ドラゴンクエストVI 幻の大地

【どらごんくえすとしっくす まぼろしのだいち】

ジャンル RPG


対応機種 ニンテンドーDS
メディア 1024MbitDSカード
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 アルテピアッツァ
発売日 2010年1月28日
定価 5,695円(税別)
廉価版 アルティメットヒッツ
2011年2月3日/2,800円(税別)
判定 良作
劣化ゲー
ポイント 仲間モンスターシステム削除
代替であるスライム仲間システムが更に微妙
SFC版の欠点が未改善なままの部分が多い
要所要所で使い回し&手抜きが目立つ
追加の会話システムは好評
ドラゴンクエストシリーズ関連作品リンク


概要

SFCソフト『ドラゴンクエストVI』のリメイク作品。
原作は奥深いゲームシステム、シリーズトップクラスの自由度が好評を博していた反面、特技のバランスや伏線未回収のシナリオで批判されていた。

また同じ天空シリーズである『IV』は(『VII』発売後)PS、『V』は(『VIII』発売前)PS2でリメイクされどちらも好評を得たものの、『VI』だけはリメイクされなかった為、その頃からもリメイクを求めるファンの声も多かった*1

そしてDSでの天空シリーズのリメイクがのちに正式に発表、ついに『VI』もリメイクされることになった。
SFC版発売の1995年から実に15年の時を経てリメイク、当然のことながらファンの期待も大きかった作品だったが……。


問題点

仲間モンスターシステムの廃止・代替のスライムスカウトが中途半端

  • 最も目を引く問題点として挙げられるのが、モンスターを戦闘で仲間にできるシステムが廃止されたこと。リメイク『VI』における最大の問題点とされることが多い。
    • 代わりに世界各地にいるNPCスライムをスカウトして仲間にする。仲間になる条件はそれぞれのスライムで違い、すれちがい通信数やクリア後など条件を満たさないと仲間にならないスライムもいる。
  • しかし、SFC版でもいまいち使い出の無い職業「魔物使い」を連れていなければモンスターが仲間にならない、しかも強いモンスターは職業熟練度が足りないと仲間にならない、転職出来るのは中盤から、という微妙な仕様。転職を繰り返すシステムにおいて、高熟練度の魔物使いを連れていなければならないというのは育成における大きな負担であり、このシステムをほとんど利用しないプレイヤーも多い。堀井氏のコメントの通り中途半端なシステムであった事は確かであり、このシステムを廃し、新しい代替システムを取り入れる……というのは、決して間違った方向性ではなかっただろう。後述の問題さえなければ。
  • 問題は、代替システムとして搭載されたスライムスカウトシステムが元に比べ明らかに劣っているという事。
    • SFC版で仲間にできたモンスターはイベントで仲間になる2匹を除けば18種類*2だが、DS版で仲間に出来るスライムはSFC版でもイベントで仲間になった1匹を除くと7匹なので、約半分。
      • しかもそのうち3匹はすれちがい通信前提で、すれちがいをしない場合はクリア後にやっと仲間に出来るという有様。しかも発売当時から同シリーズ『IX』というすれちがい通信のライバルが存在したため、都会でも通信数を稼ぐことが難しかった。
      • 特にSFC版では仲間になった、AIに任せると2回行動ができ壁役としても優秀な「キラーマシン2」や、ダントツの能力を誇るクリア後限定モンスターの「ランプのまおう」が削られたのは大きい。DS版ではその特性を持つ仲間スライムは存在せず、また同一モンスターの複数加入も不可能となった為、SFC版に比べ戦術の幅が確実に狭まっている。1人ずつ作戦が設定できるようにはなっているので、これがなければ逆に戦術の幅が広がる予定だったのだが…。
    • スライムの加入時期や種類に合わせて店の品揃えが調整されているわけでもなく、「場違いに弱い装備品」「今更なタイミングで入手する武具」が多くなっている。スライム系が装備できる装備品はピエール(スライムナイト)以外ほぼ共通のためバリエーションも乏しい。
    • スライムが仲間になる時期も全体的に遅く、困難なすれ違い通信の条件を満たさないとクリア後になってしまう者はもとより、そうでないものもSFC版に比べて今更感が漂う時期にようやく加入する。
      • SFC版ならば魔物使いに転職できるようになった直後に(魔物使いの熟練度さえ上げれば)スライム、ホイミスライム、キングスライム*3まで仲間にすることができる。つまりスライムの中ではスライムナイト、はぐれメタル以外は全て、序盤から連れまわせる。
