ポケモン+ノブナガの野望

登録日:2012/03/20(火) 02:57:50
更新日:2021/02/27 Sat 21:54:43
所要時間:約 6 分で読めます




ポケモンと心を通わせたブショー達が


己の誇りと信念をかけてぶつかり合う


その戦いを制した者には



幻のポケモンが訪れる



人、それを……『イクサ』という!





『ポケモン+ノブナガの野望』は、2012年3月17日にニンテンドーDS用ソフトとして、株式会社ポケモンとコーエーテクモゲームスが共同開発で発売したコラボゲームである。

まさかの異色コラボであり、その発表当初は双方のシリーズファンが唖然となった。
特にポケモン側からは本編BWのマイナーチェンジ版が期待されていだけに否定的な意見が多かった。

しかしいざ発売されると双方の良さを上手く活かした良作となっており、高い売り上げを見せている。
タイトルには信長の野望とあるが、登場武将のデザインは戦国無双シリーズ準拠である。のぶやぼのリアルな顔グラの武将が出てきてもそれはそれで困るが。
3月16日よりニコニコ静画にて「~ランセ彩絵巻~」(作:七積ろんち)が連載開始。


●あらすじ


ランセ地方……17の国に分かれたこの地方では、ポケモンと心を通わせたブショー達が力を合わせて「イクサ」を繰り広げていた。
そんな中、ノブナガはランセの滅亡を目論み各地と覇権を争い始める。

主人公である君はパートナーのイーブイとともに、ハジメの国のブショーリーダーとしてノブナガを始め各地のブショーリーダー達とイクサを繰り広げる。

その中で見え隠れする、ランセ創世の鍵を握る幻のポケモンとは?
そして、ランセの命運は――。


●ゲームシステム


▽イクサ
最大6対6での軍団バトル。
対戦相手とマス目上のフィールドで先攻後攻に分かれたターンバトルを繰り広げる。

各所で勝利条件が異なるものの大体は相手側のポケモンを倒し切れば勝利となる。

ポケモンによって移動力や攻撃範囲などのステータスは異なり、これをいかに使いこなすかが勝利の鍵となる。

ポケモンおなじみのタイプ相性も健在。
弱点タイプで攻撃すればより多くのダメージを与えられ、半減タイプで攻撃すれば与えるダメージも少なくなってしまう。

▽ブショーパワー
ポケモンのパートナーであるブショーは、1回のイクサ中一度だけ各ブショーに1つ定められたブショーパワーを使う事が出来る。

ポケモンの回復や移動力の増加、命中率の上昇など効果は様々。
早い話がスパロボの精神コマンドである。

▽地形効果
フィールドを移動するという特性上、様々な障害物がありポケモンによっては得手不得手が存在する。

が、ひこうタイプを筆頭に浮いているポケモンはそれを無視して移動出来るため重宝する。
特にひこうタイプは攻撃の半減タイプがそれほど多くないため安定したダメージを期待できるので鳥無双となりやすい。
ただし、スイッチなどを押せないので注意。

▽リンクシステム
ポケモンとブショーが心を通わせていくシステム。
戦闘で勝利したりするとリンク値が上昇する。
今作ではレベルの概念はないものの、リンク値が高ければ高いほど能力が上がるので実質レベルのようなもの。
ブショーとポケモンには相性があり、相性が良い組み合わせほどリンクの最大値が高くなる。
そして各ブショーに一系統、リンクを100%まで上げられる「ベストリンクポケモン」が存在する。

また、野生のポケモンにリンクコマンドを選ぶ事で心を通わせ、仲間にすることも出来る。

更にポケモンによってはリンク値が一定以上になったときに進化する事がある。
進化をすると能力が上がる上に、より強力な技を使えるようになる。
ちなみにBボタンキャンセルは効かない。
その代わり、進化の直前に選択できるようになっている。

今回は技が1つしか使えないため、使い勝手が大きく変わるのでキャンセルするのも手の一つ。

そして、とうとう人も進化するようになった。
ブショー進化と呼ばれ、能力値やブショーパワーが変化する。進化の条件は「ベストリンクポケモンとのリンク値を一定以上にする」というのが基本。「ゴーストタイプのポケモンを全てコレクションに登録した上で上記の条件を満たす」という鬼畜なものまである。


●登場人物


  • 主人公
ハジメの国の若きブショーリーダー。ベストリンクポケモンはイーブイ。名前、性別はプレイヤーが自由に決められる。
「ランセの伝説」で主人公を務める。
シナリオ中盤でブショー進化を遂げ、ベストリンクポケモンにイーブイの進化系が追加される。
そして、更に進化すると……

