏を見る
対応機種 ファミリーコンピュータ ディスクシステム
発売元 ポニーキャニオン
発売日 1989年3月20日
定価 3,200円
判定 クソゲー
ポイント 顔が全員ほとんど一緒
主人公設定無意味
ふざけているセリフ
手抜きなED


概要

1980年代後半~90年代前半にかけて凄まじい人気を誇ったジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループ「光GENJI」とタイアップしたアドベンチャーゲーム。
光GENJIはローラースケートを履いて歌い踊るパフォーマンスで人気を集めたグループで、主人公を設定する際のデフォルト性別が女性だったりパッケージの外観がCDケースと同一だったり、付録に占いカードが付いていたりと、 光GENJIと一緒にアドベンチャーしたい女性ファンをターゲットとしていた様子。
パッケージ専売のみで、ディスクソフト恒例の書き換え販売はされなかった。

ゲーム内容

  • ゲームシステムは、オーソドックスなコマンド総当たりのアドベンチャーゲーム。
    • 光GENJIのローラースケートが全員分奪われてライブを開催できなくなってしまったため、メンバーと共に犯人を捕まえるという粗筋。
      • ゲーム内容は、下記で説明するアドベンチャーパートをメンバー7人分プレイすると言うもの。全員のローラースケートを取り戻すとエンディング。
    • ちなみに、オープニングで登場するドームには「光GENJI」と書かれている。つまり、光GENJI専用のドームらしい。

問題点

  • 設定、ストーリー周りが既にツッコミ所満載。
    • 粗筋は上記の通りなのだが、警察はどうなってるんだとか、なぜ一般人のプレイヤーと光GENJIのメンバーがコンビでローラースケートを探すのかとか、代わりのローラースケート用意すればいいだけじゃないのかとか、ツッコミどころしか無い。
      • 7人分のローラースケートを盗んだのがそれぞれ別人。警備甘すぎだろ…。
      • ちなみに、犯人の顔は全部一緒。手抜きすぎる…。
    • 同じようなアドベンチャーパートを7人分繰り返すだけで、ストーリーらしいストーリーは存在しない。
    • 似たコンセプトの『TM NETWORK LIVE IN POWERBOWL』もかなりトンデモな導入部だったが、あちらはストーリーがしっかり形になっていた。
  • ファミコンなのを考慮しても全体的にグラフィックが酷く、キャラクターの目が死んでいる。この手の版権ゲーとして致命的では……。
    • 光GENJIメンバーの描き分けが明らかに不足しており、タイトル画面で表示されるメンバーの顔はほとんど一緒。かろうじて、センターが諸星和己氏だと判る位。
    • 一応、服の色の違いで光とGENJIのメンバーを区別しているらしいが、それ以外で判断できる材料が無さ過ぎる。
    • アドベンチャーパートの顔グラフィックはまだ描けている方。しかしメンバーがローラースケートを取り返してもらって感謝の言葉を述べる際の顔が白目を剥いているようにしか見えない
  • エンディングでは彼らの代表曲「ガラスの十代」をバックに光GENJIのメンバーがローラースケートで踊る様子が流れるが、手を振っているのみで身体が一切動かないまま左右に平行移動するだけ
    • メンバーが一人ずつ中腰で手を振りながら右へ平行移動し、七人目*1が画面から消えた瞬間全員が同じポーズで一斉にスライドしてくる様子はシュール過ぎて笑える程。
    • そもそもこのエンディング、オープニングと大して変わらない。苦労してクリアしたのにタイトル画面と同じような演出を見せられるだけである。
    • そして案の定、それ以外のエピローグやスタッフロールは無い。オープニングと大差無いエンディングが終わると、今見たばかりのエンディングと大差無いオープニングが始まる訳である。
  • 最初に主人公の性別・名前だけでなく、生年月日・血液型まで入力させられるが、途中の胡散臭い占いのためにしか使われない。
    • エンディングで言うメッセージを入力することもできる。好きなアイドルに任意で甘い言葉をささやいてもらう、と言う恋愛シミュレーション要素だと思われるが、変なところばかり凝っているのはこの手のゲームの典型か。
  • 説明書にはゲーム説明として、「パートナーの光GENJIがいろいろとたずねる内容を聞いてきますから、光GENJI感覚で質問してください」と書かれているが、何を言ってるのかさっぱり意味がわからない。
  • 肝心のアドベンチャー部分は、投げやりな上に作業じみている。
    • 「情報収集→犯人見つける→スケート靴を取り返して感謝の言葉を言われる」という作業を、各メンバーずつ合計7回行わなくてはならない。
    • 選択肢は常に「きいてみれば」「あげてみれば」「みせてみれば」の3択。さらに内容を4択で選んで決定する。
      • 「きいてみれば」は、「てがかり」「はんにんのこと」などの他、「しごと」「とし」などが混じっている。そんなことしとる場合か。
      • 「あげてみれば」は、「ひめい」「まごころ」などの他、「チケット」「おかね」や「チップ」などが混じっている。どう見ても賄賂です、本当にありがとうございました。
      • 「みせてみれば」は、「やるき」「ポスター」などはまだまともな方で、「おにぎり」「おへそ」などが混じっている。通行人におへそ見せてどうするんだお前は。
      • 項目内の項目に「あれ」「それ」「これ」とか適当な項目が出現することも。
      • 説明書の表現だと、これらが光GENJI感覚という事になるが、果たしてメンバーはどう思った事か。
  • 目撃証言(らしき言葉)を集めて犯人のいる場所に着くと、突然「わたしが、はんにん だよ。スケートを、かえすよ」と犯人が自白して解決する。
  • プレイヤーを舐めているとしか思えない台詞を質問相手が連発。
+ 例えば某所で犯人のことを聞くとこのザマ

