修正依頼」が出ています。問題点を追記できる方はご協力をお願いします。


MYSTERY HOUSE

【みすてりーはうす】

ジャンル アドベンチャー
対応機種 MZ-80B/2000、PC-6001、PC-8801、PC-9801、FM-7、X1、MSX
発売・開発元 マイクロキャビン
発売日 1982年
定価 【MZ-80B】5,200円
判定 良作


概要

  • 日本初のグラフィックADV。アドベンチャーゲームというジャンルを広める切っ掛けとなった。
  • 招待された見知らぬ館を探索し、見つけ出したアイテムを利用しながら、隠された宝を探し出すゲーム。

特徴

  • 日本で最初のグラフィックADV。
    • 最初期のADVはテキストADVという形式だった。それは、状況や動作の指示が全て文字だけで表示されるもので、画面は文字の羅列だけで埋められていた。そんな中発売された本作は状況が映像で表示され、想像で補うしかなかったテキストADVから大きく発展したものだった。
    • グラフィックは壁や家具の枠線を大雑把に引いたつたないもの。着色はただ色がついているだけで、配色も乱暴。それどころか機種によっては白黒の場合も。
  • 行動の実行はコマンドそのものを入力して行う。
    • 状況が映像で表示されるようになったが、基本システムはテキストADVのまま。そのシステムはコマンド入力形式というもので、何をするかを具体的に文字で入力する必要がある。だがゲーム側が受け付けられる文字は限られており、それ以外のものを入力しても「NO!」と表示されるだけで何も起こらない。しかも英語で入力しなければならない。
  • 館内に入ると、「ドコカニ オカネガ カクサレテ イル」と書かれたメモが落ちている。その金を探すのが本作なのだが、見つかるのはダイヤだったりする。

評価点

  • 最初期の文字しかないADVに比べ、遥かに臨場感があった。
  • コマンド入力式ADVだが、使用できる文字がプレイ最初に表示されており、またその数もそれ程多くない。この文字一覧を印刷するなり書き留めたりしておけば、後のコマンド選択形式に近い感覚でプレイする事はできた。
    • 一覧は使用できる全ての文字を載せおらず、クリアのキーとなる文字は隠されている。それはプレイヤー自身が考えないといけない。ただ隠し文字がある事自体は、一覧内で伝えられているので、意地悪な引っ掛けという訳ではない。
  • 闇雲に探していてもダイヤへはたどり着けない。館では様々なアイテムを手に入れるのだが、その使い方を工夫しながら、ダイヤを探索していく。試行錯誤しながら、正しい使い方を導き出す楽しさがあった。

総評

単に屋敷の中を探索し宝を見つけるだけのゲームだが、STGやACT、SLGとも違うジャンルであるADVを、多くのプレイヤーに味わわせた。
その新感覚のゲーム性は強い支持を受け、まだまだマイナージャンルだったADVを広める切っ掛けとなる。


余談

  • 『ミステリーハウス』と『MYSTERY HOUSE
    • 『MYSTERY HOUSE』はオンラインシステムズ(現シエラエンターテイメント)から1980年にAppleII向けに北米で発売されたソフトで、多少の違いはあれど本作との類似点は多い。
      • 日本では本作が先に発売された為本作の方が知名度が高いが、ゲーム自体は『MYSTERY HOUSE』が先である。