マジカルチェイス

【まじかるちぇいす】

ジャンル 横シューティング
対応機種 PCエンジン
メディア 4MbitHuカード
発売元 パルソフト
開発元 クエスト
発売日 1991年11月15日
定価 7,800円
判定 良作
オウガバトルサーガ関連作品リンク

概要

  • 数多くのシューティングがリリースされ、シューティングハードとしての地位を確立させた1991年期のPCエンジン界に突如現れた一作。発売、開発元が無名なメーカーであり、特に前評判が高かったわけではないが、本作の魅力溢れる内容は、多くのPCエンジンユーザーを虜にしていく事になる。
  • すでに発売元のパルソフトは経営難であり、本作の発売後すぐに倒産してしまう。開発元のクエストも、まだ『伝説のオウガバトル』や『タクティクスオウガ』といったSFCの傑作を出す前のマイナーメーカーであり、ユーザーの知名度は低いものであった。
  • パルソフト経営難の件もあり、ソフト在庫は極めて少なく、それでいて本作の人気は口コミで広がった為、入手が極めて困難な状態が続いた。これがPCエンジンのプレミアソフトとしての事の始まりといえよう。

ゲームのルール

  • ゲーム前に3段階の難易度を選ぶ事になる。難易度は「らくらく(簡単)」「わくわく(普通)」「どきどき(難しい)」があり、らくらくは3ステージで途中終了、他2つは6ステージ構造である。
  • 残機無しのライフ制。ライフ及び「えりくさぁ」が全部無くなるとゲームオーバーになる。
    • えりくさぁとは持ってる状態でライフが無くなると、それと引き換えにライフが全開するアイテム。ショップでしか購入できず、1つしか持てない貴重品である。
  • IIボタン押しっぱなしでショット、2回連続で押すと特殊技を使用可能。またIボタンで自機の周りに付いているオプションを360度角度調節、及び固定ができる。
  • 敵を倒すと「くりすたる」が出現、それを集め、ショップに入ると買い物ができる。
    • ショップはステージ1~5は道中に出現、ステージ6はステージ始まる前にて強制出現し、道中には一切登場しない。すなわち、ステージ6のみはショップに頼る事ができず、忍耐勝負になる。
    • ショップ内にはメインショット(装備)の変更、ライフ回復、移動スピード変更、など様々なものが売られている。それらをいかに計画、効率的に購入するかが、本作をプレイする上での攻略の鍵となる。
    • 多くのRPGのショップとは違い、物を売る事はできない。すなわち、装備を買い換えると、前の装備は消滅する為、アバウトな購入は先の戦況を不利にさせていく事は必至である。
  • 各ステージにいるボスを倒せばそのステージはクリア、ボーナスとしてライフ回復とクリスタルが少し貰える。らくらくのステージ3及び、他のステージ6をクリアすると、それまでの結果によりスコアが計算されゲーム終了になる。

評価点

  • 色使いがカラフルで鮮やか。自機や敵、背景に至るまで丁寧な描き込みがされている。主人公の女の子「リプル」が可愛い。
  • PCエンジンの性能を限界まで引き出した演出。
    • PCエンジンでは不可能といわれた多重スクロールによる演出が実現されている。
  • 崎元仁・岩田匡冶コンビによる、内蔵音源の性能存分に発揮したBGMの評価は極めて高い。
    • 裏技でサウンドテストが聞ける。思う存分名曲を堪能すればいいさ。
    • 2013年にはまさかのサウンドトラック化がなされている。
  • 適度なゲームバランス。
    • ショットをその場の相性に合った買い換えを行う事により、戦況を幾らか緩和できる。これにより、シューティング初心者でもある程度楽にクリアできる。
    • 逆に上級者には買い物せずにクリアするという目標もある。くりすたるは全ステージクリア後にそのままボーナススコアとして加算されるので、ハイスコアを狙うのなら、買い物をしない過酷なプレイが求められるのだ。
    • あえて普段使わないショットで攻略する楽しみもある。

