スター・ウォーズゲームリンク

シリーズ作品

機種 タイトル 概要 判定
レベルアサルト
Win/MD スター・ウォーズ レベルアサルト
Win/PS スター・ウォーズ レベルアサルトII 実写映像が使用され、映画に近づけられたレベルアサルトの続編。
ダークフォース
Win/PS スター・ウォーズ ダークフォース 『DOOM』にジャンプアクションなどを加えた、SW版DOOMと言うべき作品。
Win スター・ウォーズ ジェダイナイト ダークフォースII ダークフォースの続編。新たにフォースやライトセーバーが使用可能に。
スター・ウォーズ ジェダイナイトII アウトキャスト アクション性を高めたシリーズ第3弾。
Win/Xb スター・ウォーズ ジェダイナイト ジェダイアカデミー シリーズ第4弾にして異色作。ジェダイの騎士になるか暗黒面に堕ちるかはプレイヤー次第。
ローグ スコードロン
Win スター・ウォーズ ローグ スクワドロン3D
N64 スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊
GC スター・ウォーズ ローグ スコードロン II 高レベルのグラフィックで再現されたSWメカが美しい、名作3Dフライトシューティング。隠し要素も豊富。
スター・ウォーズ ローグ スコードロン III 白兵戦やウォーカーを操作する地上戦、映画流用のムービーなどが追加されたがテンポが悪い。
協力プレイで前作のミッションも遊べる。対戦モードも搭載。
バトルフロント
PS2/Xb/Win スター・ウォーズ バトルフロント スター・ウォーズの世界観を使った対戦型TPS。『バトルフィールド』のSW版と言える。
PS2/PSP/Win スター・ウォーズ バトルフロントII スター・ウォーズ・サーガ全6作品をカバー。
一般兵の武器強化や、ジェダイやシスなどヒーローの操作が可能になった。
一般兵とヒーローのどちらを操作していても敵AIから異様な集中攻撃に晒される。
PS4/One/Win スター・ウォーズ バトルフロント*1 開発元が『バトルフィールドシリーズ』のEA DICEに変更。最大40人までのマルチプレイが可能。
エピソードVII劇場公開に合わせて発売されたが、舞台は旧3部作(エピソードIV~VI)のみ。
まさかのキャンペーン非搭載というマルチ特化仕様にファンから阿鼻叫喚の声が上がった。
当のマルチの出来も非常に大味で、劣化バトルフィールドという印象が拒めない残念作。
スター・ウォーズ バトルフロントII*2 エピソードI~VIIまでを舞台にしている。前作とは異なり初心者を突き放した仕様。
前作から大きくボリュームが増えマルチも進化したが、
ルートボックス(所謂ガチャ)問題によりユーザースコアが炎上、大きな批判と議論を呼んでしまった。
エピソードVIとVIIの間を描くキャンペーンモードは好評だが、新3部作(エピソードI~III)は冷遇。
レゴ スター・ウォーズ
PS2/GBA/GC/Xb/Win/Mac レゴ スター・ウォーズ THE VIDEO GAME 玩具製品「レゴ」で表現されている作品。
PS2/DS/GBA/PSP/GC/Xb/360/Win/Mac レゴ スター・ウォーズII THE ORIGINAL TRILOGY
PS3/PSP/Wii/DS/3DS/360/Win/Mac Lego Star Wars III:The Clone Wars
Wii/PS3/360/DS/Win/Mac レゴ スター・ウォーズ コンプリート サーガ
WiiU/PS4/PS3/3DS/PSV/360/One/Win/Mac レゴ スター・ウォーズ/フォースの覚醒 玩具製品「レゴ」で表現されている作品の一つ。
現状では唯一となるエピソードVII単独ゲーム化作品でもある。
フォース・アンリーシュド
Wii/PS2/DS/Win スター・ウォーズ フォース・アンリーシュド エピソードIIIとIVの間の時系列が舞台。
自分の父親を殺したダース・ベイダーに能力を見出された男、スターキラーが主人公のTPS作品。
PS3/360/DS/Win STAR WARS: The Force Unleashed II 日本未発売。