      • しかしDS版では、スライムのうち最も早く仲間になるのはピエールだが、それでもホルストックのイベントをクリアしてから。もうこの頃になると人間キャラには基本職を1つマスターしている者がいてもおかしくない時期であり、確実に育成レベルに差が開く。もちろん、最初からいくつかの職を経験しているなんて事は無く、完全無職で仲間になる。
      • ピエールはこれでもまだ職1つ分の差で済むし、ストーリーを普通に進めていても出会う可能性の高い場所にいて、そもそもSFC版と比べて唯一人、加入時期が早くなっているスライムであるためマシな方。他のスライムは「魔法のベッド入手後、武器屋の裏」「ベストドレッサーコンテストランク7優勝後」「魔法のじゅうたん入手後、グレイス城横」など、ゲーム後半になる者が多く、よほどのキャラ愛がなければ「今さらそんな時期にゼロからキャラを育てるか?」と言う根本的な問題になってしまう。
      • 特に、最も簡単に・最初期に仲間になり、愛好者も多かったであろう「ただのスライム」はSFC版でも仲間になった「ルーキー」が担当しているのだが、仲間になる条件は「スライム格闘場を全ランク制覇」で変わっていない。単純な時期の遅さもだが、「ただのスライムでスライム格闘場を制覇する」と言う挑戦がシステム上できなくなってしまっている*4
        一応、「かがやくいき」習得イベントもそのままなので、仲間になる時期の遅さに反して戦力化は比較的容易な方だという救いはあるが…。
    • まとめると、中途半端なシステムを削除したはいいが、代わりにいれたシステムがもっと中途半端だったというのが、劣化リメイクと呼ばれる要因であろう。仲間モンスターシステムが削除されても、代替となるシステムがしっかりしていればここまでの批難はなかったと思われる。
      • 仲間モンスターシステムそのものを撤廃せず中途半端にスライム系だけが残されているのは、「『VI』にはスライム格闘場があり、流石にこの施設の存在まで削除は出来ないから」と思われる。
      • ただし欠点ばかりというわけでもなく、仲間になる場所と条件を把握しておけば特定のタイミングで必ず仲間にできる事から「魔物使いを連れていても強いスライムがいっこうに仲間にならず、スライム闘技場がクリアできない」という不満は解消されている。
        また、ガンガン漫画版ではレギュラーキャラとして仲間だったのに原作ゲームでは仲間にならなかった「ぶちスライム」を始めとして、SFC版では仲間にできなかったスライムも仲間にできるようになっており、スライムに限れば種類は増えている。
      • SFC版では仲間にするのが非常に難しかったはぐれメタルを確実に仲間にできるというのも嬉しい*5
  • モンスターを仲間にするのに必要だった職業「魔物使い」は今作で勧誘能力を失った「魔物マスター」に変更されたが、存在意義がとても薄くなっている。
    • 職業特性は戦闘開始時にたまに「敵1体を眠らせる」「自分より弱い敵を1体立ち去らせる」といった独自のものに変更されているのだが、成功してもメリットが薄い上にそもそも発動確率が低く、戦略に組み込める程のものではない。
      • 眠らせる確率は最終的に1/4まで上がるものの、眠り耐性を持っている敵には通用しない。メタル系には効くものの、立ち去らせる能力も併発することがある、と非常に使いどころに困る能力である。
    • 他の点は全く変化しておらず、ステータス補正はプラスがなくマイナスばかり。習得特技は役に立つがそこまで欲しいものでもない、なれる上級職は原作からして不遇なレンジャーしかなく、その土台としてしか機能していない……と、デメリットばかりが目立つ職業になってしまった。
      • ただし、仕様変更により覚える特技の有用性自体は上がっている。例として「かえんのいき」は敵のHPが全般的に下がったため中盤でも使っていくことができ、「やけつくいき」も敵版と同仕様になったため使いやすくなっている。上級職のレンジャーについても、後述のように「しのびあし」の弱体化により、即習得できる「トヘロス」や職業特性の逃げやすさが相対的に生きてきている。ただし魔物マスター自体のメリットがほぼ無いため速攻でマスターしたい「通過点」であることに変わりはないのだが。
    • 元よりモンスターを仲間にできるという点こそが最重要だった筈の職業なので、それがなくなった影響は非常に大きい。代わりに別の職業を入れる、強化を加える、いっそ存在ごと抹消する、などやり方はあったはずで処置に対する手抜き感が目立つ。

