サンジ


「ハイこちらクソレストラン …ご予約で?」

漫画『ONE PIECE』の登場人物。主人公モンキー・D・ルフィ率いる海賊団“麦わらの一味”の料理人。
CVは 平田広明 氏。
少年時代は後にチョッパー役を演じる 大谷育江 女史。
グルグル眉毛と常に咥えているタバコ、そして黒いスーツがトレードマークのコック
そこから繰り出される様々な足技から「黒足のサンジ」の異名を持つ。
初期案ではその特徴的な眉毛からナルトと名付けられそうになったが、奇しくもNARUTOの連載が始まったためボツになった。

コックという職業柄、包丁の扱いも一級品である。その気になれば包丁で一流の剣士顔負けの剣戟が出来る。
しかし「手や包丁は料理をするためのもの」と言う信念を持っているため、戦闘に用いるのはもっぱら足技。*1
これらの足技は肉の部位やその料理法などから名前が取られている。それだけのこだわりがあるのに粋がって厨房で煙草を吸うのは料理人としてどうかと思うが
整形(バラージ)ショットによる相手の顔面の整形も(偶然ではあるが)会得しており、後述のデュバルとの一方的な因縁もコレにより解決。以降は良き協力者となった。
丁寧な接客(※ただし女性に限る)やテーブルマナーなど、一応海のコックとしての礼儀は心得ているようだが、
一方で言葉遣いに関しては口癖が「クソ○○」であるなど、お世辞にも礼儀正しいとは言えない。
クレームがついたのか初期ほど何にでも付けることは無くなったが。
喧嘩の腹いせに弁当にカミソリを入れるなど料理人以前に人としてどうなのかということもやっている。相手はバリバリ音を立てて平然と食ってたけど。

綺麗な女性を見るとナンパせずにはいられない性格。フェミニストで同じ海賊団のナミロビンにはいいように扱われている。
そんな性分なのでルフィが女ヶ島に飛ばされていたことを2年後の合流時に知ると、声にならない怒りをルフィにぶつけてゾロに突っ込まれている。
夢は東西南北全ての海の食材が揃っているという幻の海オールブルー*2に辿り着くこと。スケスケの実を食べて女湯を覗く夢は破れた

悪魔の実の力もなく武器も一切使わないが、戦闘力はルフィ・ゾロに次いで高い“麦わらの一味”No.3の実力者。
特にゾロとは犬猿の仲でやたらといがみ合うが、緊迫した場面では意見も取り入れ、戦闘でも息が合う。

男性メンバーの中では頭も回る方で、戦闘力も申し分ないため、普通の戦いだけでなく裏でサポートすることも多い。
女性に優しく男には厳しい典型的な気障キャラ……と思わせておいて、実際には口が悪いだけで性別に分け隔てなく優しい。
第三者を助ける際にも率先して動くことが多く、その行動が後々一味全体の助けになることもある。
また仲間意識も強く、身内を傷つけられると激昂するシーンも多かったりする。
ルフィとウソップの口論の際は冷静に仲裁しながらも、ルフィが「従えないなら船を降りろ」と言いかけた瞬間に蹴り飛ばして阻止し、
それだけは絶対に言ってはいけないと詰め寄り、頭を冷やさせている。

逆に言えば裏方役が多くなっているため、まともな相手と戦っていないのも災い(幸い?)して、
本人の希望とは逆になかなか賞金がかけられず、海賊団全員が賞金首にされた際も、
念願叶ったと思ったら(写真を撮った海兵のミスで写真が入手出来ず)、本人と似ても似つかない似顔絵だったり、
単行本数巻分出番が無くなったりと苦労に耐えない。
おまけに、その手配書のせいで奇跡的に似た顔であったデュバルから因縁を付けられてしまったことも。

過去に遭難した際の経験から、「腹を空かせている奴は敵でも食わせる」という信念と、
小さい頃から教えられた「女は蹴ってはいけない」と言う騎士道精神を併せ持っている。
この二点(特に後者)はサンジの明確な弱点となっており、度々危機に陥っている。
ちなみに「女を蹴ってはいけない」と言う騎士道精神は、スリラーバーク編において、
彼から切り離された影を植えつけられたゾンビペンギン(ただし顔が犬)も忠実に守っていた。
かつては海上レストラン「バラティエ」*3の副料理長を務めていたが、バラティエを襲ったクリーク一味との一戦を経てルフィの仲間となる。
料理の腕はもとより、船員の栄養管理や食材の配分を行う「海のコック」としての技量も一流であり、麦わら海賊団を支えている。
なお、幼少の頃から客船のコック見習いとして各地を旅してきたため、
東の海で結成された「麦わらの一味」初期メンバー5人の中では唯一出身地方が違う(北の海生まれ東の海育ち)。

