プロ棋士人生シミュレーション 将棋の花道

【ぷろきしじんせいしみゅれーしょん しょうぎのはなみち】

ジャンル 将棋
対応機種 スーパーファミコン
発売元 アトラス
発売日 1996年2月16日
定価 12,800円
判定 なし
ポイント 初心者お断り
このバカ弟子が!!
そっくりさん
対局連続
マルチエンディング


概要

女神転生シリーズで知られるアトラスから、将棋ゲームが発売された。音楽やグラフィックは高品質であり、重要局面では指定された局面からの開始という仕様も用意。ストーリーにも力が入っており師弟愛と友情が描写されている。

特徴・評価点

デモでは一枚絵とともに、将棋のルーツとしてインドのチャトランガ、チェスやシャンチィ(象棋)、マーク・ルックなどの解説が行われる。
専門的な事はともかく、主人公・嶋村和博が世界へ将棋を伝えるべく花沢幸吉の門を叩くところから始まる。
マルチエンディングとなっており、成果に応じてあらゆる展開が用意されている

豊富な登場人物

ストーリーモード

  • 嶋村和博
    • 本作の主人公。姓名(せいめい)はプレーヤーの好きなように付けることが出来る、平仮名カタカナ漢字も使えるので本格的。
    • 12歳と15歳から選択。いずれにせよ師匠のもとで修業をつみ奨棋会に入門し、16歳になるところまで合流。
      • 12歳を選ぶと、本作で1度きりのチュートリアルが行われる。3択問題がランダムで10問出題されて、間違えるとこのバカ弟子が!!と言われる。
      • なお、盤面はスタートボタンで見て来る仕様である。
  • 花沢幸吉
    • 『鬼の花沢』としても知られており「大将」を保持している。主人公・嶋村和博の師匠を務める、師弟愛も本作の見どころ。
  • 神崎直人
    • 「大原匠」の弟子であり、序盤から主人公と対局するライバル的存在。対局を通じて友情が芽生える。
  • 大原匠
    • 花沢幸吉のライバルで神崎直人の師匠。
  • 羽田義幸
    • フリー対局モードでも名前が挙がっている。6冠を保持しており作中で何度も立ちはだかってくる。
  • 順子
    • BADエンドで名前だけ登場。主人公の姪にあたるようだ。
  • 岩崎
    • 白子将棋クラブを運営。主人公の活躍を聞いて後援会を設立する。
  • 裏プロ
    • たまに何度も主人公に挑戦して来る、勿論負けたら即BADエンドになる。なんと、野光俊朗の顔グラの使い回しである。
  • 権田賢
    • 弟子入り希望。顔グラは内山卓也の使い回しで、たまに電話をかけて来るのみ。
  • ロドリゲス
+ ネタバレ注意デース

世界にSYOUGIの為に「棋天位」を造り、世界No.1を名乗る。スティーブ棋天として最後の最後に立ちはだかってくる。

  • 居飛車
    • 捨て猫。5冠を取った直後の主人公に居飛車と名付けられる。本作唯一のボイス付き。

フリー対局モード

実在するプロ棋士のそっくりさんが多数登場してくれる。顔グラ、得意戦法、解説文まで細かく用意されており実際にその戦法を使って来る。

+ 長いので閉じる
  • 野光俊朗『矢倉』
    • 本編の裏プロの顔グラにも使い回されている。
  • 内山卓也『居飛車穴熊』
    • 本編の主人公の弟子の顔グラにも使い回されている。
  • 小栗秀明『棒銀』
  • 仁藤國彦『五七銀左』
  • 高島夏樹『腰掛け銀』
  • 志水香奈『振り飛車』
  • 神田宏光『居飛車穴熊』
  • 高中寅次『振り飛車』
  • 瀬尾清和『五七銀左』
  • 佐藤一三『棒銀』
  • 米山邦治『相掛かり飛車』「静の谷村、動の米山」と、谷村九段との鉄人戦。
    • 米長邦雄と大山康晴からもじったものと思われる。
  • 村森俊夫『腰掛け銀』
  • 三鷹和生『まげ美濃』
  • 郷田聡『相掛かり飛車』「将棋界、新たなる驚異」
  • 佐山政人『腰掛け銀』
  • 谷村信司『振り飛車』
  • 他にも、上野久丈、小栗秀明、神内孝夫、神内孝夫、北口卓、島口明、中内祐一、中浦真一、中田浩二、南原一芳、三井考二、村井一也が確認されている。

