実況パワフルプロ野球9

【じっきょうぱわふるぷろやきゅうないん】

ジャンル スポーツゲーム(野球)


対応機種 プレイステーション2
ニンテンドーゲームキューブ
発売元 コナミ
開発元 コナミコンピュータエンタテインメントスタジオ
(ダイヤモンドヘッド)
発売日 開幕版:2002年7月18日
決定版:2002年12月19日
定価 7,140円
判定 良作
ポイント サクセスは王道の高校野球編
5つの高校から選べる
ペナントはさらに進化
GCとPS2のマルチ
本作のみの「それいけ!ホームランくん」
実況パワフルプロ野球シリーズリンク


概要

  • 言わずと知れた人気野球ゲームの9作目。PS2シリーズにおける3作目かつ初のGC移植。
    • PS2とGCのマルチ。
      • 両ハードのサクセス選手・パスワードに互換性がなく、同時期のパワポケ4とのパスワード互換性はGC版のみ。決定版ではパワポケ5からも送れる。*1
      • PS2版は『パワプロ2002春』との互換性がある。
      • 任天堂ハードは任天堂ハードのみ、ソニーハードはソニーハードのみでパスワードをやり取りできるという構造が本作でより明確になった。

変更点

  • 観戦モード時はバックスクリーンからの視点が標準になった。
  • 投手でも代打としての出場が可能になった。
  • 対戦モードでルーキー設定が使えるようになった(打撃ロックオン、守備オート)。
    • サクセスモードでは『10』からアイテム「ルーキーのお守り」の効果として使用可能になった。ただし著しく試合での経験点が落ちるデメリットが発生する。
  • データあれこれでの利便性が上がった。
  • 本作と『プレミアム』のみ実況は辻よしなり氏。前任の安部憲幸氏、後任の河路直樹氏とも異なる喋り口でかなり独特の雰囲気を出している。
    • 試合開始時に名前が表示されないし自己紹介もしない、おなじみの「実況パワフルプロ野球!」のタイトルコールもなし(『決定版』で追加)…と前後任と比較してかなり特異な点が多い。安部氏の退任後の臨時の起用であったことを伺わせる。

評価点

  • 野球バランスが良い。
    • 前作までと比べ変化球のキレは目に見えて落ちたが、その分真芯で当てないと強振でもサク越えは難しくなりバランスが取れている。特にミートと強振のバランスは歴代と比べても非常に良くできており、完成された感がある。
    • 強いて問題点を挙げるなら走塁がやや速い事だが、それ程問題にされていない。
    • グラフィックの進化が著しかった前作『8』に続いて本作は音響面での進化が著しい。N64時代のままだった試合中の応援BGMが新規に製作し直され、より生音に近い雰囲気に。メイン・ビジターで左右の聞こえ方や音量まで変わるなど細かいこだわりも。
      以降、PS3『2012』まで実に10年に渡り本作の応援歌のフォーマットが使われることとなる。中には本作初出のまま10年間使われ続けた応援歌もある。
  • サクセスにおいて、経験点で習得可能な特殊能力が増えた。
    • 従来までは練習による取得だった変化球もオリジナル変化球以外はすべて経験点による取得に変化。これにより育成の自由度は大幅に増加した。

