ミシシッピー殺人事件

【みししっぴーさつじんじけん】

ジャンル アドベンチャー
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売元 ジャレコ
開発元 トーセ
発売日 1986年10月31日
定価 5,200円
判定 クソゲー
ポイント スペランカー並の死にゲー
死体発見前に死体と化す
捜査ミス=詰み
実は全員グル? 助手がトラップ犯?


概要

アメリカではApple IIとコモドール64/128向けに開発され、Activisionから発売された推理アドベンチャーゲーム『MURDER ON THE MISSISSIPPI』のファミコン版。
ライセンスを得たジャレコが日本語版としてローカライズした上で移植したものである。

偶然その場に居合わせた探偵「チャールズ・フォックスワース卿」とその助手「ワトソン」が、ミシシッピ川を下るリバーボートで発生した殺人事件を解決する、という探偵モノとしてはベタな内容。 豪華客船が舞台の海上ミステリー!
…と言えば聞こえはいいが、その正体は『スペランカー』と並び語られる「死にゲー」。船内を探索して、殺人現場に出くわすことがプレイヤーの最初の目標なのだが、ここでさっそく死にゲーの片鱗を見ることになる。


問題点

死にゲー要素

  • 理不尽なトラップが仕掛けられている。
    • 特定の客室で落とし穴が仕掛けられており、落ちるとゲームオーバー。しかしどう見てもバラエティ番組によくある落とし穴にしか見えない。船の中の落とし穴とは、仕組みは一体どうなっているのだろうか?
      • 「強度不足という欠陥によって穴ができ、転落死」と強引に解釈したい所だが、ワトソンが「誰かの罠だったんだ」と断定している。
      • そもそも1階下の部屋などワトソンが「この高さから落ちたのでは先生は…」と案ずる程の高さではない。怪我はしてもおかしくないだろうが、それだけで簡単に死亡するチャールズ卿はスペランカーやしんのゆうしゃ並の虚弱体質とでも言うのか。
    • 特定の客室の壁から飛んできたナイフに刺され、やはりゲームオーバー。
      • 部屋に入った途端、主人公目掛けて一直線に飛んで来る。すぐに避けなければ即死である。
      • ちなみに、ナイフが飛んできてから一歩も動かずにいると、見事に主人公の額に突き刺さる。そのシュールな姿はよくネタにされる。
    • これらトラップの所為で、死体発見前に死体と化すなどとは本作ではよくある事。しかし事件が解決しても、これらのトラップを用意した人間は謎のまま。
    • そしてワトソンの台詞「あぁ もし さいしょから やりなおす ことが できれば なんとか なるのに…」がプレイヤーを脱力させる。
      • 穴に落ちた時だけ「なんんとか なるのに…」となっている。
    • なおこれらの即死トラップは、PC版では入室できなかった部屋を使ったFC版オリジナル要素である。

ゲーム上の問題

  • 推理もののようではあるが、勘か総当りでしか進められない捜査。
    • 特定の証言をワトソンに「メモ」させないと、他の人への聞き込みで活用できず、そのメモは証人1人につき3つまでしかキープしておけない仕様が曲者となっている。どれが重要な証言かが分からないと先へ進めない。
    • しかも証言を一度聞いた後に同じ人物に同じ事柄を尋ねても、どんなに重要な証拠をしゃべっていても「もういいました」「さっき はなしましたよ」などとしか言わなくなる。メモし忘れた、あるいはもう一度聞いてメモしたくなったと思った頃には時すでに遅し。
    • 証言のメモし忘れへのペナルティがゲームオーバー等はっきりと分かるものではなく、自然と先に進めなくなる「手詰まり」であることも洒落にならない。同じADVでも選択ミスがほぼゲームオーバーで同じ場面をすぐやり直せる『シャドウゲイト』の方がまだ良心的である。こうなると電源を入れなおすか落とし穴やナイフを使ってわざとゲームオーバーになるなどしてゲームを最初からやり直すしかない。
  • 証拠品が意味不明なところに隠されている。まるでいいかげんなFLASH脱出ゲーム的ノリ。
    • いちいち自室に帰らないと証拠品整理や分析が出来ないのも不親切。
  • やっとクリアしても表示はゲームオーバー。「ゲームは終了した」という広義で捉えれば間違っておらず、当時はクリア画面でゲームオーバーと表示されること自体はそこまで珍しくはない*1。だが、アドベンチャーでやられるとなんとも骨折り損のくたびれもうけである。もちろんスタッフロールなど無い。

