ゲームカタログ@Wiki ~名作からクソゲーまで~

デスクリムゾン

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

デスクリムゾン

【ですくりむぞん】  

ジャンル ガンシューティング
高解像度で見る 裏を見る

対応機種 セガサターン
発売元 エコールソフトウェア
発売日 1996年8月9日
定価 5,800円(税抜)
レーティング セガ審査:全年齢推奨
判定 クソゲー
バカゲー
ポイント クソゲー超魔王「デス様」
たけしの挑戦状』以来の超クソゲー
問題点以外見当たらないレベルという空前絶後の完成度
あまりにも香ばし過ぎて話題沸騰
クソ過ぎた為に伝説化してしまう
一方でメーカー側の対応は非常に丁寧かつ良心的
→故に史上最も愛されたクソゲーへ
せっかくだから、俺はこの 赤の扉 を選ぶぜ!
デスクリムゾンシリーズ
デスクリムゾン /デスクリムゾン2 メラニートの祭壇/デスクリムゾンOX


プロローグ

それは十年前の事であった…

傭兵・越前康介(コードネーム:コンバット越前)は戦場を脱出するため、戦友のダニーやグレッグと共に激戦区を彷徨っていた。
その時、3人は偶然にも三つの扉を持つ奇妙な遺跡を発見し、とにかく入ってみる
せっかくだから3人が扉の奥を調査すると、それぞれ宝石・古文書、そして謎の銃(クリムゾン)が見つかった。
3人は手に入れた力と知恵と資金で辛くも帰国へと成功する。

十年後の現在。
ヨーロッパを謎の伝染病「KOT症候群」が覆う。
傭兵を引退し医師となっていた越前であったが、過去の記憶に突き動かされ、解決のために「クリムゾン」を手に取る。
しかし今、デスビスノスの放ったモンスターがクリムゾンを取り返すべく越前に襲いかかるのであった。


概要

通称「デス様」「超魔王」「帝王」など。
バーチャコップ』に続くバーチャガン対応ゲームの第2作。『たけしの挑戦状』の跡目を襲った10年に一度のクソゲー
かつては、本作に敵しうるのは『ソード・オブ・ソダン』のみとも言われていた。

2008年KOTYの総評では、ファミ通クロスレビューで同じ点数が付いた『大奥記』の世界観に合わせて「クソゲー界の征夷大将軍」と呼ばれた。


特徴及び問題点・変な点

ゲーム開始前

銃の進化ゲージについて

ゲーム本編の仕様

ボス戦の仕様

ステージの難易度

このゲームはステージ選択式で、ステージ毎にライフ・クレジット・スコア設定が独立している。最初はステージ1と2のどちらかしか選べず、両方クリアするとステージ3が選択可能になる(ステージのクリアフラグはセーブされる)。しかし理不尽且つ意味不明な仕様の数々、操作の難しさ、いつ発生するか分からないバグなどが重なり、ガンシューとしての難易度は高い上に難易度曲線が歪になってしまっている。

演出

音楽・効果音

その他


評価点


総評

理不尽な仕様に歪なゲームバランス、説明不足かつ理解不能なストーリー、ひたすらチープなグラフィック・BGM…等々、本作はあらゆる面においてこの当時でも類稀なるクソゲーであることは相違ない。だが、それらの問題点が遊びにくさや不快感を生み出すのみならず可笑しな突っ込みどころとしても機能しており、意図的な演出や世界観設定とともに不思議な芸術性を醸し出していたこともまた事実である。


発売後の反響

上述してきた劣悪な完成度とは裏腹に、興味深いことに本作や製作会社に対して真剣に憤ったユーザーはさほど見受けられなかった。
マイナーな会社の作品であったため発売当時の知名度が非常に低かったこと、さらに雑誌のレビュー記事などによって前評判が定着していたおかげで、実際の「被害者」が(居ないわけではなかったが)非常に少なかったことなどが理由として挙げられるだろう。
そしてもう一つ、製作側が「黒歴史」として存在を葬ってしまうことも少なくないクソゲーでありながら、本作は後述の通り製作側がプレイヤーの反応をしっかりと受け止め、好意的な声にまで昇華させた稀有な例でもある。

