修正依頼」が出ています。総評を追記できる方はご協力をお願いします。


テクニクティクス

【てくにくてぃくす】

ジャンル リズムアクションゲーム
対応機種 プレイステーション2
発売・開発元 アリカ
発売日 2001年1月25日
定価 7,140円
判定 良作


概要

  • カワイイ系のポリゴンキャラクターが箱庭の中で踊りまくる、カッコイイ系とは一線を画したリズムアクションゲーム。

特徴

  • アクション性の高い音ゲー。キャラクターをキーで操作し、リズムにあわせてボタンを押す。
    • 画面上に登場するリングの内側からリングが広がっていき、それが重なるところでボタンを押す。このリングは持ち運ぶ事ができ、接触したリングに判定は伝染する。
  • 世界観は「夜に動き出したおもちゃ達」となっており、それ以外取り留めて特別な設定は用意されていない。
  • 世界観にあわせたのか、タイトル通り楽曲は全てテクノで統一されている。
  • キャラクターが複数おり、隠しキャラクターにストリートファイターEXの「スカロマニア」が登場する。

長所

  • 水面に現れる波紋にあわせてボタンを押してキャラクターを躍らせるシステム。
    • ので、従来の音ゲーと大きく違い プレイ画面 が美しい。
  • 使うキーは操作キー(方向キーとも)とボタン二つのみとシンプル。
    • 徐々に高難易度化していく傾向にあり、ハードルが異様に高くなっていった音ゲージャンルの中では比較的難易度が低くとっつきやすい。
    • 一方で波紋繋げて連鎖させたり、同時に判定させたりと、アクションパズル的な意味でトリッキーな技術を必要とする場面もある。
  • キャラクター毎に性能差があり、看板やイメージであった音ゲーキャラクターに強い意味合いを持たせた。
  • 楽曲提供者は渡部恭久や細江慎治等、その筋の人にはたまらない人物が多い。

短所

  • 曲ごとの画面における個性が希薄。
    • 波紋の出現位置以外取り立てて目立った違いが無いので、端から見てる分には楽しめない。
  • キャラクターによる個性が充分練られた物ではなく、よりにもよって最初に選べる二人のキャラクターが上位下位互換の関係にある。
    • 続編テクニクビートでキャラクター毎にスーパーアクションが追加されたので、この互換は消滅した。
  • エンディングスタッフロールがミニゲーム。読ませる気が無いが、アリカではいつものこと。

後継作