システム面の問題点

  • SFC版で大きく批判された「特技優遇」や「バランスブレイカーな呪文・特技」の問題はそのまま。攻撃呪文の価値も暴落したままである。詳しくはSFC版の記事を参照。
    • たとえば、武闘家とその特技である「せいけんづき」や「ばくれつけん」などは燃費が良く高性能であるため、バランスブレイカーと批判する声があるのは相変わらず。魔法使いの「メラミ」即習得も変わっていない。
    • 『V』とは違い、「山彦の帽子」が削除されなかったのは不幸中の幸い。最終盤以降になるが、終盤でも呪文の見せ場はある。
    • 「かしこさ」も相変わらず死に数値。SFC版の説明書の記述通り、呪文の威力補正値となっていればまだ良かったものを…。
    • 職業選択や戦術選択は自由であるため問題ではないとする声もあるが、「妥当なバランスにするために制限プレイをしなければならない」という状態になってしまっている点は擁護はできない。
  • SFC版で問題となっていたテリーの弱さについて対策を入れたものの、メーカー側の致命的な誤解により未解決のまま。
    • かつて「ドランゴ引換券」などと呼ばれていた弱キャラのテリーは、加入時のレベルがSFC時代の23から28に上がり、かつ武闘家がマスター済みになったので、初期ステータスだけ見れば多少強くなり、便利かつ強力な武闘家の特技が使える為、そのまま即戦力として投入できなくもないレベルになっている。
    • だが、ステータステーブル自体はSFCと同一のため、高レベルになるとやはり他のキャラに比べてテリーの力不足が目立つ。元々、テリーの最大の欠点は最終ステータスの低さであり、単に加入時の初期値が上がっただけでは何の解決にもなっていない。
      • さらに、初期レベルが底上げされたことで余計に他キャラとのステータス差が目立ってしまうことに。
    • テリーについて堀井氏は「はい、強くなります。期待してください」と語っていたが、上記の有様であるため「何故弱キャラ扱いされているのかを分かってない」と批判の対象になっている。
    • また、テリー以外のキャラの基礎ステータス・成長率はほとんど変更されていない。原作でテリーはおろか仲間キャラでもトップレベルの性能を持つドランゴの強さもそのまま据え置き。それどころか後述する耐性変更のせいで、底上げされたはずのテリー以上にドランゴが強くなっている。このため、テリーは強くなっていないどころか、むしろ格差がさらに広がった。
    • AI任せにしておくと、剣士であるはずのテリーが仲間になった直後から武闘家の技ばかり使うというのも新たに生まれてしまったネタ要素。性能的にはSFC時代より強力にはなっているのだが、それまでのストーリー上で培ったテリーのイメージからはややかけ離れてしまっている。戦士やバトルマスターの立場とは一体……。
    • 相対的に見るとさらに不遇になってしまってはいるが、仲間モンスターシステムが消去されたことで馬車の枠が空いたために入れやすくなり、皮肉にも使用率自体は上がった。
  • キャラクターの持つ攻撃への耐性の仕様変化。
    • 人間キャラの耐性はほとんどが削除され、仲間スライムやドランゴなどモンスターキャラの耐性は敵として登場した時と同様になっている。
    • 特にドランゴは敵バトルレックスに合わせて耐性が大幅にパワーアップ*6元からバランスブレイカー級に強かったのに更に強化されるという事態になってしまった。加えてライバルとなる仲間モンスターの減少により、本作ではドランゴが味方の中でほぼ最強に近い立場となっている。結果、通常プレイにおいてもドランゴをパーティに加えるだけでSFC版以上に圧倒的に冒険が楽になる。
      • SFC版と比較した時の欠点として「デイン系の弱耐性が削除され無耐性に」「ドラゴンぎりで1.5倍ダメージ」ともなってしまったが、ドランゴは元々守備やHPが非常に高いので大した問題にならない。これらの呪文や特技を使う相手はあまり多くないのも大きい。警戒が必要なのは、バイキルトを唱えた裏ボスのドラゴンぎりくらいである。もっとも今回は裏ボスのグランドクロスをも完全無効化できるようになったので差し引きゼロと言ったところではある。
      • 仲間スライムたちもピエール(スライムナイト)やキングス(キングスライム)は強力な耐性を有している一方、原作から価値が低かったルーキー(スライム)やぶちすけ(ぶちスライム)は元が元なのでまともな耐性を得られていない。仲間スライムの装備品はピエール以外全員が共通しているので差を見い出せず、序盤の即戦力になるわけでもないので格差が目立つ。
    • SFC版では人間キャラでも「バーバラは一部攻撃呪文に弱耐性」「テリーはやや回避率が高い」などの特性があったが、それらは「主人公とバーバラのバシルーラ無効*7」以外すべてが削除された。バランスに悪影響を与えるほどでもなかった上、キャラごとの個性が薄くなりがちな本作ではさりげない個性として機能していたため、わざわざ削除する必要性はなく、批判が多い。
      • 特にミレーユは「絶対に混乱しない」というシリーズでも珍しい特徴を持っていたが、普通に混乱するようになってしまった。戦闘面はもちろん、ミレーユのキャラクター性すら壊したという批判が強く、SFC版経験者なら誰もが戸惑うはず。
        しかも、メダパニダンスで全体混乱を仕掛けてくるボスと2回戦うことになるのだが、行動パターンに調整は入っていない。1体目は「普段は打撃を担当する主人公とハッサンが混乱に翻弄される中、ミレーユをどう立ち回らせるか」が戦略の鍵だったのに運ゲーとなり、転職可能後に戦える2体目もわざわざ踊り子に就いておどりふうじを覚えないとこれまた運ゲーになる。ミレーユの耐性を前提に作られたボスなのにこのとおりのため、手抜きがひどい。一応、メダパニの成功率が下がっているのが救いか。
      • テリーはパラメータの低さを優れた回避能力で補えていたが、低い能力値を据え置きのまま回避力まで剥奪されたことにより、正真正銘の「引換券」と化している。そして何故か彼のみモンスターのように、敵として対峙した時に持っていた耐性(デイン系無効)が引き継がれていない。そこまでして人間側の耐性を付けたくなかったのだろうか。
    • 結果、もともと強いキャラはさらに強く、弱いキャラはさらに弱くという、バランス調整に於いて最悪の事態となってしまった。
  • レベルアップ時のステータス上昇がランダムになった。オリジナルではレベルアップ時の上昇値は固定されていた。
    • やり込み派のプレイヤーにとっては、吟味に膨大な時間がかかるので、レベルアップ時のステータス上昇のランダム化は評判が悪い。
