ヒットマンシリーズリンク

機種 タイトル 概要 判定
本編
Win ヒットマン: コードネーム47 記念すべき第1作目。システム面に粗が多いものの、自由度の高さやストーリーは評価され続編へ繋がった。 スルメ
Win/PS2/Xb ヒットマン2: サイレントアサシン 前作の評価を受けてシステムを大幅改善。シリーズの人気を確固たるものとした。
ヒットマン: コントラクト 1作目のリメイク+新規ストーリー。システムの改善もあったが、評価はやや微妙寄り。
Win/360 ヒットマン: ブラッドマネー グラフィックなどを大幅強化。シリーズ評価をさらに高めた。
Win/360/PS3 ヒットマン: アブソリューション システムを大幅刷新。
一本道な構成は評価が別れるが、ドラマチックなストーリーなどから新規層獲得にも貢献した。
Win/360/PS3 ヒットマン: スナイパーチャレンジ アブソリューションの予約者限定配信タイトル。
ビルの屋上のターゲットを狙撃するスコアチャレンジFPS。本編への引継ぎ要素も。
PS4/One ヒットマン: アブソリューション HD 次世代機向けのHDリマスター版。DL限定販売。
Win/Mac/PS4/One HITMAN 自由度を大幅向上させたリブート作。PC版は特殊な販売方法も話題になった。
HITMAN2 新シリーズ第2弾にして直接の続編。多様化されたギミックなどでより面白さが増した。
番外編
Win Hitman GO: Definitive Edition スマホ向けに販売されていた外伝作をリマスター移植。
フィギュアと化した47でステージを攻略していく良質パズルゲーム。
国内未発売
PS3/360 Hitman HD Trilogy 2、コントラクト、ブラッドマネーを収録したオムニバス。
PS4/One Hitman HD Enhanced Collection ブラッドマネーHD+アブソリューションHDのカップリング。
ブラッドマネーHDは国内未発売。


執筆対象外の作品

  • ヒットマン スナイパー(iOS/Android)

関連作品

機種 タイトル 概要 判定
Win/PS3/360 トゥームレイダー スクエニ傘下だった頃にアブソリューションと同時期に発売(開発は別会社)。システム面に一部共通項が存在する。 なし
Win Lara Croft GO Hitman GOのシステムを流用したパズルゲーム。47の衣装も登場。



シリーズ概要

デンマークのデベロッパーIO Interactiveが開発する暗殺者を題材としたステルスアクションゲームシリーズ。
同社は一時期スクウェア・エニックスの傘下だったが、2017年に独立してからは自らがパブリッシャーを務めて販売を行っている。

後頭部にバーコードを持つスキンヘッドの暗殺者コードネーム「47」が闇の組織からの依頼を受けて仕事を行いつつ裏に潜む真相へと迫っていく姿が描かれる。
ゲームとしては「変装」を大きくフィーチャーしているのが特徴で、敵を倒したりステージ内に置かれている服にインタラクトすることで様々な変装を使って敵地に潜入していく事となる。
また、広大なステージからターゲットを探し出し、多彩な暗殺方法が行える自由度の高さもシリーズの醍醐味。