この項目では『実況パワフルプロ野球』シリーズの『'94』『'95』『'95開幕版』『2』の紹介をしています。



実況パワフルプロ野球'94

【じっきょうぱわふるぷろやきゅう きゅうじゅうよん】

ジャンル 野球ゲーム
対応機種 スーパーファミコン
メディア 16MbitROMカートリッジ
発売元 コナミ
開発元 コナミ神戸開発部
発売日 1994年3月11日
定価 9,450円
判定 なし

概要(94)

  • 後にスポーツゲームNo1シリーズとなる『パワプロ』シリーズの初代作品。
    • パワプロお馴染みの「サクセス」はまだ存在しないものの(初登場は『3』)、シリーズの基礎は築き上げている。
  • 本作の特徴の一つは「野球ゲームにおけるピッチング・バッティングによる高低差」を取り入れた事。
    • これまで決して「高低差」がなかったわけでもなく、KONAMIでもMSX2の『激突ペナントレース』、X68000の『生中継68』などでその試みはあったのだが一般に広く知らしめたのは本シリーズと言っても過言ではないだろう。
    • また今までは「投げた後にボールを曲げられる」という現実では有りえない状況も起こせたが、本作では「投げる前にどこへ飛ばすかコースを決める」というルールで行う。
      • 投手と打者の操作画面を一画面で表示しているのも、システム的には大きいものであった。
      • 投げ込まれる位置を予測してミートカーソルを設定してタイミングを合わせてスウィングを行うシステム。
  • 当初の売りである「実況」は、当時朝日放送に所属していた安部憲幸アナウンサーが担当しており、ラジオ中継のような場を盛り上げるものを意識している。
  • 「実在のプロ野球」も家庭用ゲーム機の野球ゲームで使われる事は本作が初であり、実在感を与えた。
    • タイトルは「'94」だが、発売時期の関係から選手データは前年にあたる93年シーズンのもの。往年のプロ野球ファンにとって懐かしい選手も多いだろう。
  • 選手パラメータでは「チャンスに強い・弱い」「強振を多用する」「人気者」などの「特殊能力」を起用した所が特徴として伺える。
    • 本作特有の特殊能力として当時、西武ライオンズに所属していた秋山幸二氏のみが持つ「秋山」があげられる。ホームインするとバク転する。だからなんだと言われればそれまでだが希少性のある能力。
  • 本作のシナリオモードは味方球団を自由に使い分けられる。
  • 現在の「パワプロくん」よりもずんぐり太っているデザイン。

難点

  • バッテリーバックアップ機能が搭載されずパスワードでシナリオのクリアデータを管理している。
  • パワプロが出たばかりだから仕方ないのだが選手能力の査定は甘い。
    • 「アレンジ」は『2』 「サクセス」は『3』から。あくまで実在球団で勝負する。

総評(94)

  • 荒削りなものは多いモノの野球ゲームとして一つの方向性を見せた一作。

実況パワフルプロ野球'95

【じっきょうぱわふるぷろやきゅう きゅうじゅうご】

ジャンル 野球ゲーム
対応機種 プレイステーション
発売元 コナミ
開発元 コナミ神戸開発部
発売日 1994年12月22日
定価 5,800円
判定 なし

概要(95)

  • PSパワプロ1作目にしてシリーズ2作目。サクセスがなく、ほぼ「94」のデータ更新版。
  • 本作のアナウンサーは書かれておらず不明。
  • データは94年のシーズン終了時点のもの。

94」からの変更点

  • メモリーカード採用によりセーブが可能。それに伴い実際の日本プロ野球と同じく130試合(当時)の対戦が可能になった。
  • 実在球団から選手を引き抜いて自分だけのチームを作れるアレンジも本作が初登場。
  • 前作のシナリオが架空のものだったのに対し、本作は各球団ごとに決められた実在のシチュエーションが使われるようになった。

実況パワフルプロ野球2

【じっきょうぱわふるぷろやきゅう つー】

ジャンル 野球ゲーム
対応機種 スーパーファミコン
メディア 20MbitROMカートリッジ
発売元 コナミ
開発元 コナミ神戸開発部
発売日 1995年2月24日
定価 9,980円
判定 なし

概要(2)

  • SFCシリーズ2作目。
  • 本作のアナウンサーは朝日放送の太田元治氏が担当している。
  • 基本的な仕様は「95」と変わらない。バッテリーバックアップによってペナントのセーブも可能。

前作からの変更点

  • 対戦でミートを自動で合わせる「ロックオン」が初登場。

実況パワフルプロ野球'95開幕版

【じっきょうぱわふるぷろやきゅう きゅうじゅうご かいまくばん】

ジャンル 野球ゲーム
対応機種 プレイステーション
セガサターン
発売元 コナミ
開発元 コナミ神戸開発部
発売日 【PS】1995年7月14日
【SS】1995年7月28日
定価 5,800円

概要(95開幕)

  • 選手データが95年5月のものに変更。
  • セガサターン版もプレイステーション版の2週間後に発売された。
  • 本作がパワプロ初の「開幕版」の発売と言える。

95」からの変更点

  • 2」と同じくロックオンが設定可能。
  • 練習用のキャンプモードが追加された。
  • 球場のロング画面が前作より広くなっている。
  • 全体的なUIに、同時期のSFC版と比較して微妙な差異がある。特にサターン版は変化球の能力表示やポップアップする「アウト・セーフ」などの判定表示、などに独特な仕様が見られた。
    PS/SSとSFCのシリーズに差別感をもたせようとした意図だったのかもしれないが、同ハードの次回作『パワプロ'97/S』はほぼSFCの『パワプロ3』と同じものに落ち着いている(もちろんハード性能差によりPS/SSのほうがグラフィック・音響面でのクオリティは高い)。

総評

  • 2」「95」「95開幕版」とそれぞれ発売されたが、基本的なシステムの整備(ペナント、ロックオンなど)と選手データの更新のみに費やされた。
  • 選手データ更新でお茶を濁す流れは他社の野球ゲームにもある流れであり、「パワプロ」もその流れに飲みこまれかかっていたと言えるのかもしれない。
  • しかしSFC版「3」では画期的なサクセスモードが追加され、パワプロがNo1野球ゲームの座に躍り出るきっかけをつくる事となる。
添付ファイル