  • ノブナガ
ゼクロムをパートナーに持つリュウの国の統治者。
ランセを滅ぼすために地方の統一を目論むがその真意は……

自身のシナリオ「夢幻のごとくなり」ではブショー進化前の姿で登場。ブショー進化させるにはベストリンクポケモンのサザンドラと絆を深めなければならないが、ジヘッドをサザンドラへ進化させるだけでも結構な長丁場な上に、ブショー進化に要求されるリンク値も高いため、リンク上げの後半はほぼ作業と化す。*1
そんな苦行を乗り越え、晴れてブショー進化した暁には、ゼクロムが仲間となるイベントが発生。しかし、いかんせんサザンドラが優秀すぎるので選出する機会にはほとんど恵まれない。

  • オイチ
ハジメの国に現れたプリンをパートナーに持つブショー。
仲間であり初心者である主人公を支えるパートナーになる。
歴史をちょっとかじった方ならご存知だろうが、彼女はノブナガの妹。「ランセを滅ぼす」と宣言し非情なイクサを繰り返す兄を止めるため、主人公と共に戦う。

  • ヒデヨシ
カエンの国のブショーリーダー。
ランセを統一すると現れるという幻のポケモンを追い求めており、「ランセの伝説」では主人公と何度も対立する。ベストリンクポケモンはやはりというかモウカザル→ゴウカザル。
彼のエピソード「笑ってくらせる世」は「ランセの伝説」を一回り難しくしたような内容。

  • ミツヒデ
フブキの国のブショーリーダー。ラプラスがベストリンクポケモン。
「ランセの伝説」では、ノブナガの部下ながら彼の非人道的な立ち振る舞いに疑問を抱いている。
自身のシナリオ「悲しき決意」ではその気持ちに見切りをつけノブナガに反旗を翻す。ランセの三分の一を手中に収めたノブナガを倒す、タイムリミットまで設けられた熱いシナリオとなっている。

ブショー進化後は、フリーザーが彼のベストリンクポケモンに追加される。

  • シンゲン
ダイチの国のブショーリーダー。
ケンシンと共にランセ地方の名ブショーと名高い。
飄々としたオッサンである。
ベストリンクポケモンはドサイドン
シンゲンのシナリオをクリアするとグラードンが登場、ブショー進化した彼のベストリンクポケモンとなる。

  • ユキムラ
シンゲンの配下で、真面目で熱い青年。
ベストリンクポケモンはリザード→リザードン
リザードンは移動範囲の狭さがネックだが、ある道具を持たせることで劇的に強くなる。

  • ケンシン
ゲンムの国のブショーリーダー。
冷静かつ正々堂々とした性格。
ベストリンクポケモンはエルレイド
ケンシンのシナリオクリア後に現れるミュウツーはブショー進化した彼のベストリンクポケモンである。


  • カネツグ
ケンシンの配下で、義と愛を重んじるブショー。
ベストリンクポケモンはユンゲラー→フーディン
今作には通信交換が存在しないが、リンク値を一定まで上げ、訓練で野良ブショーをスカウトするとユンゲラーが進化する。これはドテッコツ、ゴースト等にも共通する。

  • モトナリ
アオバの国のブショーリーダー。
戦いが苦手でポケモンを研究するのが好き。
とある文献でモンスターボールの存在を知っており、彼の言葉はランセ地方が本家ポケモンと同列の世界である事を仄めかしている。
ベストリンクポケモンはジャノビー→ジャローダ
自身のエピソード「名ブショー、立つ」はクリア条件が「自軍のポケモンを100匹以上にする」という特殊なもの。

  • モトチカ
イズミの国のブショーリーダー。時代に抗うことを生きがいとする強い反骨精神の持ち主。
ベストリンクポケモンはフタチマル→ダイケンキ
彼のエピソード「あらがおう、ランセに」はミツヒデのエピソードを別視点で描いたものとなっている。

  • ミツナリ&キヨマサ&マサノリ
何故かショタ化した3人組。
「ランセの伝説」では主人公の軍に下ることは無いが行く先々で現れて、色々とアドバイスをしてくれる。
ベストリンクポケモンは
ミツナリ:コマタナ→キリキザン
キヨマサ:オノンド→オノノクス
マサノリ:ワルビル→ワルビアル
彼らのエピソード「ケンカするほど…」は操作するキャラクターによって違った結末を迎える。

