ダライアス外伝

【だらいあすがいでん】

ジャンル シューティング
裏を見る
※セガ・サターン版

※PS版
対応機種 アーケード(F3システム)
開発・販売元 タイトー
稼働開始日 1994年
判定 良作
ポイント 一画面化して迫力も凝縮
横シュー最高傑作の呼び声も高い
癖のあるゲームバランス
シャコが鬼門
最大の敵は赤勲章
ダライアスシリーズリンク


概要

繋ぎ目の無い多画面筐体、丁寧に作られたグラフィックとサウンドが特徴だった『ダライアス』シリーズの3作目。
1作目の後、惑星ヴァディスへと移住した人々の帰郷のため、ベルサー司令部と化した惑星ダライアスへの急襲を試みるというストーリー。

シリーズの本流タイトルでありながら、『ダライアスII』までとは異なり汎用筐体の一画面のみで展開されるゲームになった。タイトルがIIIではなく「外伝」なのはそれも要因であると思われる。
シンプルな作りながらも高い完成度を誇り、アーケード横STGにおける最高峰の一つとして今なお名作と謳われている作品。

ストーリー

この物語は「ダライアス」のW-ZONEエンディング*1以後の物語である。

ダライアス星での戦いの後、死の星と化したダライアス星を脱出し、他の惑星へと移住した人々がいた。

時は過ぎ、移住した人々は、再び故郷ダライアス星へ帰る決心をした。

その準備が着々と進む中、中継ポイントのステーションや、海上のプラントが、何者かによって次々に破壊されていった。

ダライアス星から引き上げる輸送船団の後を追って、その破壊者はついに移民星ヴァディスにまでその魔の手を広げはじめた。

立ち向かうシルバーホーク隊も無惨にも倒されて行った。

そして、人々の望みを賭け、最後の2機となったシルバーホークが戦いに向かっていく。 (SS版説明書より)

特徴・評価点

ブラックホールボンバーの追加

  • メイン武装は『初代』と同じ形式。前方に撃つ『通常ショット』と斜め方向に投下される『ボム』を連射して攻撃し、『アーム』にて敵弾を防ぐ。
    • それぞれのパワーアップは、『通常ショット』(赤)は「ミサイル→レーザー(敵を貫通)→ウェーブ(敵と地形を貫通)」に、『ボム』(緑)は「ツイン(自機の前方上下の2way)→マルチ(自機の前方&後方上下の4way)→ホーミング(マルチボム+自機の前方上下2wayが敵を追尾)」に変化していく。『アーム』(青)は「ノーマル(最大で敵弾3発分を防ぐバリア)→スーパー(同4発分)→ハイパー(敵弾5発分&地形接触時の一撃死回避)」と強化されていく。
      • なお、今作と『Gダライアス』ではアームの枚数に上限が設けられており、『II』までや『ダライアスバースト』以降のように重ね取りでどんどん耐久力が増えていくことはない。
  • さらに今回は回数ストック制の「ブラックホールボンバー」が追加された。
    • 発動とほぼ同時に地形・体当たり以外の攻撃には無敵となり、大半のザコ敵はブラックホールに吸い込みまとめて消滅させる。
      耐久力のある敵に対しても持続ダメージを与える。無敵中に弱点に張り付いて連射することで更に大ダメージを狙える。これを死にそうになった時や難所での決め撃ちに用いることで、過去作よりはアドリブでも難所を切り抜けやすくなっている。
    • 後のダライアスシリーズにも強力なサブウェポンは存在するが、戦略的な要素を含み弾避けを大きく軽減させられる役割を持ち始めたのは本作から。
    • なお、ダライアスシリーズでは「ボム」が斜めへの対地ミサイルを指しているため、「ボム」と「ボンバー」という用語が使い分けられている。
    • 横スクロールSTGにおいて、弾幕STGの登場以前に全画面ボンバーを採用したSTGは本作が唯一と言われている。

キャプチャーシステム

  • 大半の中ボスには「コントロールボール」という丸い玉がついている。そこにダメージを与え続けると外れ、それをアイテムとして取得することにより中ボスを一時的に鹵獲し、しばらくの間援護してくれるようになる。
    • 「コントロールボール」を外すと中ボスの行動が一時的に停止するものの、中ボス本体には接触判定が残っているので、「コントロールボール」を取ろうとしてうっかり中ボス本体へ接触してしまわないようには注意が必要。
  • ボールはボス本体よりも小さく、何も考えずにショットを打ち込むと先にボスが破壊されてしまうため捕獲は難しいが、中ボスの援護はなかなかに強力。ノーコンティニュークリア達成時にはキャプチャー達成回数に応じてボーナス得点を獲得できるため、スコアアタックでは無視できない要素となる。
  • 一部の中ボスはキャプチャー後、ショットボタンを押すと発射される攻撃とは別に格ゲーのような特殊コマンドを入力することで、特殊攻撃を行うことが出来る。

