クラッシュ・バンディクー アドバンス2 ぐるぐるさいみん大パニック!?

【くらっしゅ・ばんでぃくー あどばんす つー ぐるぐるさいみんだいぱにっく!?】

ジャンル アクション
対応機種 ゲームボーイアドバンス
発売元 コナミ
開発元 バイカリアス・ビジョンズ
発売日 2003年12月4日
定価 4,980円(税別)
セーブデータ 4個(フラッシュメモリ)
レーティング CERO:全年齢対象
判定 なし
クラッシュ・バンディクーシリーズリンク


概要

クラッシュ・バンディクー アドバンス』の純粋な続編。

ストーリー

前作のコルテックスの作戦は失敗に終わり、ウカウカはエヌ・トロピーに世界征服の望みを託す。
未来でクラッシュ達を仲間にしている姿を見たエヌ・トロピーは催眠術師であるエヌ・トランスにクラッシュ達を洗脳するように命じた。

特徴

  • 前作とゲームの進め方はほとんど同じ。
    • 大きく異なる点はカラーダイヤ関連である。
      • 通常ステージに「ダイヤのかけら」が隠されており、それらを各色4つずつ揃えると最後のエリアのステージが解放されるという仕組み。
      • アラビアステージは緑ダイヤ、エジプトステージは赤ダイヤ、ポリネシアンステージは青ダイヤに対応。
      • ボス戦を除くとステージ数は全部で24個。ただしステージ中のダイヤコースは無くなっている。
    • 本作では『3』『4』をアレンジした要素が多い。
    • スーパーボディプレスとダブルジャンプは最初から使える。
  • 黒幕がウカウカとエヌ・トロピーの二人のため、シリーズでは珍しく前作のボスを務めたコルテックス達が登場しない。
  • 通信ケーブルを使うことで対戦ゲームをすることができる。
    • CRカプセルを使った3種類のゲームと、レースがある。

評価点

  • チュートリアルステージ
    • 一番最初のステージはアクアクのヒントを貰いつつ進むようになっており、わかりやすい。
  • 増えたアクション・乗り物
    • 新アクションは「スーパージャンプ」と「スーパースライディング」が登場。
      • 名前にスーパーとつくだけあって高い移動能力を誇るが、制御は効きにくい。
    • ロープを使ったアクションも所々に存在する。
    • 後述のCRマジックカーペットや水上スキーといった新しい乗り物も存在。
      • CCスペースカイトという、前作に引き続くシューティング面もある。
  • セーブ
    • ステージクリア後にすぐセーブ画面が出るようになり、便利になった。
  • オリジナリティのある要素が増した。
    • エジプトステージは2D向けに上手くアレンジされている。水流といった新要素も。
    • アラビアステージでは、ポールアクションやCRマジックカーペットといった新要素が盛り込まれた。
    • ポリネシアンステージは移動する足場やロープ、途中でCRジャイロで溶岩を渡っていくというやや目新しいステージ。
    • サメから逃げながら水上スキーに乗るという手前スクロールステージも存在。
      • 前作の白熊ほど難易度は高くない。
    • 『4』で味方側になったクランチが操作キャラになるのは今作が初。CRカプセルに入って転がる。
    • ボス戦はクランチ、ココといった味方キャラやニセクラッシュ、新キャラのエヌ・トランスのほかラスボスもエヌ・トロピーが務めるという新しいパターンになっている。
      • 特にこれまでは隠しキャラクターだったニセクラッシュが本編中に登場するのはシリーズ初。
  • ストーリー
    • 前作に比べるとしっかりしており、最後も上手くオチがついている。ココがボスキャラとして出るのもなかなかに珍しい。

賛否両論点

  • 「スピードシューズ」の存在意義
    • 新たに登場したスーパースライディングは制御が難しい反面、ステージをかなり速く進むことができる。
    • なので、タイムアタックを極めようとするとスピードシューズの使いどころがあまり無くなってしまう。

問題点

  • 宇宙ステージ(CCスペースカイト)
    • 前作の空ステージ同様のシューティング面だが、相変わらずだれやすい。
    • 今回は火の玉に追われているという設定があり、ある程度ダッシュをしていかないとミスになってしまう。
    • また連射が効かず、箱を取り逃しやすい。カイト部分に当てて壊すことも一応できるが。
  • CRカプセル
    • 『4』と比べて道に穴が空きまくってたりせず落下はしにくいが、触るとミスになる障害物が多い。
    • また、ステージの背景や構成は『4』のように派手ではなくかなり単調なため、退屈で記憶に残りにくい。キャラクターも両手を伸ばした直立不動のまま動かないため、人形の入ったカプセルを操作しているような感覚である。
    • 基本的に一本道だった『4』と比べて本作は分岐点が多め。パーフェクト狙いの場合はほとんどのルートを回る必要がある。
  • 技の暴発
    • スーパージャンプ、スーパースライディング、スピードシューズは全てLボタンを使用するため、特にタイムアタック中に突然出してしまうことがある。
      • 特にタイムアタック中、スピードシューズで走ってる際にジャンプをしようと思ったらスーパージャンプが暴発するということが多く、こうなってしまっては大幅なタイムロスにつながる。そのため、ジャンプする直前にLボタンを離すということを習慣づける必要がある。今作もゴールドトロフィーの獲得が必要なので、無駄に難易度が高い。
      • そもそもスーパージャンプは使いどころがかなり限られるという問題もある。
  • ステージのバリエーション
    • 今回はアラビア、エジプト、ポリネシアン、カプセル、水上、宇宙と6つのジャンルがあるが、普通のアクションステージはダイヤのかけらがあるアラビア、エジプト、ポリネシアンだけ。しかも各5ステージもあり、バリエーションだけでいうと前作よりも乏しくなってしまっている。
      • せめてもう1種類は欲しかったところ。
      • やられポーズの単調さも変わらず。エジプトの槍やアラビアのサーベル作業員は例外だが、後者は吹き矢のやられポーズの使い回し*1。強いて言うなら落下時は過去作のように靴が飛ぶようになった。
  • マップの移動がやや面倒
    • ワープルーム形式ではなく『1』のようなマップ形式が採用されているため、移動が不便である。
      • マリオシリーズ』の様に分岐点があるのだが、ボスはエリアすべてのパワーストーンが無いと挑めないため分岐にする意味が無い。
  • ラスボス戦
    • エヌ・トロピー戦は『3』と全く同じ形式で斬新さが無い残念な結果になってしまっている。足場がかなり狭く、おまけに3連戦となっており、やり直しとなると最初からになるので『3』よりは難易度が高くなっているが。

総評

新鮮さ・斬新さが貧しかった前作『アドバンス』より改善・パワーアップした点がかなり多い。
しかし、技の暴発やアクションステージの少なさといった粗は残っている。
現在、本シリーズのアクション作品では本作が最後(5以降はアクションアドベンチャー)であるため本作の新要素を改善した新作に期待したい。

余談

  • 『アドバンス』『アドバンス2』の2作とも過去作を踏襲し、アレンジした作風だったのか開発を担当したバイカリアス・ビジョンズは『1』『2』『3』を1つに纏めたリメイク作『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』の開発を担当した。