SIMPLE2000シリーズ Vol.19 THE 恋愛シミュレーション 私におまカフェ

【しんぷるにせんしりーず ぼりゅーむ19 ざ れんあいしみゅれーしょん わたしにおまかふぇ】

ジャンル 恋愛アドベンチャー
対応機種 プレイステーション2
発売元 D3パブリッシャー
開発元 ヴァンテアンシステムズ
発売日 2002年12月19日
価格 2,000円(税別)
判定 クソゲー
バカゲー
ポイント 経営ほぼ無意味
キャラデザへなへな
マヌケなボイスとシナリオ
社長勘弁して下さい
SIMPLEシリーズリンク


概要

D3パブリッシャーによる廉価版ゲームシリーズ『SIMPLE2000』の1作。
両親を事故で失った高校生が主人公。両親の残した喫茶店を経営し、同時に恋愛の成就を目指す。
タイトルには「恋愛シミュレーション」とあるが、シミュレーション要素はカフェ経営部分のみであり、実質的なジャンルは恋愛アドベンチャーである。

ストーリー

高校3年生である主人公(名前はプレイヤーが入力。デフォルト名なし)は、家族旅行の帰りに交通事故に巻き込まれ、目の前で両親を喪った。
父の遺した喫茶店を継ごうとする彼に、土地の売却を狙う地主は「1年間店を切り盛りできなかったら立ち退け」と要求を突き付ける。
笑顔で恫喝したがる幼馴染・役に立たない上に頻繁に鼻血を吹きだすロリ後輩・ゴキブリを見てパニックを起こす巨乳苦学生というとてもおまカフェできなさそうな3人をウェイトレスに迎え、主人公の奮闘が始まった。

特徴

  • 6月の半ばから翌年の2月いっぱいまでをプレイ期間とするゲーム。1ヶ月単位で売り上げの決算が行われ、「資金」が0になるとゲームオーバー。
  • 主人公には「コーヒー」「メニュー」「経営」という、3つの知識パラメータが設定されている。0から8のレベルがあり、「経営」はレベル4から、あとの2つはレベル0からスタートする。
    • 1日毎に、3項目のどれを「研究」するか選択する。研究するとその能力値は少し上がるが、他の2つが下がる。一定の数値になると、レベルアップする。
      • 「コーヒー」のレベルが上がると、使用できるコーヒー豆の種類が増える。「メニュー」の場合は、コーヒー以外に出せる料理の種類が増える。「経営」は収入がアップする。
      • 因みに3つともレベルをMAXにする事は日数的に不可能。「経営ともう1つをMAXにし、残りはレベル4~5程度」がせいぜいである。
    • 土曜・日曜のみ、コーヒーのブレンド・メニューの組み合わせ・店員の勤務シフト・営業時間の変更が行える。
      • 店に出すコーヒーには、コク・甘味・苦味・酸味・香りという5つの数値があり、コーヒー豆の組み合わせや挽き方によって変化する。
  • 店員は恋愛イベントにおけるヒロインでもある。5人用意されているが、最初からいるのは幼馴染・ロリ・巨乳の3人のみ。残る2人(お嬢と年上)は、進め方次第でどちらか片方が加わる*1
    • どちらが加わるかは、「特定の日付に、店で出しているコーヒーの『香り』の数値が一定以上であるかどうか」で決まる。一定以上だとお嬢が登場し、そこで正しい選択肢を選べば彼女が加わる。選択を誤るか、『香り』が一定以下だと年上が加わる。
    • 各ヒロインには「ストレス」と「主人公への好感度」というパラメータが存在する。シフトに休日が少ないとストレスが溜まって行き、一定量になると強制的に「病欠」となる。
    • エンディングは、ヒロイン5人ごとにグッドとバッドが用意されており、更に条件を満たすと見られる隠しエンドも1つ存在する。つまり合計11種類。