多彩なステージ構成

  • タイトーSTGの伝統である樹形図型のステージセレクトは健在。7ステージ全28ゾーンなのはこれまでと同じで、『II』同様ゾーンVとV'、ZとZ'もそれぞれ固有のステージとなっている。
  • そしてボスは19種類と大幅にボリュームアップ。ボス達の攻撃方法が実に多種多様であり、インパクトや独創性を盛り込むことに成功している。
    • Aゾーンのボスであるゴールデンオーガ(オニキンメ)は外観を3Dモデルから描き起こすという方式を採っており、ボス戦中やスタッフロールで画面内を滑らかに泳ぐ姿を見せる。出現時や撃破時の演出もインパクト大で、宣伝用のイラストにも登場する*2等、本作の顔とも言える存在となっている。
    • キングフォスル(シーラカンス)、エレクトリックファン(イソギンチャク)、ファッティグラトン(ピラニア)、そしてグレートシングmk2(マッコウクジラ)など、『初代』に出たボス達もパワーアップして帰ってきた。これらの復活ボスでは、『初代』と同じく戦闘開始前に「攻撃を当てると分裂する浮遊機雷」が出現するという、ファンならニヤリとする演出も。
    • ZONE Mは道中が全くと言っていいほどなく、極上パロディウス ~過去の栄光を求めて~のモアイ戦艦ステージのような内容で、超巨大ボスのタイタニックランス(ベレムナイト)と戦う「ダライアス版戦艦ステージ」となっている。初見殺しの塊だが、稼ぎポイントが多いため慣れたプレイヤーには稼ぎポイントとなっている。
    • デッドリークレセント(カガミダイ)、クラスティハンマー(シャコ)など複数のステージで登場するボスも単なるカラーリング違いではなく、ゾーン毎に攻撃パターンが変動する。
    • また、ボスのみならず、雑魚やゾーン内のギミックも「アームがある状態で触れるとアームを削られるがアームが無い状態で触れてもミスにならない」「ウェーブすら遮ってしまうがアームの有無に関わらず接触してもダメージを受けない」など特徴的なものが増えている。
  • もちろんマルチエンディングも健在。VとV'、ZとZ'も全く違う結末を迎え、7種類のエンディングが用意されている。
    • わかりやすいバッドエンド、グッドエンドからタイトーお約束の惑星破壊エンド、前々作にあったゲームオチ等は備え、哲学的なものや亜人キャラが出る和やかなものまで選り取りみどり。
+ 7体のラスボス巨大戦艦の紹介
  • ZONE Z':グレートシング
    • 一番上のルートに鎮座するお馴染みのマッコウクジラ。ゲーム中では表記されないが設定上は「GREAT THING Mk-II」という正式名称が付けられている。
      攻撃パターンの多彩さはシリーズ屈指であり、お馴染みのイルカやドリルミサイルはもちろん、追尾レーザーや電撃、大量の追尾ミサイルなどなど大量の行動パターンが用意されている。尻尾から乱射されるホーミングレーザーに苦しめられたプレイヤーは多いだろう。
      耐久力もえげつないほどの高さであり、赤勲章避けに失敗して白玉なしの状態で戦うハメになるとヤズカ出現すら十分にありえる程の長期戦を強いられる。
    • 道中のルートも明らかに他ルートと比較すると飛び抜けた難易度となっており、特にクラスティハンマーを回避できないのが壁となって立ちはだかる。
    • エンディングでは今回の戦いの真相が明らかに。本作のテーマとの関係性が最も強いものとなっている。
  • ZONE V:リスクストレージ
    • モチーフはフウセンウナギ。海底に沈む戦艦から姿を現す。
    • 長い尻尾から乱射するレーザーと体内から吐き出す数々の武装が特徴。
      一応ホーミングする流体金属弾などの攻撃もあるが、全体的に攻撃が緩いため今回の初心者向け枠とされる。
      しかし破壊可能な部位や弾などが多く、スコア稼ぎに挑むと熱戦を繰り広げることとなる奥の深いボスでもある。尻尾は耐久力こそ高いがなんと90万点も得ることが可能。
    • 開発陣もこの難易度を考慮に入れていたのか、本ルートのエンディングは悲しい内容のバッドエンド。ただし、シルバーホークの戦いとしては目的を(恐らく)達しており、バッドエンドの中では最も救いのあるEDである。
  • ZONE W:ヴァーミリオンコロナタス
    • モチーフはタツノオトシゴ。名称は変更されたが『ダライアス』からの復活ボス*3として扱われている。
    • 長い尻尾を用いてオトシゴ自身やシルバーホークの攻撃を反射する一風変わった特徴を持つ。反射された自機ショットは低速で画面外に飛んでいくがこの反射ショットが出ている間は連射が効かなくなるため非常に危険。仕様上、反射されない白玉が有利となるため特に赤勲章避けの重要性が高いボスとなっている。
    • 攻撃は全体的に激しい反面安地も多い。頭部破壊後の発狂パターンの中には全身の砲台を展開し凄まじい弾幕を放ってくるというものがあるのだが、ボスの頭部の目の前に安地があったりと…。