シナリオ上の問題

  • 回収し切れていない伏線がある。
  • シナリオやトリック、推理内容も極めていい加減な上に探偵の推理内容と犯人の言動が噛み合っていない
    • 事件の起きた部屋に銃弾が無かったことに対し探偵は「弾丸は彼の体を貫通し床を転がった。そのうちに床の隙間から下に落ちたのだろう」と推理している。加えて助手はそれに対し「だから弾丸が下の部屋にあったんだ!」と納得している。確かに事件現場の真下の部屋に弾丸はあったのだが、その弾丸は机の中から発見されている。自動的に弾丸が机の中に入るのだろうか。
    • 凶器の行方についても「柵に当たったピストルは銃身とグリップの2つに折れて銃身はに落ちたがグリップは柵に引っかかったままになってしまったのだ」と推理しているが、柵に投げて当たっただけで壊れる程度の耐久性ならば発砲した時点で粉々になってしまうだろう。そしてこの船はミシシッピ川を下っているのであり舞台は海上ではない。
    • 銃声が聞こえなかった事に対し探偵は「他の乗客に毎朝鳥を撃つ癖がある人物がおり、その時間に持っていた2丁のピストルのうち1丁を箱から出して被害者の部屋へ行きその乗客の銃声に合わせて射殺した」と推理しているが、犯人は「被害者は自分の船室に来るように告げられて部屋に行った後争いになりやむ無く発砲した。殺す気は無かった」と証言している。だとしたら鳥を撃った乗客の銃声と被害者を射殺した銃声が全く同じ時間に聞こえたのは偶然なのだろうか
      • 更に犯人は「私は錯乱状態に陥ってしまった。ピストルを綺麗にしていると(以下略)」と発言しているが、果たして錯乱状態に陥りながら証拠隠滅を図れるのだろうか?
  • 会話に脈絡が無い。
    • 例を挙げると、死体を関係者に見せる→「ああ、ブラウンさんですね」と妙に冷静。しかしそのまま被害者について聞いてみると「な、なんですって!? ブ、ブラウンが!?」といきなり驚く。バカにされているようにしか思えない。
  • 人間関係が極めて険悪。
    • 「あの下品な若い女か。洋服の着方などからわかりますよ」「あいつは人間のクズですよ。下品で無教養で信用できない奴ですからね」「彼のような人の事をお聞きになるなんて侮辱ですわ」。もう2、3人ほど被害者が出てもおかしくない状況である。
      • これらが事件解決の鍵や終盤への伏線になっていたのなら有意義な演出といえるのだが、そんなことはなかった。そればかりか結末の不可解さを余計に助長している。
  • ようやく犯人を追い詰めても、他の乗客が一斉に犯人の弁護をし始める。
    • しかもまるで真相を暴いた主人公が悪いかのように言い出すばかりでなく、捜査上で証言しなかった重要な証拠や、事件の背後要因等を今更になって次々口にした挙句、勝手に犯人を正当防衛の無罪と断定する。
      • 殺人の動機に少なからず同情する余地はあるものの、そういった重要事項を探偵に証言せず、だんまりを決め込んでいたのは他ならぬ犯人以外の乗客達である。後出しじゃんけんもいいところであるし、何より捜査を主人公に任せっきりにしていたくせに何様のつもりだ。
      • 加えて前述の落とし穴や飛びナイフのような凶悪なトラップをあちこちに仕掛けて無関係の探偵まで殺そうとしていたのに、その件については一切追及されない。犯人が仕掛けた者ならば到底無罪とは言えないし、そうでないというのならいったい誰の仕業なのか。
      • その犯人も、とても正当防衛で止む無く人を殺めてしまっただけとは思えない行動*2を取っており、上記のいい加減なトリックからも分かるように、計画性や共犯者の存在を匂わせる様子も多く、無罪と結論付けるにはあまりにも無理がある。しかしラストの弁護ではそれらについては一切スルーされる。
    • ここに来てこの事件の根底には「所有していた銀山の採掘権を騙し取られ両親を失った娘の復讐劇」というシリアスな背景があったことを仄めかされるのだが、上述の理不尽かつ支離滅裂なシナリオ展開が全てをぶち壊しており、全くもって感情移入できない。
    • 序盤では事件を悲観したり、被害者を憐れんでいたりしたのだが…
      • 船長「そんな…彼はこの船の共同経営者なのに
      • 被害者の息子「実はあいつは俺の父親なんだ」
    • しかし犯人が確定した途端に…
      • 船長「彼女は当然のことをしただけです。被害者は彼女の父親を自殺に追い込んだ奴ですよ
      • 被害者の息子「勝手なことを言うな!奴は彼女を脅していたんだ!(中略)彼女は自分の身を守るためにやったんだぞ!それなのにひどいじゃないか!
  • この他の乗客も前述の通りやたら人間関係が険悪な上に、捜査段階ではやたら他人を疑ってかかっていたのだが、シナリオ終盤で犯人が追い詰められた途端、これまでの不仲ぶりが嘘のように一致団結して犯人の弁護に走っていることや、捜査段階で重要な証拠や事件の背後要因や人間関係を証言してなかったこと、そしてさも最初から犯人を知っていたかのような言い回しをしていることも手伝って、一部のユーザーからは「殺人を起こした犯人の他に罠を仕掛けたりアリバイ工作をしたであろう共犯者がいる」という説、更には「チャールズとワトソン以外の登場人物が全員グル*3という説が囁かれている。
    • なお、古典推理小説にも「登場人物の大半が犯人とグル」という作品はある(アガサ・クリスティーのポアロシリーズのある1作など)が、その場合はラストで探偵が事件解決時にはっきりとそれを指摘するものであり、仮に本当に登場人物の大半が共犯という設定でもこのような終わり方ではミステリーとして問題である。
  • また、ゲームシステム上の仕様なのだが、ワトソンは一切トラップに引っかからない事から、トラップの仕掛け人はワトソン説まで浮上する始末である。