新世界編以降はビジュアルが変更され、ヒゲが濃くなった他右目が隠れるようになった。
この時初めて、左の眉毛は右と逆に目頭側が巻いていることが判明した(表情交換出来るフィギュアーツでも片側しかなかった)。
両目とも出したら中々面白い外見になりそうである
また、住人全員がニューハーフというカマバッカ王国に2年間滞在した影響で精神的に追い詰められたことから、
一時的にではあるがオカマ道に染まり、またその環境故に本物の女断ちが続いたせいか女性に対する免疫が弱くなってしまう。
当初は女性を一目見るだけで大量の鼻血を出してしまう程であり、人魚のいる魚人島では冗談抜きで命の危機に陥ったが、
輸血をしてくれたオカマのおかげで命を取り留め、その後はどうにか元の免疫を取り戻した。
もちろん上記の悪影響だけでなく、カマバッカ王国に伝わる「攻めの料理」(例えるならアイルーの作った料理のようなもの)による、
体づくりの補助も可能になった。
習得の過程で「新人類(ニューカマー)拳法」の使い手達と戦ったことにより足技のキレも向上しており、
ニューカマー達からの逃走中に追い詰められた際に六式(海軍の秘密機関CP9が使う武術)の「月歩」(簡単に言えば空を歩く技術)を自力習得している。
条件付きだが、ルフィも移動技(ソル)を使える。
以前は空気と蹴りとの摩擦で出していた炎が、オカマに囲まれたことへの怒りの感情から水中でも出せるようになった。
+ …摩擦で足から炎を出す程の技?
44巻146ページの読者質問コーナーにて。

Q.おだっち、はじめまちて!!ついに送っちゃったよハガキ。まじめな質問だからちゃんと答えてよ。
ジャブラをサンジがやっつけちゃったあの技!!あんだけジャブラ熱がってんだから温度ってヤバいんじゃね!!?
あれサンジは「熱っ!!」ってなんないの??答えて!

A.何を言ってるんだよ…。
何を言ってるんだよーーー!!!
キミの目はふし穴かァっ!!!あの闘いでキミは一体何を見てたんだよ!!!足が熱い!?
熱いわきゃねェよ!!
だってサンジの心は、もっと熱く燃えてたじゃないか!!!

…尾田先生、お茶目ですね。

彼名義のレシピ本『サンジの満腹ごはん』というものも実際に販売されていたことがある。
また、『食戟のソーマ』の作者が書いたスピンオフの読み切り『食戟のサンジ』も掲載されたことがある。

+ サンジの出自
本名は「ヴィンスモーク・サンジ」
大昔に北の海を制圧した人殺しの一族「ヴィンスモーク家」の三男であり、ジェルマ王国の王族である。
父であり国王のヴィンスモーク・ジャッジにより「血統因子」の操作をされており、
生まれる前から優秀な兵士になるよう、言わば人体実験をされていた。
しかし母がそれに反発し、結果兄弟の内一人だけ血統因子の操作が成功しなかったのがサンジである。
それ故幼い頃は優秀な遺伝子操作を受けた他の兄弟に後れを取り、父や他の王族に迫害を受けていた。
だがある時北の海から東の海へと侵攻する際、同じく感情だけは失っていなかった姉レイジュの手により脱出し、
以降は上述の通りゼフの下でコックとなり、そしてルフィの仲間となっている。
ご存知の通り、現在では麦わら一味や兄弟とも(彼らと違い長年コック業に専念していたにも拘らず)遜色ない戦力を持つが、
これに血統因子操作が関わっているのかどうかは明言されていない。

