ヌオー

登録日:2012/09/21(金) 12:11:08
更新日:2021/06/28 Mon 20:17:25
所要時間:約 6 分で読めます




のんびりとした 性格で 気ままに 泳いでは いつも 船底に 頭を ぶつけている。


ポケットモンスターシリーズに金・銀から登場するポケモン

■データ


全国図鑑No:195
分類:みずうおポケモン
英語名:Quagsire
高さ:1.4m
重さ:75.0kg
タマゴグループ:水中1/陸上
性別比率:♂50♀50

タイプ:みず/じめん

特性:しめりけ(お互いに爆発技と特性「ゆうばく」が無効になる)
  /ちょすい(みずタイプの技を受けるとそれを無効化し、HPを最大値の1/4回復する)
隠れ特性:てんねん(相手の能力変化の影響を受けない)

種族値
HP:95
攻撃:85
防御:85
特攻:65
特防:65
素早さ:35
合計:430

努力値:HP+2

4倍:くさ
1/2:ほのお/いわ/どく/はがね
無効:でんき
※特性「ちょすい」の時、みず無効

ウパーがLv20で進化する。


■概要


ウーパールーパーぽかった進化前から、二足歩行の怪獣みたいな姿になった。円な瞳がキュートなゆるかわいい癒し系ポケモン。

見た目どおりとてものんびりした性格で、川や沼の中をぼんやりと泳いでよく頭を船の底や岩にぶつけているらしい。
でも気にしない。かわいい。
餌も自ら調達せず、大口を開けて獲物が偶然入るのをただ待っている。
しかし普段から動かないのであまりお腹は空かない。かわいい。
そして身体はいつもぬめっている。かわいい。

ポケモン4コマ漫画家のやましたたかひろ氏はヤドンと共に自画像としていた。


■ゲームでのヌオー


初登場は第ニ世代・金銀から。

みず・じめん複合タイプの元祖。
進化前のウパー共々、水辺や草むらで現れるこいつに「でんきショック」を使い無効化されてア然とするのは初見プレイヤーなら誰もが通る道。
タブンネ

早い進化レベルや恵まれたタイプ、ひでん技の「なみのり」やレベル技の「じしん」で活躍できることからストーリー攻略で使いやすい。
特に最初の御三家選択でワニノコを選ばなかった場合は貴重なみずタイプ要員として重宝する。


■対戦でのヌオー


前述の通り、みず・じめん複合タイプのパイオニア。
この組み合わせが耐性面でいかに優秀かは後輩のラグラージトリトドンも証明してくれている。

しかし種族値自体は攻撃と体力以外全体的に低すぎで、特にすばやさは壊滅的に低い。今の世代だとはっきり言えばラグラージの劣化である。

しかしそれは種族値「だけ」を見ればの話。
「しめりけ」「ちょすい」の特性を生かした耐久型こそがヌオーの真骨頂。
「どわすれ」を積んで「じこさいせい」で居座る特殊耐久型が基本になる。

特に同じみずタイプに対して非常に強く、カイオーガを安定して受けられるポケモンとして有名。
ただし「ぜったいれいど」やピンポイントメタの「めざめるパワー(草)」を使われるとこの限りではない。
めざパに関しては「リンドのみ」でなんとかする手もあるにはある。

物理一致技は「じしん」「たきのぼり」「アクアテール」等。
特殊技も「なみのり」「だいちのちから」等があるが、火力には期待できない。
使うなら耐久型でやけど狙いの「ねっとう」がオススメ。
「あくび」「アンコール」「くろいきり」「のろい」など変化技のレパートリーも豊富。
低いすばやさを生かしてトリパに組み込む余地もある。

ちなみに第二世代では現実世界のポケモンセンターで貰えるナゾのタマゴから生まれたウパーは特別な技「はらだいこ」が使用できた。
しかし同じ攻撃が上がる積み技なら「のろい」の方が相性が良いのであまり評価は高くなかった様子。
第三世代・RSEで互換が切れたので現在は使用できない技となっている。

第五世代・BWでは「だいばくはつ」の弱体化により「しめりけ」の需要が低下。
さらに特性「よびみず」の超強化により、同タイプのトリトドンが要対策ポケモンの一角となる大躍進を果たす。
素の火力が微妙な上に水受けの役割まで奪われたヌオーに逆風が吹き始めた。

キモクナーイが「しめりけ」も奪ったけど、なに、気にする必要はない

だが、ゲーフリはヌオーを見捨てなかった。

ヌオーが新たに手に入れた力は隠れ特性「てんねん」。

相手の積み技の効果を無効にするこの特性は、全体的に積み技が強化された第五世代において、
耐久型が主流のヌオーにはまさにうってつけの特性と言えるだろう。
唯一すばやさだけは無効に出来ないが、元々足の遅いヌオーが気にする必要はない。

いばる」を使い、相手に一方的にデメリットを押し付けるのが代表的。
相手の流しや自滅を誘いつつ自分は悠々と積みまくる、マイペースなヌオーらしい戦法。

こうしてみると、ヌオーを始めラグラージナマズントリトドンガマゲロゲの同タイプ5匹は互いに種族値の優劣はあれど、
キッチリと棲み分けが出来ているのがおもしろい。
インフレが激しくなっているため能力的には第一線とは言えないものの、隠れ特性を得たおかげで新たな活躍が期待出来る。
まさに「なめてかかると悲惨な目に遭う」を地でいくタイプで「種族値だけが強さではない」という事を教えてくれるポケモンと言えよう。
弱点としては受け型が主流ではあるが、先述の通り数値受けが成立するほどの耐久力は無いため単純に等倍火力の高い相手への後投げがしにくい事。「てんねん」の場合は「りゅうせいぐん」や「オーバーヒート」などで発生する能力降下も無視するため、こだわり系アイテムを持った相手に安易に後出しすると回復も積む暇も与えられずに押し切られてしまう事もある。
くさタイプにはどう足掻いても勝ち目はないため素直に逃げるのが吉。「フリーズドライ」を使えるこおりポケモンにも注意が必要。

第8世代でも無事続投。ヌオー自体の劇的な強化は無かったものの、同じ複合タイプのライバルの減少、めざめるパワーの廃止による不意のくさ技の危険性の減少、ダイマックスわざによる積みを無効に出来る「てんねん」の需要増加と相対的な強化点が多い。
特に環境初期ではトップメタとして君臨しているミミッキュに強く出られる事も評価を上げる一因となっている。
またシリーズ8は禁伝が一匹のみ使えるルールになっており、禁伝で使用率トップのザシアンに後出しで受けることが可能なレベルで強いことから使用率を伸ばしている。
同ルールで行われた竜王戦2020予選最終1位のパーティにも投入された由緒正しきポケモンである。


ハッサム「つるぎのまい!!」

アバゴーラ「からをやぶる!!」

モルフォン「ちょうのまい!!」


ヌオー(てんねん)「(・ー・)?」

ヌオー「( ・ー・)つドわすれ・たくわえる」


ハ&ア&モ「なん…だと……」


ドレディア「ごきげんよう^^」


ヌオー「Σ(;・ー・)!?」


ヌオー「(・ー・;)))))ニゲロ」


ヌオー「勝敗を決するのは、なにも種族値の優劣だけではありません。要はプレイングなのです」

カモネギ「じゃあ俺も上手くいけばガブリアスを倒せるって事だな!?」

ヌオー「………(・ー・)?」




追記・修正はトリトドンと仲良くお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月28日 20:17