    • Wゾーンエンディングは恒例のメタネタエンディング。最初から参加してないプレイヤーが何故か倒れているが気にしてはいけない。
      • ちなみにプレイヤー数や各プレイヤーの生存の成否等によって内容が変化する唯一のエンディングである。
  • ZONE X:ヒステリックエンプレス
    • モチーフはタカアシガニ。モチーフどおり長い脚が目立つが、当たり判定は胴体とハサミのみ。ゴールデンオーガ・ストームコーザー同様3D取り込みのグラフィックとなっている。
    • 屈折レーザー+ホーミングレーザーのラッシュやジャンプからの踏みつけなど、とにかく初見殺し満載。いずれの攻撃もパターンの把握が出来ていないと回避困難なものばかりで、今作屈指の「覚えゲー」ボス。
      最終段階の泡弾乱射+ホーミングレーザーラッシュはランク次第では回避不可能に近いと恐れられており、これを撃たせないことを重視したパターンの構築が推奨される。
    • エンディングは「戦いはまだ終わっていない」エンド。最後の演出が中々不気味。
    • 余談だが、Xゾーン道中では前作『ダライアスII』のボスである「グランドオクトパス」が登場している。ほぼ雑魚扱いだが…。
  • ZONE Y:オーディアストライデント
    • モチーフはマンボウ。虹がかかる美しい丘から浮かび上がる演出は一見の価値あり。
    • 突然体当たりしてきたり、逆に後部から極太のジェットをぶっ放してきたりと初見殺しが多いが、「発狂さえさせなければ」リスクストレージと並び攻撃は緩め。ウナギと並び初心者向けとしてよく名前が上がるボスである。
    • 「発狂さえさせなければ」と強調したが、特定パーツを破壊した後に突入する発狂パターンはシャコもかくやという凶悪さ。マンボウの持つか弱いイメージなどぶち壊しにするえげつなさを誇る。
      破壊パーツも非常に多く、稼ぎのメッカであるMゾーンを経由して来られるためスコア稼ぎ目的でも人気があるボスである。
    • エンディングでは「森の先住民(スター・ウォーズのチューバッカを可愛くしたような獣人キャラ)に表彰される」という、ダライアスシリーズのEDの中でも異様に和やかなもの。
      ちなみにゲーム内で本作の自機のパイロットの顔立ちがはっきりと確認できるのはこのEDのみ。*4やたら濃かったリアルタッチのこれまでとは一転、一気に美形化した。
  • ZONE Z:キュリアスシャンデリア
    • モチーフはエビクラゲ。デカい目玉がトレードマーク。
    • とにかく自機狙いの攻撃が多く、脚を止めると一瞬で被弾する攻撃ばかり。自機を追尾するターゲットサイトを展開してのショット乱射、触手を一斉にぶつけてくる攻撃などなど…。
    • クラゲらしく大量の触手を備えており、その全てが破壊可能。第2段階では攻撃の手を緩めることになもなるため積極的に破壊を狙いたい。触手には貫通攻撃が有効なので珍しくフルパワーでの攻略も十分にアリ。一定体力で形態移行のため一時的にダメージが通らなくなる仕様があるため、白玉付きでも有利になりにくい。
    • エンディングはタイトー名物の惑星爆破エンド。遂に惑星ダライアスも爆破の被害に・・・。ストーリーを考えると救いのなさは本作随一かもしれない。
  • ZONE V':ストームコーザー
    • モチーフはAゾーンボスのゴールデンオーガと同じくオニキンメ。大破されたゴールデンオーガが回収され、対シルバーホーク用に魔改造を受けた代物。嵐の渦の中心での戦いとなり、道中からの背景演出は必見。天空の城ラピュタにそっくり、は禁句。
      • そんな経緯もあり、外観はゴールデンオーガのカラーリング違い。序盤ボスの色違いバージョンが同じ作品内でラスボスを勤めるのはシリーズでも珍しい。
    • だがその実態は本作屈指のカリスマボス。ありとあらゆる武装で弾幕を張りシルバーホークを沈めんとする。画面横どころか画面奥に移動しての弾幕連射までをも多用し、一部では「銀河一側面に強い魚介類」などというあだ名まで付けられている。一応魚介類じゃなくて巨大戦艦なんですが
      弾幕だけでなくギミックによる攻撃も多く、風圧でふっ飛ばして尻尾アンカーで破壊しようとしてきたり、弾幕を正面で避けさせてから体当たりで潰しにかかったりと、攻撃における手段の選ばなさ加減はSTG界でも屈指である。
    • 弱点は耐久力が低いこと。よって赤ウェーブ+白玉を維持してブラックホールボンバーを持ち込めれば序盤の攻撃が緩い間に瞬殺することも現実的に可能。道中ルートの難易度もかなり低めなため、パターンさえ確立できればかなり安定したクリアが望めるボスでもあったりする。
      • 後述するが、白玉3発形態を維持すると…。
    • エンディングは無事に惑星ダライアスへの帰還計画が完了する本作では最もオーソドックスな内容。同じ帰還エンドでも哲学的な上ルート(ZONE Z')とはある意味対照的。

