レーション(戦闘糧食)

登録日:2011/02/06(日) 12:35:40
更新日:2020/05/27 Wed 21:58:19
所要時間:約 8 分で読めます




レーションとは、主に軍隊で食べられる携帯食糧のこと。


そもそものレーション(ration)の意味は、「期間をおいて配給される、食糧などの配給品」であるが、
一般的には軍隊にて、軍事行動中に各兵員に支給される食糧(コンバットレーション)を指すことが多い。軍隊糧食、さらにくだけて言えば「ミリメシ」とも。

保存性と摂取カロリーが優先されるため昔はマズいもの揃いだったが、近年は味も改良されてきている。
平時よりも遥かにストレスの溜まる戦場では、食事は重要な娯楽であるからだ。


各国のレーションは、国柄をうけた独自の進化を遂げている。例えば、

アメリカ→エチオピアにも拒絶される味*1
カナダ→メニューが豊富
フランス→味が豊富(なんたっておフランス料理の国)
イギリス→ティータイムできる
日本→米飯関連が充実、味も高評価
ロシア→温かい食事が出来るように工夫
韓国→キムチが付属
イタリア→パスタが必需品。またワインとデザートが付属(!)
ノルウェー→寒い国故とにかくエネルギーを補給するために、一食なんと7500kcalもある

などなど。


他にも任務の内容(作戦時間、運動強度、気候など)に合わせて様々なバリエーションが用意されている。中にはベジタリアン専用レーションなんて変わり種も。

現在では環境保護、及び現地に証拠を残さないという目的で生分解性プラスチックによって器やスプーンが作られているものも存在する。

払い下げや不良品で一般市場に出回ったレーションがあるが、時間が経過したものであるため、安全性の保証はない。
あくまでコレクション品として販売されているもののため、もし本当に食べてみたくても、自己責任で。
間違っても、店の方を訴えたりなんてしてはいけません。

基本的に不良品なので味も悪くなっている場合が多い。

とは言うものの考えてみて欲しいのだが武器や機械でなくただの食い物に 軍独自の仕様や技術など使われるはずもなく
食品メーカーは軍が要求する性能(栄養バランスや容器の保存性など)を満たして作った食品を卸すが、
それ自体は 一般向けに販売している製品を専用カスタマイズしているだけ なことが多い。
自衛隊で言えばパック飯とか言われる戦闘糧食II型は スーパーで売ってるレンジか湯煎で食べられるパックのご飯と原理的には一緒 である。
自衛隊向けのものは味付けや栄養を専用のものにし、包装の強度などを高めている上に
それらの具体的なデータは 極秘 だが、かと言って自衛隊が食品メーカーにパックご飯を一般販売を禁止にする契約ができるわけもなく、
メーカーも民生向けにも販売した方が儲かる。外国の軍隊のレーションも同じことだ。
兵士だって一般に売ってる物と近い品の方が味の面でも安心だろう。

いくつかのアメリカ製レーション「MRE」を実食した人の声を載せる。主な内容物、味などの感想を紹介しよう。

◇内容物

メインディッシュ、主食、飲料、副食的な菓子類など、アクセサリー、ヒーターで構成されている。

  • メインディッシュ
チキン・ウィズ・ヌードル、チキンブレスト、ツナ、ビーフパテ、チキン・ウィズ・ダンプリングなどなど。
ツナのように市販品をそのまま使ったと思われるカラフルなパッケージをしているものもある。
レトルトパウチに入れられていて、後述のヒーターで温めて食することができる。
が、噂の通りマズいものが多い。特にチキン・ウィズ○○シリーズシリーズはぐちゃぐちゃしてるうえに味付けも微妙…
とにかく味が単調でケミカルな薬品臭もキツく、日本人の口に合わない物が多いのだ。加えてベジタリアンメニューになると、旨味が決定的に欠けているので評価はさらに厳しくなる。
最新のメニューではチリソースベースの料理の割合が多く、スパイシーな味付けと付属の調味料でそれなりに美味しく味わえる。
ハズレメニューとして有名なのがオムレツ。ぶっちゃけた話モソモソとした食感のゲ○。蔑称の通り人類であれば誰でも床に叩きつけたくなるであろう。

  • 主食
クラッカー、パンなど。チーズスプレッドやジャム、ピーナッツバターも付属する。
クラッカーは固く分厚く、粉っぽい。パンは「Wheat snack bread」と表記された、食パン型の薄く圧縮されたもの。
意外とカロリーはある。
「Corn bread」と表記されたぐちゃぐちゃな粒の無いお粥状の物体が入っていたことがあったが、マズかった。
チーズスプレッドはかなり塩辛く、保存状態で味が左右されやすいので好みが分かれる。
また、ピーナッツバターとジャムが両方ついてたりするが、両方とも塗りたくるのがアメリカ流*2である。

  • 飲料
全て粉末で、ココア、レモンライムドリンク、バニラシェイク風味ドリンク、アップルティー、レモンティー、市販品のネスカフェなど。
ココア、紅茶系は普通の味だが、レモンライムドリンクやエナジードリンクなど一部はドぎつい色と味
その上砂糖はお湯じゃないと溶けにくい。

  • 副食
チョコチップクッキー、乾燥ベリー入りオートミール・ブロック、m&m'sチョコなど。
クッキー類は総じて粉っぽいが美味しく、甘味が疲れもとってくれるだろう。
伝統的に採用されているパウンドケーキは、アメリカらしからぬ上品な甘さとしっとりした食感でMREの中でも至極の逸品。

  • アクセサリー
スプーン、、砂糖、小さな瓶入りタバスコ、粒ガム、ティッシュ、マッチなど。
ガムは必ず付属している。眠気覚まし用のカフェインが入ったガムは1日の摂取量などが注意書きされている。

  • ヒーター
透明な緑の袋に入れられた、カイロ状の物体。
袋の中に少量の水とレトルトパウチを入れると、化学反応が起こりレトルトを温めることができる。

これらを、持っているなら迷彩服を着て、ベランダでもいいから外に出て、器なぞ使わずに袋から直接食う…
すると、なんともいえず気分が高揚してくるではないか。

なお、MREとは「Meals Ready to Eat(食べる準備ができている食品)」の略であるが、
味があまりよろしくないことから「Materials Resembling Edibles(食べ物に似た物体)」、
「Meals Refused by Everyone(みんなから拒否された食べ物)」
「Mentally Retarded Edibles(知恵遅れな食べ物)」等々、無駄にウィットに富んだ蔑称があったりする。

◇フィクション





飯の時間だ!
追記・修正が終わったらレーション食うぞ!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/