問題点

システム面

  • マルチエンドだというのにクリアデータはセーブできず、周回プレイも不可能。達成率表示やエンディングリストなども無い。
    • 各イベントやエンディングではCGの1枚絵が表示される事があるが、アルバムモードは存在しない。更にメッセージウィンドウを消す事も出来ないので、CG全体を鑑賞する事も不可能である。
      • プロローグに登場するCG2種類だけは、表示されてからボタン入力待ちになり、入力すると初めてウインドウが表示されるのだが、なぜかこの時だけである。
    • 1つのメモリーカードには3個所までしかセーブできないので、重要なイベントごとにデータを残しておく事も難しい。
  • 主人公は名字・名前・仇名を入力できるのだが、仇名を呼ばれるシーンは殆ど無い(恋愛関係になっても呼ばれない)。セーブファイルにも表示されない。設定する意味がない。
  • 文字の表示速度は変更できるが、メッセージスキップ機能は無い。いちいちボタンを押して文章を送る必要がある。バックログ機能も無い。
    • イベントは発生する日が予め決まっており、1つたりともパスする事は不可能。イベント中には選択肢も登場するので、ただボタンを連打しているわけにもいかない。
      • それ以外の日に発生する隠しイベントやランダムイベントも無い。
  • サンバのイベントに関する選択肢にバグがあり、選んだ選択肢と相手の反応が逆になってしまっている。
    • ストレートに頼む選択肢を選んだのに「回りくどいことしないで!はっきり頼めばいいじゃない!」と怒鳴られる

パラメータ関連

  • 好感度を含めた数値・メニュー・シフトは、エンディング分岐以外のシナリオ・イベントと一切連動しておらず、常に乖離している。
    • 数値が上下するイベントや選択肢は皆無だし、ヒロイン同士が喧嘩するイベントが起こっても、ストレス値は変化しない。
    • イベントで「もうお会いできません、さようなら」と言って去ったはずのヒロインが、その後も何事もなかったかのように出勤し続けていたりする
  • メニューとシフトは、初期設定のまま放置しておけばほぼ赤字にならない。むしろ、高いメニューばかり揃える・休日を0にする等、意図的に非常識な設定にでもしないとゲームオーバーにはならないくらいである。
    • アイテム購入などの概念は存在しない(というかアイテム自体が存在しない)。一応「店舗改築」は行えるのだが、2種類の内装のどちらかに模様替えできるだけだし、そのくせ費用だけはやたら掛かるので、ゲーム終盤にならないと改築はできない。
      • しかも改築するメリットは「客が増える」だけ。終盤で増えても今更なので、ただ金をドブに捨てるのと変わらない。
    • 前述の通り周回プレイはできないので、資金の引き継ぎも不可能。つまり資金とは単なるヒットポイントの様なものに過ぎず、「尽きる前に8.5ヶ月逃げ切ればOK」というだけの存在でしかない。
    • パッケージには、内装と制服を変える事で自分好みの店を作れるかの様に記述されているが、内装は前述の通りだし、制服に関しても初期から有る物と後半に追加される物の合計2種類しかない。一応各制服の色は3種類から選べるのだが、服と色を変えても来客数が多少変化する程度なので以下略
    • メニューは初期のものだけで十分だし、経営レベルにしても収入を大きく左右するほどのものではない。従って「メニュー」「経営」の数値は上げても無駄
      • コーヒーのレベルだけは上げる意味はある。理由は次項で。