当時最高峰の演出力

  • 綿密に書き込まれたドット絵は前作と比較すると全体的に明るく煌びやか。純粋な進化を感じさせる。
  • これまでのシリーズ(アーケード版)同様に音楽は小倉久佳氏が手がけている。相も変わらずBGMの質は高く、現在でも好きなゲーム音楽・本作を名作たらしめる所以として本作の楽曲を上げる人は多い。
    • なお、効果音は石川勝久氏が担当している。警告音やブラックホールボンバーなど、効果音も神秘的で印象に残るものが多い。
    • 本作の音楽はアンビエント(環境音楽)系の曲が多く、曲単体で聴くと「これがシューティングのBGMか?」と思うほど幻想的で静かな曲が多い。
      ただし、全曲がアンビエント系という訳ではなく、「E・E・G」「FAKE」など比較的ノリの良い曲もある。
      • 「FAKE」は小倉氏から「ジュリアナのような曲を作りたかった」とコメントされているように、ボス戦・道中共にテンションの上がる楽曲として知られる。ちなみに一番最初で聴けるD・Fボス「フォールディングファン(扇子の意、モチーフはオウギベンテンウオ)」という名前からもジュリアナ感を感じさせられる。
    • STGのサウンドとしては癖が強い部類ではあるが、ステージ構成と違和感が生じないようにかなり考えられて組み合わされている。この構成のためか、本作には道中曲とボス戦曲の区別がほぼ存在しない。とあるステージの道中曲が、他のステージのボスでかかるというパターンが多々ある。
  • 特筆すべきはステージ1と最終ステージにおけるBGMのシンクロ演出である。1~2ステージでは「VISIONNERZ ~幻視人~」が、最終ステージでは「SELF」という曲が流れるのだが、両曲ともBGMの盛り上がりが最高潮の時にボス戦に突入するよう、完璧にステージ構成のタイミングを合わせてある。
    そして前者は1ボス撃破後も曲を切り替えずにそのまま次のゾーンに突入するようになっていて、
    後者では、「嵐の前の静けさ」を表現するかのようにステージ序盤が無音で途中からBGMが流れ出すようになっている*5
    • なお、最終ステージではBGMだけでなく効果音にも特殊な演出が用いられており、無音地帯において基板に搭載さている音源チップの機能を活用し、一部の効果音にリバーブ(残響)がかかるようになる。
      • 『ダライアスII』の最初面および最終面でのBGM仕様を元にしたこの系統の演出ギミックは、後のシリーズ*6にも継承され続けた。
      • 本作では特にYゾーンのボス「オーディアストライデント」(マンボウ型)が出現する演出が非常に印象的で、ファンの間で人気が高い。
        やる意味はないが、この演出時に飛んでいく鳥をブラックホールボンバーに巻き込んでしまうことが出来る。

スコアアタックの強化

  • ボスの破壊可能な部位は1か所につき3万点という高得点が得られる。スコア稼ぎの際は全部位破壊が基本となる。
    ちなみに後にシリーズ恒例となる「グレートシングのドリルミサイル稼ぎ(ミサイル1つにつき3万点)」も、しっかりと『初代』から継承されている。
    • なお、ボス戦が長期化すると永久パターン防止キャラの「ヤズカ・タカーミィ」が出現して妨害をしかけてくるのはこれまで通りだが、本作から一部作品を除き、「ヤズカ・タカーミィ」出現から更に一定時間が経過するとボスが自爆するように変更された。
  • ノーコンティニュー達成時は、「残機」「ブラックホールボンバーのストック数」「中ボスのキャプチャー回数」に応じてボーナス得点が入るようになっている。

シリーズ方向性の修正及び確立

  • 『II』においては『初代』から大幅に異なる作風となり、早くもシリーズの方向性が迷走。直前の作品である『フォース』に至っては別ゲームのように作風が変質していた。
    本作はそういった流れを一度断ち切り、『初代』に近い作風に方向性を修正することに成功。以降の作品も『初代』を踏襲した作風となり、なおかつ、いくつかの「お約束」が確立することとなった。
  • 前述の『初代』ボスの内、シーラカンスの「フォスル」シリーズとマッコウクジラのグレートシングは必ず登場するようになった*7。特に、後者は複数のラスボスの中でも最強クラスの存在となることが定番化。そういった存在であることが、最後の文字のゾーンに配置されていることやエピローグの展開から分かるようになっている。
  • ボスは全て、『初代』と同じく何らかの水棲生物をモチーフにするようになった。複数のモチーフを持つボス*8はいても、水棲生物の要素が全くないボスは本作以降登場していない。
  • 自機のショットにミサイル、レーザー、ウェーブが用いられるようになった。ただし、本作は完全に『初代』と同じではなく、それらのショットを組み合わせた独特のパワーアップとなっている。
    • 『初代』では扱いづらかったレーザーが、強化すると同時に発射される本数が増えるようになったこと、1画面になったことで弾切れが起こりにくくなったことから、「ミサイルとウェーブの繋ぎ」という役目をきちんと果たすようになった。
  • アイテムの獲得方法は「特定の敵編隊を全滅させる」のではなく、「アイテムと同色の敵を撃破」に戻され、再び何のアイテムが出るのかが分かりやすくなった。
    • 『II』で激減していたアイテムも本作で再び数多く出現するようになり、代わりにパワーアップ段階が多くなるという『初代』に近いスタイルに。ミス時の立て直しも幾分マシにはなった。
  • ミス時にショットとボムが初期状態に戻されるペナルティは採用されなくなり、パワーダウンによる悪影響が軽減された。

