SIMPLE2000シリーズ Vol.50 THE 大美人

【しんぷるにせんしりーず ぼりゅーむごじゅう ざ だいびじん】

ジャンル アクション
対応機種 プレイステーション2
発売元 D3パブリッシャー
開発元 タムソフト、アクワイア(モーションスタジオ提供)
発売日 2004年5月20日
定価 2,000円(税抜)
レーティング CERO:12歳以上対象(B相当)
判定 バカゲー
ポイント 双葉理保屈指の怪作
それでいいのかD3
仕事を選ばないアイドルの本領発揮
出オチ
アクションゲームとしては凡作以下
SIMPLEシリーズリンク


概要

沖縄県・皆古島に突如現れた巨大生物。
プレイヤーはいち自衛隊員となり、ヘリや戦闘機などを操作して、巨大生物の撃退・事件解決を目指す3Dアクションゲームである。

…のだが、ゲームタイトルと商品パッケージからして何かがおかしい。
そう、本作で出現する48mの「巨大生物」とは、巨大なビキニ姿のグラビアアイドル・双葉理保なのである

+ 双葉理保って誰? という人へ
  • 本作で巨大化したグラビアアイドルである*1「双葉理保」というキャラを知らない人もいるだろうが、理保は公式ページが存在するほどのD3パブリッシャーの看板キャラクターである。
    • 元々は恋愛シミュレーションゲームのサブヒロインであり、人気投票で1位になったのを機に様々なD3パブリッシャーのゲーム作品にゲスト出演するようになった。ゲスト出演第1作である『ラブ★スマッシュ!』の記事も参照。
    • SIMPLEシリーズに多く出演しているため出演作に知名度の高い作品はそれほど多くないが、2001年初出のキャラクターでありながら実に出演作は40作近くを数える。マリオやルイージなど任天堂の主要キャラは別格として、それらを除けば恐らく日本でゲーム出演作品数トップクラスのキャラクターだろう。
    • 流石にこのゲームほどぶっ飛んだものは少ないが、主に登場しているのがSIMPLEシリーズだけあって出演作もかなり変なゲームが多い。『ラブ★エアロビ♪』とか『ドリームクラブ』とか…
    • 比較的普通のゲームにも出演してはいるが、理保のトレードマークでもある水色ビキニ姿で出演することが多いせいで、その作品の世界から明らかに浮いていることもままある。
    • だいたい、コンシューマー恋愛シミュレーションゲームのヒロイン出身で格闘ゲームに4回もゲスト出演したことがあるキャラなんてのは彼女ぐらいであろう。

特徴・バカ要素

  • まずは本ゲームのストーリーから。
    • 沖縄にグラビアの撮影ロケでやってきた理保は宇宙人らしき謎のクラゲ型生物に取りつかれて水着姿のまま巨大化し、判断能力を失ってしまう。
      • 人が巨大化する、というネタは映画『ジャイアント・ベビー』『大日本人』などに見られるようにそこまで発想不可能なものではないだろうが、それだけのネタで1本のゲームに仕立て上げてしまった突飛さと、何より「水着姿のグラビアアイドル」と「巨大化」の取り合わせが妙にミスマッチで訳が分からないことになっている。
      • おそらく元ネタは映画『妖怪巨大女』およびそのパロディ『アタックオブザジャイアントウーマン』。特に後者の主役はグラビアモデルと、設定も似ている。
      • 呑気な発言を繰り返すとともに胸をユサユサ揺らしながら、市街地をガンガン踏みつぶしていく理保の姿からは妙な笑いがこみ上げてくる。
  • 各ミッションの開始時に挿入される、特撮やニュース番組を模した仰々しいオープニング映像もシュール。
  • ミッション内容は第1面からしておかしい。
    • 上官からは「謎の巨大生物」の正体を知るために「トレースビーム」を発射して対象を測定せよ、と通達される。理保は出演作を通してそこそこに知名度のあるグラビアアイドルという設定であり、正体もくそもどこからどう見ても双葉理保なのは明らかなのだが、その点はなぜか誰も気付かない
      • 人間だということさえ明言できず「謎の巨大生物」と繰り返すあたり、危機管理問題への皮肉と捉えられないこともないが。
    • 「トレースビーム」というのもどういう原理なのかさっぱり分からないし、指示された照射部位も「胸部」「腰部」「臀部」「頭部」。それってただスリーサイズ測ってるだけじゃないのか
    • クリア後、ミッションの結果を受けて「DNA解析により、巨大生物は行方不明になっていた双葉理保本人と判明」と発表される。いやだから、見りゃ分かるだろ!*2
  • その次は暴れる理保を麻酔弾で眠らせるというミッション。ミッション内容だけ聞くと(比較的)まともに思えるが、「麻酔弾」と称されているものはただの巨大注射器である
    • その後、どう見ても富士急ハイランドな遊園地に現れた理保はクラゲ型生物の影響か、目からビームを発射したりかめはめ波エネルギー砲を発射したりと暴走を始める。どうしてこうなった。
    • 最終面では、キングコングのごとくビルの壁面を昇る理保を縮小薬で元のサイズに戻すことになる。もう何がなんだか。
  • ステージ内では「特殊兵装」として強力な攻撃や、理保の動きを制限する妨害アイテムが使えるのだが、その内容は大半が「コショウでクシャミさせて動きを止める」「タライを頭上に落として動きを止める」といったドリフのコントのようなものばかりである。
    • 「なんだ、会社の看板キャラだからそんなに手荒なことはしないか」と思うかもしれないがそんなことはなく、副兵装で攻撃するとマシンガンやレーザーガンを容赦なく撃ちこむ。あくまでギャグ作品なので流石に血が飛んだりのリアルな描写は一切ないが、それにしてもそれでいいのかD3。

