太平洋の嵐 ~戦艦大和、暁に出撃す!~

【たいへいようのあらし せんかんやまと あかつきにしゅつげきす】

ジャンル 超ド級本格派戦略シミュレーション
通常版


豪華限定版
対応機種 プレイステーション3 (Playstation3)
発売・開発元 システムソフト・アルファー
発売日 2012年11月22日
定価 通常版:7,140円
限定版:9,240円
配信版:6,264円(いずれも税込)
判定 クソゲー
ポイント 2012年クソゲーオブザイヤー据え置き機部門大賞
全てにおいて隙のないクソゲー
ゲー霧」という新たなジャンルを切り開いた猛者
初心者お断りの難解システムはもはや手が付けられないレベルに
レースゲーム並のカーソル捌きを求められる最悪のインターフェース
こだわり抜かれたPS初期レベルのグラフィック
ゲームをするために電卓とメモ帳が必須
バカなくせに戦闘力だけは異常なCPU
クソゲーオブザイヤー関連作品一覧


概要

2007年3月9日に発売されたWin専用ゲームである『太平洋の嵐5』をPlayStation3に移植した戦略シミュレーションゲーム。通称『嵐』『太平洋』。
製作・発売は「戦極姫」で知られる「システムソフト・アルファー(以下SSα)」。
当時からすでにその低クオリティで有名になっていたが、据え置きハードに舞台を移したことでさらに大きな話題を呼んだ。
クソゲーオブザイヤー(以下、KOTY)スレ的には毎年恒例となった年末の魔物にあたる代物で、他の候補作を一気に蹴散らし2012年大賞の栄冠を掴んだ。

ちなみに本作はPS3に移植される以前にPS2とPSPに同時展開(共に2008年1月31日に発売)し、さらに『太平洋の嵐DS ~戦艦大和、暁に出撃す!~』としてニンテンドーDSにも移植されている(2009年1月29日)。

ゲームはタイトルの通り、本作は太平洋戦争を舞台に、当時の実在兵器を用いて敵軍を制圧していくターン制戦略シミュレーションである。
司令官となったプレイヤーは自軍に様々な指示を下し、国を勝利に導いていくことが目的となる。
本シリーズの最大の特徴は「海上における物資輸送」に着目している点であり、この目の付け所そのものは大変評価されている。*1


ゲーム内容

  • プレイヤーはまず自分が指揮する国を日本かアメリカで選ぶ。
    • 次にプレイヤーは挑むシナリオと難易度を選択する。シナリオは初期から多数選ぶことが可能で、難易度も初級から上級、さらにカスタムも存在する。
  • プレイヤーは各シナリオに設定された根拠地の目標数を、規定のターン数のうちに占拠したり、敵本拠地を陥落させることを目的としてゲームを進めていく。
    • 兵器製造、人材修練、技術開発などの内政を行って国力を固めつつ、自軍戦力に命令してさらなる根拠地の確保を目指す。根拠地確保による資源収集も重要となってくる。
    • 資源は本作の肝と言える物資輸送に関わってくる要素であり、兵器製造に使用する鉄類の資源や、歩兵や兵器を動かすために必要な食料や燃料の輸送は、本作において欠かすことの出来ないものである。
      • こういった資源は、鉄類なら工場へ、食料や燃料なら戦地にちゃんと輸送しなければならず、ただ所有しているだけでは意味をなさない。
    • 1ターンは6フェイズに分かれている。ちなみに日数にして1ターンは3日、1日は2フェイズ換算となっている。
      • フェイズは指示フェイズと作戦フェイズの2つがあり、指示は主に内政面で指示を下し、作戦フェイズでは軍備面における指示を下す。
    • 戦闘パートは、これらの配置や移動を指定した後、敵戦力とぶつかった際に発生する。
  • シナリオナレーション挿入の後、プレイヤーは指示コマンドを駆使して、外交や兵器・艦船の移動、建造などを行う。
    • 外交:世界情勢を見たり、終戦交渉を行うことが出来る。
    • 地図:地図の縮小拡大、根拠地表記の切り替えが出来る。
    • 情報:全体の状況や情報を確認することが出来る。
    • 環境:設定の変更やセーブ・ロードが出来る。
    • 命令:自軍に指示を与えることが出来る。パイロットの育成や艦船の強化、それらの出撃命令などもこちらで行う。
    • 進行:ターンを終了する。何ターンか飛ばすことも可能である。

