THE HOUSE OF THE DEADシリーズリンク

機種 タイトル 概要 判定
ナンバリング
AC THE HOUSE OF THE DEAD 「ゾンビを敵としたガンシューティングゲーム」の地位を確かなものとしたと言える一作。
臨場感の高さと微妙に混在したオカルト/SF要素がアクセントとなり息の長いシリーズとなった。
SS/Win THE HOUSE OF THE DEAD ハードの性能上、AC版からグラフィックの質が大幅に劣化し、様々な要素が簡略化されている。 劣化
AC/DC/
Win/Xb*1
THE HOUSE OF THE DEAD 2 前作をベースにグラフィックが進化。一般にも間口を広げた出世作で派生作品も多い。
その一方で、前作よりもシビアになった難易度が惜しまれる。
AC/Xb/
Win/PS3
THE HOUSE OF THE DEAD III 武器がハンドガンからショットガンへ。一部システムにも大がかりな変更が加えられた。
完成度は高いが、シリーズ恒例の高難度とガンコントローラーの重さが足を引っ張った。
不安定
Wii THE HOUSE OF THE DEAD 2&3 RETURN 上記『2』と『III』を同時収録したカップリング作品。Xb版『III』が移植元となっている。
AC/PS3 THE HOUSE OF THE DEAD 4 前作よりも軽量で取り回しやすく連射可能なサブマシンガンと、サブウェポンに手榴弾を採用。
それらを用いて大量のゾンビをなぎ倒していく爽快感の高さと抑え目な難易度で好評を博した。
AC/PS3 THE HOUSE OF THE DEAD 4 SPECIAL 『4』の後日談作品。AC版は東京ジョイポリス等の超大型のセガ直営店で少数が稼動していた*2
PS3版は基本システムを『4』同様に変更した上で収録、『4』を1度クリアするとプレイ可能。
AC HOUSE OF THE DEAD
~SCARLET DAWN~
『4』から約13年越しのシリーズ新作。前作以上の敵の群れ・多彩な武器・グラフィックは見物。
シリーズ特有の雰囲気や絶妙な難易度も健在だが、一方で処理落ちによるバグの多さが問題に。
なし
スピンオフ
AC/DC ゾンビリベンジ ダイナマイト刑事』タイプの格闘アクション。毒島力也のインパクトの強さが話題に。 バカゲー
AC 愛されるより愛シタイ
~THE HOUSE OF THE DEAD EX~
『4』のグラフィックを流用した、ミニゲーム集的なバラエティ作品。開発はセガ上海が担当。
銃とペダルの2つを使う操作系や2人プレイを前提としたギミックが光るが、1人でも楽しめる。
Wii THE HOUSE OF THE DEAD OVERKILL 低予算映画をモチーフとした、『1』の前日談的作品。開発は英国のHeadstrong Gamesが担当。 なし
PS3/Win*3 THE HOUSE OF THE DEAD OVERKILL
DIRECTOR'S CUT
Wii版から新ステージや演出を追加したHD完全版。
日本版はPS3版のみで、レーティングがシリーズ初のCERO:Zとなっている。
派生作品
AC/DC/
Win/PS2
THE TYPING OF THE DEAD キーボードでゾンビを「打つ」、『2』ベースのタイピングゲーム。開発はスマイルビット。
原作の世界観とは裏腹に、入力する単語や改変されたキャラクター達の装備等が絶妙におバカ。
タイピングソフトとしての完成度も高く、Win版は新OS対応等の改良版が多数発売された。
Win THE TYPING OF THE DEAD II 『III』ベースのタイピングゲーム。前作よりもおバカさは減ったが基本内容は維持されている。
Win THE TYPING OF THE DEAD OVERKILL 『DIRECTOR'S CUT』ベースのタイピングゲーム。開発は英国のModern Dreamsが担当。
タイピングソフトとしての追加要素は殆ど無く、日本未発売なのも納得?なクオリティ。
GBA THE PINBALL OF THE DEAD 『2』の世界観をベースとしたピンボールゲーム。
DS ゾンビ式英語力蘇生術
ENGLISH OF THE DEAD
タッチペンでゾンビの英単語を "書く"。
『THE TYPING OF THE DEAD』ベースの学習ソフト。