    • しかも、SFC版の上昇値が標準値となってはいるが、平均以下に傾くことの方が多い。そのため、見た目の上昇値のバラつきの範囲以上に吟味は難しく、SFC版以上に成長させるだけでもかなりの吟味を必要とする。
      • 「標準値±25%幅でレベルアップの上昇値が変化。小数点切捨て」はランダム式の他のドラクエ作品と同じ。しかし、DS版4とDS版5では「標準値+25%幅」というシステムであったのだが、本作には採用されなかった。
  • SFC版では呪文と特技のコマンドが別々だったが、今回はシステムがDS版の『IV』・『V』と同様になった影響で呪文と特技が1つのコマンドに集約されたため、元々特技の種類がかなり多かった本作においては、特技を選ぶのが非常に面倒になってしまった。
    • 『VII』はオリジナル・リメイク共に呪文や特技を選ぶと「ダメージ」「回復」「その他」と分類が表示され、さらにそこから選ぶという膨大な数に合わせた処置がされており、これを採用してほしかったという声も多い。
  • 使いづらい特技が増えた。
    • マダンテが大幅に弱体化(ダメージがSFC版の「現在MP×3」から「現在MP×2」に変更)。*8
      • 本作はSFC版の難易度が高かったという意見から雑魚のHPがSFC版の8割に減少しているのだが、歯ごたえは残すためにボスのHPだけは据え置きという処置が取られている。にも関わらず終盤のボス戦における切り札の1つのマダンテが弱体化することは難易度アップに繋がる。
      • 唯一無二の特徴ですらあったマダンテの弱体化と前述の耐性消去を受け、「パーティーから外せない」という重荷を背負っていたバーバラは更に使いにくくなってしまった。
    • 「レミラーマ」はアイテムのある場所を光らせる呪文だが、本作では足元に落ちているアイテムは最初から光っているため、存在意義がほとんどなくなってしまった。
      • 元からタルやツボ、タンスはしらみつぶしに調べればよかったため、足元のアイテム以外に使う必要がほとんどなかった。
    • 特技「しのびあし」はSFC版では「エンカウント率が大幅に下がる」と非常に役に立つものだったが、DS版ではエンカウント率減少効果がかなり薄くなり、さらに「不意打ちされる確率が上昇する」というデメリットが追加され、有用だったSFC版とは真逆に使うと逆に不利になることが多い地雷特技となった。
      • そもそも「不意打ちされる確率が上昇する」というデメリットはSFC版には存在しなかった上に、DS版のゲーム中で一切説明されておらず、公式ガイドブックでのみ解説されているという非常にいやらしい仕様である。
      • さらに嫌らしいことに、「しのびあし」の効果中は敵を呼び寄せる特技「くちぶえ」を使った際にもこの不意打ち上昇は適用される上、リストではこの2つがすぐ近くに並んでいるため、くちぶえを使いたい時に操作ミスでうっかり使ってしまうことにもなりやすい。そのため、くちぶえ要員にするキャラクターは盗賊への転職を避けるという戦略もある。
      • 一方で「しのびあし」の大幅弱体化により、SFC版では影に隠れていたエンカウント回避の呪文「トヘロス」や、「レンジャー」の職業特性である「逃走率上昇」の利用価値が相対的に上がっている。
  • SFC時代と違いカーソル位置の記憶が消失した。これによりレベル上げや種集めのストレスが増した。
    • DSリメイクシリーズ共通の仕様だが、この時代のRPGでカーソル記憶が未実装な作品など皆無に等しく、明らかに開発元の実力不足。
  • DSリメイクに共通の難点だが、マップを3D化した副作用として世界が狭くなっている。本作では特に「○○の方角へたくさん歩く」とか「遠い」といった表現がよく見られるので、実際の体感距離とヒントが乖離してしまっている。逆に言えばテンポの改善につながっていたりもするのだが。
  • エンカウント関係の調整も一部ミスとしか思えない箇所がある。
    • 現実世界のレイドックの井戸は序盤に訪れた時はエンカウントが発生せず、物語後半に違う手段で別の入り口から乗り込んではじめてエンカウントが発生する仕様になっていたが、本作では最初からエンカウントが発生するようになってしまった
    • 何が問題なのかと言うと、出現する敵がかなり後半の適正レベルでも苦戦するモンスターばかりであり、初回で訪れる序盤で出逢おうものなら成す術も無く全滅しかねないのである。この井戸が序盤の地雷ポイントと化したのは言うまでもない。そして強力な敵が出現するということはまた後で訪れるだろうと予測がついてしまい、初見での感動が薄れる。
  • 追加おまけ要素でやらなくていい一度きり要素。
    • 後述のデスコッドの村のイベントで選択肢が一度選ぶと変更不可なので、せっかくの「他作品とのクロスオーバー」という豪華なおまけが片方しか見れないor両方とも見れない場合がある。
      • SFC版にもエンデの防具で「鎧・兜・盾のうちどれか一つだけ手に入る」というような変更不可選択はあったが、あちらはゲームバランスの都合全部やるわけにはいかないと分かるのに対し、こちらはクリア後のおまけにもかかわらずなので、無理やり周回プレイを強いているのでは? と言わざるを得ない。
  • 隠しエンディングの演出の劣化
    • 隠しボスに倒されたラスボスのセリフの第一声が何故か通常EDのものと同じになってしまっている。そのイベント独自のセリフがなくなり演出が薄れた。
    • SFC版では隠しボスに倒された際は「何故だ、いったいどういうわけなんだ…」と通常EDとは違うセリフであり、訳の分からないまま滅ぼされる様を表現していた。
  • ムドーの城で、ムドー戦で一度全滅しても入り口の扉が開錠されなくなり、二度目の突入以降もムドーを倒すか全滅するまで脱出できなくなった。
    • オリジナル版経験者ほど陥りがちな罠であり、一度全滅して入り口の扉を開錠してから城を探索しようとすると、探索後に脱出不可能であることに気付き、泣く泣く二度目の全滅をせざるを得なくなるという状況になりがちである。
  • ムドーの城の牢屋の中にいる魔物のセリフが変更された。
    • SFC版では「大魔王(ラスボス)より恐ろしい存在を知ってしまったので捕らえられている」という、隠しボスの存在を匂わせる好演出だったのだが、その「大魔王」が「魔王ムドー」に差し替えられている。
      • この話を聞くには牢屋を開ける鍵が必要であり、そこまでストーリーを進めたのであればムドーよりも強大な敵が存在するというのは周知の事実である。なぜこんな今更の情報に差し替えられてしまったのだろうか?

