修正依頼」が出ています。対応できる方はご協力をお願いします。


クライシスフォース

【くらいしすふぉーす】

ジャンル シューティング
対応機種 ファミリーコンピュータ
メディア ROMカートリッジ(容量不明)
発売・開発元 コナミ
発売日 1991年8月27日
プレイ人数 1~2人
判定 良作
ポイント 演出
3種+αの自機変形


概要

  • コナミが最後に発売した、「ファミコンではオリジナルの」シューティングゲーム。
    • それというのも、同社がディスクシステム移植のROM版『もえろツインビー』を発売したため、厳密には、そちらこそがコナミ最後の「FC用STG」という事になる。
    • 2人同時プレイが可能で、主人公はどちらもオーラウィングという戦闘機。ただし1Pと2Pで色は違う。
  • 本作はROMに、かの有名な『グラディウスII』にも装備された特殊チップ「コナミVRC4」を装備。同作譲りの尋常でない作り込みで、プレイヤーを魅了してくれる。
  • 発売されたFC時代は世紀末ネタが流行っており、本作も199X年を舞台としている。

ストーリー

時は199X年、東京の同じ高校に通う双子の兄妹、アスカとマヤ。2人は古代遺跡研究家の両親と、ごく普通の生活を送っていた。
ところが、ある日を境に2人は、同じ不吉な夢を見るようになり、それがまさしく現実となってしまった。1万年の時を経て古代国家アトランティスがかつて滅び去った世界各国の古代文明と共に、7つ化け物を復活させた。
アトランティスの未知の兵器を前に、現代の科学ではなす術がなかった。たちまち戦火が世界を覆い、ついに魔の手は日本にまで及んだ。アスカ達の両親も巻き込まれてしまい、息を引き取る寸前に2人はある真実を聞かされた。自分達は本当の両親ではなく、17年前遺跡発掘のために訪れた無人島で、古代ムーの民によって作られたオーラウィングと、その中の生命維持装置で生き残っていた、赤ん坊のアスカとマヤを発見したということを────。
そう、2人とは1万年前にアトランティスと最後まで戦った、ムーの勇敢な戦士の子供だった。
アトランティスが復活した今、自分達の使命に目覚めたアスカとマヤ。
他に人類を救える者はいない!
2人は未知なる力を秘めた2機のオーラウィングに乗り込み、暗雲立ちこめる大空へと飛び立った。


特徴

  • 本作はFCでは珍しく、なんと弾幕シューティングである。
  • 全7ステージ。
  • システムとしては十字ボタンで移動、Bを押しっぱなしでショット、Aでオーラウィングが変形、Bを押しながらAで回数制限付きのボム。オーラウィングは何度でも変形可能だが、形態によってショットやボムの性能が大きく変わる。あらゆる状況に応じて使い分けるという戦略性を持たせる事に成功した。
    フロントオフェンサー 青ショット:前にひたすら撃つタイプ。最高3連装・高連射
    赤ショット:前方波状攻撃、小型→大型→両方
    ボム:その場で広がり周囲のザコ敵を一掃するというもの。
    サイドオフェンサー 青ショット:前と後ろに分けて撃つタイプ。最高前2連装+後ろ3WAY・中連射
    赤ショット:球体が周囲を回転、敵弾も消してくれる。上位になると2個になり大型になる
    ボム:前方にブラックホールのような塊を押し出し、近辺のザコ敵及び敵弾を吸い寄せる。
    リアオフェンサー 青ショット:前と左右の3方向に撃つタイプ。最高前2連装+横3連装・低連射
    赤ショット:横方向にレーザーを撃つ、敵に合わせて直角に方向転換、前方に急転換する
    ボム:6方向に自機が分身する。この間は完全に無敵で攻撃判定もあり。着地点も調整可能。
    ちなみにショット強化状態だと、被弾してもパワーダウンするだけでミスにならないという効果も兼ね備えている。
  • 上記の3形態の他に、特殊アイテムを5つ集めると一定時間無敵かつ強力な攻撃ができる形態に変化する。
    • この形態は「2機のオーラウィングの合体」という事になっている。2人プレイでは特殊アイテムの多いほうが操作し、少ない方は3WAYショットの方向を操作する。
      • 似たようなシステムを持つ縦STGとして『バーニングエンジェル』があるが、あちらとは違い合体形態は1種類のみで、アイテムが集まった時点で自動的に合体する。
  • アイテム
    • 画面上からサインカーブで来る飛行体があるが、撃つとアイテムを出す。R-TYPEのとは違って当たり判定は無い。
  • ミスしたらその場で復活する仕様。
  • 難易度はオプションで3段階から設定可能。コンティニュー回数は3回まで。