賛否両論点

多画面筐体でなくなった点

従来のアーケード版『ダライアス』シリーズとは異なり、本作は多画面ではなく4:3の1画面であり、ゲーム筐体も一般的な汎用ミディタイプ筐体を用いている。
汎用筐体用のゲームとなったことで設置・運営にかかる負担は大きく減り、ゲームが良作であったこともあって出回りは好調であった。しかし、「ダライアスと言えば多画面筐体!」というこだわりを捨てきれないファンもおり、そういう人達からは「1画面になった事が最大の短所だ」と言われている。

癖のあるゲームバランス

  • 本作はノーコンティニュークリア及びノーミス、またはスコアアタックを行う場合、外部連射装置がほぼ必須となるゲームバランスである。
    • 前述のプレイを行わないのであれば連コイン&ボンバーによるゴリ押しでクリアできなくもないのだが、大半のプレイヤーは「連射装置がない状態で稼働させているお店でのプレイは敬遠する」傾向にあった。それほどまでに連射装置の有無で難易度が激変するのである。
    • 『初代』『II』においては基板設定でソフト連射が設定できるようになっていたが本作にはそれがなくなっている。そのため、当時のゲーメストの攻略記事においても「このゲームを設置するなら連射装置を付ける事は必須」などと、ライターが誌面上でゲームセンターの経営者たちに呼びかける程だった。
    • ちなみにテストモード上で確認すると3つのボタン入力に対応しているのだが、ゲーム中に3ボタン目は一切使用することが出来ない。*9ここにショットが割り当てられていれば手動でもピアノ連打等により多少はマシになったかもしれないのだが…。
    • なお、これらのバランス調整は後述の通り開発者が想定していた可能性が高く、「調整不足」との指摘は当たらない。
  • ブラックホールボンバーという強力な特殊兵装が追加された関係上、アームの耐久力が最大でも5発と大きく減り*10、ボンバーを使い渋るプレイヤー(所謂「抱え落ち」が多いプレイヤー)にとっては非常に難しい作品のように感じられる要因となった。
  • 本作でもミス時のパワーダウンが激しい。前作の『II』よりは軽減されたが…*11
    ちなみに今作は赤アイテムの出現数はルート次第だが25個前後、青アイテムも15個前後*12と多めなので1ミス程度ではフルパワーにならなくなることは早々ない。これは前作からの改善点と言えるだろう。
    • 後述の通り赤勲章避けが非常に厳しいため、赤勲章避けを軽減するためにあえて途中で自機を潰してパワーダウンするというパターンも存在する。
    • 他のシリーズ作と比べて早い段階でショットをウェーブへ成長できるからか、中盤以降はウェーブがないと苦しい展開になるため、連続ミスなどで一度ショットがレーザーまで下がってしまうと非常に厳しくなってしまう。
  • 通常ショットは、パワーアップの段階により連射が効く段階と効かない段階が点在しているが、連射が効かない段階でボスに遭遇してしまうと高い耐久力を削りきるのに相当難儀する。
    • 特に通常ショットの最終段階(赤大ウェーブ&緑小ウェーブ×2)は、連射が効かないうえにボス敵が備えるウェーブ耐性のあおりをモロに受けるため、これより一つ手前の(赤ウェーブ+白ミサイル×2)状態に留めるのが基本とされている。
      • しかし、ショットアイテム(赤勲章)は頻繁に出るうえに大きく円運動してゆっくりとスクロールしてくるため、敵の攻撃と地形も合わさってパワーアップ状態の中途維持が困難になっている。故に、プレイヤー間では「ダラ外最強の敵は赤勲章」というネタも広まった。
        ダライアスシリーズではたびたびアイテムが敵になると揶揄されるが、知名度が爆発的に上がったのは本作であろう*13
    • フルパワー1つ前以外にも、ウェーブの強化段階で「ウェーブ系統+白ミサイル×2」という形態が存在しており、楽にボスを撃破するためにはうまくこの形態を維持するよう調整が必要となる。
      • 極端な例で言えばZONE E(3面中ルート)のエレクトリックファンに緑小ウェーブ+白ミサイル×2で挑むと発狂攻撃前に撃破できるので、難易度が格段に下がる。
    • ちなみに威力に関してはレーザーになる手前の状態(白玉3つ)が最強である。この状態を維持できればストームコーザーを開幕で瞬殺可能なのだが、道中の難易度がウェーブ所持時と比較にならない程高くなる。
  • 一部のボスはノーコンティニュー時だと、ブラックホールボンバー無しでは到底避けられないような攻撃を繰り出してくる。
    • 全体的にランク変動が激しいのも今作の特徴である。なお連射速度が速い場合はランクの上昇速度が上がるものの、生存時間による上昇のほうが顕著なことやボス戦が長引き被弾機会が増える方がよほど危険であることから連射機なしが推奨されることはまずない。
    • この難易度調整は開発者曰く「後半面はコンティニューして内部ランクがだいぶ下がった状態で丁度良くなるように難易度を調整した」ため。後の『Gダライアス Ver.2』にて顕在化するインカムとゲームバランスの商業的葛藤が今作の段階で既に開発に影響を与えていたようである。
    • また上述の通り、最も連射が重要な本作で基板から連射設定が取り除かれるという有様になっているが、一方ショット押しっぱなしで秒間5発程度の「押しっぱなしでもプレイできなくはない」程度の連射が設定されており、また連射速度によってランクが変動するなどバランス調整が行われた形跡は存在する。このことから連射周りの難易度調整も開発者の想定に入っていたと思われるが、連射ありでのランク上昇よりボス短時間化による難易度低下のほうが遥かに大きいために結局連射装置ありでのプレイが主流となり、ワンコインクリアの敷居も高くはない作品として知られるようになったのは皮肉である。
  • せっかくの新要素である中ボスキャプチャーだが、初心者にとっても上級者にとっても厄介な要素になってしまっている。
    • 中ボスの攻撃は強力であり、キャプチャーできれば初心者にとっては道中攻略における心強い味方となるのだが、そもそも初心者にとってはキャプチャーボールを狙ってショットを当て続けること自体が困難で、キャプチャーを行うこと自体が難しい。
    • キャプチャー自体は容易に行える上級者にとってはなんてことはない仕様に思えるが、中ボスの攻撃で敵を倒すとスコアが入らない。しかしキャプチャー成功回数自体にクリア時のスコアボーナスが入るために行わないというわけにもいかず、キャプチャーはするが敵を倒させないように誘導したりショット調整をしたりと妙なプレイングを強要されてしまう。
    • 一部の中ボスはシンクロ30連使用時には攻撃を行わなくなる。中ボスはショット押しっぱなし時に最も攻撃性能が高くなるように設定されているため。これを逆用し、シンクロ30連で中ボスの攻撃頻度を激減させてスコア稼ぎを行う手法も確立されている。
  • ダライアスシリーズのルート分岐は一般的に「上のルートが簡単」と言われているが、今作ではそれが当てはまらないという地味に意地悪な要素も。
    • 本作の上ルートは「G(4面)の道中が難しい」「K(5面)が道中、ボス(ファッティグラトン)共に高難易度」「P(6面)ボスのクラスティハンマーが上記通り鬼門」、「D,G,Z’道中の赤勲章の配置が非常に厄介であり避けるのが非常に難しい」、そして「ラスボスがグレートシング」等…明らかに初心者向けでない、それどころか4面以降は難所が絶えずにやってくる最難関ルートである。
    • よって、3~5面のどこかで1つ下にずらしてVを目指すルート(通称フウセンウナギルート)が初心者向けと言われている。ただしこれはこれで、「H(4面)は道中こそGより簡単だが、ボス(ネオンライトイリュージョン)の弾幕が激しくブラックホールボンバーなしでの撃破が非常に難しい」等、難所は存在する。また難易度の低さを見越してか、このゾーンのエンディングはとても悲しい内容である。
      • なお、実際は「上が楽」という風評が定着したのは次作『Gダライアス』あたりであり、今作の稼働当時で実際にそのような風評が定着していたかは相当に怪しい
        『初代』*14『II』*15に関しても上が楽というバランス取りはされておらず、家庭用でもそもそも最終面が1種しかない『ダライアスツイン』、上が最難関で下が簡単という真逆のバランスの『ダライアスフォース』と言った状況であった。
        近年の作品である『ダライアスバースト』、及び同作の派生シリーズは一番上のルートが簡単になるように明示的に設定されている。