賛否両論点

  • カジノのゲームがDS版『V』の様式に変更された(詳しくは後述)。
  • グラフィックの一部にDS版DQ『IV』・『V』のものを流用しているため、手抜きと評価する人もいる。
    • カジノのスロットなどはよく引き合いに出される。SFC版のスロットはリーチ演出などがあったため、劣化していると見なされやすい。
      • もっとも『5』のスロットは賭金次第で当たりの判定ラインが増加する上、役も細かく設定され配当も多かったが、SFC版『6』は当たりの判定ラインが横一列のみで大当たりも出にくい仕様であり、おまけにリーチアクションも逆に当たりにくくなる場合が多々あったため、仕様の変更を歓迎するプレイヤーも多い。
    • 「メダル王の城」のマップはDS版『V』のものを使いまわしている(SFC版ではもちろん違うマップ)。
    • 『IV』と『V』は初のリメイクではなく、『V』に至っては前回のPS2版からわずか4年しか経っておらず、最初から使いまわすために天空3部作のリメイクとして企画した可能性が高い。
  • 雑魚モンスターのHPもSFC版から2割ほど減少。メタル系以外の雑魚モンスターからの入手Expとゴールドも2割増になり、稼ぎの点でも難易度低下と言える。
    • 原作では得られるゴールドが物価の割に少なかったため、単純に遊びやすくもなっている。
    • HPの低下で海底宝物庫のキラーマジンガも倒しやすくなったと言われることもあるが、元々耐久力よりも圧倒的な攻撃力が恐ろしいモンスターなので体感的な強さはほとんど変わっていない。それどころか、マダンテ弱体化で相対的に強化されたとも*9
      • また、原作ではザコ敵のかなり高いHPを特技の強さで中和していたが、これによってさらに難易度が低下したとも言える。
    • 一方で、熟練度限界レベルに達しやすくなり、レベルアップでの成長が控え目になっていたり、敵の出現数が増えていたり、一部の敵の行動パターンには大幅な変更が入っていたりと難易度が高くなったと言える要素もある。
      • 特にラスボスはゲームの難易度低下に反して明らかに強化されている。元々シリーズでもトップクラスに入る苦戦度のラスボスであっただけに、強化する必要性があったとは考えにくい。
  • おぼえる・思い出す系呪文の廃止。
    • SFC版では町の人の台詞を心に刻み込んで任意に思い出すことができ、マップの解き方などの攻略情報を覚えて活用することができたり、「にゃーん」など意味のない台詞を覚えて遊ぶこともできた。
    • DS版ではこれが廃止されたため、台詞を覚えることはできない。イベントや複雑なマップで活用していた場面では、前述の仲間会話の一部で聞けるヒントとして置き換えられている。
    • この系統の特技は『6』から導入されたものであり、そのため大きな特徴でもあった。なので、削除されたことに対する批判もある。
      • ただし、これはまだ会話システムが導入されていない時だったからこそ役立てるものだったので、覚えておくべきことを仲間が教えてくれる会話システムが導入されたからには不要と判断されても仕方のないところではある。
  • DS版追加要素の見返りが皆無で、育成観点ではやる意味なし
    • ミニゲームの「スライムカーリング」とすれちがい通信を活用する「夢告白」が追加された。
    • すれちがい機能を既存の施設に加えたDS版『IV』『V』と異なり、一からすれちがい要素が加えられているのでそのためだけの施設が作られている。ただし、夢告白の方はお世辞にも楽しいとは言えないものだった。前述の通り、『IX』のすれちがい通信に押されていたのも痛い。
      • 世界各地の本棚から夢告白の舞台を集めるという要素はあるが、全部集めてもメリットは無い。なので一人でも楽しめないデメリットは大きい。これはDS版『IV』『V』や後発の3DS版『VII』とは決定的に異なる点である。
    • また、スライムカーリングの方はDS版『V』のミニゲーム「スライムタッチ」とは異なり「クリアしても一切メリット(賞品がもらえるなど)は無し」である。
    • この追加要素は「見返り」に関する問題や前述の仲間モンスターの削除にショックを受けたユーザーが多かったのもあり、批判的に見られやすく風当りが悪かった。
  • シナリオの追加要素がない。
    • SFC版では、未回収の伏線らしき描写が他作品以上に散見されていたり、救済してほしいという要望が多くのプレイヤーから寄せられたキャラが存在した。これらに対する追加要素を期待されたものの、そういったものは一切存在しない。
      • 仲間会話システムによって多少のフォロー*10はあるが、伏線補完の手助けになるほどのものではなかった。
    • オリジナルで引っ掛けとなったアモス加入関連のイベントについても、イベントに失敗すると取り返しが付かない点はそのまま変更無し。
      • ただし、オリジナル版で街の人達と会話する前に直接アモスと話してしまって取り返しの付かないことになってしまったプレイヤーもそこそこ居たためか、リメイク版では街の人々だけでなく仲間との会話でも口止めされるようになった。
  • 主人公がいないと会話システムが使えない。
    • 適度に強い主人公を二軍送りにするプレイヤーはそれほどいないと思うが、戦闘中少しでも行動を入力する手間を省く為にAIが使える仲間オンリーのパーティにしたり、主人公が弱い職に就いていて馬車に待機してもらう必要がある場合は注意。

