ウルトラセブン

【うるとらせぶん】

ジャンル 格闘アクション
対応機種 スーパーファミコン
発売元 バンダイ
開発元 ベック
発売日 1993年3月26日
定価 8,800円(税別)
判定 良作
ポイント 前作『ウルトラマン』から正統進化
セーブ不可能という難点も
ウルトラマンゲーム・リンク


概要

  • SFCで発売された『ウルトラマン』のシステムをベースに製作されたゲーム。
  • ウルトラセブンのストーリーにそったSTORYモードと2P対戦モードを搭載。
  • 前作に負けず劣らず原作再現などが充実している。

ゲーム内容

  • 2つのモード
    • STORY:ウルトラセブンのストーリーを追体験するモード。全12ステージ。
      • 対戦怪獣は、エレキング・メトロン星人・イカルス星人・キングジョー・ガンダー・ギエロン星獣・ボーグ星人・ダリー・ガッツ星人・にせウルトラセブン・パンドン・改造パンドン。
    • VS:2人対戦モード。パンドンと改造パンドンはSTORYモードを難易度NORMAL以上でクリアすると使用可能。
  • STORYモードの流れ
    • まず、各話の怪獣登場までの流れが簡単に説明される。
    • その後、カプセル怪獣を使用するかどうかを選ぶ。
      • カプセル怪獣を使用すると、セブンが戦う前に怪獣と戦って相手の体力を削ることができる。ただしカプセル怪獣単体で敵を撃破することはできない他、体力が自動で減っていく(体力が尽きると撤退する)、特定ステージでは使用できないなどの制約もある。終盤のステージになるとほぼ焼け石に水。
    • ウルトラセブンと怪獣との激闘が始まる。システムは基本的に『ウルトラマン』と同じ。
      • ただし、セブンには明白な地球上での活動時間制限がないため時間切れになっても即敗北ではなく徐々に体力が減少していく形になっている。
    • ステージを3つクリアするごとに、ミニゲームとしてウルトラホーク1号で宇宙人の円盤を撃墜する横スクロールシューティングゲームが入る。
      • ノーミスでクリアすると残機が1増えるほか、ステージの途中ではカプセル怪獣の使用可能回数を増やすアイテムが手に入る。
    • ガッツ星人のステージではまずウルトラホーク1号を操作してセブンを救出するシューティングゲームを突破しなければいけない。
  • VSモードについて
    • 画面の幅の都合で必殺技を使用するのに必要なゲージ量が半分になっている。
    • とどめを刺す必要はなく、体力がFINISH表示に追い込まれた時点で負けという形に変更されている。
    • 使用キャラ決定時に隠しコマンドを入力すれば、入力したコントローラ側のキャラクターがCPU操作になる。両方入力すれば観戦も可能。

評価点

  • 前作から引き継いだゲームシステム
    • 前作の良好なシステムを受け継いでいるため、ウルトラシリーズのお約束などがしっかりある。
  • 原作再現が多い
    • 各話エピソード紹介では劇中の写真が表示される。有名な「ちゃぶ台を挟んで対話するメトロン星人とダン」もある。
    • 原作でアイスラッガーでとどめを刺した相手ならちゃんと切断して倒している。
      • 切り方もエレキングなら首を切断し、ギエロン星獣なら喉を裂き、改造パンドンでは原作通りの流れで倒している。
    • ステージ背景もほぼ登場怪獣に合わせたものになっている。
  • 難易度設定機能
    • EASY・NORMAL・EXPARTとあり、ゲームに不慣れなユーザーでもゲームを進めることができる。
      • ただしEASYモードではエンディングが中略されるというペナルティがある。

賛否両論点

  • あくまで原作に則った演出ではあるが、プレイヤーの年齢層や原作知識の有無によっては受け入れがたい表現も含まれている
    • 上述のとおり、とどめのアイスラッガーは敵怪獣を容赦なくブッタ斬るため中々エグい。一方、ワイドショットの場合は爆散する(ダリーのみ力尽きて倒れる)という比較的マイルドなやられ方で、対戦モードのセブン以外のキャラも爆散に統一されている。
    • ダリーステージは「ダリーに寄生された少女を救うために、少女の体内に入り込んで直接ダリーを撃退する」という展開ゆえに、背景(体内)がかなり生々しく描かれている。

問題点

  • 原作再現が甘い部分もチラホラ
    • STORYモードでメトロン星人*1・キングジョー*2へのとどめがワイドショットになっている。
    • ギエロン星獣のステージ背景がセブンと戦った場面と異なる*3
  • セーブ機能がない
    • パンドン・改造パンドンをVSモードで使うにはゲームを起動するたびにSTORYモードをクリアする必要がある。
    • また、ハイスコアも保存できない。
  • VSモードの不備
    • 1本勝負先取であり、格闘ゲームでイメージされるラウンド制ではない。
    • 敵怪獣を使用する場合、ゲージの仕様により本編のCPUのように必殺技を多用して戦うことができないため、少々肩透かしを喰う。逆にCPU操作の場合は本編のアルゴリズムそのままである(=ゲージを無視して必殺技を使用してくる)ため不公平感が強い。
  • セブンの掛け声
    • 前作のウルトラマンと比べると声色に人間らしさ(というより生命体らしさ)が感じにくく、無機質な印象を受ける。

総評

『ウルトラマン』に引き続いて発売された本作は、前作のシステムの優秀さを証明しファン納得の優良キャラゲーとなった。
エピソード紹介を挿入したり、VSモードのみとはいえ怪獣も操作できるようになり夢の対決を可能にしている点も見逃せない。
かつてウルトラセブンのファンだった人には是非一度プレイしてみてもらいたいソフトである。