バリエーションあるサクセスモード

  • 前作『8』がドラフ島という短いサクセスだった事もあって、本作ではバリエーションが増加。
    • パワプロ5』以来の王道の高校野球編となり、5つの高校を選んでシナリオを始められる。
      • チームメイトはお馴染みの矢部、後輩の円谷・手塚・猿山は共通だが、それ以外のチームメイトやマネージャーは高校で違ってくる。
    • 彼女候補はどの学校でも出会えるが、学校ごとにマネージャーになる娘は変わってくる。
      • お馴染みの姫野カレンも居る。強能力「威圧感」を手に入れるには避けて通れない。
    • 本作の設定は以降のパワプロにも引き継がれる事が多い。
    • 今作のラスボスである「アンドロメダ学園高校」は、パワプロシリーズにおける強いチームの代名詞であり、他作品のラスボスや強豪チームとよく比較される。
  • 最初に選べるパワフル高校は王道。京都アニメーションによるOPもパワフル高校をモチーフにしていると思われる。
    • OPにもあるように打倒猪狩守、打倒あかつきといったイメージが強く、頻繁に猪狩との勝負イベントがおこる。
    • 円谷・手塚・猿山のイベントが比較的多い。
    • 本校のマネージャーは栗原舞。主人公の幼馴染で王道ヒロイン。パワプロのOPでは珍しくヒロイン格のキャラとして主人公と猪狩守の対決を見守っている。
  • あかつき大付属高校はライバル・猪狩守が所属する実力主義の高校。昇格試験は難易度は高いが一軍に入れば効率のいい練習が出来る。
    • あかつきだとパワフル編とは違った意味で主人公をライバルとして認めしきりに勝負を挑んでくる。
      • 初期の頃の高慢ちきな悪役*2という立場は成りを潜め、少々嫌味ではあるが純粋に良きライバルとして主人公と競い合い、認め合っていく事になる。
      • 更には主人公を私設球場へ招き遅くまで一緒に特訓したり、2軍落ちした主人公を心配し練習に付き合ってくれる一面もある。またチームのエースとしての責任感が高じて度々向こう見ずな行動をとる一面も見られるようになる。
      • 「少々イヤミでプライドが高いが努力家で仲間思いのツンデレ」という現在の猪狩のキャラクター像は、この作品で確立したと言ってもよい。
    • 先輩も全員固定キャラでキャラが立っており、一ノ瀬、二宮などポジションに合わせた名前で分かりやすく、一芸に長けた人物が多く今なお人気が高い。
      • ただし先輩の1人、「五十嵐」は持論は立派だが他の先輩キャラと比較すると能力が低めな上、手に入る特殊能力も見劣りする。だがそれ故に未だにネタにされるあたりキャラとしては立っている。
    • 猪狩の弟の進や固定キャラの先輩達を初めとしてキャラのステータスが非常に高く、安心して試合に勝てる。
      • また猪狩や先輩達と友情タッグを結ぶイベントは非常に熱く、人気の高いシナリオの一つ。
      • マネージャーは四条先輩の妹の澄香。クールなメガネっ子だがデレる時はとことんデレる。また、付き合えば仮にドラフト指名されなくても破局せず付いて来てくれる唯一の彼女キャラである。ただしプレゼントは全て野手能力に関わるものなので、投手育成時は育成的にはメリットが無い。
    • 指導者である千石忠監督も同系列の梅田監督*3とは違い不条理な采配や選手の露骨な贔屓もせず、結果もそれなりに残している*4ため、強豪チームを率いる良い意味で厳格な指導者として映る。
    • これまでの実技試験のあるシナリオと違って監督評価で合格点が決まるようになったのと試験中は異常にミート打ちが強化されたので野手の一軍維持の難易度が下がった。反面一軍維持してただけではオールAに届くというわけではなくなった。
  • そよ風高校は、第一世代レギュラーの関西弁ナックルボーラー阿畑やすしの学校。