問題点

通常版でもおよそ6,000~7,000円台というフルプライスになのに対し617MBというHDゲームなのにCD-ROM未満の総容量の時点で分かると思われるが、内容自体は断じて厚みのあるものではない。
しかしながら本作は百戦錬磨のKOTY住民すらをも四苦八苦させる超難解ゲーであり、仮に1つシナリオをクリアするまででもプレイ時間だけは必要以上に長引かされることになる。

本作を難解としている理由は、「細かすぎてわかりづらい設定項目の数々」であり、ゲーム自体が濃いわけではない。
流石にKOTYで大賞を取ったような作品でも、評価できる点をひねり出そうと思えば少しぐらいはひねり出せるものがほとんどだったのだが、
本作はそういった評価点の全てを問題点が完璧に潰しており、結果として褒めるところが一つもないゲームということになってしまった。 そこで生まれた名言がこちら→

「これから嵐をやろうとしている人へ 
  数多くあるシナリオだが、最初は資源・搭乗員ルールなしで、富嶽飛翔スシナリオをプレイしよう 
  これだけでは霧ゲーを味わうことは出来ないが、雰囲気(超作業ゲー感)だけでも味わうことが出来る。 
  資源なし&富嶽使い放題だから凄くクリアするのには(システム的に)簡単だ。雰囲気を掴んだら終わりにしても構わない。 
  次に、資源ルールだけありにしてもう一度プレイしよう! 
  さっきのプレイがややこしくなるだけだからここで資源ルールの恐ろしさを学びつつ 
  チマチマセーブしながら進めると選評が届かない理由も学べるよ。 
  中断し、再び起動して、タイトル画面が見えた瞬間電源を切れるようになれば君も立派な霧の中の迷子だ!売り飛ばしてきてもいいぞ! 
  もし霧ゲーを更に味わいたいなら太平洋の嵐シナリオ・資源ルールありでプレイしよう! 
  シナリオを開始出来るかが最大の壁だけど頑張ってクリアしてね。 
  クリアしたなら搭乗員ルールをありにして太平洋の嵐シナリオをプレイしよう! 
  ただ、これやると電源をいれる度に電源を切る癖がつきかねないからやめたほうがいい」 
  • シミュレーションゲーム史上最悪レベルのUI
    • 操作方法はPC版の複雑なキー操作を元にしている。そしてそれを無理やりゲームコントローラに当てようとしているため、複雑怪奇な操作性になっている。
    • 本作のオリジナル版である『太平洋の嵐5』からして、内容は非常に特殊かつ(悪い意味で)無駄に高度な内容となっており、一見しただけで基本を理解するのは不可能である。にもかかわらず、本ゲームにチュートリアルは一切ない
      • しかもまともな説明書が通常版には入っていない。なんと正式なものは限定版に同梱された解説書だけである。別売の説明書を買わなくてはならないというのは前例があったが、まさか限定出荷しかされてないとは驚きである。
    • 一目見て理解しろと言うにはあまりにも無理がある謎のパラメーターの数々が、最初にプレイヤーをお出迎えする。この暗中模索の時点でやる気を削がれるのはお決まりである。
    • 船を出すときも、根拠地にカーソルが吸い付くためとにかく困難を極める。「カーソルのドライビングテクニックを試されているんだ」と言われるほど。
  • グラフィックがHDハードどころか初代PlayStation時代のソフトと比較しても悪い。
    • 公式サイトでは、当時開発途上で実戦には参加しなかった兵器を含め3Dグラフィックで「可能な限り再現」、「兵器マニアも納得のクオリティ」とされている。また、戦闘シーンは「大迫力」「リアルな挙動」と謳っている。このことを前提として覚えておこう。
    • しかし実物を見てみると、そのクオリティの低さたるや、「当時の同人ゲームのほうがずっとクオリティが高い」「最近のフリーゲームもこれより頑張ってる」