展開の分岐関連

  • イベントで同行するヒロインを選択する場面では、まず「幼馴染・ロリ・その他」と表示される。ここで「その他」を選ぶと巨乳と4人目の名前が表示されるのだが、なぜかここから前の2人を選び直すことは不可能となる。キャンセルボタンを押しても何も起こらない。
  • 本作は一般的なギャルゲーとは逆で、ヒロインの主人公に対する好感度は全員MAXからスタートし、ストレスが溜まって病欠したり、好みに合わないコーヒーを出し続けたりすると下がっていく。
    • その周における最終的なヒロインは「クリスマスイブに誰に電話をかけるか」だけで決まってしまう*2。その後ヒロインごとのルートに突入し、最終日における好感度が低いとバッドエンドに分岐する*3
      • それまでのイベントにも、誰をデートに誘うか・何と返答するかといった選択肢はあるが、エンディングには全く関係無い。1回もデートしなかった相手や、冷たくあしらい続けた相手であっても、イブと最終日だけでエンディングは決まってしまう。
      • この仕様の都合上、「喫茶店なのに稼ぎ時のイブに休業している」という妙な事に…。
    • 5種類の値全てが高いコーヒーを作り、シフトも初期設定のままで放置するだけで、全ヒロインの好感度は保っておける。バッドエンドを見たい時のみ、そのヒロインの好みの数値を下げ、休日無しにするだけで良い
    • 隠しエンドを見る為には、コーヒーレベルが最高の時だけ入手できる豆が必要である。またお嬢を登場させる(=「香り」値の高いコーヒーを作る)には、初期にある豆だけでは足りない(他4人の好感度については初期の豆だけでも足りる)。故に、コーヒーのレベルだけは上げる意味が出てくるのである。

ここまでお読みいただければお解りかと思うが、本作は喫茶店経営ゲームとしてはほぼ成立していない
意味のある数値はコーヒー・資金・好感度の3つだけだし、しかも資金は初期設定をいじらなければほぼ空気。好感度もイブ以降(=ヒロインルート確定後)に上げ下げしても十分エンディングには間に合う。そしてコーヒーレベルは、お嬢と隠し以外の8種類のエンドを見るなら0でも構わない…。

無論、本作はギャルゲーなので、ヒロインの魅力やシナリオの面白さの方が重要である。ではそちらはどうかというと…。

キャラクター面

  • 絵師の画力…というか画風の問題なのだが、どの人物も横幅が足りず、上下に引き延ばしたかのように細長く描かれている。胴体も手足もヒョロヒョロで、首に至っては首長族と言わんばかりに長い。
    • 特に酷いのがお嬢で、首が顔より長く、まるでロクロ首である
    • 立ち絵は紙から切り抜いてきたかのようで、立体感が全く無い。背景のグラフィックは、実写を取り込むなど奥行きを感じさせるものなのだが、故に人物が余計に浮いて見えてしまう。
      • イベントCGの場合は背景も絵なので、立体感については違和感は無い。キャラが首長である事は変わらないのだが…。
    • 口に出さず内心思っている台詞の場合でも、立ち絵は変わらず口パクをしている
    • 幼馴染の「悲しんでいる」立ち絵は、腕の位置が原因で主人公に向かって謎のファイティングポーズを取っているかの様な構図になっている。よりによって初登場シーンのグラフィックがこれ。
      • 巨乳はゴキブリを見たショックで顔面崩壊を起こしている立ち絵がシリアスなエンディングでも使われている。またプールではスクール水着を着ているという設定だが、立ち絵はどう見てもスク水ではない。競泳用とも違う
      • ロリに至っては素・悲しみ・怒りと、殆どの立ち絵がギャグ顔。その為シリアスなバッドエンドでもギャグ顔で登場してしまい、雰囲気を台無しにしてしまっている。しかも怒り(むくれ)顔は妙に角ばっておりかわいくないというか怖い。
    • この様に問題だらけの立ち絵なのだが、実はこれでも原画よりブラッシュアップされているのである。説明書に載っているイラストは、頭は妙にデカいわ、体の各パーツのバランスはおかしいわ、全体的にのっぺりしているわで、見ていると不安になってくる
  • 主人公以外のキャラはフルボイス。ヒロイン役の5人・脇役のおばさん担当・男性声優1人の合計7人が出演しているのだが…声の破壊力は『プラネットジョーカー』とでも戦えるレベルである
    • 幼馴染は、声に深みはあるのだが、告白シーンだろうと葬式だろうと悲鳴を上げる時だろうと淡々とした声を出す為、まるでナレーターである*4
      • 主人公を巡って他のヒロインと対立するシーンでも相変わらず淡々と喋る為、はっきり言って怖い
    • お嬢はのんびり口調なのだが、棒読みを通り越して変読みである。一応「不思議ちゃん」という雰囲気は出ているが…。
    • なぜかどのキャラも、効果音まで声に出す。シリアスなシーンでもお構いなし。
    • そして最悪なのが、唯一の男性声優。本作に登場する男性キャラ全ての声を当てているのだが、まともなのはメインキャラの「常連客のおじさん」ぐらいで、それ以外はかのコンバット越前並みの棒読みっぷりである
      • コメディ系のイベントに登場する「主人公の同級生」あたりはまだしも、「ヒロインから金を騙し取った元カレ」「主人公を袋叩きにするチンピラ」「主人公の両親を殺した犯罪者」といった重要なシリアスイベントに登場する悪人達まで脱力ボイスで演じている。しょっぱなのシリアスな主人公の父親の死亡シーンから脱力ボイスである。
      • 特に酷いのがチンピラで、しかも同時に5人で登場する。一応声分け自体はできているのだが、やはり無理があったらしく、後から喋るキャラになる程棒読みが酷くなっていく。
        「おいがきなにやってんだよ」「これからそのおんなとほてるいくんだろかねよこせ」「あだだだだだ」「おれはなにもしてねーよ」
        …まるでマンガに出てくる「主人公に暴漢役を頼まれた友人」である…
      • これはその声優が上手いか下手かというよりも、単純に若者役に向いていない声だったのではないかと思われる(とはいえ「両親の仇」は中年男なのに棒読みだが)。ヒロイン勢はともかく、脇役の男性キャラまでフルボイスにしなくても良かったのでは?
+ 因みにこの男性…