単発作品

機種 タイトル 概要 判定
アーケード
AC スター・ウォーズ (1983) ATARI製。エピソードIVの最終局面を画期的なベクタースキャンを用いて忠実に再現。
Star Wars: The Empire Strikes Back ATARI製。上記のベクタースキャンゲームの正統続編。
Star Wars: Return of the Jedi ATARI製。前作までと異なり、ドット絵を用いた斜め見下ろし型2Dゲームとなっている。
スター・ウォーズ (1993) セガ製。エピソードVIの最終局面をこれまた当時としては画期的な3Dポリゴンで再現。
各BGM・SEは公式サントラを起用し、操縦手・砲手に分かれた2人協力プレイも可能。
スター・ウォーズ トリロジー・アーケード セガ製。エピソードIV、V、VIの戦いを1つのゲームにまとめた3Dシューティング。
スター・ウォーズ レーサーアーケード セガ製。『セガラリー』の開発陣がエピソードIのポッドレースを操作形態を含めて再現。
スター・ウォーズ:バトル ポッド バンダイナムコ製。半球ディスプレイ筐体「P.O.D.」を使用した一人称シューティング。
アーケードゲームとしては珍しく、国内でも一般向け販売が行われた。
家庭用
FC スター・ウォーズ (ナムコ) オレサマ ハ サソリベイダー ダ」に代表される、とんでもない原作破壊ゲー。 不安定
スター・ウォーズ (ビクター)
スター・ウォーズ 帝国の逆襲
SFC スーパー・スター・ウォーズ
スーパー・スター・ウォーズ 帝国の逆襲 SFCゲームの中でも屈指の難易度を持つ、エピソードVのゲーム。
スーパー・スター・ウォーズ ジェダイの復讐
MD スター・ウォーズ アーケード スーパー32X専用。93年のACゲームの移植だが、グラフィック以外の再現性は微妙な所。
N64/Win スター・ウォーズ 帝国の影 エピソードVとVIの間を描いたスピンオフ小説「帝国の影」のゲーム化。
スター・ウォーズ エピソードI レーサー ポッドレースに焦点を当てたレースゲーム。原作さながらの超難度コースが待ち受ける。 不安定
PS スター・ウォーズ マスターズ・オブ・テラス・カシ SWユニバースに登場する格闘術「テラス・カシ」を題材とした、3D格闘ゲーム。
主人公は、2500年の眠りから目覚めたテラス・カシ・マスターのアーデン・リン。
GC/Xb スター・ウォーズ クローン戦争 エピソードIIとIIIの間のクローン戦争を描く。キャンペーン以外に対戦や協力モードも搭載。
PS2 スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット 賞金稼ぎジャンゴが主役のサイドストーリー。賞金首を捕まえるのも目的。
スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐 エピソードIIIの物語を追体験出来る。
Win/Xb スター・ウォーズ リパブリック・コマンド エピソードIIとIIIを題材とした同名小説のゲーム化。
クローン・トルーパーのエリート兵が主役という毛色の変わったFPS。
Win/Mac/Xb Star Wars: Knights of the Old Republic 日本未発売。エピソードIから4000年前の「シス大戦」が舞台のアクションRPG。
開発は『Dragon Age』シリーズや『MASS EFFECT』シリーズのBiowareが担当。
Wii Star Wars: The Clone Wars -Lightsaber Duels- 日本未発売。3DCGアニメ「Star Wars:The Clone Wars」シリーズを題材にした3D格闘ゲーム
360 Kinect スター・ウォーズ Kinect専用ソフト。
X68k/PC98 スター・ウォーズ アタック・オン・ザ・デス・スター 83年のATARI製ACゲームのパワーアップ移植と言える内容の3Dシューティングゲーム。
映画版での尺まで忠実再現した作戦説明兼OP・古代祐三が編曲を担当したBGMも魅力。
Win スター・ウォーズ ギャラクティック・バトルグラウンド AOE2のシステムを流用したストラテジー。
スター・ウォーズ ギャラクティック・バトルグラウンド クローン戦争 ↑の拡張キット。エピソードIIで登場した陣営が追加。
Win/PS スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス エピソードIの物語を追体験。ステージ毎に異なるキャラの視点で進むアクションゲーム。
WiiU/PS4/PS3 ディズニーインフィニティ3.0 現行ディズニーIPのクロスオーバー作品。


ゲスト出演

機種 タイトル 概要 判定
PS3/360 ソウルキャリバーIV PS3版にダース・ベイダーが、360版にヨーダが登場。DLCにて両者とも参戦可能。