問題点

と、ここまでバカゲーとしての特徴を述べてきたが、アクションゲームとして見るとその出来ははっきり言ってよろしくない。
シナリオ面でのオチも、ツッコミ所はあるが正直なところイマイチな感あり。

  • ボリューム
    • 単純に、ステージ数自体が基本6面と価格を鑑みても少ない。面倒な条件をクリアして登場する隠しステージを含めても7面。
    • ヘリコプター・戦闘機・戦車とステージによって3種の乗り物が登場するが、その比率は「ヘリ5面・戦闘機と戦車は1面ずつ」と大きく偏っており、戦闘機の登場する3面と戦車の登場する5面を除けば基本的に「ヘリゲー」である。
  • 操作性
    • 特に主に使うことになるヘリは、平行移動するにしろ旋回するにしろ挙動がかなり重く、明らかに動かしづらい。攻撃の当たり判定がかなり微妙なこともあって、回避行動が困難。
      • ヘリコプターの挙動としてはリアルと言えばリアルなのかもしれないが、他の部分がリアルも何もないんだからそんな所に拘られても、というところである。別にヘリコプターである必然性もないし。
    • ラグがやたらと発生し、特に理保がビームを撃ったり宇宙人がミサイルを発射したりする4面ではかなり処理落ちがある。上記の操作の重さもあいまって、本来の仕様と関係のないところで難易度が上がっている。
    • 描画領域の都合か、指定されたエリアの範囲外に出てしまうと警告が出て10秒以内に戻らないとミッション失敗になるのだが、範囲が目視できないのとやはり操作性の面で戻りづらい。同じく4面ではエリアが狭く範囲外に行ってしまいがちなため、これが顕著。
    • 操作の詳しい説明がないため、新しい操作が出てきた際に混乱したり、気付かなかったりすることがある。特にロックオン機能は存在するミッションとしないミッションがまちまちで、存在するミッションでは使わないとクリアが非常に難しい。
  • グラフィック
    • 当時のSIMPLEシリーズの3D系ゲームの大半に言えることで、予算制約上仕方ないことでもあるのだが、理保を含む3Dグラフィックが微妙で表情も極めて堅い。場面によっては恐い。
    • 空中の機体を動かすことが多い上、カメラがやや上方からの第三者視点になっているので、せっかくの理保の「巨大感」がやや薄れてしまっている。
  • 隠し要素
    • 隠しステージ以外の隠し要素と言えば、理保のビキニの柄が変えられるぐらいで微妙。
    • この隠し水着(全8種)の解放条件が面倒で、ストーリーを1周クリアするごとに1着追加される。これが6種あるので、難易度イージーでも可とはいえ実に計6周が必要。
      • 残り2種は面クリア時の評価で高評価を得ること*3。イージー設定や個別面選択は可。
      • 牛柄模様やベージュ色水着(色の加減で裸ニプレスみたいに見える)などのネタ系もあるのだが、面倒な条件に見合うかというと…

総評

ゲーム名とビジュアルのインパクトはかなりのものであり、現在ではSIMPLEシリーズを代表するバカゲーのひとつとして認知されている*4
だがゲーム自身のクオリティがネタにあまり追いついておらず、アクションゲームとしては駄作に近い出来に終わってしまった点は大変勿体無い。
プロデューサーの岡島氏も「タイトルの反響は良かった」と言う一方、「セールス的には話題になった割に伸びなかった」と語っている通りである。
現在でもSIMPLE2000シリーズの中では知名度自体は高めで、一部からは半ば本気で「新型機で新作を出してほしい」という声も聞かれたりする。



余談

ちなみにその後、本作はその知名度ゆえか後発作の『THE 交渉人』『ドリームクラブ』などでもネタにされており、その辺りの作品では本作は双葉理保が女優として出演した特撮作品という設定になっている模様。
さすがに、リアルに考えたら大量虐殺になるこのネタ設定をそのまま持ちこむのはどうかと判断したのだろうか…

と思いきや、実際に巨大化したものとして扱った作品が2本存在する。
THE ALL★STAR格闘祭』と『THE お姉チャンプルゥ』がそれであり、前者はネタ的に、後者は非常に陰鬱な理由付けによって、対照的に描かれている。