    • ひたすら阿畑の気まぐれに付き合わされる。思いついた変な練習を強いられる。引退しても気まぐれに付き合わせ続ける。
      • 投手を育成しているのに、敏捷が上がる「エアロビクス」を強いる事なども多々ある。
      • ただし効率は非常に良く、パワーが上がる「日本刀素振り」などは非常に美味しい。
    • 阿畑によるお馴染みのオリジナル変化球開発もある。
    • 試合はほぼオートで進み、テンポが良い。
    • マネージャーは阿畑の幼馴染の芹沢茜。彼女にしなかった場合、阿畑と恋仲になっていき、『10』では阿畑の妻として登場する。
    • 特異なイベントとしては地下室探索イベントがある。これまたランダム要素が非常に高いものの、うまくいけば入手が難しい特殊能力が手に入ったり経験点や能力値が増える、失敗しても疲れがたまるだけとローリスクミドルリターンなイベント。
  • 恋恋高校は、『7』から登場する女性選手の早川あおいの高校。女子高だったのが共学になった所から始まる。
    • ストーリーの中心になるのは女の子である故に甲子園への出場を取り消されてしまったあおいの葛藤であり、『7』『8』の時よりも繊細で傷つきやすい側面が掘り下げられた。
      • 後半ではあおいを救うために仲間達や学校の面々と共に、あおいの甲子園出場を懇願する署名を行う展開になる。
    • マネージャーはあおいの親友で病弱お人よしお嬢様の七瀬はるか。交際しやすい上にプロ入り後に強力な「家宝」*5を渡してくれる強力な彼女候補。しかもパワプロにありがちな外見や性格が悪いという事もなく普通に可愛いので人気が高い。
      • バレンタインでの告白イベントやクリスマスでの意味深な台詞(ただしオチ付き)、アニメ映画を観た際の「(アニメを見てたんだ、という質問に対し)はい、中3まで」、アクション映画を観た際の「もっと火薬を増やしてたほうがいいと思います」といった台詞など印象に残るシーンも多い。
      • 2012で彼女候補に返り咲いたが、あおいを野球マンに改造したり彼女効果が弱体化したり上述のはっちゃけた性格が更に強調されるなど9でのはるかが好きだった人からは賛否両論である。
    • ゲームシステム的には「継承選手」の数が非常に多いため、上手くやればオールA選手が複数存在する強力なチームにも出来るのが旨味
  • 球八高校は前作の主人公の出身校。
    • ストーリーは殆どなく、たった9人で甲子園優勝を目指して勝ち上がり続ける。6の「するめ大学」のような試合だけで進行するサクセス。終盤の帝王実業は非常に強くクリアするまで困難を極める*6
    • 『99』の冥球島のように相手チームとのやり取りや強力な仲間が加わるといった熱い要素がなく、簡潔にまとまったオマケのモードといった印象が強い。
    • 甲子園以降の試合は試合開始時のテロップやサイレンなどが実際の甲子園のものを再現されており、球場内の応援歌やヤジなども相俟って雰囲気にのめりこみやすくなっている。
    • 校歌が卑猥な事で有名。どんな校歌かは実際に聞いてみるべし。
    • 余談だがニコニコ動画では「バントオンリー・送球禁止」なる縛りプレイがあり、そのプレイでは後輩キャラ・手塚が無援護で頑張り抜いている。
  • イベントが豊富
    • ランダムイベントが豊富で何周しても飽きないほど充実している。
    • 固定イベントも学期末テストや文化祭、修学旅行など高校野球ならではのイベントが満載。キャラへの愛着やシナリオの没入感が増していると評価されている。
  • 爆弾爆発の仕様変更
    • 今作からは爆弾が爆発しても能力が大幅に落ちる代わりにゲームオーバーにならない場合が生まれた。
    • また、今作のみの仕様で肩や肘の爆弾で投手生命が奪われそうになったときにそよ風以外では利き手変更や野手転向といったこともできる。