評価点

  • 仲間会話システムが導入された。
    • SFC版ではパーティー編成の仕様の関係上中盤以降イベントに各キャラが絡むことがほとんど無くなり、冒険が味気なくなりがちだったが、今作では各種会話やアイテム入手などに逐一反応してくれるため、そういった点が大幅に解消された。整合性の取れないセリフも一部あるものの、この追加要素はおおむね好評。
    • SFCでは地味な扱いだったアモスも「誠実だが冗談ばかり言っていてすぐ調子にのる面白いおっさん」というやたら濃い個性がついた。特にアークボルト城では青い剣士ことテリーに対抗して兵士長のブラストに一騎討ちを挑みたがり、実際に一騎討ち状態にして勝利すると固有のセリフが聞けるなど、(会話システムを利用した擬似的なものであるが)新規イベントが用意された。さらにSFC版ではモブ兵士と同一であったグラフィックも固有のものとなった(というより汎用兵士のグラフィックが変わったため、SFC版の兵士だったグラフィックがアモス固有になった)。
    • バーバラは漫画版を意識してか主人公に対し気がある事を窺わせるセリフを連発する様になった事で一部のファンから絶大な支持を獲得している。中にはイベントで一時離脱する時以外ずっと彼女をスタメンに入れている猛者もおり、マダンテのリスク軽減のためにMPを消費しない攻撃特技を習得でき、HPの低さも補えるパラディンやドラゴンを推奨とするなど運用法まで確立されている。
    • テリーも基本的にはクールな態度だが、スライム格闘場などのモンスターが絡む場所に連れていくとモンスターの目利きが優れていたり試合を熱心に見るという、『テリーのワンダーランド』を意識した会話がある。
    • そのドランゴは、強面の見た目に反して可愛らしい言動や、テリーに対してのおしとやかな接し方から屈指の萌えキャラ化。発売早々に2chではスレが立ち、「可哀想だから」という理由で会話要員としてテリーをメンバー入りさせる人が続出した。
      • ただし人間キャラ並みにセリフの多いドランゴと比べ、スライム系モンスターの会話は町とフィールド&ダンジョンで各4種類程度ずつの汎用セリフのみとやや少な目になっている。それでもPS2&DS版『V』の仲間モンスターよりはパターンは多いが。
      • 一応仲間スライムの中でルーキーだけは個別セリフがあるのだが、その全てが「プリッ」「プルプルッ」などの謎言語となっているためあまり意味はない。
  • テリーとドランゴの対決時など、イベント時の演出が強化され迫力が増した。
  • 戦闘のテンポがよくなった。
    • オリジナルで初搭載された「モンスターが動く」は、戦闘のテンポが悪くなったと感じる人もいたようだが、本作ではDS版の4や5と同じ仕様となっていて戦闘テンポがよい。
  • 隠しダンジョンの解禁条件が変更。
    • SFCでは全職業(ドラゴン及びはぐれメタル含む)を☆5以上にする計画性と労力が必要なもので、理論上は不可能になる詰みもあったが、今作では1度でもエンディングを迎えた後であれば無条件で行けるようになった。
    • 代わりに、全職業を☆5にした場合はエンカウント率が0になる装飾品「ゴスペルリング」が貰えるようになった。
  • 隠しEDの仕様が改善された。
    • 隠しED後にセーブできるようになった。SFC版ではセーブできなかったので、規定ターン以内に倒して隠しEDになってしまうと隠しボスのドロップアイテムを手に入れても無意味に終わってしまったが、その心配はなくなった。
      • ただし、長いEDを最後まで見届ける必要があるのでドロップアイテム狙いならば結局ターン数を調整して倒した方が早い。
  • モンスターのグラフィック変更。
    • 隠しボス「ダークドレアム」のグラフィックが専用のものに。SFC版では単なるデュランやサタンジェネラルの色違いだった。
    • 敵としてのテリーやモシャスで敵が変身した姿はSFC版だとドット絵を拡大したものであったが、今作では味方キャラの敵グラフィックが用意され、アニメーションもするようになっている。
    • デスタムーアの最終形態の変身方法も変更、漫画版を彷彿させる登場の仕方で漫画版ファンを湧かせた。
  • AIが道具を使ってくれるようになった。
    • SFC版では作戦「めいれいさせろ」で指示しない限りAIは一切道具を使ってくれなかったが、今作では無くならないアイテムは積極的に使ってくれる。「ゲントのつえ」「ほのおのつめ」などでその恩恵を味わうことが出来るだろう。
  • 代替システムは微妙とはいえ、SFC版では仲間にできなかったぶちスライムが仲間にできるのは漫画版ファンには嬉しい所。名前を漫画版と同じ「キズブチ」に変えたと言う人も結構いたようだ。
  • 上下夫々の世界の行き来が楽になった。
    • とあるイベントをこなす事で、ルーラの行き先に「べっせかいへ」という項目が追加され、選択すると各々の世界のダーマの神殿に行けるようになった。原作では井戸や階段、大穴等を経ないと別の世界に行けない為、一気に手間が省くことが出来る。
  • 裏ダンジョンの中継地点「デスコッド」でのイベントが強化された。
    • 原作ではある会話後はデスコッドの住人達の大半がモンスターに変わる中、同じ天空シリーズの『IV』と『V』のキャラクターそのものと思われる言動をするモブ外見のキャラが登場していた。
      本作では選択肢が増え、選択次第で村の住人がモンスター・『IV』キャラ・『V』キャラの3通りに変わるようになり、『IV』と『V』の場合はキャラのグラフィックそのものもちゃんと本人達の専用のものを与えられ、登場キャラ数も大幅に増えた。その選択肢の文章から、本作と其々の作品の世界観が繋がっている事も明示された。
      モンスターの場合は原作と異なり村の住人全員がモンスターとなり他作品のゲストは一切登場しなくなるが、こちらは原作で仲間になったモンスター達が登場している。
      • なお、この選択肢は一度決定すると選び直すことができないため、前述のように少々問題点となっている。
  • エンディングにアモスやドランゴ、仲間にしたスライムが登場するようになった。
  • 随所で次に行くべき場所などを示唆する台詞が追加される、グランマーズの家で次の目的地のヒントが聞けるようになったなど、シナリオをスムーズに進めやすくなった。
  • いくつかのアイテムや装備品が使いやすくなった。
    • 戦闘中に使うと、最初のターンに戻せるアイテム「ときのすな」が何度でも使えるようになった為、利用価値が大幅に高くなった。
    • 「デーモンスピア」「どくばり」の即死判定が無属性になった為、メタル狩りなどにも使えるようになった。
    • 「ラーのかがみ」に従来どおりモシャスの呪文を解く効果が追加され、序盤から出現するモシャス使いの敵に対処しやすくなった。
    • おしゃれな鍛冶屋で鍛えた「オルゴーのよろい」のバグが修正され、トップクラスの守備力と優れた耐性を両立する強力な防具となった。
  • デュランとの戦いの際に「弱っているお前たちと戦っても面白くないのでな」との台詞と共に主人公達が全快させる描写・メッセージが追加された。
    • SFC版でも全快はしていたが、死者がいた場合に生き返ったメッセージが出るのみだったので死者がいないと全く描写や説明が無い状態だった。