評価点

  • まず、FCでありながら2人プレイの弾幕STGを実現した事。
    • 前述した通り、FCに弾幕シューティングは滅多にない。また、2人プレイのゲームも『魂斗羅』や『ゲバラ』等、数える程しかない。
      • つまり本作はおそらくFC唯一の、2人プレイの弾幕STGという稀有な作品である。それをFCで作ったコナミには脱帽。
  • ゲームの難易度は3段階から選べる上、オーラウィングは自由に変形できる。なので、弾幕STG初心者から上級者まで誰もが遊べる自由度のある仕上がりになっている。
  • 音楽はいずれもFC特有の低音が効いたコナミならではの曲調で、特に2面のBGMは疾走感とロックな雰囲気が融和してゲームを盛り上げてくれる。
  • そして何より、本作は巨大ボスの表示が凝っている。
    • それというのも、かつての『グラディウスII』等がそうであったように、大抵のFC用STGは巨大ボスをマシン内部で「背景」という扱いで描画しており、そのせいでボスがいない余白は黒や青等の単色で塗りつぶしていた。
      • だが本作は、一部のステージで巨大ボスと背景を同時に表示している。コナミの底力此処にありと言えよう。
      • しかも10種類以上の個性派揃いのボスが用意されておりプレイヤーを飽きさせない。
  • ステージ構成
    • STAGE1は海の方から都市へ向かうシーンであるが、高速からの減速がメリハリが効いている。他のステージも遺跡や巨大洞窟内、火山など豊富で、地形を上手く書き換えて高速多重スクロールも実現。

賛否両論点

  • 難易度について
    • ハードシューターにとっては簡単すぎるという声もある。本作のHARDが同社の『アクスレイ』のEASYを下回っている。
    • 同機種の『サマーカーニバル'92 烈火』をクリアした人にとっては完全にヌルゲーとなる。

問題点

  • 音楽が一部使い回しがある。
  • 難易度がEASYやNORMALのモードでは、一部の敵が削除されたり敵弾を撃たなくなっている。だがHARDモードは敵が多く敵弾も多く、避けるのに疲れるほど難易度が高すぎる。
    • 本作は2人プレイの際に処理落ちがあるのだが、皮肉なことに処理落ちのおかげで避けやすくなっており、「処理落ちさまさま」と言える位の救済措置となっている。
  • 難易度EASYでは真のエンディングが見られない。
  • 獲得スコアは、他のシューティングでよくある「画面端に常時表示」ではなく「ステージクリア時(+ゲームオーバー時)に表示」されるタイプのものだが、何故か最終ステージではクリアしてもエンディングのみ流れ、スコアが表示されないままタイトル画面に戻ってしまう。
    • この事象は真のエンディング云々も無関係*1。エンディングの感動に浸るあまり見過ごしていたプレイヤーの方が多いかも知れないが、スコアラーにとっては地味に困る話。製作スタッフは純粋に失念していたのだろうか?

総評

これまで、商業は『怒首領蜂』から同人は『東方Project』まで、弾幕STGというジャンルのゲームは多数登場した。
そして、商業同人問わず、無名な作品は有名な作品に追いやられ、歴史の片隅に消え去ってしまった。

周知の通り、FCは現代のゲーム機と比べると性能は低いものである。
だが本作は、コナミがFCのために最後に産み落としたSTGであり、
同時に限界まで、それこそ骨の髄までFCの性能を引き出した傑作である。
縦STGを初めてみたい人にも薦められる良作である。

本作は出た当初から人々に知られず、忘れ去られてしまった。そして、今では遊ぶチャンスが滅多にない。
だが、本作は『グラディウス』『ツインビー』『ファルシオン』などの良作STGをFC時代に多数輩出したコナミの技術の粋と呼べる作品で、尚且つ弾幕シューティングには珍しく2人プレイも実装している。
もし遊ぶチャンスがあるのなら、黙々と1人で遊ぶも、大切な人と2人で遊ぶも自由。
是非とも真のエンディングを見て、感動に涙してほしいものである。



余談

  • 本作をHARDでクリアすると真のエンディングの後に、とあるシーンが表示されるのだが、そのシーンはオープニングとリンクしているとも受け取れる意味深な描写である。
  • 本作の主人公であるオーラウィングは、後に『エアフォースデルタ』にも隠しで登場した。
    • 現在でも数千円の高値が付いているが、FCの限界に挑んだ良作という事で妥当と言えるだろう。
    • おまけにバーチャルコンソールでも未配信なので、遊ぶ機会が滅多にない。