ペナント

  • ペナントは本作は10年間の長期間を戦えるようになった。
    • フリーエージェントや新外国人選手の発掘システムが導入され、選手の成長・老いも再現され、着実に進化しているのが分かるようになってきた。
    • また、心境という要素もあり、起用法によっては選手がFAしてしまう。

賛否両論点

実況関連

  • 実況担当がこれまでの安部憲幸氏から本作は辻よしなり氏に代わっており、賛否が分かれる。
    • 安部憲幸氏の実況は非常にインパクトのある物であった為、残念がるファンが多い。また前述の通り本作の実況には特異な点が多く、違和感を感じさせる部分が多い。
    • 『10』以降のPS2シリーズは河路直樹氏が実況を行っており、辻よしなり氏が実況を行うのは本作、及び本作のデータを流用したPS『プレミアム版』のみとなっている。

サクセス関連の賛否両論点

  • サクセスモードを終えた選手が次のプレイ以降に一般選手に交じって登場する「継承選手」
    • 恋恋高校以外の高校では1人、恋恋高校では複数登場する。評価を上げると主人公に特殊能力を教えてくれることがある。
    • 継承選手が多く出てくる恋恋高校では上手く行けば強力なチームを組める上に、恋恋高校の独自イベントである練習レベルが上がるイベントや経験点を大量に貰えるイベントが発生するため非常に有用。
    • しかし能力の高い選手が作成できれば強力な戦力となるが、育成に失敗した選手が登場するとチームの弱体化に繋がってしまう。
      • また、継承選手を作る為に面倒臭いという意見も少なからずある(例としては、大怪我や交通事故にあっても気軽にリセットできない等)
  • 以後定番となるサクセスの練習システム
    • 今作のサクセスから各練習に参加人数と参加キャラ表示がされるようになった。
    • 参加人数が多かったり参加キャラの得意な練習だったりすると経験値が多く得られ、評価も上がる仕組みである。
    • また友情の絆を深めたキャラと特定の練習が行えた時には「友情タッグ」トレーニングが発生する。
    • このシステムはサクセスの一つの完成系であり、以後のシリーズにおいても長く使われ続ける定番のシステムとなった。
      • しかし、効率を考えると好きな練習を自由に選べない等。自由度の低下という一面が存在する。
  • 試合でもらえる経験点が少ない
    • 歴代のサクセスに比べると試合経験点が少なめ。決定版で多少増えたがそれでも物足りない。
    • 一応、スカウト評価稼ぎや特能入手面などで決して試合で活躍することは決して無意味ではないが、試合経験点を多くしてほしかったとの声もある。
  • 隠しイベントの多さ
    • 実は普通にはいけないルートのイベントが隠されている。「舞が彼女で無いまま甲子園優勝すると告白される」、「主人公が茜と阿畑のキューピッドになる」などやり込み要素としても作り込みが高い。
    • しかしその難易度の割りには別に恩恵がなく、やる意味はほとんどない
    • 特に茜の隠しルートは一年春に甲子園優勝*7というかなり厳しい条件があるので、ほとんどのユーザーが不可能。しかもそれが「10」や「11」などで正史になっている。隠しルートにいけないユーザーはいつもまにか茜を阿畑に寝とられで呆然とするユーザーが多かった。

