究極タイガー

【きゅうきょくたいがー】

ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 アーケード
発売元 タイトー
開発元 東亜プラン
稼動開始日 1987年10月
プレイ人数 1~2人(交互)
判定 良作
東亜プランSTGシリーズ


概要

  • 1987年に東亜プラン開発・タイトー販売でリリースされた業務用縦スクロールシューティングゲーム。
  • 同年3月に発売された『タイガーヘリ』を大幅に強化、4種のショットの使い分けや画面半分を覆う強力なボム、遅めの自機と飛び交う敵の高速弾などの絶妙なゲームバランスが評価された人気作となり、多くの機種に移植された。

システム

  • 全10面エンドレス、各ステージ最後にいるボスを倒せば面クリア。10面ボスを撃破してもエンディングに相当する演出は無く、すぐに次周回面が始まり、残機が無くなるまでループプレイとなる。
  • 8方向レバーで自機のヘリ「バトル・タイガー」を操作、ショットボタンで対空・対地両用の弾を撃ち、ボンバーボタンで弾数制限のある強力な広範囲攻撃のボンバーを放つことができる。
+ 画像

輸送ヘリとアイテム

  • 自機は敵アイテムキャリアである輸送ヘリか大型機を破壊することによって出現するパワーアップアイテムで強化が可能。「S」マークのアイテムを取ることによってショットの性能が10段階に強化され、色の変わる丸いアイテムを取るとショットの形態を変えることが出来る。
  • ミスをするとパワーアップ効果ならびに蓄積したボム・星マークが全て失われミス地点から一定距離戻されて初期状態で再スタートとなる。従ってミスすると非常に厳しくなるが決して復活出来ないわけではない。
+ 画像
赤・レッドガン
自機の標準装備、ミスした場合はこのショットになる。前方に赤い針弾を撃ち、強化することによって範囲が広がっていく。威力・攻撃範囲とも平均的、パワーアップすると自機左右もカバーできる。

青・ブルーアイ
前方に扇状に丸い青い弾を撃つ。初期状態だと前方にしか撃てないが、強化すると3WAY、5WAYと広がり道中が非常に楽になる。赤ともどもバランスが取れて使いやすく、ほぼ全面通して使えるショット。扇状の拡散弾のため、自機から離れるにつれショット間の隙間が大きくなるが連射しながら自機を左右に振ることでカバー可能。

緑・グリーンストーム
前方に緑色のレーザーを撃つ。左右ががら空きになるなど攻撃範囲が狭すぎるのが欠点。威力が強く4面9面を初めとするボス敵に対し有用だが、次の面でショットをチェンジするまでが辛くなる。

黄・イエロークロス
自機の四方に黄色い弾を撃つ。手薄となる後方・左右をカバーするが、威力が低すぎるためマイナスアイテム扱いとなっている。
  • 「B」マークのアイテムを取るとボンバーが補給される。最大で7個までストック可能。使用すると画面半分程度の爆炎が広がり、範囲内の敵弾を消去し、敵に大ダメージを与えるが、自機が無敵になるわけではないため、爆風内の敵に接触するとミスとなる。また、ボタンを押してから発動するまでに若干のタイムラグがあり、緊急回避を主とする防御的な使い方より、攻めの使い方や復活時にあらかじめ置いておくような使い方となる。
  • 道中の地上物を破壊すると時々「☆」マークが出現。ステージクリア後、☆マークの取得数に3000点をかけた点数がスコアに加算される。
+ 画像

完全に爆炎が広がるまで時間差がある/ボーナス得点計算

評価点

  • 縦スクロールシューティングとして完成されたシステム。ショットとボンバーという簡略な操作でジャンルを確立させた。
  • ショットが対空・対地兼用であるため、空中地上と撃ち分ける必要がなく、とにかく見えた敵は撃てばいいというシンプルなルール。また前作の欠点であったショット距離の制限を撤廃、敵に近付く必要もなくなった。むしろ高速弾を撃ってくるので一定の距離を取る必要がある。
  • ゲームにマッチしたFM音源でのBGM。独特のベースラインから奏でられる曲は後に「東亜節」として支持を得た。

