谷川浩司の将棋指南III

【たにがわこうじのしょうぎしなんすりー】

ジャンル 将棋
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売元 ポニーキャニオン
発売日 1989年9月14日
定価 5,800円
判定 良作
ポイント しまった
音声付き
第46期名人戦
I(MSX版) / 将棋指南II / 将棋指南III


概要

谷川将棋指南第3弾。今回は「詰将棋」と「次の一手」は出てこないが、「棋譜鑑賞」などが用意されている。

文章は平仮名と数字のみ。漢字はおろかカタカナすらない。

特徴・評価点

  • タイトル画面では、実写さながらの谷川九段が対局姿で登場。深みがあって格調高い。
  • 人工音声も実装されており、短いが随所で音声が出る。

対局

  • 本作では1局のみ通常対局。AIの強さはL1とL2が用意されている。L1はパックマン戦法で53竜から王手馬取りが決まるという弱点は相変わらずだが、L2はふーんと言われた後にしっかり対策される。
    • なお、角引く不成*1の局面を考えさせても流石に読むことは出来ずに代わりに87角成を指す。金を取りながら馬を作り、投了図以下でも表れている手なので、これはこれでなかなか厳しい。
  • 「II」になかった対局中BGMがついた。

名人戦

  • 谷川九段のキャラと対戦。AIレベルは勿論L2の方である。一段と強くなって登場!!とある通り時間をかけて深く読んでくるようになっている、特に終盤が強い。弱点はあるがそれを突かずにまともに挑むと簡単には勝てないようになってきている。
  • 頑張って勝ち越すと書状が表示される。構図は実際の書状と同様である。真っ向勝負でここまで来れるなら初心者の域は脱していると言えよう。

はさみ将棋

  • おなじみの変則将棋。対局相手のグラフィックは子供である。負けるたびに駒落ちでハンデを付けてくれるので頑張れば勝てる。

スロット将棋

  • 本作独自の要素。指し手の前に3つのレーンが回転、絵柄は「将棋の駒」と「7」があり、絵柄の駒のみ指したり打ったり出来る。盤上や駒台に該当する駒が無い際は相手に手番が回る。
    • 「7」自体はどの駒にも対応してはいないが、3つ揃うと7回行動に移れる。滅多に揃う事は無いが、いつでも逆転の可能性を秘めている。

棋譜鑑賞

  • 88年の谷川九段-中原名人の名人戦6局が収録されている。ちなみに谷川九段が4-2で名人位に復位した。
    • 谷川は「中原からの名人位奪取」を悲願としており、82年に中原が名人位を落とした際には「中原先生が名人でなければと思っていた。(解説役なのに)呆然としてしまった。」と語るほど。
      その悲願が達成された名人戦であり、ファンには感涙もの。
    • しかも、随所に簡易ながらも解説文が付いている。

賛否両論点

  • 弱点がある。
    • パックマン戦法である。L2では龍による王手馬取りは対策されたが、別な弱点があり今度は15角の王手からとんでもない敗勢に陥る、あまりの状況に吹き出したプレーヤーもいた。以降、53の地点に馬と桂を複合してからの詰みまで研究されており24手で終わる。
      • ただ、この後53馬以外で進行するとAI特有の粘り*2を見せてくるため勝ちきるのは楽ではない。

問題点

  • 思考時間が長い
    • L2の一手毎に数十秒は流石に長すぎる。
      • FCで高い棋力を求めるなら当然ながら思考時間を長くするしかないという事情はある。
  • 投了の暴発
    • スタートボタンを押すと選択肢が出る事もなく投了になってしまう。他のゲームで慣れているプレイヤーはうっかり押してしまいがちである。特に対人戦では対局を棒に振ってしまうので相手を怒らせてしまいかねない。
  • カーソル
    • 相手の陣地の一段目と二段目で右を押し続けると相手の駒台に行ってしまう。将棋では相手の駒台に手を伸ばす必要が無いので、どうせなら自分の駒台に来た方が良かった。

総評

学習型だった『II』に対して、「はさみ将棋」「スロット将棋」といった変形将棋が遊べるという付加価値をつけてきている。
また、悲願を達成した名局を解説付で鑑賞できる、難易度は変化が無いながら「名人戦」があるなど「谷川九段ゲー」という色も濃い。
将棋ゲームの基礎を築いた作品というだけでなく、棋士個人にスポットを当てたゲームとしても評価されるゲームである。

谷川九段とファミコン将棋の飛躍について

  • 当時から谷川九段は、史上最年少名人、角の不成、などあらゆる伝説を持ち合わせているが、第46期名人戦で中原誠名人に勝ち更に伝説を増やした。
  • ファミコンの将棋は、最初に内藤九段の監修で基本仕様を確立、そして谷川九段の監修では2作目で「詰将棋」「次の一手」3作目で「棋譜鑑賞」などの貴重な付加価値を確立され大きな進歩を遂げた。
  • 一部ながらもプロの要素に触れられるのはまさに破格であり、将棋指南の看板に嘘偽りなしと言える。『本将棋 内藤九段将棋秘伝』と『谷川浩司の将棋指南シリーズ』なしにファミコン将棋は語れない。
  • 谷川九段はセタのSFC『森田将棋シリーズ』の監修の後に、同社ポニーキャニオンと他の棋士の方々とともに『将棋 風林火山』を監修される、本作の直接の続編と言っても良いだろう。