関連作品

機種 タイトル 概要 判定
AC ロストワールド・ジュラシックパーク 同名映画がベースのガンシューティングゲーム。開発はセガAM3研。
基本システムや開発協力スタッフの一部が『1』と共通*4している。
不安定
AC/PS2 ヴァンパイアナイト 中世風の世界観&吸血鬼を敵としたガンシューティングゲーム。
開発チームや基本システムがHODシリーズと共通*5している。
3DS PROJECT X ZONE 『ゾンビリベンジ』から毒島力也が参戦。 なし

シリーズ概要

セガ第一AM研究開発部*6(『III』当時は各開発部署の分社化により「ワウ・エンターテイメント」名義)が開発。公式略称は『HOD』となっている。
主観自動移動型3Dガンシューティングというジャンルを代表する作品のひとつ。どの作品も概ね完成度は高く、高評価を得ている。
ストーリーは国際諜報機関「AMS」のエージェント達が、人類を憎む悪の科学者が解き放ったゾンビ等のクリーチャー達に立ち向かっていくというもの。
メイン作品は5作目まで続いており、1~2作目はハンドガン、3作目はショットガン、4~5作目はサブマシンガンが武器となる。当然操作方法も異なる。
時系列は『OVERKILL』⇒『1』⇒『2』⇒『4』⇒『4SP』⇒『SCARLETDAWN』⇒『III』の順。『ゾンビリベンジ』『EX』は独立した世界観(パラレルワールド)となっている。
ほぼ全作品で、敵は攻撃を受けると流血したり部位欠損を生ずる。そのためグロテスクな描写は多く、そういったものが苦手なプレイヤーは注意が必要。
ストーリーはいくつかのステージ「Chapter」で分けられており、原則として各Chapterの最後には一体(もしくは集団で一体扱い)のボスが登場する。
ボスの名称はタロットカードの大アルカナに由来しており、ボス戦直前にはそのボスの名称と全身像が表示され、同時に弱点部位の紹介もなされる。

派生作品等

  • 派生作品に『ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド』が存在する。タイトルからわかるように、ガンシューではなくタイピングゲーム。
    • この他にもピンボールゲーム『ザ・ピンボール・オブ・ザ・デッド』、英会話学習ソフト『ゾンビ式英語力蘇生術 イングリッシュ・オブ・ザ・デッド』といったタイトルの派生作品が存在する。
    • そのほか、外伝作品としてバラエティ色の強い作品の『愛されるより愛シタイ ~THE HOUSE OF THE DEAD EX~』『ダイナマイト刑事』タイプの格闘アクションゲームの『ゾンビリベンジ』も存在する。
    • また、スピンオフ・前日譚作品としてWii『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド オーバーキル』が発売されている。ちなみにPS3にてHDリメイク及び少量のステージが追加されたマイナーチェンジ版が発売された。
  • 海外で本シリーズが映画化(2作)もされた。1作目の監督はゲーム原作レイプで悪名高きウーヴェ・ボル氏であり、その出来は推して知るべし。
最終更新:2021年07月21日 00:00

*1 Xbox版『III』にオマケとして同時収録。内容は一部のシステム字幕を除いてDC版ほぼそのもの。

*2 東京ジョイポリスの個体は2020年2月2日に稼働終了。

*3 『THE TYPING OF THE DEAD OVERKILL』に同時収録。

*4 スタッフロールで『1』のスタッフの名が複数上げられているほか、本作稼働後の数か月後に東京ジョイポリスなどの大型遊戯施設向けのアトラクションとして発売された『ロストワールド・ジュラシックパーク スペシャル』も、アトラクション用に導入・変更したシステムや演出が後の『4 SPECIAL』に引き継がれている。

*5 但し、スタッフロールがどの版でも無い為、詳細な参加スタッフは不明。

*6 通称は「セガAM1研」「セガR&D1」となっている。