いただきストリートシリーズ

オリジナル作品

機種 タイトル 概要 判定
FC いただきストリート ~私のお店によってって~ モノポリー』のアレンジとでも言うべき内容。
SFC いただきストリート2 ~ネオンサインはバラ色に~ キャラはオリジナルだが、マップ「スラリン」などドラクエ関連の小ネタもある。
PS いただきストリート ゴージャスキング
PS2 いただきストリート3 億万長者にしてあげる! ~家庭教師つき!~

版権コラボ作品

機種 タイトル 概要 判定
PS2 ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial ドラクエ&FF初の大々的コラボ。 なし
PSP ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートポータブル DQFF二度目の共演。PS2版よりやや劣化。 なし
DS いただきストリートDS ドラクエとマリオの初共演。良くも悪くもシステムはほとんど変わっていない。 なし
Wii いただきストリートWii テンポ・操作性共に最悪。
DSに続き二度目のマリオとDQの共演…なのだが、キャラゲー要素も薄すぎる。
PS4/PSV いただきストリート
ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY
DQFF三度目の共演。シリーズ初のフルボイス。
テンポは前作より改善されている。


関連シリーズ


シリーズ概要

ドラゴンクエストシリーズでおなじみの堀井雄二氏がゲームデザインを務めるボードゲーム。公式ガイドブック等では「お金を稼ぐすごろくゲーム」という触れ込みで、言ってしまえば「株の要素を加えたモノポリー」である。ただし、モノポリーとは違い、必ずしも誰かを破産させる必要はない。
原則としてプレイ人数は4人(不足する場合はコンピュータが担当)。銀行をスタート地点としてマップ内のマスを巡り、周回ボーナスとして銀行から支給される「サラリー」、自分の店に他のプレイヤーが止まったときにもらえる「買い物料」、店の価値を高めることによって連動して上がる「株」の要素を上手く生かし、目標金額以上の資産を稼ぐことを目指す。
初期の頃の作品ではオリジナルキャラクターが登場していたが、PS2以降ではDQ、FF、マリオといった人気のゲームとのコラボのみとなり、ある意味キャラゲーの要素を持つようになっている。