熱血高校ドッジボール部 サッカー編

【ねっけつこうこうどっじぼーるぶ さっかーへん】

ジャンル スポーツ(サッカー) imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。高解像度で見る 裏を見る
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売・開発元 テクノスジャパン
発売日 1990年5月18日
定価 5,900円(税別)
配信 バーチャルコンソール(FC版)
【Wii】2008年10月7日/500円
【3DS】2013年5月22日/500円
【WiiU】2014年3月19日/514円
判定 良作
ポイント ルール無用のハチャメチャケンカサッカー
くにおくんシリーズリンク


概要

くにおくんシリーズの第4作目。『熱血高校ドッジボール部』以来の二作ぶりのスポーツゲームとなる。
全国大会を控えていた熱血高校サッカー部の部員のほとんどが食中毒に倒れ、その代理を「くにお」率いるドッジボール部員がつとめるというもの。
部員たちはやる気がなかったが、サッカー部のマネージャーの「みさこ」の○○○○*1を条件に、全国大会優勝を目指すことになる。
題名こそドッジボール部だが、ジャンルは純粋なサッカーとなっている。

特徴

  • メインモードにあたる、「トーナメントモード」ではサッカー部に代わってトーナメントを勝ち抜いて全国大会優勝を目指すのが目的となる。
    特定の試合に勝つ事で少しずつサッカー部員が復帰し、選手として合流する形となっている。
    • サッカー部員は本業だけあって、能力が高く、後半になるにつれてサッカー部員に頼る事が多くなる。
  • ダウンタウン熱血物語』の次作となる為、くにお達のグラフィックはダウンタウンシリーズのグラフィックが使用されており、前々作の『熱血高校ドッジボール部』とは異なる。
    • くにおとみつひろ以外のドッジボール部員とサッカー部員は「熱血物語」における雑魚キャラのグラフィックから流用されており、以後のシリーズでも同様のグラフィックで登場する。
      • ドッジボール部員の「いちろう」だけがなぜかハブられている。彼は今後もハブられ続け、復活には長い年月が必要となった*2
      • 「ひろし」も後に有名になる「そのかわ」と同様のグラフィックである為、以降のシリーズでは違う顔を当てられるか、登場しない事が多くなってしまった。

ルール

  • 現実のサッカーと異なり、1チーム6人で構成される。プレイヤーはMFを操作する。(2人プレイ時はFWになる)
  • 試合時間は01:30の前後半戦となり、ロスタイムはない。
  • 反則は基本的に存在せず、ボールを持っている選手に後ろからスライディングしてもお咎め無し。オフサイド等もない。
    • ボールがコートからはみ出た場合は現実のサッカー同様、相手チームからのボールになり、コーナーキックやスローイングが行われる。
  • PKも存在せず、同点のまま試合を終えた場合、プレイヤーチームの負けとして扱われる。
  • コートは6種類存在する。滑りやすい氷のコートや、つまづいて転んでしまうつまづき石、シュートが転がらない砂のコート等が存在する。

システム

  • 試合前に作戦会議が行われ、非操作キャラは作戦に従って動く。プレイヤーがボールを持っていない時はABボタンで、ボールの近くにいる選手に指示を出す事が出来る。
    • 味方がボールを持っている時は、パスかシュート、敵がボールを持っている時は、タックルか、スベレ(スライディング)を指示できる
    • ただし、状況次第では「ムリ」と出て指示を断られてしまう事も、
  • シリーズ恒例の必殺シュートも存在し、様々な必殺シュートが存在する。
    • オーバーヘッドキック(ニュートラル+AB)による必殺シュート:最もオーソドックスな出し方、出している最中に上下を押す事で軌道を変更可能。
    • ダイビングヘッド(方向キー+AB)による必殺シュート:こぼれ球を狙うプレイに最適、低い高度で飛ぶのでキーパーに取られやすい。
    • 歩数による必殺シュート:キャラ毎に決められた歩数のドリブル後にシュートすると必殺シュートになる。
      • 熱血高校以外のチームは全員が同一の必殺シュートを放つ。必殺シュートはチーム毎に異なる。
      • 必殺シュートは高い確率でキーパーを吹き飛ばすので最大の得点ソースとなる。ややコツがいるが、慣れれば派手な必殺シュートで次々に得点を決める爽快感が味わえる
  • 選手には速力や体力などの様々なマスクパラメーターが存在する。
    • …というよりも名前以外のパラメーターは全てマスクとなっており、選手の能力を見る事は不可能。その為、実際に使用するまでは全くわからない手探りな状況となっている。
    • 選手には体力が設定されており、体力差がある選手にタックルを仕掛けても逆に吹き飛ばされてしまう。体力はタックルやスライディングを当てる事で減っていき、
      体力が無くなると一切起き上がらなくなるので有利に試合運びが出来る。ボールを奪われない為にわざとボールを人にぶつけるのも立派な戦略。レッドカード? そんなものはありません
    • キーパーには必殺シュート防御率が決められている。意外な選手が上手だったりする。

