三國志曹操伝

【さんごくしそうそうでん】

ジャンル シミュレーションRPG(英傑伝シリーズ)

対応機種 Windows 95~XP
発売・開発元 コーエー
発売日 1998年12月11日
定価 9,800円(税別)
廉価版 コーエー定番シリーズ:2002年11月8日/1,980円(税別)
判定 バカゲー
ポイント IFルートは特に蜀漢ファンにとっては衝撃
三國志シリーズリンク


概要

『三国志演義』や日本の戦国時代を題材にしたコーエーの『英傑伝シリーズ』の5作目(事実上の最終作)であり、かの曹操(孟徳)を主人公としたマップクリア型シミュレーションRPGである。

  • 物語の途中には選択肢があり、原典に近いものを選んでいくと『演義』ベースの赤黄ルート(赤と黄はエピローグで展開が異なる)、原典に反する選択肢を選んでいくと架空のシナリオである青ルートに分岐する。

評価点

  • マップ上を動き回るキャラのシンボルは非常に細かく作られており滑らかに動く。演出も凝っており、今作ではマップ上のシンボルが台詞とともに動いたり城門が開閉したりする。
  • これまで『演義』が主流だった三國志ものとしては珍しく曹操を主人公にしており、彼に従った魏の武将達が活躍する話を見ることができる。
    • 特に三国志上重要な戦いでありながらこれまで蜀側の主観だった為に軽く流されてしまっていた官渡の戦いや赤壁の戦いがしっかりと1ステージ使った決戦としてプレイできるのは魅力である。
    • 当時でも『蒼天航路』などで曹操再評価の動きが見られたためだろうか。尤も曹操も何度か命の危機に陥った戦い(董卓征討の折や濮陽の戦いでの敗戦、宛城の戦いなど)が多く、そうしたステージは大抵難易度が高め。
  • 第1作『三國志英傑伝』の「妖術使い」、第2作『三國志孔明伝』の「軍師」といったこれまで異常に強かった部隊属性が「策士」「道士」「風水士」などに分けられているなど、極端に強い属性を作っていない。『孔明伝』で最強を誇った騎兵も弓兵に弱いという弱点が追加されており、あまりに弱かった歩兵も弓兵に強く防御力が大幅に上昇して盾役が務まるようになっている等徹底してバランス調整が図られている。
    • その一環で自軍の属性配分も調整されている。徐晃が弓兵、龐徳が歩兵など微妙にイメージに合わない属性に充てられている場合もあるが。
    • 『織田信長伝』と同じく敵軍のレベルが自軍のレベルに合わさる仕様もあり、『英傑伝』の異様に高い難易度(特にPC-98版)や『孔明伝』の低い難易度と比べるとかなりバランスが取れた難易度になっている。問題作と言われるような後述の特徴がある割に「シリーズ最高傑作」の呼び声も高い。
  • 『英傑伝』『孔明伝』と異なり、自軍に加わる武将が演義の有名どころに絞られているため、確かに弱い武将(曹洪など)もいるが、『英傑伝』の耿武や『孔明伝』の高定など使い物にならないくらい弱い武将はおらず、仲間にして後は放置される武将が大量発生することは比較的少なくなった。
    • 登場する武将の性格が相当に個性あふれる物となっているが、意外と史実に合わせたものになっていたりするなどよく作られている。
  • 後に「スーパーマリオギャラクシー」のBGMを手掛けることになる、横田真人氏によるBGMはなかなかの良曲揃い。特に「急襲」「互角」は雰囲気を盛り上げてくれる。

賛否両論点

  • 登場する多くの武将の性格が、良くも悪くも個性的
    • 格言ばかり喋る呂蒙、不真面目な馬謖、「日本語でおk」状態な周瑜、腹ペコ天然ボケな孟優など、これまでの英傑伝シリーズの雰囲気からすると異彩を放っているキャラの尖り様。
      --顔グラの使い回しは『孔明伝』からであり問題は余りないが、袁譚の顔グラが王平の色違い*1、辛評の顔グラ構図が郭図とほぼ同じ、何故か自軍に加わる貂蝉は『孔明伝』のモブ女官の顔になっているなどやや手抜きが目立つ面も。
  • インターミッションイベントの削除
    • 『毛利元就 誓いの三矢』までは戦闘前に主人公を操作して各施設で様々なイベントを起こせたが、今作では『織田信長伝』と同じく本陣で武将と会話するのみ。過去作プレイヤーにとって能動的にイベントを起こす手段の一つが消えて残念。
  • アイテムによる成長システム
    • 部隊属性の能力値ランクと対応した武将の資質により、ユニットの成長性が決定される。その成長性を伸ばすためには、アイテムである「実」を使用して武将の資質を一定値まで上げ、レベルアップ時のパラメータ増を1点多くすること。
    • これを最大活用すると、戦いを長引かせ、より多く攻撃して武器のレベルを、またはより多く受けて防具のレベルを極限まで上げ、その装備を売ることで特典として手に入られる「実」を増やすことになる。間違いなく作業だ。
    • 加えて、強化した成長力を生かすためには、適用対象の加入レベルを抑える、すなわち部隊全体のレベルを抑える工夫も要る。
    • 幸い本作は難易度がそこまで高くなく、以上のテクニックを駆使しなくてもクリアまたは他のコレクション要素である宝物図鑑全収集*2ができるので、遊び方のひとつとして留めておくとよいか。

