修正依頼」が出ています。対応できる方はご協力をお願いします。


いただきストリートWii

【いただきすとりーとうぃー】

ジャンル ボードゲーム
対応機種 Wii
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 AQインタラクティブ→マーベラスAQL
(吸収合併に伴う継承)
発売日 2011年12月1日
定価 5,800円(税別)
判定 クソゲー
ポイント イカサマCPU
テンポ・操作性最悪
悪い意味でシンプルすぎる内容
「1人で遊ぶ」モードではなんと、Miiしか使えない
いただきストリートシリーズリンク
ドラゴンクエストシリーズ関連作品リンク
マリオシリーズ・関連作品リンク


概要

  • サイコロを振って盤面を巡りながら資産一位を目指すボードゲーム『いただきストリート』(いたスト)シリーズの一作で、シリーズ20周年記念作品。
  • 同様に『ドラゴンクエスト』シリーズ25周年記念作品、マリオ生誕30周年記念作品でもあり、最近のいたストでは恒例となった他ゲームとのコラボレーションが行われている。
    • 『ドラゴンクエスト』シリーズの参戦は通算4度目(携帯電話用ゲームを含めれば5度目)、マリオシリーズの参戦は『いただきストリートDS』に続いて2度目。
  • いただきストリートシリーズでは初めて、海外でも発売が行われた。
  • Wiiは『マリオカートWii』『Wii Sports』などに代表されるパーティゲームでの高評価が有名であり、本作もWiiのパーティーゲームとして期待されていたのだが……

問題点

最悪なテンポ

  • マップ俯瞰時に、カメラワークの高速移動ができない。
  • 演出が無駄に派手。当然カットは不可能
    • お店関係のイベントは、一軒ごとに演出を見せる。
    • ワープのエフェクトが従来より時間がかかる。
    • 金の流れをいちいちロール表現。
    • 行動の間やウィンドウを閉じる時に、変な間が空く。
  • あまり必要ない部分に派手な演出があるのに、必要な情報が出てくる所では間がないため、ゲームスピードを「最速」にすると必要な情報がほとんど見られない。
  • 競売時、競りのコールが10G単位のみ。

操作性

  • 斜め入力が必要な機会が多いのに斜め入力しにくい。
  • GCコントローラ・クラシックコントローラは未対応。ヌンチャクは対応しているものの焼け石に水。
    • しかも本作はWiiリモコンとヌンチャクによる直感操作を使わないため、GCコン・クラコン非対応にするメリットがない。
    • そのためか、ボタン設定が大幅削減されている。おかげで、10株売りなどが1ボタンでできなくなってしまった。
  • コントローラー設定も「1人1つ」か「みんなで1つ」しかない。
    • 例えば、四人で遊ぶにはリモコン4つ揃えるか、リモコン1つを使いまわすかのどちらかしかできない。
      後者だとただでさえテンポが最悪にも拘らず、リモコンを使いまわさないといけなくなるのでテンポがさらに悪くなる。

システム関係

  • 「1人で遊ぶ」「対戦モード」では、Miiしか使えない
    • しかもイメージカラーはMiiごとに固定。そのためイメージカラーが同色系のMiiが2人以上いると、わかり辛くなる。
    • 「みんなで遊ぶ」では、マリオシリーズとドラクエシリーズのキャラを使用できるが、キャラの特徴を生かす演出があまりない。
  • 複数人で遊ぶ場合はこれまでのシリーズでできた対戦中のセーブができない。戦績も記録できない。
    • しかも途中で終了条件が変更できないので、最初の設定通りに終了しなければ終わることができない。
    • 戦績に関してもCPUとの対戦成績・マップ別の順位・ベストテンなど削除されている。
  • 着せ替え、ショップ等のUI周りが雑。
  • Wi-Fi対戦は出来るが1人用で、他の人やCPUを混ぜることが出来ない。
    • Wi-Fiサービスは2014年5月20日に終了したため現在は1人でも遊べない。
  • 株価の変動タイミングが『いただきストリート3』の仕様に戻った。
    • これによりゲーム上の重要テクニックである「空き地インサイダー」*1が自分のターン1ターンのみで完結する仕様になり、他プレイヤーが同じ株を買う(相乗り)などによる対処などができなくなったことで凶悪化、バランスが悪化した。
  • チュートリアルは1面だけな上に、基本的にマスの説明だけしかしないので不親切。

その他

  • 画面のインターフェースが見にくく、情報が分かりにくい。
    • サイコロを振った後だと、マップの先を一覧で見ることができない。
    • 資産があっても土地がどのくらいで株の割合がわからない。
    • 右下の資産表が大きすぎるうえに全く透過しない。しかも消せない。
    • チャンスカードの効果の説明が同時に表示されない。
  • 悪い意味でシンプルすぎる内容。
    • 単純すぎるオープニングとエンディング。
    • エリア名は「エリアA」「エリアB」のようなかえって分かり辛い名前になっている。
    • 店の名前が味気ない。
  • 多くのプレイヤーが「CPUの出目操作が酷い」という印象を抱いている。
  • イージールールが蛇足。
  • 画質が粗く、ボヤけている。
  • チャンスカードのデザインが普通のイラストになってしまった。
  • マップはグラフィック以外使いまわしだらけ。
  • 目標達成BGMはマップにかかわらず固定。
  • キャラクターデザインに魅力が無い。
    • マリオキャラとドラクエキャラが共演する新規イラストは存在しない。
    • マリオキャラは近年シリーズの物を使いまわしてる。
    • スライムは立体感が無い。

評価点

  • 普段は喋らないマリオたちが喋る。
  • ステージ数はそれなりにある。
  • 「きせかえ」はDSと比べ強化されている。
  • ツアーモードでマップを自由に決められるようになった。(前作はツアーモードはマップの順番が決まっていた)

総評

Wiiでいただきストリートということで大きく期待された。
しかし、蓋を開けてみればテンポ・操作性などがことごとく劣化している上に、キャラゲーであるにも拘らずゲームオリジナルのキャラが1人プレイで使えないなど、キャラゲーとしての要素もほとんどないため期待を大きく裏切ってしまった。
いただきストリートシリーズを初めてプレイする人なら楽しめるかもしれないが、これを買うくらいなら過去作を買ったほうが確実に楽しめるだろう。

海外の評価

  • 『FORTUNE STREET』というタイトルで発売された。
    • シリーズ初発売のため海外では評価が高い。