実況パワフルプロ野球8

【じっきょうぱわふるぷろやきゅうえいと】

ジャンル スポーツゲーム
対応機種 プレイステーション2
発売・開発元 コナミコンピュータエンタテインメント大阪
販売元 コナミ
発売日 2001年8月30日 / 決定版:2001年12月20日
定価 7,329円 / 決定版:7,140円
判定 なし
ポイント 異色すぎるサクセス
実況パワフルプロ野球シリーズリンク


概要

  • PS2のパワプロとしては2作目。
    • 画面構成が大幅に変わり、後のPS2/GCシリーズの基礎となる画面を作った。
    • 野球部分のグラフィックの大幅な向上、ペナントの仕様変更(後述)、独自色の強いサクセスなどが特徴。
    • また、1作目の'94よりほぼ全ての作品で実況を担当した安部憲幸氏が実況を担当した最後のメインシリーズの作品でもある(サブシリーズも含めると本当に最後となったのが実況パワフルプロ野球2002春)。
      • 安部氏はラジオ放映のような熱い実況が支持されており、今なお惜しむ声は多い。

本作のサクセス「ドラフ島」

  • これまでとは異なり、高校編でも大学編でも二軍編でもない。他のパワプロでは類を見ない異色のサクセス。
  • プレイヤーは球八高校・球八大学・球八物産出身(球八高校は「9」で試合オンリーサクセスで登場)。
    • 球八高校時代の先輩・白鳥管太がドラフ島へ行ったっきり行方不明になっており、彼を探す事も主人公の目的の一つである。
      • これまでのサクセスは実在感を重視した部分もあったが、本作では架空の島を舞台としておりフィクション性が強い。
    • 架空の島「ドラフ島」を舞台に、点在する球団ドームで認められドラフト入りを果たすのが大まかな流れとなる。
    • すごろくのようなマップを歩き回るのが最大の特徴。(ただし移動先は任意で決められる)
      • 2人の仲間が絡むイベントをこなし、練習の効果が格段に上がる「友情タッグ」システムが生まれたゲームでもある。
    • 期限まで特定球団のスタンプを3つ集めて入団テストに合格すればクリア。それまでに合格しないとゲームオーバー。
      • ジムに入って練習してコーチの評価を上げ、スタンプをもらっていく。
      • そしてもう一つのクリア条件が後述する「セントラルタワーでの二連戦の勝利」である。
  • ジムを回って早ければ20分~40分で選手が完成するのが特徴。
    • 交通事故や爆弾等のマイナスイベントが撤廃された。
  • 病院・重要施設「セントラルタワー」以外の街やジムや仲間の登場などはランダム。
    • 阿畑やあおい、猪狩兄弟などの強キャラが仲間になる事もあれば、カレンはオールGで無理やり選手入りしてマイナスイベントで足を引っ張る。
    • その一方でダイジョーブ博士のような本来野球の選手ではないキャラまで選手として仲間になる。
    • 彼女イベントはないが、あおいや巫女との恋愛らしきイベントは存在する。
  • あおいは前作「7」の千葉ロッテマリーンズのオリジナルキャラとして登場したボクっ子の女ピッチャー。
    • 本来は「7」のゲストキャラのつもりだったが好評だったため本作でも登場。以後パワプロの華としてレギュラー化する。
    • 「7」では父親との確執を抱えたキャラだったがその設定は以後触れられない。ただし本作のあおいは「7」と同じく短気なおてんば娘の印象が強い。
      • 「短気」発動後のストレートの速度はすさまじい球速を誇り、女性がアンダースローで放つようなものではない。そこも魅力である。

セントラルタワー

  • 本作サクセスの肝と言える要素。ほぼ8の代名詞といってもいい。試合は二連戦で9回すべてをプレイヤーが操作する。
    + 以下セントラルタワーのネタバレ
  • 本作の悪役「神高」が管理する塔。
  • 一定人数仲間を集めて突入すると謎の仮面男「パピヨン」が神高の悪事を糾弾。彼を仲間に加えて神高のけしかける強豪チームと二連戦を行う。
    • パピヨンのステータスは高く、仲間が安定しない本作におけるセントラルタワー用の助っ人キャラという側面もある。スタミナだけが低いので抑え投手として適任である。
  • 対戦相手は主人公たちのコピーKAMITAKAチームと過去の日本野球界を支えたOB選手がアンドロイドで登場する伝説最強チーム。敗北及び引き分けは許されない。
    • KAMITAKAチームはパピヨンは少しステータスが落ちるが他のメンバーは完全コピー。主人公を鍛えすぎたりしていると強大な敵として立ちはだかる。
    • 伝説最強チームは王貞治氏や長嶋茂雄氏を初めとした伝説選手の全盛期を再現している。ステータスが非常に高い上に全員絶好調。しかもCPUの強さが最高難度の「パワフル」であり、パワプロ屈指の強敵と言えよう。
    • 勝てば大量の経験点入手と感動の真エンディングが待っている。当時のサクセスでは珍しいスタッフロールがあるのも特筆すべき点。(『10超決定版』以降は全ての作品でサクセス専用のスタッフロールがある。)
      • 主人公は幼かった頃の自分が憧れていた伝説の選手達をアンドロイドとして利用された事に怒りを示しており、集めた仲間達と共に立ち向かう展開は非常に熱い。
      • さらに、野球と言うよりRPGのラスボス戦かと思えるほどに熱い試合曲「最後の試合(通称「伝説最強戦」)」は、シリーズでも特に評価が高い。
      • だが負けるとゲームオーバーになり、神高に主人公チームが連れて行かれ「二度とその姿を見た者はいない」と死を感じさせる非常に悲惨な展開が訪れる。
        パワプロで主人公や仲間達の死亡を匂わせるイベントは数少なく、他には「2011」戦国編の未帰還エンドや、「2013」ラグナロク分校編のバッドエンドぐらい。
  • ハイリスクかつ高難度のシナリオだが、極めて高性能の選手を作成するには避けて通れない施設である。

