ソル・ビアンカ

【そる・びあんか】

ジャンル RPG
対応機種 PCエンジン CD-ROM2
メディア CD-ROM 1枚
発売元 メサイヤ(日本コンピュータシステム)
発売日 1990年06月29日
定価 6,200円
判定 なし
ポイント 美女宇宙海賊冒険RPG
CD-ROM2のRPGとしてはロード時間が短く快適
スキルシステム採用
セミオートバトルで爽快
ボイスが聞き取りづらい
一部難解シナリオ


概要

当時はまだ少なかった、マルチメディア構想の一部として作られたゲーム。
OVA『ソルビアンカ~黄金の宇宙船~』も発売されており、ゲーム最終シナリオはこのOVAを基としている。

巨大な軍事力が行き交う暗黒の時代を舞台に、「ソル・ビアンカ号」という純白の宇宙船に乗る5人の美女宇宙海賊による、宇宙の秘宝をめぐる冒険RPG。


ゲーム内容

  • 7つのシナリオからなるオムニバス形式。そのうち2本はランダムに発生するショートシナリオで、クリアするとサービス的なビジュアルシーンが見られる。
    • それぞれが異なった星または星系が舞台となり、世界観もそれぞれ個性的。ショートシナリオは宇宙空間である。
  • 戦闘は基本的にはコマンド入力・ターン制のオーソドックスなものであるが、いくつかの特徴がある。
  • スキルシステム
    • レベルが上がると、まずキャラクターによって自動的にスキルが上がる。さらにプレイヤーが自由に上げられる1~2スキルが与えられる。一度決定したら変更はできない。
    • スキルは5つ。格闘・射撃・OFC(攻撃系ESP)・DFC(防御系ESP)・PS(パワードスーツ)。格闘・射撃スキル足りない武器を装備すると攻撃力・命中力が下がる。ESPやPSはスキルが足りないと使用できない。
      • 装備は誰が何でもできるし(PSのみスキル制限あり)、ESPもスキルとMPさえ満たせば誰でも使える。ESPは基本的には店で購入する。
  • セミオートバトル
    • 戦闘に入ると、各キャラの行動は当初「たたかう(攻撃)」になっている。攻撃目標を決めたり他の行動をさせたいキャラがいる時は、「めいれい」を選び行動を変更する。変更し終わったら「たたかう」を選び行動開始に。つまり、必ずしも5人全員の行動を指定しなくても済む。
  • 銃器の一部には弾数制限があり、少なくなったら「カートリッジ」で補う。
  • HP0になったら「気絶」。全員気絶したらセーブしたところからやり直し。気絶はESPの他、宿に泊まると治る。

評価点

  • シナリオそれぞれの世界は原始的だったり、砂漠の惑星だったり色々楽しめる。
    • また海賊ということもあり、純粋に勧善懲悪的なシナリオは少ない(その傾向を持つことは多いが)。
  • エンカウント時、ロードが無い。他の画面切り替わりのロードも短い方。
    • このゲームの大きな売りの一つである。非常に快適である。
    • その代償なのかもしれないが、戦闘背景はいかなる場合でも黒い背景に星が流れるだけ。
  • 音楽は全般的に良質。
    • 特にエンディングの『負けないで』が素晴らしい。オープニングの曲もいいし、他の内蔵音源の曲もいい。

賛否両論点

  • 主人公たちは海賊という身柄ということもあり、万人受けする正統派美少女という感じではなく、好き嫌いがかなり分かれると思われる。
  • セミオートで快適なバトル。
    • エフェクトは派手ではないが、かなり爽快である。一撃必殺系の銃で敵を倒した時など特に。
  • 敵グラフックはきれいな方である上、種類が豊富。
    • それぞれのシナリオで世界観が異なるため、シナリオをまたいで同じような敵は出ない。
    • アニメーションするのはボスのみ。なおラスボスは、当時最大レベルの巨大さ。こちらのステータスが全く見えなくなるが。

問題点

  • ビジュアルシーンの音声が非常に聞き取りづらい。
    • 最初のシナリオのオープニングからそうで、いきなりストレスがたまる。音量を大きくしても、BGM(内蔵音源)とのバランスが悪くてやはりなかなか良くならない。ビジュアルシーンのほとんどがシナリオの重要な説明に関わっているので、本当に困ったものである。聞き取れなくてもゲーム進行には差し支えないことが多いが。
    • 声優の技術はまともであり、そういう意味で聞き取れないことはない。
  • シナリオの一部が難解。「ジクムント」「超兵器人W」の2つ。これに上記の聞き取れない音声が加わるわけで…。
    • 前者はわけのわからない用語や現象が次々と現れ、最後で一度に謎が解かれるという展開で、ついていけない。
    • 後者は意図的に作られた電波シナリオであり、プレイヤーは置いてきぼりにされる可能性大(ちなみに主人公達も呆れている)。
  • 最初のシナリオが水増し感が強い。
    • 宝箱もイベントもなく、通路としての意味もなく、経験値稼ぎ以外何の役にも立たないダンジョンが2つある。
  • スキルシステムの問題
    • スキルシステムだが、各キャラの自動上昇スキルとのバランスを考えると、それほど自由に上げられるというわけではない。早期に誰がどのようなスキルが自動で上がるのかを把握しないと、後で困ることになる。
    • PSは完全に地雷スキル。
      • 1人は手を出す必要がないくらいに自動で上がり、他の4人は手を出したら他の必要なスキルが疎かになってしまう。PSは防御力だけでなく攻撃力等も上がるので強力だが、スキルに手を出してはならない。
  • 町などの中では、他のキャラクターが中途半端に移動する。通路を塞がれたら、なかなかどいてくれない。
  • グラフィックはビジュアルシーン・他の画面共に、どちらかというときれいな方ではない。
    • 建物に屋根が無い。ロード時間を減らすためであろうが。

総評

PCE・CD-ROM2のRPGとしては、最高クラスの快適さを持ったRPG。
ただ、声の聞き取りづらさや難解なシナリオ等の問題や、人を選ぶ要素等から、割と評価の分かれやすいゲームである。


余談

  • OVA版について
    • OVAのタイトルには、中黒(・)が入らない。また、一部キャラクターの名前が少し異なっている。
    • OVAのサントラも発売されたほか、2巻目のOVA『ゴメスの逆襲』も発売されている。OVAは後者のほうが知名度が高い。
      • その後、大きくリメイクされた形で『太陽の船ソルビアンカ』が全6巻発売された。