      といわれる程度の手抜きぶりで、兵器グラフィックの精巧さは皆無。ある人いわく「絵を描くのがちょっと得意な小学生が描いた絵の方がまだ精巧」のこと。
    • 歩兵達はなんとホバーするように移動してくる人がホバーで移動するのが戦争におけるリアルな挙動ということなのか?
      • まるで素人の習作か電気鉄道の模型で作ったようなのっぺりとした大地には、ギャグ漫画に出てきそうな一本の木がポツポツと生えており、ディティール皆無の箱型の建造物が無情に配置されている。地平線と透明感が無い無味な青空と、背景のクオリティもHDハードレベルに達していない。
    • 音楽や効果音のクオリティも低い。特に発砲音は実在兵器とような重厚さは一切ない。文字にすると『パンッ!パンッ!』といった感じの気の抜ける効果音が戦闘シーンでは終始流れる。よって戦闘シーンには戦争の泥臭さなどなく、カラオケの古い汎用映像でも見ているかのような空気になりただでさえ少ししかないやる気がみるみるうちに減ってくる。
      • 音が割れるほどの爆音ながら、ローカル放送局の漫才番組にでも流れていそうなBGMは、もはや迫力の戦闘という次元を通りすぎている。このBGMは公式サイトに行けば概ね聞くことが可能。そこでどれだけプレイ意欲を削ぐかがわかる。
      • ちなみにBGMの音量設定は起動のたびに毎度リセットされる。
    • こういった低クオリティなグラフィックとサウンドのため、迫力もリアルさもあったものではなく、もはや「戦場」という名目の三流コメディを見ているかのよう。
  • 肥大化が極まって迷宮化したゲームシステム。
    • 本作は先述したように海上輸送に重きをおいたゲームである。要するにどうやって海上の輸送ルートを確保しつつ、敵の輸送ルートを遮断するかということが重要になるのだが、シリーズを重ねていくうちに設定項目が複雑化しすぎて、プレイすること自体が億劫になるまでのゲーム性へと肥大・劣化してしまった。
    • 特に本作で問題なのは、輸送船に物資を積むとき、1つの船に1種類の貨物しか乗せることしか出来ない点にある。これは積載量がどれほど余っていても、鉄なら鉄、食料なら食料で別途に船を用意しなくてはならない。
    • これらを踏まえて輸送船団を編成すると、他のゲームなら「複数の輸送物を積んで1~2隻程度」で済むようなところを、本作では「必須物資の種類分+必要数」を用意する必要がある。さらに落とされた場合のリスクを考慮するとその何十倍もの大輸送船団を構成しなくてはならないのである。
      • ちなみに終盤になると輸送船だけで100隻以上も用意する必要に迫られる。本作は大輸送船団を描いた「海上輸送シミュレーション」ではないのだが…。
    • しかも1ターンの輸送量計算は全て人力で行わなければならない。よってこのゲームをプレイするときには電卓とメモ帳が必須。つまりこの間、プレイヤーはコントローラを置いてただひたすら地道に計算させられるだけ。こういう面倒な部分だけはやたら現実的。
    • 戦闘機のパイロットを一つ一つ設定することが出来るが、何万人もいるため実際に司令官がこんなことをしていては過労死必至。
      • 本作でもただ退屈で面倒で苛立ちを募らせるだけの仕様であり、KOTYの選評執筆者が「舌を噛み切りたくなる」と語るほどのストレスパートである。
  • 酷くバランスが崩壊しているゲーム性。
    • 敵側に目を向けると、AIがとにかく劣悪で戦略性も何もなく、それでいてやることなすこと尽くチートという理解に苦しむ挙動。「戦略シミュレーションゲームにおいて戦略も戦術もクソもない」のである。
    • まず本作は補給ルートを寸断することが醍醐味の一つであるが、敵側の輸送は全てステルスであり、妨害はもちろん包囲しても一切無駄。燃料関係は備蓄が無限というチート設定。