評価点

  • 「憧れのアイドルと一緒に過ごす」というファンの夢を叶えてくれたところ。

総評

表現の限られたファミコンとはいえ、グラフィックやストーリー等があまりにも酷い。出来の差の激しいタレントゲームとはいえ、質の低さは擁護できないものがある。
「憧れのアイドルと一緒に過ごす」というシチュエーションを妄想する材料としてファンには受け入れられたかもしれないが、逆にファンだからこそ人を嘗めたようなテキストや似てないグラフィックに怒った可能性も否定できない。

余談

  • ジャニーズ事務所は非常に肖像権管理に厳しいことで有名であり、恐らくそれに関連してだろうが、本作以降ジャニーズ事務所はゲームと距離を置くことになる。
    • 表立って公言されている訳ではないが、多数のアイドルが所属するにもかかわらずその後約30年間、ゲームとは楽曲提供ぐらいでしか接点がない状態が続き、『遊☆戯☆王』シリーズの武藤遊戯のボイス変更など、「ゲーム関連の仕事を受けない」傾向が明らかに見てとれた。
    • その後、2018年にジャニーズが所属タレントの写真利用を認めるなど、統制を大幅に緩和。同年には元SMAPの木村拓哉氏が主演するゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』が発売される。
  • 当時を代表する音楽番組『ザ・ベストテン』では、このゲームについて司会の黒柳徹子氏がメンバーの諸星に質問した際に「中身なんて無いですよ」と答える逸話もあった。
  • またメンバーの大沢樹生氏は後に自著『昨夜未明、大沢樹生が死にました…』にてこのゲームの名を出し「売れなかった」と明言してしまった。
  • 現在、光GENJIは解散して全員ばらばら。新たな才能を発揮して仕事をしている人もいるが、覚醒剤で2度捕まったり、息子が実子か否かで泥沼の裁判沙汰になったり、河童の真似をやったりと結構悲惨な運命を辿っている人も。
    • しかも、初期のヒット曲を多数手がけたミュージシャンも薬物で捕まっており、なかなか良いニュースには恵まれていない。