テニス

【てにす】

ジャンル スポーツ

対応機種 ファミリーコンピュータ
ファミリーコンピュータ ディスクシステム
メディア 192KbitROMカートリッジ
発売元 任天堂
開発元 任天堂
岩崎技研工業
発売日 【FC】1984年1月14日
【FCD】1986年2月21日
価格 【FC】4,500円
【FCD】2,500円
プレイ人数 1~2人
レーティング 【VC】CERO:A(全年齢対象)
配信 バーチャルコンソール
【Wii】2006年12月2日/514円
【3DS】2011年7月20日/309円
【WiiU】2013年10月30日/514円(全て税8%込)
判定 なし
ポイント テニスができる
マリオがゲスト出演


概要

ベースボール』『サッカー』『ゴルフ』と並ぶFC初期のスポーツゲーム。もちろん、FC初のテニスゲームである。日本でテニスの試合そのものを初めてゲーム化した作品である。

特徴

  • 6ゲームで1セット、2セット獲得した方が勝者となる。
  • 「シングルス」と「ダブルス」が選択できるが、「ダブルス」は2人協力プレイであり、プレイヤー同士の対戦はできない
  • プレイレベルは5段階。難易度が高いほど球のスピードが早くなり、ミスも少なくなる。
  • ボールをラケットに当てる場所とタイミングによって、方向が変えられる。

評価点

  • ちゃんとしたルールのテニスをプレイできる。
    • 当たり前のような事だが、それまでの家庭でできるテニスゲームと言えば、『ポン』系統のエアホッケーのようなゲームくらいだった*1
  • ボールも、スマッシュとロブの打ち分けができる。
    • 従来のゲームと違い、単にボールを打ち返すだけではない点が、プレイの幅を広げた。
  • 立体感を意識した画面作り。
    • クォータービューを念頭に置いた画面作りで、手前のプレイヤー側が広く、相手が狭くなっている。さらにボールを疑似3Dで描写、遠近感や高さを表現するなど、臨場感をうまく出している。
  • ラケットの振り方まで再現した選手のアニメーションも秀逸。

問題点

  • BGMがないので盛り上がりに欠ける。
    • ファミコンの最初期のゲームなので、やむを得ない面もある。
      • 同時期のアーケードからの移植作にはBGMがあったが、FCのみのゲームには、ほとんどBGMはなかった。

総評

それまでのゲームと一線を画した、テニスゲームの元祖として非常に完成度の高い作品だといえる。

余談

本作は審判としてマリオが登場することが有名だが、それ以外にもマリオと縁の深い話がある。
それは、スーパーマリオブラザーズ』のバグ面(通称「256W」「ワールド9」など)に行くためにこのソフトを利用できるということである。
TV番組などで紹介されたこともあり、現在は「マリオの裏面に行くためのソフト」としても有名になってしまっている。
方法は調べればすぐわかるが、ソフトとファミコン本体へ物理的に負担を掛けて破損させる可能性が高いので、自己責任において試すように。

2018年01月25日にNintendo Switchで同名タイトル『テニス』が発売された。開発はD3パブリッシャー。


移植版

アーケード版(1984年稼動、任天堂)

  • ゲームタイトルは『VS.テニス』。FC版と同年に稼動された。画面が表裏二画面表示であり、FC版では不可能だった最大4人プレイが可能となっている。
    • 残機制となっており、コンティニュー無しで負け試合を最後まで続けることが出来ない。対戦でも同様であり、コンティニューされなかった場合は残ったプレイヤーはCPUを相手に続行する。
    • ゲームレベルを選択することが出来ず、勝ち進むことでゲームレベルが上がる。最高レベルで勝つと申し訳程度のエンディングでゲームオーバーになる。
    • スコアボードのプレイヤー表示が「I」「II」ではなく、顔アイコンで「男子」「女子」になっている。
    • チェンジコートがなく、常に手前側コート(対戦相手からは奥側コートに見える)。
    • 「1人対1CPU」「2人対2CPU」「1人対1人」「2人対2人」のモードが選択でき、店舗側で細かい料金設定が可能(1人対1CPUは常に1クレジット、1人対1人は常に2クレジットだが、それ以外のモードの必要クレジットを変更できる)。

パソコン版(1985年6月発売、定価6,800円(PC88版)、ハドソン)

  • 『任天堂のテニス』というタイトルで複数のハード(PC80/88/X1/MZ-1500等)に移植されている。

ファミリーコンピュータ ディスクシステム版(1986年2月21日発売、任天堂)

  • 内容はFC版と同一。

ゲームボーイ版(1989年5月29日発売、任天堂)

  • 通信ケーブルで対戦プレイが可能になったが、ダブルスはできなくなっている、ゲームの操作感などもかなり変わっているなど、タイトルが同名なだけでFC版とはかなり異なるゲームに仕上がっている。

ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online(2018年9月19日発売、任天堂)

  • オムニバスソフトの一作としてFCD版を収録。

このほか、後継作品としてキャラクターをマリオシリーズのキャラクターに差し替え、新たなシステムを追加した『マリオテニス』シリーズが存在する。