評価点

  • 映像面での進化が顕著。後のシリーズを支えるグラフィックは今作で完成しているといってもいい。
    • 特に分かりやすいのがキャッチャーウィンドウであり、これまでの「つぶれた」印象のものから鮮明で見やすいものになっている。
      • このことでパワプロの長所である配球の魅力と遊びやすさが大幅に向上している。
    • 選手の固有フォームが大幅に増加した。
      • 投球時に顔を伏せる岡島、打席で大きく仰け反るカブレラ、ホームランでバットを投げる中村紀などが再現され、より選手らしさの表現が増した。
  • BGMの評価も良く、特にセントラルタワーでの最終戦は評価が高い。
  • 初めてOPに主題歌(本作は「Little Soldier」(米倉千尋))がつき、当時下請け中心だった「京都アニメーション」によってアニメーション映像も製作された。
    • 本作のOPは矢部・あおい・阿畑・猪狩兄弟が「仲間」である事を全面に推しだされ、ドラフ島およびセントラルタワーでのストーリーにも良く合っている。
    • 以後パワプロ11まで京アニがOPアニメを担当することになる。
  • シナリオモードが1つのシナリオをクリアするごとにごほうびOBをもらえる仕様となり、モチベーションを維持しやすくなった。
  • サクセス1回あたりのプレイ時間が短いのでオリジナル選手をハイペースで量産できる。
    • 「育成に時間がかかりすぎて1チーム作るころには飽きてしまう」といった従来のサクセスの問題点は解消されていると言える。
    • 当時は珍しさ故に受け入れがたい層も多かったと思われるが。後のシリーズで「サクサクセス」というお手軽育成モードが搭載され生き残っていることを考えると需要はあると言えるだろう。
  • ペナントが3年間でセ・パで複数年プレイ可能に。ドラフトやトレードでの選手獲得、契約更改での解雇、キャンプ、能力変化など細かい仕様が進化した。

問題点

  • サクセスが非常に運任せ。上記のセントラルルート以外にはプレイヤーの運で振り回されることが多い。
    • 特に投手ではあおい・阿畑、野手では猪狩兄弟が仲間にならないとまず優秀な選手が出来ない。
      --ジムでの練習が終わった後に、間違って他の球団ジムのスタンプの上に押してしまい無効化するというふざけたマイナスイベントがある。
    • 今作のパワプロは投手育成での操作は紅白戦時は同点かビハインドので塁にランナーがいるときのみ操作できるのであるが、今作は自動操作で炎上することが多く、投手育成での試合難易度が上がっており、試合経験点を稼ぐことや勝利することで仲間になるキャラを仲間にすることが難しくなっている。
    • 前述のとおり交通事故や爆弾がない、仲間にしてさえいれば任意で練習相手を選べるなど他のシリーズ作品と比較すると一長一短ではある。
  • イベントの面においても、サクセスでは恒例となっている彼女が存在しないのでやや物足りない印象がある。
    • 一応、巫女やあおいとの恋愛っぽいイベントは用意されている。
    • あおいは女性選手の恒例となった「彼女にならない」という伝統を作ってしまい、以降のパワプロアプリの北雪登場まで、女性選手は彼女にできなくなっていた*1
  • 伝説最強チーム
    • 伝説のOBのチームということもあり、やはり強い。難易度はパワプロシリーズでも最高レベル。エンディングにたどり着けないユーザーが多かった

賛否両論点

  • 開幕版のみだが、天才型(サクセスの初期能力が高い状態で開始できる型)になる確率が1/10という、シリーズにおいてとても高い確率になっている。
    • 容易に強い選手を作ることができるが、裏を返せばサクセスを天才型で始めることが必須条件に近いので、9/10の確率でリセットしなければならないという面倒な有様でもあった。

総評

  • サクセスがパワプロでは唯一無二の設定であり、賛否が分かれやすい作品になっている。
    • とっつきにくいという意見があれば、逆にコレじゃないと燃えられないというコアなユーザーもいる。
    • 次回作「9」では高校野球編となり、王道シナリオへの回帰とサクセスのボリュームアップが図られた。

添付ファイル