写真で格闘!フォトファイターX

【しゃしんでかくとう ふぉとふぁいたーえっくす】

ジャンル 格闘ゲーム
対応機種 ニンテンドーDS(ニンテンドーDSiウェア)
発売元 任天堂
配信開始日 2009年12月16日
価格 200DSiポイント
プレイ人数 1~2人
セーブデータ 1箇所
レーティング CERO:A(全年齢対象)
判定 なし
ポイント 撮った写真で格闘ゲー厶が作れる
格闘ゲームとしては少々難あり


概要

  • 任天堂により配信された格闘ゲーム。
    DSiのカメラ機能とマイクを利用して、オリジナルファイターを作る事ができる。

システム

  • ファイターの作り方
    • まず13種類の動きを枠に合わせて撮影する。ポーズなどは以下の通り。
      • 「ファイターの顔」
        「負け顔」
        「構え」
        「移動」
        「のけぞり」
        「パンチ」
        「キック」
        「波動」
        「波動の玉」
        「ジャンプ」
        「しゃがみ」
        「挑発のポーズ」
        「勝利のポーズ」
  • 次に10種類の台詞を録音する。録音時間は約3秒間。台詞は以下の通り。
    • 「挨拶の台詞」
      「パンチの台詞」
      「キックの台詞」
      「波動を放つ台詞」
      「攻撃を受けた台詞」
      「挑発の台詞」
      「勝利の台詞」
      「敗北の台詞」
      「得意技の台詞」
      「必殺技の台詞」
  • その次に名前を手書きで入力する。
  • 最後に4種類のタイプを選択する。タイプによって、得意技と必殺技がそれぞれ異なる。タイプは以下の通り。
  • 拳法マスター
    • 得意技は回転キックであり、
      必殺技は、竜巻如く回転して、触れたファイターを巻き込み最後にサマーソルトでぶっ飛ばすというもの。
  • 波動マジシャン
    • 得意技は様々の波動であり、
      必殺技は、巨大な波動を画面上に飛ばし、ファイターの頭上に目掛けて落とすというもの。
  • 野生の弾丸
    • 得意技は体当たりであり、
      必殺技は自身が回転し、ファイターに目掛けて体当たりするというもの。
  • 破壊の帝王
    • 得意技は爆裂拳であり、
      必殺技は、一定時間の間に巨大化するというもの。
  • なおファイターと背景は、それぞれ8種類まで保存できる。
  • 遊び方
    • 1人モードであそぶ
      • 横スクロールアクションで、100体の雑魚ファイターを倒す。
        クリアタイムと残った体力の量によって、ランクが決まる。
  • 対戦モードであそぶ
    • 2人専用の対戦モード、 1プレイヤーはLボタンと十字ボタンを使って操作、 2プレイヤーはRボタンと、「A」「B」「X」「Y」のボタンを使って操作する。

評価点

  • DS一台だけで対戦が出来るので手軽に楽しめる。
    • 操作性も良好でありストレスを感じにくい。

問題点

  • 1人モードの内容が単純
    • 敵によって攻撃パターンが異なるものの、ボスやステージのギミックなどが存在しないので、ただ次々と現れる雑魚ファイターを全滅させるだけとシンプルすぎて飽きやすい。
  • 対戦モードについて
    • 1プレイヤーと2プレイヤーで対戦することが出来るのだが、 1プレイヤーとCPUとの1対1対戦は出来ない
      無論1人モードの敵はCPUなので、これもCPUが使えるようにしてほしかった所。
  • 攻撃のヒット音がしょぼい
    • パンチ、キック、波動など、どの攻撃を当てても『ボスッ』といったような感じで、攻撃を当てた時の爽快感が薄い。
  • ガードが出来ない。
    • 防御しながら戦う駆け引きが格闘ゲームの面白みの一つであるにもかかわらず、本作はガードが出来ない。

総評

写真で格闘ゲームを作るというシステムは斬新だが、格闘ゲームとしては単純で飽きやすい出来になってしまっている。
格闘ゲームとして遊ぶよりは、ファイター作りを目当てで遊んだ方が無難だろう。とはいえ、本作は200ポイントと安く買えるので、興味があればプレイするのも良いかもしれない。