問題点

  • 一騎討ちイベントは今作もあり、それぞれに個性的な台詞が用意されるなど見てて楽しく、バリエーションも大幅に増えているが、弓兵・弓騎兵は必ず弓で戦うためかなり不自然さがある。
  • 自軍に加わる武将を絞っている為、本来曹操の配下になるはずの武将が敵のまま戦死したり(臧覇・高覧など)、友軍として登場してもやられるとそのまま死亡したりすることが多い(辛毗・文聘など)。
    • 『孔明伝』では強敵として出現した魏の名将・郭淮は凛々しかった顔グラを情けない表情に変えられており、気弱な性格の武将として描かれている。
    • 『孔明伝』に登場した曹真や韓浩、鍾繇に夏侯覇といった魏将や文官などは登場すらできなかった。
  • 死亡イベントを回避した武将の出番がない・厳密な意味での完全史実エンドや自軍以外のエンディングでの描写など、描写不足が前作までより大きい。
    • 郭嘉・夏侯淵など一部の武将には原典通りの死亡イベントが用意されているが、回避して生存させたとしても以降の物語はほとんど変わらず、以降のイベントに台詞も無ければ顔も出さない。よって、苦労して生き残らせてもストーリー上では空気化する事が殆ど。
      • 赤黄ルート後半「成都の戦い」では曹・夏侯一族が強制出撃になるが、夏侯淵は定軍山で生き残っていても一族で一人だけ強制出撃に入っていない。
      • ただし郭嘉についてだけは、曹操が「奉孝(郭嘉の字)が生きていれば、このような敗戦はなかっただろう」と赤壁の戦い後に嘆いたように、彼を生存させると赤壁戦を曹操軍に有利な展開にする事ができる。
        ---一応戦略的には活躍の場も存在する(特に典韋は属性的に替えが全く利かない)し、戦死組にも最終ステージに出撃させたときの台詞が用意されている。
    • 本来は樊城の戦いの後に病死する曹操だが、本作ではたとえ赤黄ルートで樊城の戦いをクリアしても生き続け、天下統一までゲームは続くことになる。
      • 『孔明伝』のように、一定条件によって樊城の戦いで分岐するバッドエンドの扱いとしてでも見たかったという声もある。

バカゲー要素

  • 人外の敵が出てくる。
    • 後半に入ると、木でできた人形「木人」と戦うことになる。木人は毒を付加する攻撃を与えてくるので極めて厄介である上に、召喚してくる術者を退却させない限り無限に出てくる。
    • 青ルートでは、木人に加えて混乱を付加する攻撃を与えてくる「土偶」が出てくる。

こうした点は同社の無双シリーズなどと比べれば「微笑ましい」「面白い」という程度なのだが、それに並ぶバカゲーと見做されているのは概要に記した「青ルート」の存在が大きい。

