Job Simulator

【じょぶしみゅれーたー】

ジャンル シミュレーション
対応機種 Windows
Playstation 4
Oculus Quest
発売・開発元 Owlchemy Labs
発売日 【Steam】2016年4月5日
【PS4】2016年12月15日
【Oculus Quest】2019年5月22日
定価 【Steam】2,050円(税8%込)
【PS4】1,999円(税8%込)
【Oculus Store】1,990円(税8%込)
プレイ人数 1人
レーティング CERO:A(全年齢対象)
判定 良作
備考 各種VRヘッドセット及びモーションコントローラー×2必須(PC)
Playstation VR専用ソフト且つPS Moveコントローラー×2必須(PS4)


概要

「Owlchemy Labs」からリリースされた仕事体験シミュレーションVRゲーム。
全ての仕事をロボットに任せきった2050年の近未来で、かつて人間たちが行ってきた”仕事”を体験するという設定。


特徴

  • モーションコントローラーを2つ使い、両手を使って様々な仕事を体験していく。
    • マシンにファミコンのようなカートリッジを入れてレバーを引くことで、仕事の体験が始まる。
    • マシン左にある「Infinite OVERTIME」のスイッチを入れることで無限残業モードになる。
  • 体験できる仕事は以下の4つ。
    • OFFICE WORKER
      • オフィスでの仕事を体験できる。デスクワークや、資料の作成をする
    • STORE CLERK
      • コンビニの店員を体験できる。ホットドッグを焼いたり、時に強盗の相手をしたりする。
    • GOURMET CHEF
      • レストランのシェフを体験できる。注文通りに料理を作ったりする。
    • AUTO MECHANIC
      • 車の整備士を体験できる。車の部品を交換したり、塗装ができる。
+ 全ての仕事をクリアすると…?
  • 仕事をクリアするとカセットが金色になり、全ての仕事をクリアするとMODが追加される。
    • MODは『ソニック&ナックルズ』のようにカートリッジに繋げることで導入できる。
    • 導入することで、ものが跳ねるようになったり、重力が少なくなったりするようになる。

評価点

  • できる行動の自由度の高さ
    • 本作ではとにかくできることの自由度が高い。
    • 基本的には要求通りに仕事をこなしていくのだが、間違えてもペナルティ等はまったくなく、以下のように自由に行動ができる。
      • 車の仕事で、タイヤを全部取り外す
      • 料理の仕事で、食べかけの食材を提供
      • お客さんであるロボットたちのメガネや帽子を奪う
      • 暇つぶしに適当なものをつかんでロボットに投げつけても、一瞬嫌な顔はされるが問題なし。
    • 以上の内容を実行しても、まったく怒られない。それどころかお礼を言われることも
    • メガネや帽子などを頭に持っていくと装着することができたり、食べ物を口に持っていけば食べることができるなど、自由度はかなり高め。
      • しかも、カビた食べ物を食べるとちゃんと吐く
  • コミカルな雰囲気
    • シミュレーターとしては、リアルなグラフィックではなく、全体的にデフォルメされたグラフィックとなっている。
    • 本作に出てくるロボットたちは、昔のパソコンのディスプレイのような形をしており、親しみやすいデザインをしている。
    • 仕事の内容も、現実の仕事を忠実に再現したわけではなく、車のタイヤの一つがドーナツのデザインだったり、オフィスの仕事で資料を改ざんするように命令されたりと、どこかおかしな雰囲気となっている。

賛否両論点

  • 一つの仕事に対して量が多い。
    • 純粋に受け取ればボリュームが多いと評価点になるが、VRで両手を使うというシステム上、体力を消耗しやすいので、人によっては多すぎてダレる可能性もある。

問題点

  • 日本語未対応
    • PSVR版もタイトルに(英語版)とついており、日本語には一切対応していない。
    • 命令はイラストつきで説明されるため、英語ができなくてもある程度は理解できるようにはなっている。
    • ただし、英語ボイスでの会話がかなり多く、字幕もないので、英語が聞き取れない人の場合、それらが楽しめないのは残念なところ。
  • できる行動の多さに対してのリアクションの少なさ。
    • 評価点と相反するようだが、何をしても怒られないということは、何をしても反応は一緒ということでもあり、「わざと変なことをして相手の反応を楽しむ」ということを期待するとがっかりするかもしれない。
    • 他にも、卵を電子レンジで熱しても爆発しなかったりと、少し物足りないところもある。

総評

まさにVRゲームのお手本と言ってもいいようなゲーム。
日本語に対応しておらず、コミカルな雰囲気を全て楽しむことができないのが残念だが、VRのゲームで何を遊ぶか悩んでいるなら、とりあえず買っておいて損はないゲームである。