問題点

サクセス関連の問題点

  • 開幕版のみ「虫歯」「爪割れ」の効果がバグで発揮されず、筋力ポイントが通常通り入る。
    • このためこれらのステータス異常は実質飾りと化しており治す必要が皆無。シリーズお馴染みの脅威を無視できるメリットとも捉えられるが、ゲームバランスとしてはどうか。
      • その一方で後述する「二枚技」ほどはヌルゲーにならないので使用する層も多い。
  • 行き過ぎなネタ高校
    • 過去作にも少なからずあったネタ的な要素を持った対戦相手であるが、本作の場合ややふざけ過ぎの感がある。
    • 対戦前後のやり取りから、やる気や勝利への執念を感じさせない高校が多く。特に、苦労して出場した甲子園の一回戦で当たる「湯けむり高校」「満腹高校」「さわやかなみのり高校」といったレジャーのついで感溢れる高校や、恋恋高校のシナリオに水を差しかねない「ワールド高校」など、真剣に遊んでいるプレイヤーにとってはギャグというより茶化しに感じられてしまう。
    • 選手自体はまっとうな能力であり一筋縄でいかない相手が多い。またある選手に関しては実在の甲子園出場選手の打法*8の再現をしていたりと、甲子園自体がないがしろにされているわけではない。
  • あかつき・そよ風・恋恋はキャラが立っているが、パワフルは地味という意見もある。
    • 猪狩との3球勝負など熱い展開も多く、共通後輩キャラのイベントも他高校と比べて豊富であるなど特徴はある。しかし他の高校があまりにも個性的過ぎるため、結果王道であるパワフル高校が割を食ってしまっている形となっている。
    • 猪狩兄弟と頼れる先輩選手、阿畑、あおい&はるかのような印象深いレギュラー仲間が居ない事も関係しているのかもしれない。
    • パワフルの先輩キャラは正統派ではあるもののあかつきに比べると地味で、後輩キャラの手塚・円谷・猿山も他サクセスモードで登場する事も大きい。
  • シナリオの育成のバランス
    • 開幕版だとあかつきでの選手育成の効率が良すぎる(特に投手)。
    • 逆に、パワプロ高校は投手の恩惠が無く投手育成がほぼ困難、そよかぜ高校は野手育成は運要素が高い
    • そして、恋々高校は継承選手を使用すると野手で強力な選手ができる。
    • その一方で、あかつきは実技試験や実技練習で腕がある程度必要だったり、恋恋は下準備と1回の育成に時間がかかったり継承選手の厳選があるため仕方ないという意見も。
    • しかし、球八はシナリオの難易度が高く、ガチ育成するなら選手を作る時間がずば抜けてかかるのだが、あかつきや恋々に比べ作る選手の能力が劣るというデメリットとメリットがあまりかみ合ってないシナリオもある。
  • パワフルやそよ風ではキャプテンになっても全員操作ができない
    • その2校のチーム力もさほど高くないため、全国制覇には運が多少絡む。
    • また、できないと盗塁○や満塁男やサヨナラ男といった特殊能力がゲットしにくい。
    • 一応、7回以降の操作をしなくて済むので、短い時間でテンポよく選手を作れるという利点もある。
  • 恋恋高校に登場する理事長の孫娘の「倉橋」が主人公に恋愛感情を抱いてる様子を見せながらも、恋人に出来ない。
    • 一言で言ってしまえば「プライドの高いお嬢様なのだが、惚れた異性の顔を直視しただけで赤面するほど奥手」という非常においしいキャラではある。
    • 決定版では修学旅行で主人公とデートをするイベントが追加されるも、彼女の思いは実ることは無い。デートの終いに「こういう場所に2人で来ることが夢でしたわ…」と赤面しながら回想する姿はどこかせつない。
    • 後になって判明したことだが、倉橋は高校時代に主人公と付き合えなかったことを相当引きずってしまっていることが語られている。
+ ネタバレ注意
  • 後の作品であるパワプロ12において「海野*9」が登場し、倉橋のその後を断片的に語るイベントがあるのだが、その内容は「高校時代に一目惚れした男に未練があり、4回連続で婚約を断っている」というなんとも哀しい話であった。
  • 継承選手バグ
    • 開始時のシステムデータをセーブしますかの画面で「はい」にしなくてもごくまれに継承選手として保存されてしまうバグがある。
    • 発生率はそれほど高くはないものの、継承選手での特能伝授イベントを狙ったりや恋恋高校でガチ育成をする際には厄介なバグである。
  • リスクとリターンがかみ合ってないライジングショット
    • ある条件を満たすと猪狩守から「ライジングショット」を習得するイベントが起きるのだが、ライジングショットを習得できる確率は低確率で失敗すると大怪我してしまうハイリスクなものでありながらライジングショット自体の性能は通常ストレートよりも体感速度が低いという悲しい性能である。

それいけホームランくん

  • モード専用キャラクター「ホームランくん」を操作して、東京都中央区の地方球場から福岡県福岡市の福岡ドームまでの当時のフランチャイズ11球場を巡るモード。
    • ホームランを打った飛距離だけ進んで行ける。
    • だが高々130~160mのホームランだけで1000km以上の道のりを進んでいくためクリアまで非常に長く、途中で飽きるという意見もある。
    • 決定版では「はしれー!ホームランくん」となり、連続でホームランを打つとボーナス距離がかかる。
      • 時間は短縮されたが、それでもプレイ時間はまだまだ多い。
    • クリア後はホームランくんを選手として使える。
    • ホームランで移動するというアイデアは面白いのだが、冗長さがネックであり、ゲーム中でもホームランくん自身が自虐的な台詞を吐いている上、エンディングには「名古屋あたりでやめるだろ普通?」というコメントまである始末。そんな台詞を入れる時点で何か思わなかったのか…。
    • 事実、本作だけで終わってしまった。*10*11
    • アプリ版、サクスペではこのホームランくんを元にした「打ちまくれ!ヒキョリくん~高校編」というイベントが不定期に開催されており、スタジアム、パワチャレに登録した選手の合計打撃飛距離を「ヒキョリくん」が町内を歩くというもので、一定距離到達で報酬がもらえた。
      • ただ、活躍するのはヒキョリくんでは無く、登録選手であり肝心のヒキョリくんは単に合計数の数だけ歩くだけであり、イベント終了後はランキング報酬受け取り期間の間は一歩も動かずマップ画面で延々と足踏みをしている。