  • ルートは劉備の入蜀から分岐していくのだが、青ルートに突入するやいなや突然諸葛亮が豹変。龐統や劉備・張飛を謀殺し、趙雲らを騙して劉備軍を乗っ取ってしまう。しかもその瞬間、顔グラまで如何にもな悪党顔に変更される。
    • ちなみにこのルートでは関羽が生き残り、曹操配下に加わる小憎い点も。
+ 最終戦と真相
  • 最終ステージでは諸葛亮の秘術によって蘇らされた劉備・張飛・孫親子などのゾンビ武将と戦うという、『無双OROCHI』シリーズですらなかった前代未聞の戦いとなる。
  • 諸葛亮が豹変したのは伝説の魔王に憑依されたため。本来は劉備がその標的だったのだが、諸葛亮は主君に憑依させまいと自身を犠牲にした。その後曹操達が魔王の完全復活を阻止したことで、諸葛亮は最後の力を振り絞って魔王を道連れにするのであった。
  • トンデモなストーリーとはいえ話は中々上手くまとまっており、絶妙な難易度・最終戦近くからの熱い展開とも合わさって評判自体は上々。
    -赤黄ルートでほとんど目立たない貂蝉と徐庶は、このルートでは重要な鍵を握ることになる。
  • 実は青ルートのみならず赤黄ルートでも、劉備の遺志を継がんと最期まで戦い続けるが力及ばず戦死していく蜀の武将達は悲哀を感じさせるものがある。
  • 一部強力すぎる戦術の存在
    • 「奮起」「練兵」など能力アップの策略
      • 一時的だがステータスが二割増するので、ステータスが高まる高レベル帯では利用するかしないかで攻略難易度が天地の差にもなる。
      • なお能力ダウン策略は三割減だが、敵ユニットの数が味方よりはるかに多く、相対的に効用が低い。
    • 策略「砂嵐」
      • 森林・建物以外の地形にいる敵全体ユニットにダメージを与える風策略。他属性の策略に比べると威力は高くないが、連発させるだけで敵軍を壊滅させられる。ただし、後半の難関ステージがほとんど城内戦なので、出番がなくなっていく。
    • 策略「幻惑」「津波」
      • どちらも成功率は低いが、一撃で対象を退却されられる策略。本作は戦闘中でも何度もセーブ・ロードできるというわけで…
    • 少数精鋭による無双
      • 敵のレベルは味方出撃部隊の平均値により決定する。したがって経験値を2、3名の主力に集中させ、残りをレベルを抑えたユニットで出撃枠に揃えれば、敵のレベルは味方の主力に比べて極端に低くなり、容易く捻り潰すことが可能。ユニット退却による目立ったデメリットもなく*3、割と気軽に実行させられる。
      • 尤もこれはシステムの裏をかいたプレイ方法であり、コーエーのゲームにありがちなテクニックではある。
      • また、開始直後は仕込みに手間がかかる*4事や一周がかなり長いので救済措置と言えなくもなく、そこまで非難される物でもない。

総評

青ルートの奇抜さが真っ先に特徴に挙げられる作品だが、これまでの英傑伝シリーズの特徴を引き継ぎながらも改良し遊び易く仕上がっており、シリーズのトリにふさわしい作品である。
単品で見ても動作が快適でシステムもシンプルでゲームバランスも全体的に見れば良く、シナリオも無難に仕上げており、万人にお勧めできるSRPGと言える。


その後の展開

諸葛亮ファンや蜀漢ファンの批判を浴びたのか、はたまたコーエー側が自粛したのか、コンシューマ移植はおろかハンドブックの出版すらされないというコーエー歴史ゲームとしては異例の事態となった。

  • それまでの英傑伝シリーズ4作がコンシューマー移植されているのに本作だけハブられた。
  • しかしながら現在もGAMECITYの通信販売などで普通に購入できるため、完全に公式黒歴史となっているわけではない。
  • SRPGとしてはシリーズの中でも出来が良く固定ファンがいるのも事実であり、有志による同人攻略本や攻略サイト、ファンサイトも作られている。同人攻略本(曹操伝ハンドブック)は現在では入手は困難。
    • 補足すると、当時のコーエーの公式攻略本は付属マニュアルの記述不足に由来することから有料取説と揶揄されたり、曲芸商法並みのマイナーチェンジ大量出版で悪名高い。その後発売された『英傑伝』『孔明伝』のGBA版攻略本(アドバンスガイド)もモノクロなのに中身はPS・SS版のハイパーガイドブックとほとんど変わりがない内容で失笑を買っていた。
  • 『無双OROCHI』の蜀伝では諸葛亮が敵の遠呂智軍として登場するため、ごく一部で「魔王孔明再来か」と話題になった。
  • 2013年にスマホアプリ『三國志曹操伝Online』(※本Wikiでは記事作成禁止)が発表。韓国企業NEXONが開発を担当し、2016年に韓国で稼動。日本は2017年9月からサービスを開始した。
    • 本作とはゲームシステムが大きく異なるが、策略名・BGMなどがアレンジしながら使われている。
    • なぜ『三國志英傑伝Online』ではなく『三國志曹操伝Online』なのか。これは、中国や韓国で本作の非公式な改造が人気が故。