修正依頼が出ています。オリジナル版の評価点の加筆が出来る方は編集お願いします。


本項目ではスーパーファミコンソフト『魔女たちの眠り』と、その移植版『復活祭』『完全版』の紹介をしています。



魔女たちの眠り

【まじょたちのねむり】

ジャンル サウンドノベル
対応機種 スーパーファミコン
発売元 パック・イン・ビデオ
開発元 港技研
発売日 1995年11月24日
定価 10,800円(税抜)
判定 なし
ポイント 今夜は寝かさんぞ!!

概要

人気作家・赤川次郎氏の小説『魔女たちのたそがれ』『魔女たちの長い眠り』を原作としたサウンドノベル。

ストーリー

会社員・津田*1は、幼馴染の依子*2が分校教師をしていた山奥の村を訪れた。
しかしその夜、村の実力者の娘が行方不明になり、死体となって発見される。
村人達は、山奥にある「谷」の住人達の仕業と口を揃えるが…。

特徴

  • プレイヤーはまず『たそがれ』を原作とした「第一幕」と呼ばれるシナリオをプレイする。結末は複数あるが、その中には事件が未解決のまま終わるものが4種類存在し、それに辿り着くと、それぞれ違った「第二幕」へと進める。
    • 4種類ある第二幕のうち1つは、『長い眠り』を下敷きとしているが大幅にアレンジされており、主人公も第一幕と共通である。
      • 原作の『長い眠り』では、『たそがれ』の主人公は存在自体がスカッと忘れ去られていた
  • 登場したキャラクターが登録される「登場人物表」というものが有る。コンプリートすると、隠し要素の「完結編」を読む事ができる。

問題点

  • 冒頭、1/2の確率でヒロインが殺害される。主人公の回想での「津田さんのお嫁さんになるんだ!」はもう死亡フラグにしか聞こえない。
    • 生存ルートでも、ハッピーエンドと呼べるものは殆どない。とは言っても原作のオチがオチだから生還できる可能性があるだけマシか?
  • 第一幕は、ルート分岐にかかわる重要なものは数える程しかなく、それ以外はどれを選んでも殆ど展開は同じ。
    • もっとも前述の登場人物表を埋める上では色々選んでみる必要があるので、似た様な問題を抱えた『夜光虫』よりは意味が有るが。
  • エンディングの1つに「主要キャラの1人が魔物に記憶を全て奪われる」というものがある。しかしその人物は記憶を消された直後に、自分の祖父を「じっちゃん」と当たり前のように呼ぶ
  • 序盤の「村の入り口」で現在位置図を呼び出すと、なぜか現在位置が山のテッペンになっているというミスがある。
  • かまいたちの夜』『月面のアヌビス』の様な章単位の読み返し機能は無い。
    • 第二幕まで読み進んでいた場合のみ、第一幕と二幕の好きな方の冒頭から読み返せるが、第一幕から読み返すと二幕にはまた読み進み直さなくてはいけなくなる
    • エンディングリストは無いので、二幕のエンディングを揃えずに一幕をやり直すと、非常に手間がかかる事になる。第一幕はやたらと長いので…。
      • 更に完結編は、第二幕の特定の結末から読み進まなくてはいけないので、これまた手間がかかる。
      • しかもこの完結編、登場キャラがプレイヤーの質問に答えてくれるだけで、「物語上の完結編」ではまったくない。当時のスタッフのコメントによると容量の都合で削られたとの事。その為か、攻略本の初版では書かれていた完結編に関する記述が、第2版以降は消されている。




魔女たちの眠り 復活祭

【まじょたちのねむり ふっかつさい】

ジャンル サウンドノベル

対応機種 プレイステーション
発売元 ビクターインタラクティブソフトウェア
開発元 チームクレイズ
発売日 1999年4月15日
定価 3,800円(税抜)
判定 なし
ポイント 多恵、女に見える様になったねぇ

概要(復活祭)

同じ赤川次郎氏原作のサウンドノベル『赤川次郎 夜想曲』の発売に合わせて作られたリメイク版。
『夜想曲』に準じた仕様になっており、便利機能や新シナリオが追加された。

主な変更点

  • BGMが一部の曲を除き差し替え
  • ムービー演出の追加
  • 一度辿り着いた第二幕・完結編は、自由に読み直せるようになった。
  • エンディングリストが追加された。
  • 文章・ムービーのスキップが可能に。
  • 前述のSFC版では削られた「物語上の完結編」や、『夜想曲』の予告編に当たるシナリオが追加された。
  • 「頭が痛いのよーん!!」「お前は新妻か!!」「んな事は聞いてねえよ!!」と言ったギャグ系の台詞が、なぜか毒にも薬にもならない台詞に差し替えられた。


魔女たちの眠り 完全版

【まじょたちのねむり かんぜんばん】

ジャンル サウンドノベル
対応機種 Windoows
発売元 エレクトロニック・アーツ
発売日 2001年8月9日
定価 2,980円(税抜)
判定 なし
ポイント 何故か退化している完全版

概要など

  • 2001年に発売されたPC用ソフト。「完全版」と銘打っている割にはSFC版に毛が生えた程度でPS版の要素は一切無し(バックログすら無い)であった。
    • 発売時期を考えると明らかに詐欺といわざるを得ない。中古でPS版を購入する方が質的にも値段的にもお得である。
    • 解像度が640x480で固定されている。これ自体はSFCやPS版よりも優れた点であるがフルスクリーンで画面一杯に表示したい場合、ゲーム側に合わせてデスクトップ解像度を下げるかディスプレイ側で引き延ばし機能のある機種を使わないと非常に小さく表示されてしまう。

総評

  • 原作者の赤川氏は、「この小説をゲーム化したい」と言われて驚き、更に実際にプレイしてみて「スタッフは原作者以上に原作を愛してくれている」と語ったというエピソードがある。
    • これを切っ掛けに、同じ制作元による赤川氏原作のサウンドノベル『夜想曲』『月の光 沈める鐘の殺人』が作られていく事になる。
  • 原作があまりにも救いの無い結末であった事と、ゲーム向けのアレンジが大きい事、『長い眠り』の新キャラ達がゲームでは意外な形で登場してくる事などから、原作を先に読んでいる人には楽しめる作品であろう。
    • 逆にゲームを先にプレイした人は、原作を読んでショックを受ける事が多いようだが…。