その他

  • テリーとドランゴの戦闘シーンで、ライデイン(もしくは、いなずまぎり)やイオラのようなテリーが覚えていない魔法を使っている演出がある。
    • イオラに関しては漫画版におけるテリーの主要魔法なので漫画版を意識したともとれる。
    • テリーが華麗に敵の攻撃を避けて戦っており、SFC版における隠し設定だった回避能力を意識し演出されたものと思われる。しかし本リメイクにおけるテリーは肝心の回避力設定が剥奪されているため、余計に説得力がなくなった。やっぱり八百長なんじゃないのか。
    • 上記の通りテリーとドランゴのゲーム上での立ち位置は原作からほとんど変わっていないため、イベント演出が強化されたことで逆に余計にテリーがネタにされてしまうこともある。
  • 夢見の洞窟でミレーユが戦闘に参加してくれるようになった。ただし、正式に仲間になるまでは装備の変更不可で経験値も入らない。
  • 「すてみ」に先制効果が付与された。
    • このおかげで中盤までハッサン無双とも言われた。ハッサンはすてみをレベルアップで覚える(大体夢の世界ムドー戦程度で覚える)ため、雑魚をすてみによる先制でバッタバッタとなぎ倒してくれる。ちなみにボス戦や終盤ではダメージ2倍のマイナス効果のためあまり使われない。
  • モンスターの一枚絵が待機状態でもアニメで動くようになった。
    • SFC版で待機状態のグラフィックが躍動的だったモンスターは、違和感を無くすためにグラフィックが変更されている。
  • スライム闘技場でクリア済みのランクに再挑戦する際のHPとMPが半減するハンデが、最大値ごと半減するようになった。
    • SFC版では単に残量が半減するだけだったので、すぐに回復呪文でHP全快になれるためほぼ意味が無かった。
    • 同時に、奇数の場合は切り捨てではなく切り上げに変更された上、さらに無気力状態では参加できなくなったため、ゾンビスライムバグも修正されている。
  • 「はぐりん」(仲間になったはぐれメタル)が最初からはぐれメタル職についている。
    • 耐性や覚える特技ははぐりん自身とかなり被っている上に加入直後は職補正のせいで最大HPが1になってしまっているが、はぐれメタル職マスター特典としてHP+100がある。

総評

あくまでも単体のゲームとしては完成されており、充分楽しめる出来にはなっている。
元からの難易度の低下やSFCよりも高いスペックを誇るDSならではの演出の強化等で、新規ユーザーにはそれなりの評価を得ている。
一部の仕様の改善や追加要素といったリメイクならではの評価点も確かに存在している。

しかし、問題に対する勘違い施策や仲間モンスターシステム削除をはじめとするSFCからの劣化、呪文と特技のバランス調整は放置、ちぐはぐかつ蛇足な追加や改変が評価点を覆ってしまい、リメイク作品としての完成度は今ひとつと言わざるを得ない。

ただ、追加要素のキャラ会話、強化された演出、携帯機で遊べるといった点、何よりもオリジナルの問題点であったプレイのテンポが改善された点は大きく、前作と違い仲間モンスターシステムも使わずとも支障はない程度のものであったためSFC版より手軽に遊べるようになった本作の方を選ぶのも利点はあると言える。


余談

  • とある町と人物の名前が変更された。
    • 2番目の町「シエーナ」が「マルシェ*11」に変更。後述にもあるが、マップ自体も微妙に変わっている。
      • イタリアにある同名の町「シエーナ(Siena)」が世界遺産に指定され*12権利関係が厳しくなったためという予想もあったが、実際には無関係。主人公の母親「シェーラ」と紛らわしいことからの変更というのが真相である。
    • サンマリーノという町の登場人物「サンディ」が「メラニィ」に変更。
      • 本作より先に発売された『IX』に登場するメインキャラの妖精サンディと同名であるのが変更の理由であると思われる。当然ながらサンディが登場したのは『VI』のほうが先。過去作でもラゴスやピピンなどシリーズ内の別作品とキャラの名前がかぶっているキャラはいたために理不尽だが、連続して「サンディ」が登場し、2人ともストーリーに大なり小なり絡んでくるのはまぎらわしいために変更されたのだろう。
  • 堀井雄二氏はVジャンプWEBに掲載されたインタビューで以下のようにコメントしている(現在は消滅)。

    SFC版では『V』で好評だったモンスター仲間システムを当時は次の作品の『VI』でも残したんですけど、今思えば、何か中途半端なものになってしまった印象があったんです。だからDS版でそこをキチンと作り直すか、いっそ取ってしまうかという選択がありました。でも、DS版では仲間がしゃべってくれるし、パーティメンバーとの会話をじっくり楽しんでほしい。あと開発期間や容量の問題もあるので、皆で打ち合わせの結果、カットする方向にさせてもらいました。