実は出演声優陣の所属事務所の社長であり、かつて『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズにおいて如月影二やゲーニッツなどを演じた島よしのり氏である

  • お嬢の初登場イベントで同時に現れる同級生達の声も酷い。こちらも5人組で、やはり後に発言する者ほど棒読みになって行く。恐らく他のヒロイン声優が当てているのだろうが…。
    • お嬢「おいしいですねぇ~」→友人1「おいしいならおいしいの一言でいいだろ!」いや、だから一言しか言ってないだろ
  • 7人の中で一番演技に迫力があるのが「脇役のおばさん」というのも…。1人2役だが、出番は合計4回しかない。
    • しかもおばさんはおばさんで表情が非常に少なく、文章で「すごい剣幕」と表示していても立ち絵では思いっきり真顔と緊張感に欠ける。
  • ロリの声はそれほど酷いわけではない。因みにこの3年後に『ロックマンX8』のオペレーター・パレット(及びボスのギガボルト・ドクラーゲン)を演じる事になる人物だったりする。
  • なお、出演声優は『すいすいSweet ~あまい恋の見つけ方~』(PS2版)と一部共通している。

シナリオ関連

スタッフロールには「シナリオ」として5人の名前が載っている。菊池たけし氏など、TRPGやライトノベル界におけるベテランが揃っているのだが、この短いシナリオのどこを誰が受け持ったのかまでは定かではない
また、担当者同士の刷り合わせが上手くいっていなかったのか、おかしな展開が色々と…。