問題点

  • AC版には無敵バグが存在する。本作はスコア稼ぎの要素が非常に充実していただけに、雑誌上でのスコア集計が無敵バグによって打ち切りになった事を悔やむプレイヤーも多かった。

総評

斬新な要素こそ少ないものの、基本となる部分をきっちり作り込み、さらにダライアスシリーズの特長だった演出・BGMをさらに強化した結果、不朽の名作へと変貌を遂げた作品。
1画面になり独自性が薄れ、攻略面で部分的に粗が存在するものの、トータルバランスの良さがそれを補って余りあるほどの高評価をもたらし、ロングランを続けた。


余談

  • 今作の主人公は1P側の男性「ケイス・アーディン」、2P側の女性「アンナ・シュタイナー」の二人。シリーズ恒例で男女ペアだが、今回は恋仲ではなくあくまで戦友関係である。
    • オープニングデモ及びWエンドでは後ろ姿のみだが、Yエンディングではしっかり素顔を拝むことが出来る。びっくりするほど美男&美女。
    • ただ、本シリーズにおいて明確なキャラ設定のある主人公としてはマイナー気味。そのせいか(?)後述のSwitch版では画面脇のガジェットに常時名前が表示されている。
  • 本作には初代ダライアス同様にエクストラバージョンの存在が確認されている。但し、「ユーザー改造による非公式版である」「ロケーションテストまでやった」「少数枚が正式にリリースされた」など様々な説がささやかれているが詳細は不明。
    タイトー直営店である秋葉原Heyで稼働した時期もあるということを考えると、最低1枚は非公式版では無いというのが2016年現在の見解。
    • ゲーム内容は1P側と2P側で異なる仕様に変更されており、1P側は通常版とほぼ全く同じ進行方式だがゾーン構成が異なる、2P側は通常版の全てのゾーンをAから順に進行していく特殊仕様になっている。
  • 本作は「外伝」であるが、後の『バースト』期に行われた設定の再構成の際にダライアス史に正式に組み込まれている。
    正史ではどのエンディングを辿ったのかは不明であるが、後の作品と大きな矛盾が発生するZ*16、そもそもメタオチのWに関しては正史に組み込まれていないものと思われる。
    • ちなみに発売当時のZUNTATAのサントラの解説ではZ'が真エンドであることを示唆する内容があった。本作のBGMのコンセプトが「幻視」であることからも察せられる。
    • 前作はダライアス暦201年、本作はそれから1400年以上経過したダライアス暦1642年となっている。
  • ダライアスバースト アナザークロニクルに今作の自機をベースにした「外伝シルバーホーク」が登場している。
    • 連射力と貫通力に優れたショットに加え、ブラックホールボムが少し弱体化しながらも積極的に使っていける仕様になった。
      その分ショットはパワーアップの癖が強く、バーストビームを持たないことから対ボスへの総合火力は他に引けを取る、支援向けと言った趣の強い機体となっている。
  • GROOVE COASTERシリーズに本作から「VISIONNERZ ~幻視人~」の原曲、「FAKE」のアレンジ版が収録されている。
    • 「FAKE」アレンジ担当は各社AC音ゲーでエレクトロダンス系楽曲を得意とするMasayoshi Minoshima。そして曲別称号は曲名ではなく「GAIDEN~」となる。
  • かつてアルカディアで連載されていた4コマ漫画「WARNING!!ダライアスさん」に2Pパイロットのアンナをモチーフにした「外伝姉さん」が登場している。
    • Wエンディングをモチーフにしたのか「ゲーム好きなのにありえないくらい下手くそな残念美女」というキャラクターにされている。
    • ケイスをモチーフにしたキャラクターは残念ながら登場しない。プロコ兄さんやサムラックも登場しているのに…。
  • 現在でこそ超高評価を得ている本作だが、当時のゲーメスト大賞・ベストシューティング賞では3位に甘んじていた。
    同時期にタイトーが開発した『レイフォース』が高評価を得て2位につけたのだが、それ以上に『極上パロディウス ~過去の栄光を求めて~』が同年に稼働し絶大な人気を獲得しており、レイフォースとダラ外を合わせても極パロの票数に届かないという状況になっていた(ちなみに本作の得票数は極パロの3分の1以下)。
    稼働当時は無敵バグの発覚によるスコア集計打ち切りや連射周りのゲームバランスなど、本作にまつわるネガティブな話題も少なくなかったことから、現在に繋がる高評価が定着するのには少し時間がかかったことが伺える。
  • カートリッジ式のF3システムのチラシにて初期ラインナップにダライアス外伝の紹介があったが、やはり「1画面」というのに難色を示したオペレータも多かった。
    • 基板型F3システムより良作が少ない事もあり、やはり後々に評価されている。

移殖

  • SS版(タイトー/アイシステム東京)
    • 非常に長い間、家庭用移植版の中では最も出来が良いとされていた。
