サンリオキャラクターズピクロス

【さんりおきゃらくたーずぴくろす】

ジャンル パズル&シールデコ
対応機種 ニンテンドー3DS(ニンテンドー3DSダウンロードソフト)
開発・発売元 ジュピター
配信開始日 2018年4月25日
価格 700円
プレイ人数 1人
セーブデータ 1箇所
レーティング CERO: A(全年齢対象)
判定 なし
ポイント サンリオとピクロスのコラボ
良くも悪くも女児向け
シリーズとキャラクターの偏った選抜
時代に乗り遅れたデコレーション機能
ピクロスシリーズリンク
サンリオキャラクターゲームリンク

概要

サンリオキャラクターとピクロスがコラボレーションした作品で、問題を解くことでサンリオキャラクターのイラストとプロフィールを鑑賞できるほか、問題を解いたご褒美として手に入るシールでゲーム内の背景をデコレーションできる。
問題のバリエーションとしては普通のピクロス150問、メガピクロス150問、ミクロス3問となっている。

評価点

  • わかりやすいチュートリアル
    • 今作のチュートリアルは3つ用意されているのだが、どれも子どもにもわかりやすい教え方になっている。
      • 特に秀逸なのは「ピクロス10×10チュートリアル」で、簡単な仮定法*1までプレイヤーの手で解きながら解説してくれる。
    • もちろんメガピクロスのチュートリアルも(やや駆け足気味ではあるものの)メガ数字*2の処理の仕方、普通のヒント数字の処理の仕方などの重要なテクニックを網羅している。
      • さすがに完全に手がかりがなくなった状態でしらみつぶしに仮定する方法は教えてくれないが、そもそもそこまで難しい問題は今作には存在しない。

賛否両論点

  • 優し過ぎるアシスト機能
    • アシスト機能の中には従来の『ピクロスeシリーズ』にはなかった「間違っているマスを全て教えてくれる機能*3」があるのだが、使用回数に制限がない。
    • 恐らくターゲットとした年齢層であろう女児には特にメガピクロスが難しすぎるだろうと思ってあえて制限を設けなかったのだろうが、それでもペナルティが全くないのはぬる過ぎる。
    • また、間違いを自動で直す機能もあるがこちらもペナルティはなし。
      • もちろん使いたくなければ使わなければいいだけの話だが。
  • ノーアシスト問題及びメダルの削除
    • ノーアシスト問題は女児向けと考えると削除されるのもわからなくもないが、メダルは達成感が味わえるだけに削除されたのは残念なところ。
      • 一応全問クリアのメダルだけは生き残った。

問題点

  • 問題数に対して偏っている人選及びシリーズ選
    • サンリオキャラクターズというタイトルからして様々なシリーズからバラエティーあふれる人選がされているだろう……と思いきやシリーズの数はそこまで多くなく、キャラクターのダブりやシリーズごとの選出問題数も偏っている。
+ シリーズ一覧(収録問題数順)
シリーズ名 (メガ)ピクロス ミクロス
マイメロディ 23問 1問
ハローキティ 22問 1問
シナモロール 19問 1問
ポムポムプリン 18問
バッドばつ丸 13問
KIRIMIちゃん. 12問
けろけろけろっぴ 11問
リトルツインスターズ 9問
タキシードサム 5問
ポチャッコ 5問
ゴロピカドン 4問
シナモエンジェルス 3問
ルロロマニック 3問

このうち「シナモエンジェルス」と「ルロロマニック」は「シナモロール」の派生シリーズのため、統合すると実質11シリーズ*4となる。

  • 特にダブりの多いキャラクターを挙げると「ハローキティ」のキティちゃん(7問)と「マイメロディ」のメロディ(7問)、「シナモロール」のシナモン(6問)だけで150問中20問も独占している。
    + 若干ネタバレあり
    「ポチャッコ」に至っては5問全部ポチャッコという体たらく。友達もいるのに……。
  • 「ぐでたま」や「SHOW BY ROCK!!」等が落選しているのはえこひいきと言わざるを得ない。
  • それでいて隣の問題を解いたら同じキャラクターのポーズ違いだったというケースも。
  • プロフィールの使い回し
    • 問題を解くとXボタンで題材となったキャラクターのプロフィールとイラストが見られるのだが、同じキャラクターのプロフィールは全て同じ文面となっている。
      • ルロロマニック等の極端に問題が少ないシリーズのキャラクターと公平にするためだと思われるが、公平にするべきだったのはそこではなくキャラクターのダブりの解消ではなかったのだろうか。
  • 存在意義のわからないデコレーション機能
    • 普通のピクロスの問題を1問解くごとにシールが貰え、それをゲーム内の壁紙に貼って楽しむ機能……なのだが、裏を返せばそれだけの自己満足の機能である。
    • 恐らく他の友達やプレイヤーと見せ合って楽しむのが目的だったと思われるが、その手段として最も相性が良いであろうMiiverseは配信開始前の2017年11月、半年前にとっくにサービスを終了している。そしてMiiverse終了のお知らせはその約2か月前の8月末に発表されている
      • もっと言えば壁紙を撮るスクリーンショット機能も存在しない。何がしたかったのだろうか?

総評

『ピクロスシリーズ』としてのボリュームはちょっと値が張る点以外はほぼ従来通りだが、『サンリオシリーズ』としてのボリュームは期待によっては賛否が分かれるかもしれない。あくまで「キャラクターズ」であって「オールスターズ」ではない、といったところか。
デコレーション機能はMiiverse終了前に配信できていればと考えると非常に惜しい機能と言えよう。