  • 幼馴染は、初期の市民プールに行くイベントで真っ赤なエロ水着を自分から着てくるのだが、それ以降のイベントからは「昔から極度の恥ずかしがりだ」と扱われ始め、サンバやコスプレの衣装に露骨な嫌悪感を向ける様になる。途中でシナリオ担当者が替わったのか?
    • 因みにエロ水着と言っても立ち絵の出来は前述の通りなのでお察し下さい
  • 主人公は「高校を中退すると店を経営する為の資格が取れないから」と発言しており、バッドエンドでも「卒業できなかったから店を明け渡す」という展開になるのだが…現実には中卒でも資格は取れる。但し高校に通いながら経営する事はできない。つまりさっさと中退した方が良かったんじゃ…?
    • それにしても主人公の両親を事故死に追いやったのはタンクローリーの運転手(つまり勤務先は明白のはず)なのだが、ゲーム中、主人公に対して補填がどうなったか等はまったく触れられない。
      • 運転手自身は逃亡しており、ある時点まで行方が不明なのであるが…(後述)。
  • ライターの趣味なのかガンダムネタが登場するのだが、
    主人公「お前、俺を何だと思っている?」→ロリ「ゲリラ屋。」→主人公「青き巨星かよ!」
    お嬢「自称似てないモノマネ~、坊やだからさ」
    …唐突過ぎてまったく笑えない、というより笑わせようとしているのかどうかすらわからない
    • こちらもライターの趣味なのかは不明だが、随所に唐突な社会批判、マスコミ批判などが入ってくる事も。
  • ロリは食材を何度もつまみ食いしたり、自分を庇ってくれた巨乳に嫌がらせをしたりと、明らかに悪意を持ってろくでもない事ばかりするのだが、主人公は「お前にはお前のいいところがあるから。もし無かったらとっくにクビにしている」と発言する。しかしその「いいところ」が全くシナリオ中に描写されない為、ただのウザいだけの人物になってしまっている。
    • その一方で、ロリが目の前で飴玉を喉に詰まらせたり溺れたりしても「顔色が変わってきたぞ」「息をしていない。でも人工呼吸はキスになっちまうし」と呑気な主人公。
+ 巨乳のイブ以降のシナリオがやたらとマヌケ。
  • イブのイベントで、選択肢の片方を選ぶと告白シーンに移行し、もう片方を選ぶと、当り障りの無い話だけして終わる…のだが、どちらを選んでもその後のイベント内容は同じで、主人公は彼女を仇名で呼んだり抱き付いて胸に顔を埋めたりする。イブに告白しなかった場合、色々とすっ飛ばした様にしか見えない。
    • 主人公「俺は勿論、幼馴染を愛している。でも今は、お前の事を愛している」
      お前は何を言っているんだ
  • グッドエンドでは、不良の弟が無免許運転でロリを轢き逃げした為、慰謝料を稼ぐべく体を売ろうとする。で、主人公が一喝するのだが…。
    • 「苦楽を共にした仲間が、そんな事で稼いだ金なんか受け取れるわけねぇだろ!」…いや受け取るのはお前じゃなくロリだから
    • 「きちんと働いて罪を償え!!」…いや償うべきなのは弟の方ではないのか!?この言い方では無関係な姉に罪をなすりつけている様にしか見えない。
    • なおロリ本人については「入院した」の一言で片付けられてそれっきり。しかも主人公も巨乳も怪我の心配はせず、金払いの話しかしない。あんまりだ。
  • 因みにこの弟、イブのイベントに声だけ出演しているのだが、例によって脱力ボイス。エンディングイベントには直接登場しないのが救いか?
    「ねーちゃん、でんわー」「しらねー、へんなおとこー」「うるせー、ぶーす」
  • そして特に酷いのが、年上ヒロインの扱い。加わるのは途中からだが、仕事が非常にできるという設定で、自分より劣る他3人のヒロインを事あるごとに見下し、「文句があるなら私よりできるようになってみろ」と挑発する。主人公が「もっと仲良くやってくれ」と頼んでも、「甘い、商売は仲良しごっこじゃない」と一蹴する。
    • しかし彼女自身はというと、毎日の様に平然と遅刻し、サボる隙を窺う。果ては「ネイルアートが剥がれるから力仕事やトイレ掃除はやりたくない」と他人に押し付ける。完璧なブーメラン発言である
    • 協調性が無いというのは立派な問題だし、「これまで数多くのバイトを経験してきた」という設定も、それが原因で辞め続けてきたのでは…とも思えるが、その辺りは誰1人指摘しない。
      • 立場は他の3人同様バイトに過ぎないはずなのだが、マスターである主人公が指示や注意をしても言い包めたり色気で黙らせたりするため、どちらが店長かわからない。まるでどこぞの夏の恋活ファミレスである。
      • こうして他の3人と対立を深めていく…と思いきや、イブにメインヒロインに選ばれた途端、その確執はどこかへ放り投げられてしまい、それどころか他の3人自体がイベントに殆ど登場しなくなる。特に険悪な仲だった筈の巨乳は以後名前すら出てこなくなる
      • 因みに他の3人の誰かがイブで選ばれた場合は、逆にこの年上(orお嬢)は以後イベント上で完全に黙殺される。
    • そしてグッドエンドでは、結局彼女は「主人公も頭が上がらない完璧超人」という扱いで終わってしまう。
    • その替わりということなのか、彼女のエンディングは、ヒロインの中でも非常に重苦しいものとなっている。しかしこのエンディングの演出がよりによって…。
+ 年上EDのネタバレ