彼らとは本編でも何度も戦う事になる。羽田の名前も出ているがここでは選ぶことは出来ない。本編でイヤというほど戦わされるが…

舞台の中で繰り広げられるドラマ

  • 鉄人、龍神、棋仙、帝位、皇座、大将、棋鳳。他にSHK杯、日プロ杯、全日シリーズも存在。獲得すると月間棋天で掲載されるなど色々と凝っている。
  • 16人以上にもなるそっくりさんたちも表情や戦法など色々考えられている。
  • 作中では師匠の師弟愛、ライバルとの熱い戦いなど、色々なドラマが展開されており、プロ棋士監修のSFC将棋にすらなかった魅力とも言える。

ゲーム性

  • 棋力は遠く及ばずながらも16人+αのキャラが得意戦法を使って来るのでそっくりさんとしては十分楽しめる。
  • タイトルに応じて条件も変わる、例えば早指し戦では1手30秒を突き付けられる、相手も同じ条件なのでフィフティフィフティと言える。
  • 指定された局面
    • 重要対局では専用BGMとともに特定の局面から始まる仕様になっている。相手の強さを盤面の難しさで表現したとも言える。プロ棋士監修のSFC将棋にもなかったもので珍しい。
  • 棋譜を保存出来る
    • 対局直後に棋譜を6つまで残す事が出来て後で再現できる。ここで、棋譜は全部記録されるんじゃないの?と突っ込んではいけない、SFCと言えどこれくらいが限度である。
  • 自分の手が相手の駒台に行く事はない。

非常に良質な素材

  • グラフィックは、あらゆる状況の一枚絵、多くのキャラクターの顔グラは様々な表情を見せて細かく作り込まれている。
  • BGMも良質なものが多い。通常対局は自室で流れててもおかしくないほど気楽な曲だが、重要局面のBGMは重厚さ渋さ厳しさなどが盛り込まれ深みがありSFC将棋の中でも最高峰と言える。

賛否両論点

  • 初心者お断り
    • CPUの強さはプロには遠く及ばずながらも、総合棋力はレーティング300・13級はある。一般の中高生どころか大人でも勝つのは難しい。
    • チュートリアルも簡単な問題もあるが、戦法、囲い、棋譜も知っている事が前提。棋譜を言われて頭の中だけでイメージしなくてはならない。
  • 弱点がある。
+ パックマンに弱い。長いので閉じる。

相手の初手76歩に、44歩~34歩とする。54飛の変化球には52金右でブロックしておいて、11馬まで進行。後に34飛には31香から45銀とすると飛車を切ってくるので同玉、48銀で悪形となり、79飛から89飛成で、後は77馬から詰み形。32手目で投了する。 先手番でも66歩から端歩を突いて相手に手番を渡せば同じ展開になる。

負けはくり返さない。
次はこうはいかないよ。
次、こうはいかんばい。

とあるが何度でも通用してしまう。稀に違う手を指してくるが敗勢なのでプレーヤーが押し切れる展開である。

なお、重要局面は指定局面からなので、パックマンだけで解決できるほど甘くはない。

  • 指定局面
    • 重要局面では平手ではなく指定された局面から開始されるのだが、プレーヤーによっては、こういう指し方はやらないもので、という意見もあった。
  • 「待った」は出来ない