    • 逆にこちらの輸送船はワープしてきた敵の部隊に問答無用で叩かれてしまう。念の為に言うが、本作の舞台はファンタジー世界でも近未来SF世界でもなく、史実の太平洋戦争真っ最中の現代世界である。
      • ちなみに敵基地を占拠しても、無限備蓄してあるはずの燃料類は一個たりとも入手出来ない。何故?
    • 繰り返すが、戦闘においての敵AIはあまりにも稚拙で戦術が幼稚過ぎて戦術性など欠片も存在していないお馬鹿AI。戦略シミュレーションゲームなのにである。
      • 陸戦ではこちらの倍以上はいる戦力の敵が、なんと弾切れによって一気に壊滅。計画性ゼロ。なぜ弾切れで壊滅するのかは永遠の謎だが。
      • 海戦においては輸送船団が率先して敵の迎撃に乗り出す有り様。そもそもなぜ武器を持ってない輸送部隊に自殺同然のことをやらせるのか意味不明。戦闘部隊がいるのにもかかわらずこれである。
      • ゲームバランスも酷く、爆撃機を10機用意すれば旧日本軍の最強艦隊をあっさり全滅させることが可能。旧日本軍を雑魚扱いしてるのかと思いたくなる上もはや爆撃機ゲーである。
  • 以上を含めもはやどれがバグでどれが仕様かわからないほど混沌とした挙動。
    • SSαのお家芸とも言えるフリーズは本作でも平然と発生する。「特筆するにも値しないほどSSαのゲームでは当たり前」と言われる体たらく。
    • 本ゲームにおいて様々な検証が重ねられてきたのだが、結局KOTY住民は仕様とバグの差を洗い出すことが出来なかった。以下、当時の住民の報告を記していくので、読者の方にそれを是非見極めて欲しい。
      • 一度も硫黄島に上陸していないのに硫黄島決戦で勝利判定。どうしてこうなった。
      • 用意した潜水艦60隻がいつの間にか失踪。どこへ行った。
      • 戦艦10隻なら襲われないと思っていたら、非武装の輸送船団20隻に襲われる。何故?
      • 艦艇に何かが衝突したため調べると、潜水艦が海の底から湧き出てぶつかっていた。どこから出てきた。
      • 海上封鎖したはずの敵部隊が、いつの間にかワープしてこちらの拠点を攻撃していた。
      • フェニックスからメキシコシティまで陸路で移動したが、半日で行軍を終えた。ちなみにこの間の移動距離は「2021km」。現実ではどんなに足掻いてもこの50分の1の距離も半日どころか一日かけても到底歩けない。
      • 海上拠点から半径1000km以内に潜水艦が湧いてくる可能性は150%(別のポイントから2隻目が湧いてくる確率が50%という意味)。
      • 何の前触れもなく潜水艦やパイロットが消滅する。1人や1隻という生易しい数ではなく、時にはエース級が百人単位で消えることも…
      • 対空砲火で狙われる順番が「リストの上部から」という仕様のため、戦闘機の消耗がマッハ。時には対空砲火だけで戦闘機100機以上が撃墜されるという場面すらある。
      • 情報表記がそもそも間違っている。(例:睦月級駆逐艦 最大積載燃料:420(t) 燃費:1512(kg) 最大航続距離:7200(km))
      • 敵潜水艦が無限湧きする。どうやらマップ上のどこかに発生ポイントが設定されているらしい。
      • 戦艦2、重巡2の南雲艦隊をハワイに突撃させたら、1回の砲撃で停泊中の敵戦艦10隻ぐらいとその他多数を轟沈した。
      • 敵潜水艦を効率よく撃破出来ない。攻撃できるのは索敵中の爆装した機体のみで、しかも発見時に撃破しなければ行方をくらましてしまう。
      • 兵器一覧を見ていたらフリーズ発生(しかもPSボタンすら効かないタイプ)。
      • マップ上でどれだけ離れていても、陸路さえ確保していれば隣接する根拠地間の移動は1ターンで済む。