ファミコン版独自の問題

ローカライズ移植作としてみると、オリジナル版から劣化した部分や粗が多い。

  • 死にゲーなのに セーブ機能が削除されており、プレイの度に最初からやり直さなければならない。
    • 捜査も中盤に差し掛かった頃あたりに、ついうっかり部屋を間違えて飛びナイフに刺されることも。もう嫌だこの船
    • 原語版にはセーブ機能があるので死んでも途中からやり直せた。死亡時のセリフ「やり直すことができれば」は、恐らく「セーブ地点からやり直すこと」を指していたと思われる。
  • 移動速度がとにかく遅い。
    • 原語版はもっと速く移動出来たのに、FCになって大幅に鈍化してしまっている。
  • 上述の「なんんとか なるのに…」の他にも日本語訳のテキスト面に粗が見られる。
    • プロローグのテキストの時点で、「げんき けているかの ようです」という誤字と、それまで「ですます」調で語られてきたのに殺人事件発生を仄めかす部分だけ語尾が「~だろうか」になっているという表現の一貫性のなさが確認できる。
    • ある外交的ではない乗客が富豪の乗客から社交界に出るようにとしつこく勧められている話をする際、「私を社会に参加させようとしているが全くの無駄だ」と語っており、その人物が引きこもりであるかのように誤解しかねない。
      • "society"が「社会」と「社交界」の両方の意味を持つことによる誤訳と思われる。
  • 序盤の流れが不親切になった
    • 原語版は最初に犯行現場の部屋しか入れず、これを船長に報告してから他の部屋に入ることを認められた。
      このためよく言われる「事件発覚前にトラップの部屋に入って訳も分からず死亡」という展開は起きなかったのだが、このフラグがなくなってしまったせいでゲーム開始直後に罠にかかって即死する事態が起きるようになった。
      • もっとも理不尽なトラップ自体については、FC版は実はこれでも緩和された方だったりする。
        原語版ではドアを開けようとすると物が落下してきて首の骨をへし折るという極悪トラップがあり(しかも、ドアを開けようとした瞬間にランダムで発生する)、確認したら即座にドアから離れないと死んでしまう。…コレはどう考えても無差別殺人ではないだろうか。

評価点

  • 当時のミステリーゲームとしてはまだ少なかった、3人称視点のマップを探索して調査するシステムを採用している。
    • 本作発売当時、ミステリーゲームといえばポートピア連続殺人事件のようなコマンド形式が主流だったため、この手のゲームとしてはかなり斬新なシステムだった。
      • それだけに、即死トラップの多さや、移植に際して劣化した移動速度などの点で遊び難さに繋がってしまっているのが残念なところである。
  • 短いジングルではあるものの、乗船者のいる部屋に入った際のBGMが人物ごとに個別に用意されている。
  • 今となっては落とし穴やナイフトラップの方がネタとして有名になっており、その点では愛されるクソゲーと言えなくもない。
    • 本来の遊び方ではないが、開始何秒で穴に落ちるかを競ったり、船長室BGM終わりの効果音(アタック25の早押しボタンの音)を何度も聞いたりといった楽しみ方を見出す人もいた。そう言った遊びが出来る点はまだ救いがあると言えるか?

総評

洋ゲーのローカライズではあるが、トリックはいい加減・シナリオも不可解でツッコミ所満載・理不尽な仕様に最悪なUI・演出、グラフィック面でもチープで当時としても誉められたものではない、と何処を切っても問題点しか出て来ず、クソゲーと断ずる他無いのが実情である。


余談

  • 原語版におけるワトソンの本名は"Regis Phelps"(リージス・フェルプス)であり、なじみ易い名前に、との判断で有名な推理小説シリーズであるホームズシリーズにおける主役の相方から名前を拝借したようだが、さすがに主人公"Sir Charles Foxworth"をホームズにするのは控えている。
  • 実は双葉社が出版していた「冒険ゲームブックシリーズ」の一作として本作の続編的作品が存在する。本作の事件の犯人が射殺されると言う衝撃的な幕開けであるが、本作で放置された伏線が回収される補完的作品…ではなく、物語そのものは本編とは関連が無いオリジナルのものであり、主人公も本作の二人ではなく新キャラの少年達である。
  • FC版発売の翌年にMSX2版が同じくジャレコから発売されている。タイトル画面や聞き込み画面の顔グラフィックが書き換えられていたりと単なるベタ移植にとどまっていない点がある。
添付ファイル