ゲーム雑誌での反応 ~デス様ご降臨の経緯~

製作側の姿勢の変化、そして愛すべきクソゲーへ


その後の展開・余談など

ゲーム内のボイスキャスト・せいじろう氏について

プレイ動画

+ ※フラッシュの光に注意してご覧ください。
電源オンからエンディングまで。
高画質で見ると、確かに扉の上に赤い宝石のようなものが…
  1. トップページ
  2. ゲーム記事一覧 (PS4)
  3. ゲーム記事一覧 (Switch)
  4. クソゲー一覧 (任天堂据置機)
  5. クソゲー一覧 (ソニー据置機)
  6. シリーズ別リンク
  7. 建設重機喧嘩バトル ぶちギレ金剛!!
  8. メニュー
  9. ゲーム記事一覧 (FC)
  10. バカゲー一覧

*1 死の直後、石膏や蝋で死者の顔の型を取ったもの。

*2 『フリーズ!ーデスクリムゾン・レゾナンスー』によると「あえて危険な方向に身を置くことで、万にひとつの活路を見つけようとしている」ということらしい。

*3 聞こえ方にはかなり個人差があり、「普通に聞こえる」「少し聞こえる」「どう聞いても聞こえない」と人によって意見が分かれる。しかし公式では「気をつけろよぉ」が正しいとされている。

*4 後に太田出版の「超クソゲー2」のインタビューにて、「越前のポジティブさを出すため仕方なくなどの消極的な表現を避け積極的な表現を用いた」というよく分からない発言が行われた。

*5 よく見ると扉のグラフィックが出てくる直前のほんの一瞬だけ、三つの扉のようなものが見えるが、ロケ地から「これは窓であって扉ではない」と推測されている。

*6 主人公達は「誰かが掃除したから」と推測しているが、そういう問題なのだろうか…。

*7 言うまでもなくこれは皮肉である。

*8 勿論こんな設定は無く、単なるプログラムミスと思われる。

*9 本作では1ボスに過ぎないが、『2』ではクリムゾンでデスビスノスを封印した1人と言うことになっている。

*10 ゲーム中には名前は出ないので、ファンに「クチビル君」と呼ばれている。正式名称が明かされたのも『フリーズ! ~デスクリムゾン・レゾナンス~』での事であり、本編発売から12年も後だった。

*11 『デスクリムゾン2』でもStuffだが、こちらは本作のネタを大量に詰め込んだ作風であるため完全に確信犯である。

*12 しかし『2』では「ポルベニール大学」で教鞭を振るっていたと語られる。何が正しいのか…。

*13 記事冒頭のプロローグは本稿執筆者が分かりやすく要約したものであり、取扱説明書のそれを抜粋したものではない。

*14 後に最低記録は『スタンバイSay you!』の平均1.0769に塗り替えられた。

*15 一般的な三角形のポリゴンではなく、ねじれた四角形のスプライトを使用している

*16 『フリーズ! ~デスクリムゾン・レゾナンス~』では「デスクリムゾン色をはずすために『ムサピィのみらくるデス魔宮』からタイトルを変更した」と語られていた。

*17 風化による崩落が進んでいた事により、立ち入り禁止エリアが設定されていた事によるもの。当該Bパートの「上から来るぞ!気をつけろ!!」の部分の階段をよく見ると柵が設置されているのがわかる。

最近更新されたページ
記事メニュー

メニュー

  • 投稿・編集の前に
    • はじめに
    • このWikiで扱う作品
    • ガイドライン
    • 記事の書き方
    • テンプレ / 略語集
    • FAQ
    • サンドボックス
  • 新着記事一覧
  • 年代順/据置ゲーム一覧
    • FC
    • SFC
    • N64
    • GC
    • Wii
    • WiiU
    • Switch
    • PS
    • PS2
    • PS3
    • PS4
    • Xbox
    • Xb360
    • One
    • MD
    • SS
    • DC
    • PCE
    • NG
  • 年代順/携帯ゲーム一覧
    • GB
    • GBA
    • DS
    • 3DS
    • PSP
    • PSV
  • 判定別ゲーム一覧
    • 劣化
    • シリ不
    • 不安定
    • 賛否両論
    • スルメ
    • 改善・改悪等
    • バカゲー・怪作
  • 用語集
  • 修正依頼など
    • 修正依頼
    • 要強化依頼

ランダムリンク(ベータ版)


リンク


更新順にページ一覧表示 | 作成順にページ一覧表示 | ページ名順にページ一覧表示 |

タグ検索 :


タグ一覧> 登録が多い順> 管理タグカット>


合計 -
今日 -
昨日 -
現在約-人が見ています。
総ページ数7466
2020-11-27 07:03:08 (Fri)


新着ページ一覧

取得中です。

更新履歴
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00

取得中です。

今日の人気ページ


総合人気ページ






最近更新されたwiki