    • ステージクリア時の読み込みによる若干のBGM停止、グラデーションによるオブジェクトの陰影のカット、ゾーンBのエンシェントドーザー戦でなぎ倒される樹木のカットなど、一部細かい演出の削減やカットなどがあるが、基本的なプレイ感覚はほぼ忠実に移植されている。また、隠しコマンドを入力すると連射機能(シンクロ連射ではないが秒間30連射相当と非常に速い)が備わるので、外部の連射装置無しでも遊べるのもメリット。
      ただし一部弾幕で処理落ちが発生するようになり、ランク上昇率がAC版よりも低下しているため、一部のシーンでAC版と攻略パターンで差異が生じる。
      Eゾーンボスのエレクトリックファンの特定パーツを破壊した時に莫大なスコアが入るバグの存在も指摘されている。
      • 連射コマンド使用時にも中ボスが通常通り攻撃を行うことから、連射コマンドでの連射はソフ連扱いとなっている模様。
    • BGMはCD-DAで収録されているためサントラとしても使用可能。また、仕様上BGMが極端に長時間流れるとループせずに最初から流れ直しになる(極端にボス戦を引き伸ばさない限り起こらない)。
    • セーブ不可。ハイスコアや連射機能は電源オフとともに消滅する。
  • PS版(ベック/ネクサスインターラクト)
    • 劣化移植。常時頻繁に処理落ちがかかっており開始直後の画面外から自機がフレームインするシーンから処理落ちする。
      • 軽減するにはレーザーやウェーブにパワーアップして負荷を軽減する他ない。怪我の功名か拡散弾や高速弾が避け易いというメリットはある。
    • ステージ4ワープゾーンで背景演出の解像度が落とされたり、ボスの爆発エフェクトのパターン絵のカットなど一部演出の簡略化。SEの音質劣化。またステージクリア時のBGMが最初のパートしかない。
    • セーブ不可。ハイスコアや設定は電源オフとともに消滅する。
    • OPの他、Z',V'ゾーンのエピローグにはCGムービーが流れる。このため、先の2ゾーンではAC版のエピローグを見ることができない。
    • 隠しコマンドで連射機能を付けられるため、ここはPS2版にはない評価点ではある。
    • SS版ではカットされたエンシェントドーザー戦のなぎ倒される樹木の演出が再現されている。
    • 一応まともに遊べる作品ではあるので、AC版未経験者であればそれなりに楽しめる。
  • PS2『タイトーメモリーズ上巻』収録版(タイトー/Mine Loader Software)
    • 「PS以上SS未満」という評価。
    • SS版でカットされた演出がほぼ復活、ゾーンAからゾーンB(C)に移る時のBGM停止も解消された。しかしSS版に比べ処理落ちが起きる箇所がやや目立つ(SS版で処理落ちがかかった、最初のボス出現撃破時、ゾーンK(O)道中では逆に発生しない)ほか、最終面のBGM演出の再現度が低い。初期版は操作遅延が酷い(後に出たエターナルヒッツ版は多少改善されているが遅延はやはり存在)。
    • なお連射がソフトに内蔵されておらず連射設定ができない為、プレイの際には連射装置が必須になっている。
  • PC『Taito Legends 2』収録版(XPLOSIV/Empire Interactive)
    • 海外では「Taito Legends 2」として収録39作品の内の1つとして収録。AC版をそのまま収録している。エミュレーションでの移植となるが、遅延などの不具合も無く完成度は高い。
    • PC版なのでJoyToKeyなどフリーウェアツールを使えば最高速の連射設定が容易であるという点もメリットである。
    • 他にも「ガンフロンティア」「レイフォース」「メタルブラック」「逆鱗弾」「グリッドシーカー」「インセクターX」「ルナレスキュー」「あっかんべぇだぁ~」「スペースインベーダーDX」「マジェスティックトゥエルブ」といったシューティングをAC版そのままに収録。当時のポスターも日本版のまま収録していたりするので、シューターのみならずとも興味のあるレトロゲームファンは入手が困難になる前に是非入手しておきたい。
    • DRMの仕様上、Windows7以降のPCで正常に動かない場合があるとの報告がある。
  • Switch『ダライアス コズミックコレクション』収録版(タイトー/M2)
    • 国内向けとしては実質初となる完全移植。画面外にパワーアップ段階や銀アイテムの合計スコアなどの情報が表示される機能がついている。
      ただエミュレーションエンジンの影響か、発売当初のver.ではBHBを連射したときの挙動と、ストームコーザー出現時の演出、処理落ちの動作の違いなど、一部に不具合や移植ミスが出ていた。
      • この為発売から間もなくアップデートの開発が発表されており、2019年9月5日に実施。これに伴い、上記の問題点は概ね解消された。*17また同日にDL版の配信も開始されている。
    • 連射設定も完備されており*18、オンラインランキング対応*19、リプレイ機能搭載など極めて充実した移植となっている。