評価点(?)

  • 無理矢理あげるとすれば、そこそこ頑張っているオープニングの映像。
    • それでさえもせいぜいPS2初期において「なかなか出来が良いムービー」程度であり、これが突出して評価される事は殆ど無い。
    • おまけにチープな効果音とダメダメな音楽が雰囲気を台無しにしており、盛り上がるかと言えば答えは「NO」である。

総評

ゲームの実態は五里霧中で、その真相をどれだけ掴もうとしても、謎は雲散霧消して何もわからなくなってしまう。
内容がないゲームのことをKOTYスレではいつしか「ゲー無」と呼んできたが、本作は中身があまりにも掴めないことから、それにかけて「ゲー霧」と呼ばれ散々な評価を下されるようになった。
世のクソゲーを面白みのあるネタにするKOTYにおいて、本作が2012年大賞として選ばれた理由は、それが「最強のクソゲーだったから」という一見すると漠然としたものである。
ただ上記のようにこのゲームは、プレイしないとわからない苦痛な要素が多すぎるうえ、それらを語り「このゲームがいかにクソか」を示すためにはそれ以上に膨大な情報量を要する、文字通り筆舌に尽くしがたいものだった。
このため、KOTYスレに珍しく「選評を書く前に執筆者が脱落する」という事態が本作では続出し、
その後ようやく提出された選評も原稿用紙100枚以上に相当・目次付きという前代未聞の物量であり、その筆舌に尽くし難さは察するに余りある。
この記事も大衆が読むのに合わせて比較的要点をざっくり記しているだけにすぎない。このゲームの闇はそれほどまでに深く、到底語り尽くせるものではない。


余談

  • 公式サイトでは当初、PlayStation3専用ソフトではなく「PlaySta s ion3専用ソフト」という誤植があった。
  • 初代『太平洋の嵐』の原作者とも言うべきプランナー/プログラマーを務めた阿部隆史氏は『太平洋の嵐 DX』(1988年)の発売後、「ジェネラル・サポート」という会社を立ち上げ*2、「太平洋戦記シリーズ」等の軍事シミュレーションゲームの開発・販売を行っている。
    同社のゲームはグラフィックよりもとことんシミュレーション部分に力を入れたゲームとして作られており、PC向け軍事SLG専門のデベロッパーとして現在も活動中である。
    • 元々「太平洋の嵐」は「G.A.M(ジーエーエム)」という会社が製作・発売した後に「システムソフト」へ権利が移行され*3、同社の天下統一シリーズ大戦略シリーズと同じく戦略シミュレーションゲームとしては一定の評価を受けていた作品だった。
      しかし初代以降原作者が離れたことで、その内容はただ無駄な複雑化が進むばかりとなり、これらのシリーズのブランドは全てが完全に地に落ちた。
      長い年月でゲーム性が劣化し続け、SSα自体の開発力も無残なほどに落ちた今も商品を出し続けた結果、このような作品が生まれるのは必然だったといえるだろう。

その後の展開

  • 2016年8月28日に発売された『太平洋の嵐6 ~史上最大の激戦 ノルマンディー攻防戦!~』では「今まで使い難かった操作性を改善」と会社側が認めている。
    • だが『6』でも操作性やユーザーインターフェースは大して改善されていない。
  • 2016年12月22日には「太平洋の嵐 ~皇国の興廃ここにあり、1942戦艦大和反攻の號砲~」のタイトルでPlaystation Vitaに移植された。
    • 『ゲー霧』っぷりは当作でも健在であり、KOTY携帯スレでは発売から半年後まで選評が来ず選外になりかけた*4
    • チュートリアルの搭載やタッチ操作への対応など、一応改善の兆しがない事は無いが、それを加味してもゲーム根本への評価は覆しようがないというのが実情。
      • タッチパネルによりマウスライクな操作ができると言えば聞こえは良いが、一方でボタン操作に対するフォローが著しく欠けており、やはりコンシューマの開発力に乏しいという他ない。
    • 画面遷移毎に数秒の停止を挟むレスポンスの悪さや強制終了、それらに対するサポートの悪さも相変わらず。
最終更新:2020年08月13日 00:42