SIMPLE DSシリーズ Vol.32 THE ゾンビクライシス

【しんぷるでぃーえすしりーず ぼりゅーむさんじゅうに ぞんびくらいしす】

ジャンル シューティング・アクション
対応機種 ニンテンドーDS
メディア 256MbitDSカード
発売元 D3パブリッシャー
開発元 ドリームファクトリー
発売日 2008年1月31日
定価 2,800円(税込)
判定 クソゲー
ポイント 2008年クソゲーオブザイヤー携帯機部門次点
劣化版「BIOHAZARD
理不尽な難易度
長い上に壊滅的につまらないステージ
無限ループバグの存在
現代版死霊の盆踊り
KOTY関連作品一覧
SIMPLEシリーズリンク


概要

画面に出現するゾンビや野獣などをタッチペンで撃っていく、一人称視点のガンシューティング(FPS)。視点固定で自動移動するという点ではアーケードゲームで見かける立体筐体のガンシューティングを携帯化したもの、とも言えるか。
SIMPLEシリーズのゾンビ掃討ものは『THE お姉チャンバラ』シリーズが有名で他にもいくつか作品が出ているが、本作はそれらの水準には程遠い。


問題点

  • ほとんどの武器が役に立たない
    • 攻撃モーションの敵に攻撃することでカウンター効果となり動きを止める事が出来、そうやって足止めすることを前提にした敵配置であるにも拘らず、武器がそれに対応していない。
    • 一見強力そうなショットガンは、一発毎にリロードとなり殆ど無意味。手榴弾も同じく。
    • ナイフの動きがおかしい(射程判定が短い?)。そのせいでなかなか当たらず、弾薬不要というメリットが意味をなさない。
    • そもそもの取り回しで無理があるスナイパーライフル。この手のゲームで目の前に敵がいるのに、狙撃銃のスコープを覗く余裕があるか。
    • マシンガンはそこそこ使えなくもないが、リロードの時間が長く無防備になってしまう。
    • 強力そうなロケットランチャーは、ハンドガン数発分のダメージでしかない。弾薬を考えるとボス以外でメリットがない。
    • 初期装備であるハンドガンによる画面連打が一番安定している。見た目オートマチックなのに6連発なのが欠点だがその分リロードが短い。ただし二丁拳銃は、「二丁持ちだが攻撃力半減」という謎の設定により手間ばかりかかってしまうトラップ武器。
  • ゲームバランスは破綻しまくり。普通に遊ぶことさえ困難なレベル。
    • 当たり判定がおかしく、小さな敵に当たりやすかったり大型敵相手に上手く当たらなかったりする。そもそもタッチ感度が良くない。
    • 斧を持った大男と小さなネズミのダメージが同程度。このゲームでは、大型敵よりネズミゾンビの群が恐怖の対象となる。タイトルをネズミクライシスにした方がいい
    • 全体的に敵が固い上こちらにダメージ後の無敵時間がなく、連続攻撃で即死しかねない。ラスボスも怖いが、やはりネズミの(ry)
  • 一回のプレイが長い上単調。移動が自動な為、より道も出来ない。進路の方向を決めるだけ。
    • 6-1では、実に18回も正しい左右選択を求められる。初見でクリアできる確率は 1/262144 (約0.0004%) である。
    • ただ、正しいルートでもバグで無限ループするという報告もある。
  • 画力は貧弱。ゾンビがまったく怖くないという酷さ。
    • ゾンビを撃ち殺しても血しぶきさえ出ないショボい演出だが、なぜかこちらが攻撃を受けたときのみ血が出る(ちなみに、CERO判定はB)。
    • 動きのパターンは少ない。「お姉チャンバラ」でも同じ姿のゾンビはモーションが同じだったが、それよりも恐らく少ない。

評価点

  • ゾンビの雰囲気は一応出ている。あくまで「一応」であり、ちゃんとしたゾンビゲーの足下にも及ばないが、とりあえずこの作品の数少ないマシな部分である。
  • ゲームオーバーからコンティニューするとライフが一つ増える。
    • このおかげで何度もコンティニューするとライフがどんどん増え、一応力押しでのクリアも可能。
    • その前に、ノーヒントでの進路選択に飽きてロムを割りたくなるだろうが…。
  • 主人公の顔グラはそれなりに美男美女。

総評

こんな商品として成立していないレベルのクソゲーが、大手を振って流通していること自体が恐怖である。
ゾンビゲー数あれど、これを買う意味はまず無いだろう。金を溝に捨てたいなら、リアルに溝へ叩き込む方が発展的だ。



余談

  • ハンドガンの銃撃音は『BIOHAZARD 2』のマグナムの銃撃音を使用している。また、敵の声に一部同作に登場するクリーチャー・G成体の鳴き声を使っている。
  • またファミ通waveDVDの一コーナーにてルパン小島がプレイ&レビューしたが、プレイ中は「全然楽しくないなコレ」など不満しか漏らしていなかった。
    • プレイ後のレビューは(わざと)10点満点を付け終始営業トークで終了させた。