…登場から実に実時間で15年以上経ってから明かされた経緯であり、その因縁がトラブルを呼び込んでいる。
なお、それまでのストーリーをよくよく見返すと、
  • 空島編の導入で北の海出身だと明かしたが、そもそも北の海と東の海は赤い土の大陸(レッドライン)と呼ばれる壁で両断されており、
    普通に通ることは不可能
  • アラバスタ編で名乗った偽名が「Mr.プリンス」
  • ゼフと出会う前は残飯をあさる同僚に嫌な顔をしたり味の悪そうな残飯を捨てる描写があった(幼くして働いている割に餓えた経験は無さそう)
など、以前から彼の出自には謎が多かった。
家族もサンジと同じく時刻に因んでイチジ、ニジといった「数字+ジ」(女性は「~ジュ」、父親のみ「ジャッジ」)の名前が付けられている。
母の名は「ソラ」、子供達を狂戦士に改造されるくらいならいっそ…と、一度は自害を図るも失敗。
その後、自害の際に飲んだ毒の影響で衰弱し、唯一改造の影響を受けなかったサンジに安堵しながらこの世を去った。
あと、眉毛がグルグルしていないことから父親の遺伝だったことが判明

名前が「3時」とかけたネーミングだったことから、登場時から二人の兄と19人の弟(24時まで)がいるのではないかとネタにされていたが、
実際の所、弟はヨンジ一人だけだった。皆右は目尻側、左は目頭側がグルグルしている面白い眉毛を持つ
また、他の兄弟もプリン(ポケモンじゃなくてサンジの婚約者)を一目見てメロリンしたり、
ルフィ達がビッグマムに捕らわれたことを聞いた際はナミをペットにしたがる等、
多少の選り好みしたり歪んだ価値観を持っているが、良くも悪くも眉毛以外の特徴でサンジの兄弟であることが窺える。

また、彼らは火花や電撃、毒を操ったり、怪力を発揮したりとそれぞれ固有の特殊能力を持っている。
血統因子操作の成果なのか、彼らが身に纏う強化服「レイドスーツ」の機能なのかは明言されていないが、
一部ではもし前者だとすればサンジの炎も実は摩擦熱や怒りの具現ではなくそれ由来の先天的な能力なのではとも考察されている。

もしもサンジが初期案のナルトのままだったら、ラーメンの具材もしくはで統一されていたのだろうか。

+ 強化形態
  • ステルスブラック(おそばマスク)
ホールケーキアイランド編でヴィンスモーク・ニジがモンキー・D・ルフィの服の中に忍び込ませたレイドスーツで変身した形態。
開発したのは実親であるヴィンスモーク・ジャッジであり、「ヴィンスモーク一家の戦隊スーツ制服」とも言えるものであるため、
当初は使用を拒否していたが、ワノ国編で正体を隠したまま動く必要があったことと、出し惜しみ出来ない状況にいたため変身するに至った。
足に仕込まれた浮遊装置・加速装置によりそれまで以上の加速力を実現しているだけでなく、
百獣海賊団の幹部の攻撃すらも耐えきる防具を備えている。
しかし最大の特徴は全身に映像を投影することで透明人間になれる能力である。
つまり念願の女湯を覗くと言う夢が叶ったのである。これが判明した後湯屋に行き、いざこざでタオルが取れたナミの全裸を無事至近距離で拝む事ができた。
結果として湯屋に来ていたナミ達を救出して離脱できたものの、ノゾキに関しては顔の原型がわからないほどボコボコにしばかれた。因果応報である。

ちなみにサンジがヴィンスモークの名前に纏わる「ステルスブラック」の名前を嫌がったので「おそばマスク」を名乗るが、
名乗りに同席したウソップとフランキーからは不評で、「俺たちに命名権をくれ~!」と嘆いていた。
ただ、「海の戦士ソラ」の愛読者であるトラファルガー・ローからは一貫して「ステルスブラック」と呼ばれている(ちなみにローはソラのファン)。
同じ北の海出身のバジル・ホーキンスやX(ディエス)・ドレークからもステルスブラックと同一視されている。

しかしワノ国編最終決戦においてレイドスーツが鍵刺激となったのか、生身で刃物を防げるなどの変調が起こり始める。
ジャッジの元同胞であるクイーンからその様を「かつてジャッジが言っていた強化外骨格と同じ」だと指摘されたサンジは、
肉体だけではなく精神すらも他の兄弟に寄り感情を失ってしまうのではないかと恐怖し、
「敵が女なら手も足も出ない生身の自分」でいるか、
「冷酷で無感情だが四皇幹部級のバケモノになり命令されれば誰の首でも取って来る科学の戦士」と成るかを迫られ、
苦悩の末に変身カプセルを踏み潰して破壊したため変身不可能になった。

しかし、生身のままでも強固な外皮・回復力を保持し、百獣海賊団最高幹部のクイーンすら補足できないスピードで動くなど、
強化スーツ無しでも常人を逸脱した肉体を得るに至った。