不満点

  • ステージが少なめで、ややボリューム不足なところ。
  • スコア稼ぎが熱いゲームな割に、セーブやスコアランキングは用意されていない。
  • 難易度は若干控えめ。高難易度のどきどきモードですら、そこまで凶悪な難しさではないので、上級者には物足りない内容かもしれない。

総評

PCエンジンの性能を限界まで引き出した細かな作り。
発売元の倒産により出荷数が少ないことでプレミア化したのが惜しまれる良作といえる。

再販、配信、移植

  • 発売されてしばらく経ってもなお、絶大な人気で購入希望者が殺到した為、当時のPCエンジンゲーム誌である「PC Engine FAN」から通信再販された事がある。ゲーム雑誌そのものがゲームを販売するのは異例中の異例であり、本作の人気を象徴するエピソードとなっている。もちろんこの再販版もプレミアが付き、今現在は入手困難である。
  • ドリームキャストのサービス機能の一つ「ドリームパスポート」にて配信された事もある。しかし、ステージ途中で絶対にクリアできない不具合があり、ゲームとしての機能を果たしていなかった。
    • ドリームパスポートとは、今で言うところのWii Uのバーチャルコンソールのようなサービス。メガドライブとPCエンジンの一部のソフトがプレイできたが、当然ながら今はサービス停止している。
  • 1998年4月10日にWindows向けPCゲームとして移植された。発売元はボーステック。
    • 基本的な内容は原作と同じだが、背景など一部外見に相違が見られる。BGMはPCエンジン版と同じものをCD-DA再生。
    • なにせ1998年のゲームなので、現行OSでのプレイはまず不可能である。また2000ではインストールすらできない。
      • XPではインストールは可能だが正規の方法ではパッドが正常に動作しない(非公式の修正パッチが存在する)。
      • Windows10 64bit版でも互換モードでプレイ可能(上記パッチ含む)だが、あくまで非公式である。またユーザー毎の環境の差が大きいため、動かなくても泣かないこと。
    • やはり昔のゲームであり、今入手するのはかなり厳しい状態である。
  • 2000年8月4日にはゲームボーイカラーにも移植された。タイトルは『マジカルチェイスGB ~見習い魔法使い賢者の谷へ~』。発売元はマイクロキャビン。
    • 敵の弾の一部が弱くなっていたり、どきどきモードが削除されるなど低難易度化。ショット数が大幅に減るなどのハードの制限による多くの変更が成されているが、シューティングとしての基本的な出来はしっかりとしており、オリジナルの売りである擬似3重スクロールも見事に再現されている。
    • エンディング曲がらくらくモードエンディング曲のみになり、PCエンジン版で通常エンディングで流れた曲は削除されている。変わってPCエンジン版でサウンドテストでしか聞けなかった没曲が、操作説明コーナーのBGMとして流れる。
    • ゲームボーイカラーの性能を限界まで使いきったスクロール演出の再現は見事だが、その分サウンドが割りを食うことになったのだが、BGMの再現度も頑張っている方。
      • 余談であるが、移植スタッフはたったの一人だけである。
    • しかし、これもまたプレミア化してしまっている。つくづく、プレミアとの縁が深いゲームである。

その他

  • 海外版ではメーカー表示がクエストのみとなり、主人公リプルをはじめとする一部グラフィックが変更されている。
  • 伝説のオウガバトル』と『タクティクスオウガ』に武器として本作の主人公リプルの名が付けられた杖「リプルズロッド」「リプルズスタッフ」が登場する。さらに両作の「パンプキンヘッド」はショップのカボチャ男そのものである。
  • 某ゲーム誌にて、「バーチャルコンソールに配信して欲しいPCエンジンソフトベスト10」という企画において、本作は断トツで1位だった。(ちなみに2位は『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』(当時はまだ未配信))