問題点

  • 名前入力の操作性が悪い。
    • 主人公のデフォルトネームが出ない。空入力をすれば出るのだが、分かり辛い。
    • 漢字も使えるのは良いのだが、ページの切り替えは進む事しかできないので不便、LRボタンで切り替えられたら快適だった。
    • 細かい事だが、キャンセルする際は1秒かかる。
  • 序盤のチュートリアル
    • 選択式の問題が出題されるが、その際の局面はスタートボタンで見て来なくてはならないのでテンポが悪い。
    • 誤字脱字がある。「攻めに自身があるなら」とあるが「攻めに自信があるなら」とすべき。
  • 冗長な対局
    • 平手の通常対局を何十局もこなさなくてはならない。プロ棋士の対局は実際に多いのだが、そこまで再現されたらたまったものではないだろう。本作のタイトル戦は似たり寄ったりで同じメンバーと何度も戦う仕様で間違いなく飽きる
  • 1局ごとにセーブが出来ない
    • 次のセーブ画面まで3試合行う場合も多数。最初のセーブ画面からして名前入力~師匠の講座~3勝してようやく出て来る。
  • 「翌月へ」という項目にカーソルが合っているが、セーブしないでうっかり選ぶと選択肢が出る事もなく次へ進んでしまう。
  • 学習能力はない
    • 本作では連戦を何度もさせられるため、パックマンを知っているなら効率よくやるのがセオリー。人間ならば対策したり回避したりするとこだが本作のCPUは何度でもかかるので、同じ事の繰り返しである。勿論これで棋力が向上するわけもなく、やっていて空しくなって来るだろう。
    • 多彩な戦法を実装しているのなら、プレーヤーに負け続けた戦法を避けるという事でもすれば、また違ったと思われる。
  • 投了した際は、思考中の文字が残ったままである。
  • 対戦相手の顔
    • 対局開始の時点では見えずに、対局中に片言しゃべるか、対局後のみ。フリーモードでは解説文が見れるのでこっちでも表示して欲しかったところである。
      • アイマックスの『スーパー将棋』では長考中に相手の顔が状況に応じた表情が表示されていた事を考えると残念。
    • 羽田の表情が見下している感があって気品がない。これではモデルとなった羽生名人に対して失礼にあたる。
      • なお、6つのタイトルを失った際は引退をするなど潔さを持ち合わせている。余談だがモデルとなった羽生名人が実際に無冠になるのは2018年12月である。
    • シナリオでは裏プロに遭遇するが、顔グラは野光俊朗の使い回し。弟子の顔グラも内山卓也の使い回し。流石にこういう扱いはどうなのかという疑問符はある。
  • セーブ画面
    • セーブ直後は一旦戻ってしまう。セーブファイルを確認したいならセーブするフリをしてもう一度画面を開く事になる。これは『RPGツクール2000』のセーブのような不便さである。全く別なジャンルであるが顔グラが48×48など何かと共通点が多かったりする。
  • ストーリー関連
    • OPで主人公は「将棋界は俺がかえて見せる!!」とあるが、これでは、奨棋会、将棋協会に対し何か不満があるのかと思われる。
    • 脇役の扱い
      • 主人公の活躍を聞いた人々が、弟子になったり、テレビの解説を依頼されたり、猫を拾ってきたり色々あるのだが、それは主人公の対局前に電話をしてきたり姿を見せたりするのみで、いてもいなくても大差ない。中には対局を棒に振ってまで人命救助をした人物もいたが、ありがとうの後はそれっきり。
      • 脇役同士のやり取りもなくストーリーに深く関わらず、練り込み不足は否めない。

総評

作中で繰り広げられる師弟愛のドラマは高品質のグラフィックと音楽も相まって見事に表現されている。これはプロ棋士監修も含めSFC将棋で最もプレーヤーの心を打った作品と言えよう。
その一方で、重要局面では特定の盤面と専用BGMで盛り上がるのは良いが『将棋最強』の二番煎じとという印象かつ、そこに行くまでが長く、平手で強さが進化しない相手と何十局も対局させられるというゲームバランスが大きく足を引っ張ってしまったのは非常に残念なところである。
将棋ゲームとしては中途半端であり、他に良い選択肢は多い。

余談

SFC将棋の付加価値についてあらゆる角度からのアプローチが見られる。
本作よりも少し前の95年末には『スーパー将棋3 棋太平』が発売されており、棋士の星というモードでは主人公の元へ女子が弟子入りする話になっている。こちらも棋士人生シミュレーションとも言える。
本作から丁度1週間前に魔法株式会社から『将棋最強II』が発売されている。100以上にわたる指定局面が用意されており、指定局面を望むならあちらが良いだろう。
たらればの話になるが、本作と手を組んでいればSFC将棋史に残る名作になっていたかもしれない。