+ そっくりさん?
「金髪で左目が隠れている」「レストランで働いている」「喫煙者」などの共通点から、『WORKING!!』の佐藤潤がよくサンジ呼ばわりされる。
というか『WORKING!!』の作者自身も自サイトの落書き置き場でサンジとモロ被りな点をネタにしている。
他にも、平田氏はアニメ『怪談レストラン』でオバケギャルソンというお化けのウェイターの役を演じており、
接客時の演技と従業員が問題を起こした際のキレ方から、よく視聴者から「サンジの幽霊」扱いされていた。
主演の『宇宙兄弟』に至っては、両親の声が田中真弓女史とチョー氏だったせいで、会話がサンジとルフィとブルックのリアルおままごとにしか聞こえず、
「俺たちはファミリー(「Family」の歌詞)」が脳内再生された人もいた。


ゲーム中の性能

『グランドバトル』シリーズでは原作を反映して全て足技であり、能力者ではないので飛び道具を持たない。
素早さは割と高めで全体的に攻撃の出が早く、敵の懐に入って連続技を決めるのが主な戦術となる。
攻撃力は標準だが、男性キャラとしては低め。
相手が女性だと全ての台詞が変わる(通称メロリンサンジ)のも大きな特徴。
コックだけに、何も操作せずにいると自分で食料アイテムを生成する(この時出す包丁にも攻撃判定がある)という小ネタも。

必殺技は打撃タイプの「羊肉(ムートン)ショット」が屈指のモーションの早さを誇る。
『2』で追加された新しいタメタイプの「仔牛肉(ヴォー)ショット」は強力だが、弧を描いて跳ぶため少々当て辛い。
ボタン溜めで距離が伸びるのである程度まで離れた足場からの奇襲は可能だが、対人戦だとバレバレ。
しかもCPUも一部の技は溜めてる間はガードし続ける仕様で、仔牛肉ショットもその対象だったため、
当てるよりもタイムアップまでタメ続けてライフの判定勝ちに持ち込む戦法で用いられる。
ちなみに同シリーズは原作の技をしっかり拾ってくれるのだが、
『1』の必殺技「バラティエディナー」、『2』の必殺技「アンチマナーキックコース」は何故か〆に敵を銃で撃ち抜く内容だった(原作では普通の蹴り技)。

蜘蛛が苦手なため、『ランドランド』ではサンジとナミ用の罠として、触れると一定時間混乱する(方向キーの入力を受け付けない)クモが配置されている。
こちらではコマンド入力で料理をして回復アイテムを生成し、特定の条件下で仲間に海賊弁当(回復アイテム)を渡してくれたり、
ダメージを受けた状態でステージクリアした場合も回復してくれる。
説明書にも「長丁場ならサンジがオススメ」と書かれており、全キャラで唯一二段ジャンプが出来るなど、移動面においても重宝する。
これが後の月歩に逆輸入されたのかは不明。


MUGENにおけるサンジ

Wenchu氏がゲームのドットを使った新世界編以前のサンジが存在。ちびキャラだが等身は高め。
飛び道具を持たず、リーチも短く火力も低い。大会に出すならcnsでscaleとATKを上げておくといいだろう。
なお、MUGENでは対応させるのが大変なのか、相手が女性キャラでも台詞は変わらない。
AIはそこそこ動くものがデフォルトで搭載されている。

余談だが、mugenには女湯や混浴風呂のステージが作られているため、覗きどころか堂々と居座らせる事が可能。

出場大会



「チョッパー…一つ覚えとけ "女のウソ"は許すのが男だ


*1
例外としてウォーターセブン編では、小麦粉で出来た生地を鎧のように纏った相手に対して、
その生地を剥ぎ取るために包丁での戦闘術も披露していた。
同じくウォーターセブン編でメリー号を賭けたルフィとウソップの決闘をチョッパーが仲裁に入ろうとした際、拳で殴って止めている。

*2
東の海、西の海、北の海、南の海に生息している全ての魚介類が生態系を崩すことなく共存しているという、
作中世界で語り継がれている都市伝説のような海域。
順当に考えれば温帯と寒帯の魚類が共存できる場所などあるはずもないため、夢物語と言われているが……?

*3
モデルとなったのは、作者がバイトとして働いていた「薔薇亭」というステーキハウス。
作者の働いていた支店は閉店してしまったが、本店はまだ営業しており、聖地として訪れるファンも多いとか。
サンジがギンに振舞った「焼きめし」もメニューにある。


最終更新:2022年01月19日 18:53
添付ファイル