評価点

  • ファミコンでは数少ないサッカーゲーム
    • Jリーグ設立前(90年)に発売されており、当時としてはサッカーゲームは珍しいジャンルだった。また、難解なルールもない為、気軽に遊べる。
      • 反則こそ存在しないが、相手がいない所を攻めに行ったり、アシストシュート等のサッカーらしさはしっかりと表現されている。
  • グラフィックやBGMは良好
    • 『ダウンタウン熱血物語』のグラフィックがベースとなっており、個性的なキャラが多数登場する。またちらつきや処理落ちも比較的抑えられておりゲームのテンポも良い。
    • 同様にBGMのクオリティも高く、サッカーらしいかはともかくとしてひたすら熱い曲が多い。
  • CPUアシストシステムが秀逸
    • プレイヤーは一人しか操作できないが、こちらから味方へパスし、指示を出す事でアシストしてもらい、オーバーヘッドで必殺シュートにするといったプレイがメインになる。
      • 非常に直感的であり、キャプテンが選手に指示を出す感じがよく出ている。
  • 「トーナメントモード」では2P同時プレイも可能。非操作キャラはそれぞれの指示に従ってくれるので現実さながらに指示を出し合いながら試合を進める事が出来る。
    • 後作の『いけいけ熱血ホッケー部』や『熱血サッカーリーグ』では2Pはキーパーの操作に当てられているので、二人ともフィールドプレーヤーを操作できるのは本作のみとなっている。
  • 対戦チームが個性的
    • ガリ勉からはじまり、お坊さんや火消しといった、何故かサッカーとは全く無縁そうな外見を持ったチームばかりとあたる。このシリーズではよくある事
      • 対戦前の学校の特徴を示した一枚絵も秀逸。猟師の学園らしく熊と戦っている「マタギ学園」、お笑い芸人養成校らしく大阪が背景となる「吉本工業」などのほかに、どう見ても「その筋」の学園を思わせる「山本興業」などもある。また一枚絵と同時に流れる音楽もその学校の特徴によくマッチしたものとなっている。
      • 全員が素早い上につまづき石を無効化する「服部学園」、ひたすらパスで繋げる「吉本工業」等、各チームにパラメーター以外にも強い個性が与えられている。
      • 専用の必殺シュートも脅威ながらそのチームの特色がよく出ている。
      • ハーフタイムには控室の様子が映し出されるが、それぞれの高校がユニークな休憩をとっている(鍋を食っているマタギ学園、金魚鉢で釣りをする一本釣水産高校、控室を掘り返す掘々学園等)
    • 後半になるに連れて、こちらよりはるかにステータスが高いチームが相手となるが、相手の作戦を読んで対応すればしっかり勝てるバランスに仕上がっている。

問題点

  • 必殺シュートが強すぎる
    • 出すと高い確率でゴールになる為、確実に出せるようになると作業感が漂う大味なバランスとなっている。
      • また、必殺シュートの格差も健在。上下にジグザグの軌道をする「すすむ」のチョモランマシュートは外れやすい一方、
        「こうじ」のかっくんシュートはコートのどこから放っても必ずゴールへ直進する為、非常に強い。本業のドッジボールではアレなのに
      • かっくんシュートは途中で選手を吹き飛ばすと、何故かきびすを返して自殺点になる謎の仕様がある。説明書にも書かれている始末。それを差し引いても優秀だが…
      • 準決勝の対戦相手となる服部学園の必殺シュート「ブーメランシュート」も、弧を描いている途中で当たると同様に自殺点になる謎仕様がある。
    • 相手チームに必殺シュートを撃たれると為す術もなく得点になってしまう事も多い。最後の方は必殺シュートの撃ち合いになってしまう。
      • ただし服部学園戦では上記の通り自殺点になる仕様があるため、必殺シュートにわざと当たるという攻略法がある。準決勝チームという強敵なので、ゴール前での必殺シュート率も高いので狙いやすい。
  • パスワードが不便
    • 試合にわざと負けてコンティニューせずにゲームオーバーにならない限りは中断用のパスワードを見る事が出来ない。
      • 海外版『Nintendo World Cup』や後作の『熱血高校サッカー部 ワールドカップ編』で試合勝利時に次の試合のパスワードが表示されるようになった。
  • 対戦プレイが不完全
    • 「トーナメントモード」以外は対戦用の「れんしゅうじあい」があるが、選べるチーム数が少なく、かつ前半戦しか行えない不完全なものとなっている。
  • ボリューム不足
    • メインモードの「トーナメントモード」には難易度設定もなく、三種類もの難易度が用意されていた前々作に比べると飽きが早い
      また、モードも上述の「れんしゅうじあい」しかない為、大人数でプレイをするにしてもボリューム不足に感じてしまう。
  • バグ
    • ボールをドリブルで自陣ゴールに押し込んでしまう直前まで運び、そこからゴールに向けてパスすると、なぜか得点となってしまうことがある。
    • そのままオウンゴールとなることもままあるため、どうしても勝てない時にダメもとでやってみてもいいかもしれない?