問題点

  • 1周目の後半から難易度がかなり高くなる。最初のボスは自機の近くまで詰め寄り、8方向の拡散弾を放って攻撃してくる。自機の遅さに慣れないうちは、これをかわすのが難しい。1面だからといって決して弱くはない。初級程度では1周どころか3面もクリアできないほど。
  • 敵の弾数はそれほど多くないものの、高速なため特に後半は「見てから避ける」が間に合わず、あらかじめ弾道を覚えておきそれをよけるようなパターン構築が要求される。特に高次周での復活パターンは開始数秒後に置きボムをしておくなど超上級者でも難しいものとなっている。
  • 後半面に出てくる雑魚、通称『金ヘリ』の動きがいやらしい。こちらから逃げるような動きを取ってきて、青ショット以外ではなかなか撃破しにくい。しかも大量に出るため、使いにくい緑や黄を装備していると容易に撃ち落とせず、場合によってはわざわざボムで一掃しなくてはならない。
+ 画像

とにかく動きがいやらしい『金ヘリ』。ステージ冒頭に出るため、前ステージのボス対策で緑を装備していた場合、かなり辛い。

  • 間違って取ってしまうと悲惨な黄色。全方向対応ショットであるが威力が弱く、メリットよりもデメリットが大きすぎて全く使えない。後半面で誤って取ると、そのまま死に繋がる。
  • 青ショット以外では倒しにくい10面ボス。最終面ボスはシャワーのように降り注ぐ弾だけでも厄介なのに、両脇から戦車がチョロチョロと出てくるため、広範囲を撃てる青以外では倒すのは至難の技、ここでミスするとなし崩し的に自機を失いかねない。
+ 画像

全ステージボス、右下が10面ボス

総評

現在のSTGの基本スタイルである「ショット&ボム」をSTG界に定着させた作品で、東亜プランの名を一躍広めた同社の代表作でもある。
東亜プラン自体としては『TATSUJIN』などがその流れであり、また東亜プラン無き後はその流れを継いだケイブが『首領蜂』、タクミコーポレーションが『究極タイガーII』をリリースするなど本作のフォロワーも数多く存在する。

余談

  • 前作の『タイガーヘリ』もそうだが、その珍妙なタイトルのおかげで『バカゲー専科』でネタにされた。
  • カウンターストップは1億点だが風営法の関係で営業時間内での達成は不可能なのでハイスコア集計は1000万点達成で争われた。
  • 韓国のCOMADという会社による本作のコピーゲーム『Gulf War II』(ガルフウォー2)が存在する。日本でも富貴商会*1が輸入代理店として発売する予定であった。詳細は未発売ゲーム2の「海外のみ発売」にて。

海外版

+ 画像

『TWIN COBRA』のタイトルで発売。タイトル通り2人同時プレイが可能になり、戻り復活からその場復活に変更された。自機のカラーリングが異なる他、敵の配置など若干難易度にも修正が入っている。

移植版

対応機種 PCエンジン
メディア 2MbitHuカード
発売元 タイトー
開発元 エーアイ
発売日 1989年3月31日
定価 5,800円
プレイ人数 1人
  • 家庭用移植一番乗り。当時出ていた家庭用機の中では完成度が高い移植作品。難易度はかなり下がり、初心者でも安心してプレイできる。
    • 縦長画面から横長画面への変更によるプレイ感覚の変化を最小限の違和感に収める見事なアレンジと、驚異的なまでの再現度で喝采を浴びた。
対応機種 X68000
メディア 5.25" 2HDフロッピーディスク 2枚組
発売元 金子製作所
開発元 金子製作所、インターステイト
発売日 1993年1月15日
定価 8,800円
プレイ人数 1~2人(交互)
対応機種 FM TOWNS
メディア CD-ROM 1枚
発売・開発元 ビング
発売日 1994年2月10日
価格 8,800円
プレイ人数 1~2人(交互)
  • 移植度はほぼ完璧。オマケゲームで『究極タイヤー』なるドットイートゲームも収録されている。
  • プレイステーション版『東亜プランシューティングバトル1』
    • 東亜プランが倒産後、当時版権を所有していたバンプレストから販売、ガゼル開発。縦画面の問題はテレビを縦起きにして実機同様にするモードを搭載することで解決したが通常のテレビでこれをやると故障するので専用モニターが必要となる。
    • 他に収録されていたのは『タイガーヘリ』と海外版『TWIN COBRA』であり、メインメニューで選択することができる。タイトルに1とあるが2は出ていない。また本作はそれほど出回っていなかったらしくプレミア化した。