    • ちなみに、解析したユーザーによると実際の製品版のROM容量は余裕で余っているらしい。
      本作は128MByteのROMを採用しており余った容量は19MByteと、SFC版で使用されたROMの容量(32MBit=4MByte)よりも大きい。しかもこれは各モンスターの歩行グラフィック(ゲーム中で普通に見ることが出来る)を入れた上での空き容量である。そもそも容量が足りないのなら『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』に使用した256MByteのROMを使うという選択もある訳であり、上記の堀井氏との発言の差異が問題視されている。
      • ただ、機種のBIT数の差(SFCは16Bit、NDSは32Bit)によりグラフィックが美麗化するなど、容量が増える要素もあるため、モンスター用アイテムや追加要素やシステム変更などを入れると苦しくなる可能性はある。大容量ROMを使えば価格が上昇するという事情もあり、決して容量問題がなかったというわけではない。
      • 同様のシステムをもつ『V』はリメイク時では削除されなかったどころかPS2・DS共に仲間モンスターのバリエーションが増えている事もあり、何故『VI』でだけ? と余計に批判が寄せられた。
      • スクエニびいきと言われるファミ通のクロスレビューですら「仲間モンスターは残して欲しかった」と批判している。
  • 上にもあるように、堀井氏の発言には矛盾が生じているもの(容量がキツかった)や、ユーザーサイドの感覚からズレたコメント(モンスターを使って冒険したいなら今度発売される『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』を遊んでください)もある。
    • 既存のシステムを否定している・仲間モンスターシステム削除に対する開き直りとも捉えられかねない発言であり、『ジョーカー2』自体は良作なのだが、この発言が原因で「ジョーカー2のせいでモンスターシステムが微妙になった」と主張する人もいた。
    • この年のスクエニは伝説級のクソゲーなど複数のクソゲーをリリースし、それに対する企業態度も最悪という魔の一年であった。この作品は同社が2010年度にリリースしたゲームの中ではまだマシな部類に入るのだが、上記のように非常に低い完成度と発売時期の悪い状況が重なったこともあってスタッフに対する風当たりが強くなった感は否めない。

スマートフォン版(参考記述)

2015年6月11日にはスマートフォン(iOS・Android)版が配信され、これは基本的に本項のDS版をベースにした内容になっている。
ただし、以下のような変更点がある。

  • すれちがいの館が無くなり「まぼろしの館」に変更。各地の本棚から夢のカケラを集めていくと施設が拡張されていくという形式になっており、通常プレイでもクリア前に一部のスライムが加入可能になった。
    • その代わりゲームクリアによる無条件解放は無く、クリア後でも夢のカケラが条件のスライムはきちんと集める必要がある。
  • キャラのステータスや耐性は基本的にDS版そのままだが、テリーのみ再び強化。
    • 初期レベルがDS版の28からLv33になり、初期能力値も力が僅かに、そして素早さが大幅に上昇
    • 職業も戦士・武闘家だけでなく新たに魔法使いと僧侶が最初から★8まで極めている状態で加入するようになり、それに伴い初期修得の魔法・特技が大量増加している。
    • 以上の点により、テリーが遂に実運用に耐えうる性能になった(剣士としてではなく、サポートキャラとしてだが)。もちろん、即戦力として申し分無い。
      • ただしあくまでも、「初期能力値が変更された」のであり、テリーの最大の欠点である、最終ステータスの低さは依然として解決していない
    • 一方でテリー以外のキャラはDS版から変更無し(人間の耐性消滅やドランゴの強さ等も据え置き)、ついでにレイドックの井戸のエンカウントなど劣化した部分もそのまんまのため、その点で批判を受けることがある。せめて、そこもきちんとSFC仕様に直してくれていれば…
  • ロブ尾行イベントの凶悪化。
    • イベント自体はDS版と変わっていないのだが、画面がDS版の横長からスマホ版の縦長へと変わったことが悲劇の元で、横向きにロブを追いかけていると画面外のロブに見つかってしまう。ロブに見つかる判定を縦横逆に直してくれていれば…

添付ファイル

*1 余談だが、『VI』のリメイクがなかったため、公式設定であるのに6が天空シリーズであることを知らないドラクエファンも多かった。

*2 ただし、セーブデータの制限で実際に仲間にできるのはそのうち15匹。

*3 エンカウントエリアはみ出しを利用する必要あり。

*4 スライム格闘場オーナーのスラッジ自身が「一番弱いと言われるスライムで優勝する事に意味がある!」などと力説しているのに、である

*5 ただし、すれちがい通信を使わないと加入はクリア後限定となる。

*6 「状態異常に強耐性」から、「バギ・真空系無効」「ギラ・イオ・炎系に強耐性」「ほとんどの状態異常が強耐性~無効」

*7 バシルーラは仲間キャラをルイーダの酒場に送る性能を持つ。この2人はルイーダの酒場に預けられないために残されたものと思われる。

*8 PS/DS版の『IV』でもマダンテは存在したが、そちらは「現在MP×3」のままだった。

*9 マダンテでキラーマジンガを倒すために必要なMPはSFC版で200、DS版では240。

*10 例えばミレーユとテリーの過去について、とある町でわずかに2人のリアクションが見れるなど。

*11 フランス語のmarchéからと思われる。「市場」の意味。

*12 偶然にも、文化遺産指定を受けたのはSFC版発売と同じ1995年12月9日。