総評

ドッジボールに続き、簡単な操作で爽快感のあるスポーツゲームとして仕上がっている。
選手の数が少ない、反則がない、といったサッカーとしては疑問点のある部分もあるが
その分、シリーズ特有のハチャメチャぶりでカバーしている。
また、1選手の視点で指示を出しながら試合を作っていくCPUアシストシステムも
他のサッカーゲームでは中々見られない独特なシステムであり、本作特有の魅力となっている。

移植・続編

本作はシリーズの中でも様々なアレンジや続編がある。
本作のアレンジである『熱血高校ドッジボール部 PCサッカー編(PCE)』『熱血高校ドッジボール部 MDサッカー編(MD)』は
グラフィックやサウンドを強化し、またそれぞれのハードで追加チームが存在するなどのパワーアップを遂げている。
続編として『熱血高校サッカー部 ワールドカップ編(GB)』と『熱血サッカーリーグ(FC)』が存在する。
『熱血サッカーリーグ』では本作で戦った敵チームのキャプテン達を率いて全日本として世界に挑む内容となっており、
様々なアクションや要素が追加され、よりサッカーゲームとしての完成度が上がった良作となっている。
いずれの作品にも本作に登場した「みさこ」とサッカー部員達が登場し、シリーズの常連キャラとなっている。

余談

  • 試合に勝った時などのデモでは食中毒で倒れているはずのサッカー部員がすでにいたり、同じキャラが何故か分裂していたりとかなりいい加減な表現がされている。
    • 同様にエンディングでも相手チームの選手がユニークに紹介されるが、名前とキャラがあっているものがほとんどいないという有様。
  • 本作をはじめとしたサッカーシリーズにはおなじみの「りき」が登場していない。
    • 一応、『りき伝説』ではかつてサッカー部に入っていたが、ある理由から部を除名された事が語られる。
  • オープニングで「運動会はどうするんだよ」、「それはまだ先だぜ」、という次回作に向けてのメタ発言が飛び出している。しかし同作はダウンタウンシリーズなのでドッジボール部員は出場せず。
  • 北米では『Nintendo World Cup』としてアレンジ移植されている。こちらは世界が舞台となっており、日本チームが熱血高校にあたる。*3対戦選手も日本版の高校紹介音楽や顔をアレンジしたものが登場している。なお欧州ではカップリングソフトとして『スーパーマリオブラザーズ』と『テトリス(任天堂版)』と本作の3作及び『U.S. Championship V'Ball』と本作の2作を収録したものが発売されている。
    • GB版『ワールドカップ編』は本作を元にしている、こちらではアメリカチームが本作の主人公にあたる。
    • FC版オムニバス作品『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』では海外版も収録されている中、本作のみ収録されなかった。
  • サッカー部員とドッジボール部員はその後も幾つかの作品に登場している。
    • 時代劇だよ全員集合!』熱血物語と同様に顔が雑魚キャラに使いまわされている。
    • 初代熱血硬派くにおくん』熱血高校の生徒として「こうじ」とサッカー部の「まさ」と「げんえい」が登場。見せ場も用意されている。なぜか関西弁でケンカしているが
    • いけいけ熱血ホッケー部』ドッジボール部員が選手として登場。しかし、最初の紅白戦のみで本作のように定着しない。*4
    • ドッジボールだよ全員集合!』ダウンタウンキャラメインとなった為、ドッジボール部員がまさかのリストラ。サッカー部員の顔があるので代わりにサッカー部員を作る事が可能
    • くにおたちの挽歌くにおの彼女としてみさこ*5が登場、くにおと同レベルの格闘が出来るプレイヤーキャラになっており、性格もかなり強気。ちなみに「ひろし」はくにおの舎弟分になっている。
    • 『くにおのおでん』学園祭で「みさこ」が営業するおでん屋を助けるために「くにお」がおでんを食べ続けるというストーリーになっている。しかし他の登場人物は全員ダウンタウンキャラであり、シリーズとしての立ち位置は曖昧な作品となっている。なお「しんいち」らしき人物もモブとして登場している。
    • すぺしゃる』『乱闘協奏曲』「みさこ」が熱血高校のマドンナとして登場するが、サッカー部との絡みは無くなっている。また、「こうじ」がドッジボール部キャプテンとして登場。『乱闘協奏曲』のミニゲームには「しんいち」と本作以降ハブられ続けた「いちろう」が対戦相手として登場している。
    • 『実写ドラマ版』「みさこ」が熱血高校生徒会長兼演歌歌手という設定を引っ提げてヒロインを務めた。ドッジボールの回では「こうじ」も登場。しかしサッカーの回にサッカー部員が登場する事は無かった
    • 『舞台版』「こうじ」と「みさこ」が登場。ドラマ版よりもデザインがゲームに近くなっている。
  • サッカー部員の一人、「たかし」の名前の由来は当時テクノスジャパン社員(現アトラス社員)の半谷孝志から来ている。余談だが「ダウンタウン熱血物語」では雑魚キャラの1人「はんや」の元ネタとなり、移籍後のアトラスでは「女神異聞録ペルソナ」「ペルソナ2」のハンニャ教頭(ハンニャ校長)の元ネタとなっている。