総評

前作のグラフィックに続き、サウンドやサクセスの大幅パワーアップを遂げた本作。PS2世代の基礎は本作を持ってほぼ完成した。
まさしくパワプロ黄金期の一作と言っても過言ではない。
特にサクセスの王道性・バリエーションは今なお最高傑作と評する声も多い。彼女候補もチームメイトも魅力的でキャラが立っている。


余談

  • 開幕版にはある手順を行うことで経験点、一部除く特殊能力、イベントフラグなどをサクセス開始時に引き継げる二枚技というバグ技が存在する。
    • 決定版では修正されているものの、このバグは継承選手や特定の能力の選手を作りたい際に重宝する。そのため結果的にシリーズでは珍しく、決定版発売後も開幕版に一定の価値が残る作品となった。
  • サクセスのランダムイベントで主人公が野球雑誌を買うイベントが起きるとパワプロシリーズの記事を読むことがある。どうやら劇中でもパワプロシリーズのゲームは存在しているらしい。
    • 更に後の作品に当たるパワプロ11を指し「名前の勢いだけで作った問題作」という記述が出るシーンがある。
  • 一人称を『おいどん』にするといい初期能力がでやすくなる」といった妙な噂が広まったことが一部では有名。
    • もちろん全くのデマである。
  • N64/PS時代によく使われていたメニュー画面のBGMは本作でアレンジされ再登場。最後の登板となった。
  • 今作の高校編サクセスはガラケーアプリとしてリメイク移植もされた。

*1 残念ながらGBAケーブルによる転送には未対応。以降のGC作品も同様で、Wii版でもNDSとのワイヤレス通信によるやりとりには対応していない。

*2 一方的に彼女を奪う、主人公の電話を盗み聞きして「コーチのご機嫌取りだ」と勝手に判断して主人公の悪評を言いふらすなど

*3 パワプロ6におけるあかつき大学の監督。試合での起用実績も無く大した練習もさせていない上、主人公よりも能力の劣る選手がいるにも関わらず、走力や守備力に難癖をつけて強制的にコンバートさせたり、怪我で試験を欠席した主人公を2軍落ちにさせるくせにイベントで長期間部活をサボった猪狩に対して何のお咎めもないなど、傍から見れば不条理な采配をしていた人物。

*4 梅田は主人公が試合に出ない限り必ず試合で負けているが、千石は2年目までは主人公が試合に出ずとも試合にはそれなりに勝てている。

*5 貰うとノビ4、キレ4、ジャイロボール、アベレージヒッターなど優秀な特殊能力が手に入る。

*6 一応、するめ大学や冥球島と違い試合後に棄権するか選択でき棄権すればその時点で選手登録が可能なので選手自体は作りやすい。

*7 そよ風高校固有選手も少なく、そよかぜだと試合での全員操作ができない

*8 2000年夏の那覇高校の比嘉選手。特徴的とはいえ、高校球児の打法の再現をしたのは後の作品を含め本作のみ

*9 本作における高木。結婚して名字が変わったため

*10 もし現在復活した場合、札幌から福岡までとなり、正真正銘の苦行と化すだろう。

*11 パワプロアプリやサクスペではヒキョリくんという似た者があり、そちらは打球の飛距離を競い合いホームランだと飛距離ボーナスがもらえるもの。