修正依頼」が出ています。対応できる方はご協力をお願いします。


大玉

【おおだま】

ジャンル 人海戦術落城アクション
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
メディア 専用8cm光ディスク 1枚
発売元 任天堂
開発元 ビバリウム
スタジオフェイク
発売日 2006年4月13日
定価 6,476円(税別)
プレイ人数 1人
周辺機器 ゲームキューブマイク対応
セーブデータ 6ブロック使用
レーティング CERO:全年齢対象
判定 ゲームバランスが不安定
ポイント 「親方様。不満点のままで出陣してござりますか?」
ゲームキューブマイクならぬおおだマイク
重すぎる大玉


概要

シーマン』を手掛けた斎藤由多加氏による作品。
プレイヤーは吉美の国を治める山之内家の当主だった「山之内信唯」の嫡男「玉千代」となり、謀反を起こし信唯を自害に追い込んだ家臣「鴉丸源信」を討ち倒すための戦に挑む。
ナレーションを担当するのは俳優の大滝秀治氏*1。映画『影武者』での演技を齋藤氏が気に入った結果抜擢されたとのこと。

戦国時代を舞台としたピンボールゲー。「大玉」と呼ばれる巨大物質を駆使し、釣り鐘を敵兵から守りながらゴールを目指すというもの。
IGNから高評価を得られたこともあった。

実は、任天堂製のゲームキューブ用一般ソフトとしては最後の作品でもある。

特徴

基本ルール

  • プレイヤーは親方様になって、本作のカギを握る「釣鐘衆」を制限時間内にゴール門まで進ませる事になる。
    • ピンボールの玉「大玉」を使って、敵を押し潰しながら釣鐘衆を守るのである。
  • 「大玉」を失うか時間切れ、或いは釣鐘衆が敵に押し込まれるといった条件を満たしてしまうとゲームオーバー。

大玉

  • タイトルにもなっている「大玉」。ただの玉転がしの玉にも見えるが、設定上は伝説の超兵器…らしい。
  • 「大玉」は敵を押し潰す事が可能だが、操作次第では間違って味方を押し潰してしまう事もある。味方の信頼度を損ねてしまうので注意。
  • アイテム取得、或いは光に包まれた釣鐘衆をぶつけると「天の玉」に変化する。
    • 「天の玉」は味方を潰してもペナルティが無く、更に敵を潰すと寝返らせ味方にする事も可能。
  • 合戦場の途中に存在する敵の振り場(フリッパー)に大玉が打ち返されると「悪玉」になる。「天の玉」とは逆の効果を持っており、潰された味方を寝返らせてしまう。
    • 味方の振り場で打ち返してやれば、元の大玉に戻す事ができる。

兵数

  • 釣鐘衆を警備する兵士。戦国合戦版ピクミンと言えば分かり易いと思われる。
  • 川に入る事はできない為、川の先へ進みたいならどうにかして川を封鎖する必要がある。
  • 「大玉」で間違って潰してしまったり、秘技を発揮すると信頼度が減る。減った状態で秘技を出すと兵数から 赤い文字の苦情 が出る。
    • 兵数を増やすか「にぎりめし」に集まる命令を下せば信頼度の回復が可能。

おおだマイク

  • 「おおだマイク」とは、要はゲームキューブマイクの事である。
    • 本作には何とこの「おおだマイク」専用ホルダーが付属しており、コントローラー上部にこのホルダーを付ける事でコントローラーを持ったままのマイク操作が可能になっている。
  • Xボタンを押し続けた状態で秘技を出すと兵士は動き出す。
  • 合戦場が続くたびに秘技が必要になる。

問題点

  • 難易度が高い。
    • 特に曲輪川シリーズと蜘蛛寺の怪は山と坂の連続である為、進みにくい。
    • 「天の玉」になっていない状態では、味方を援護しようとすると間違って味方を巻き添えにしやすい。
    • ボスは体力の消耗がやたら遅く、味方の兵を足止めされやすい。
  • 「大玉」が重い
    • 普通のピンボールとは違い重量感のある玉である為、坂を上りにくい。
  • グラフィックが粗い。
    • 複数のキャラを表示する為に1キャラ当たりのグラフィックを抑えているためなので、仕方の無いことではあるが。
  • 「おおだマイク」の使い勝手が悪い。
    • 信頼度が高いのにもかかわらず反応が鈍い。
    • 同じ言葉の繰り返しで喉が痛くなる他、近所迷惑になりやすい。
    • 「正面突破」は信頼度を大きく下げる為、肝心の「押せ押せ」のテンポが悪くなる。
  • クリア済みの合戦場に再挑戦すると、未クリアの合戦場のデータが消えてしまう。
  • にぎりめしを活用する意味が無い。
    • 戦闘中にあまり使われる事は無く、信頼度を上げる為のアイテムの活用性が薄い。
    • 使うと敵をおびき寄せやすくなる。
  • ED以外のBGMが無い。

評価点

  • 和風世界とピンボールの融合という(当時の観点では)斬新な世界観
    • 「大玉」で釣鐘衆を守りながら敵を倒すというシナリオやシステムは、ピンボールゲーとしてはかなり斬新。
  • 大滝秀治氏のナレーション
    • 大河ドラマを意識した喋り方のナレーションは、テンポが良く好評。
    • 出陣の選択を繰り返すと、プレイヤーが任天堂ファンだと認めるかのような、衝撃的なセリフを喋ってくれることもある。

総評

大玉の重さに加え、ステージ構成の理不尽さが足を引っ張ってしまい、投げ出してしまう親方様(=プレイヤー)は多かった模様。
任天堂製GCソフトの大トリを務める作品、そして大滝秀治氏唯一のゲーム出演作品としては、何とも残念な結果に終わってしまった。