主人公と年上は、買い物の帰りに1人の中年男と出くわすのだが、この男こそ主人公の両親を事故死に追いやって逃亡していた運転手であり、同時にかつて年上を虐待して捨てた父親でもあった。
怒り狂い犯人を滅多打ちにする主人公、逃亡生活の疲れから抵抗もできない犯人、そして泣いて主人公に取りすがり、父を逃がそうとする彼女…

…なのだが、犯人の声が例によって棒読み脱力ボイスな上に、なぜか年上が「片目を閉じて呆れ顔をしている」という立ち絵になっており(「悲しみ」の立ち絵はちゃんとあるのに)、まるでコントか何かの様なイベントと化してしまっている…。

  • 因みにこのエンドによると、犯人の名字は娘と同じなので、籍は抜いていなかったようだ。年上は警察から何か尋ねられなかったのだろうか?主人公にしても名字から気付かなかったのか?

評価点

  • ロード時間がほぼ0である。ロードするほどの内容が無いとも言えるが。
  • BGM関係も特に問題は無い。お約束とか言ってはいけない。
  • キャラデザはともかく、グラフィックは非常にクリアで、画面は見やすい。CGの出来も立ち絵ほど悪くはない。
    • サンバイベントに登場する、モブの踊り子2人のCGは妙にクオリティが高い。やっぱり首は長いけど。
  • メッセージウインドウが、キャラの台詞の時は吹き出しの形に、叫び声の台詞の時はギザギザの形に変化する(『ライブ・ア・ライブ』に近い)。
  • 誤字脱字や、日本語的におかしな所はそれほど無い。ストーリーとか立ち絵とかがおかしいだけで
    • 「ミイラ取りがミイラになる」という言葉の使い方を間違えている程度。
  • コーヒー関係の蘊蓄はそれなりに出てくる。
  • 男に騙され続けている性格の悪い年上処女というヒロインがお好みの人になら…。

総評

一言で言えば、クソゲーである。経営関係の要素は複雑そうに見えるが実際は殆ど意味が無く、恋愛関係のシナリオやフラグ管理も杜撰で、下手をすればSIMPLE1500のギャルゲーにも負けている。
単純に内容自体も薄い。無意味な数値とボイスを除けばSFCでも出せたのではないだろうか?ゲーム中に使うボタン自体、十字・○・×の3つだけだし。

「主人公の目の前で両親が死亡する」という衝撃的なシーンから始まり、思い出の店を守る為に奮闘するという、コンシューマ機向けのギャルゲーとしては重い設定。コーヒー豆の組み合わせに応じて、ブレンドコーヒーの味の傾向が細かく変化する事。ヒロインに「好かれる」のではなく「嫌われない」のを目指す事…など、面白くなり得ていたかもしれない点はいくつもあるが、何ひとつ活かせず終わってしまった。

余談

  • 後に同じ開発元による喫茶店経営と恋愛を絡めた乙女ゲー『気まぐれストロベリーカフェ』(後にSIMPLEシリーズ『僕におまカフェ』というタイトルで廉価版化)が発売されたが、本作との内容的な繋がりは一切無い。
  • かつて菊池たけし氏が関わった『エイスエンジェル』*5絡みの小ネタが登場している。
  • 主人公やヒロイン2人が通う桐真学園はキリマンジャロが元ネタなど、キャラ名や地名などにコーヒー用語が多く使われている。センスが良いかはともかく。
  • 本作は日本で2番目に出た「葬式から始まるギャルゲー」であるらしい。因みに1番目はこちら
  • 本作と同時に、同じSIMPLEシリーズから『忍~魔物の棲む城~』が発売されたが、そちらの出来も…。