*1 グリーンコロナタスを撃破するも、既に惑星ダライアスは死の星と化しており居住不可能な状態となっていた。プロコ・ティアットは新天地となる惑星(=本作の惑星ヴァディス)を発見し、第二の母星とするというストーリー。

*2 ただし宣伝用のイラストに登場しているものは準備稿の時の外観となっており、ゲーム中に登場するものとは外観が多少異なる

*3 『ダライアス』では「グリーンコロナタス」という名称であった。カラーリングも緑から赤を基調としたものに変わった。

*4 一応姿だけであればWゾーンのEDでも確認はできる。

*5 というのは建前で、実際には「サビの部分に入ったタイミングでWarning→ボス戦へと移行させるためのタイミング調整」だったりする。

*6 『G』の「G-ZERO」、『バースト』の「Good-bye my earth」および「The World of Spirit」。『バーストCS』の「Freedom」。

*7 初代のアレンジ移植である『R』を除く。

*8 本作ではヒラメとカレイをモチーフにしたダブルディーラー、後作の『バースト』ではリュウグウノツカイとドラゴン(サイバリオン)をモチーフにしたダークヘリオスなど。

*9 後述の移植版ではショットボタンに割り当てられているものもある。

*10 過去作ではアームの耐久度に上限がなく、アイテムを取得した数だけ加算され続けていく。

*11 ショットはランクが一段階下へパワーダウン、アームはミスした時のランクの目盛りがリセットされる。ボムは状況に関係なくパワーダウンしない。

*12 今作でのショットの最大パワーアップは15段階、ハイパーアームに必要な青アイテムは9個。

*13 初代の時点で3連ミサイル止めや一部ルートでのスーパーアーム止めプレイの知名度が高く、『ツイン』でもウェイブ時のショット切り替えアイテムは罠として知られていた。

*14 ラスボスがグレートシングだが本作ではクリア目的では比較的楽な方とされる。だが実際に初心者向けルートとされたのは下のZゾーンを目指す「下捕鯨ルート」の方で、上ルートは地形が厳しいエリアが多く難関。

*15 最終面は地形があるステージで中ボスは強敵といわれるピラニアとオトシゴが現れる。ラスボスのマザーホークはクセのある回転弾や広範囲レーザーを連打してくるため相当強い。そして何より道中で強豪ボスのヤマトを避けられない。

*16 タイトーのお家芸である「惑星破壊」エンドで、ベルサーとの死闘の末に惑星ダライアスが爆発してしまう。正史上は『バースト』の時代でも惑星ダライアスは健在。

*17 なお、以前のソースコードは破棄して、完全に一からソースコードを作り直したとのこと

*18 前述のアップデートで前述のキャプチャー中の稼ぎ為のシンクロ連射が実装されている。

*19 こちらもアップデートで最終ゾーン別のランキングが実装されている。