  • ケイジ
ランセを旅するかぶき者。
「ランセの伝説」では各地で現れては主人公の手助けをする。彼から貰える進化の石は大切に使おう。
ベストリンクポケモンはトリデプス
ブショー進化するとテラキオンが現れ、ケイジの新しいベストリンクポケモンとなる。

  • イエヤス
フクツの国のブショーリーダー。
「ランセの伝説」ではノブナガの配下となり主人公の行く手を阻む。
ベストリンクポケモンはボスゴドラ
ブショー進化後はレジスチルも追加される。

  • タダカツ
イエヤスの配下。
進化条件が鬼畜なブショーその1。
まずベストリンクとなるメタグロスを仲間にしなければならないが、唯一の入手方法が「ランダムイベントで出現するダンバルとリンクし、ひたすら育てる」というもの。幸いにもダンバルの使える技は優秀な「アイアンヘッド」である。本家準拠だったらどうなっていたことか。
めでたくブショー進化すると、なんとディアルガが出現。タダカツのベストリンクポケモンとなる。

  • ノウヒメ
ミタマの国のブショーリーダー。
「ランセの伝説」ではノブナガの配下であるが、それ以上の関係も匂わせている。
進化条件が鬼畜なブショーその2。
ベストリンクであるムウマ→ムウマージの入手からして少し面倒である上に、「ゴーストタイプのポケモンを全てコレクションに登録する」という苦行じみた条件を満たして、初めて進化できる。

  • マサムネ
ツバサの国のブショーリーダー。
「ランセの伝説」ではノブナガの配下だが、いつか自分がランセを統一するという野心に燃えている。
ベストリンクポケモンはワシボン→ウォーグル
ウォーグルは「フリーフォール」しか使えない残念仕様。

●ランセの国一覧


ランセ地方
このゲームの舞台。様々な自然や文化が交わっている。17の国が今日もランセ統一のためにイクサを行っている。
名前の元ネタは恐らく「乱世」。
全体像をよく見ると…?

ハジメ
お兄さんではないよ
主人公が始めに統治する国。
フィールドには丸太が転がり進路を狂わす。
主にノーマルタイプのポケモンが出現。

カエン
溶岩流れる火山国。
進路には溶岩や火柱があり、活性化した火山が火山弾を飛ばしてくることも。
ほのおタイプのポケモンが多く生息している。

アオバ
草木生い茂る自然の国。
肥沃な自然が作り出した数々のトラップが行く手を遮る。
出現するのは、主にくさタイプのポケモン。

イズミ
水が豊富な国。
流れる川が行く手を阻み、水門の開閉が勝機を分ける。
みずタイプのポケモンが多い。

コブシ
闘技場のようなフィールド。
中央の四角いリングの四方にある旗を取り合う。
生息するポケモンはかくとうタイプがほとんど。

シデン
電気が流れるフィールド。
放電システムが行く手を阻む。
でんきタイプのポケモンが集まっている。

サナギ
庭園風の優雅なフィールド。
戦場にはマリが落ちており、攻撃を加えると転がる。
当たるとダメージを受けるため、マリにも気をつける必要がある。
棲んでいるのはむしタイプのポケモンばかり。

ダイチ
砂漠のようなフィールド。
高い塔の上にある旗を取り合うが、登った途端に突風に吹き飛ばされたりと一筋縄ではいかない。
じめんタイプのポケモンの楽園。

ゲンム
不思議な浮遊石で構成されたイクサ場で旗を取り合う。ワープホールや動く足場で、必然的に味方が分断される。
エスパータイプのポケモンしか登場しない。

キガン
四方八方に巨大な岩があり、これに攻撃を加えると坂道を転がり大ダメージを与える。
いわタイプのポケモンが主に生息。

ヤシャ
一定ターンでルーレットがスタート。
当たったポケモンをアイテムいっぱいの隠し部屋に送る。
あくタイプのポケモンが好む環境。

ツバサ
戦場は浮き島なので浮遊ポケモン以外は動きにくい。
ジャンプ台を上手く使いこなしたい。
ひこうタイプが多く暮らすが、「ふゆう」の特性を持つポケモンも多い。

ドクガ
忍者屋敷のようなフィールド。
床下に抜け道があったり、猛毒の床がありそれを踏むと毒状態になる。汚い流石忍者汚い
もちろん出現するポケモンもどくタイプがほとんど。

フクツ
機械仕掛けのフィールド。
歯車に乗り壁を動かすことで通路を切り開くこととなる面倒臭いフィールド。
はがねタイプが多いが、割と多種多様なポケモンが生息する。

フブキ
中央の床が凍っている為、こおりタイプや浮遊ポケモン以外は滑ってあらぬ方向に行ってしまいやすい。
この国での戦闘曲は一聴の価値あり。
こおりタイプのポケモンが多い。

ミタマ
鬼火が各所で現れるおどろおどろしいフィールド。
鬼火がポケモンに入り込むと様々なマイナス状態異常になってしまう。
また、動くムウマの石像が各所に存在する。
ゴーストタイプのポケモンがそこら中に出てくる。

リュウ
波動拳は打たない。
フィールドはテトリスブロックのような素直な形状ではあるものの、等間隔に不思議な玉が存在。
毎ターン色が変化し、隣接するとその色に対応した変化が起きる。

赤:ほのおタイプのダメージ+やけど
緑:くさタイプのダメージ
青:みずタイプのダメージ
黄:でんきタイプのダメージ+まひ
黒:HP回復+状態異常回復


●技

一部ポケモンの一致技では自力では覚えない技
サンダース=10まんボルト 
キルリア=サイコショック 
ライチュウ=ボルテッカー
レントラー=かみなり
チリーン=サイコショック
アーボック=ベノムショック
ヨノワール=シャドーボール(後にORASで自力習得)
ヨーギラス=がんせきふうじ
ダンバル=アイアンヘッド
エンブオー=だいもんじ
ヤナッキー=リーフストーム
ダルマッカ=かえんぐるま
ヒヒダルマ=だいもんじ
スコルピ=どくづき
トリデプス=いわなだれ

相対的な評価で言えば良作ではあるが、若干作りが甘い部分も散見される。
よく挙げられる問題点としては


等々。やや惜しい作品とも言える。

また登場しないポケモンが多く(200/649)戦国無双シリーズのキャラをモチーフにしたブショーも一部がハブられている(合計7名)。
どうしても使いたいポケモンや武将がいる人は注意。





追記・修正はランセ地方を統一してからお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

{
  • これのおかげで戦国4の小太郎のとなりのゾロアークを置きたくなるwww -- 名無しさん (2014-06-23 20:33:09)
  • 一応だが混乱状態は、ゲーム本編では自分を攻撃する設定だったが、こちらには勝手に行動する設定が変更されているな -- 名無しさん (2014-07-20 16:12:11)
  • アオバの国のブショーリーダーの発言から分かるが、本編と世界観が繋がってる -- 名無しさん (2014-08-10 21:00:27)
  • 個人的にはカモネギやヒノアラシ等それこそ世界観に合うポケモンに限って未登場なのが気になったな… -- 名無しさん (2014-11-20 10:54:25)
  • 攻略本まで買ったけど(2冊も)なんか操作がしづらくて序盤で投げちゃったな…絵柄やキャラデザは好きだったんだけど -- 名無しさん (2015-04-30 18:50:12)
  • ガバイトイベントは下手すると事実上ゲームオーバーになりかねないくらい凶悪 -- 名無しさん (2015-07-24 01:18:43)
  • 当時のポケモン環境にフェアリーが居ないのでタイプは17で国の数も17だが、実は初代信長の野望で統治できる国の数も17だったりする。偶然だろうか? -- 名無しさん (2017-03-21 03:51:56)
  • 欠点はもちろんあるのだが、「ポケモンでシミュレーション」という一点でも十分楽しめた。難易度も低いから、シミュレーションの入門としてもいいんじゃないかな -- 名無しさん (2018-04-14 20:31:32)
  • いつかは三國無双とも・・・ -- 名無しさん (2020-07-06 01:26:26)
  • ↑三国は妖怪ウォッチとコラボっちゃったから・・・ -- 名無しさん (2020-08-06 21:15:16)
  • 続編が出たら新たなブショーリーダーのコショウショウが追加されるか、オイチがフェアリー使いになるか… -- 名無しさん (2020-11-21 06:19:50)
  • トレーナーが「弱らせて捕まえて使役する」って感じだから、「心を通わせて仲間にしてともに戦う」というブショーたちから見ると非道に見えるかも -- 名無しさん (2021-02-27 21:54:43)
名前:
コメント:
最終更新:2021年02月27日 21:54

*1 しかしゲームシステムの都合上、ジヘッドはどんなに強いエスパータイプでも一方的に倒せるので後述するタダカツよりはリンク上げが楽である。