ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女

【ふぁみこんたんていくらぶ ぱーとつー うしろにたつしょうじょ】

ジャンル アドベンチャー
対応機種 スーパーファミコン(ニンテンドウパワー専用)
発売元 任天堂
開発元 任天堂、トーセ
発売日 1998年4月1日(書き換え開始日)
価格 2,100円
レーティング CERO:C(15歳以上対象、VC)
配信 バーチャルコンソール
【Wii】2008年4月30日/800Wiiポイント
【Wii U】2013年7月31日/800円
【New3DS】2017年8月23日/823円(税8%込)
判定 良作
ファミコン探偵倶楽部シリーズ


概要

ディスクシステムで発売された『ファミコン探偵倶楽部 PartII うしろに立つ少女』のリメイク版。
ニンテンドウパワーの書き換えサービス向けに制作された。ストーリー及びゲーム全般の特徴は上のリンク先を参照。
本稿ではオリジナルからの変更点を中心に記載する。

オリジナルからの変更点

  • シナリオ面
    • シナリオの各節目を軸に全11章の章仕立てに再構成された。節目ごとにサブタイトルが挿入される。
    • シナリオ内容自体に一切変更はないが、発売当時の時代に合わせテキストの一部に変更や補足が加えられている部分がある。
    • ストーリー後編冒頭の3D迷路シーンが削除されてテキストによる描写になったため、ゲーム進行がスムーズになった。
    • また、行動の要所要所で特定の行動に対する選択肢が(その行動を取るか取らないかを選ばせられる)挿入されるようになった。
      • これは後述のおまけ要素「性格診断」及び「あゆみちゃんとのラブラブチェック」の結果に関わる要素であり、ゲーム展開自体には影響しない。
    • 原作に存在しなかった追加シーンがある。
    • その他、序盤でモブとして登場する人物が中盤以降で再登場したり、オリジナル版での登場人物とのやり取りにちょっとした変化が生じる要素があったりと、普通にプレイしているだけではわかり難いお遊び的な要素も増えている。
  • グラフィックが全面的に描き直され、よりグラフィカルになった。
    • 同じ場所でも時間経過により日が暮れるなど、描写が細かく臨場感たっぷり。
    • オープニングの回想シーンや背景で一部アニメーションが取り入れられており、さらに臨場感が増している。
    • 話しの展開に合わせてグラフィック画面がスクロールして背景の別の位置を移したりといったカメラの動きも取り入れられた
    • キャラクターデザインもリファインされた。80年代の少女漫画調のビジュアルデザインから写実的な絵柄に変更された他、
      背景も一部3DCGを用いた写実的な描写となっており、サスペンステレビドラマ的な雰囲気が強まった。
    • キャラクターの表情や立ち絵のパターンも非常に豊富になり、真正面向きのみならず後ろを向いたり体を斜めに向けたりなど多彩になった。
      原作では会話テキストのみだったモブキャラにも全て立ち絵が用意されている。
  • BGMがSFC音源向けにアレンジされており、オリジナル版にはないBGMも新規に追加されている。
    • セーブデータ作成前の起動時における「FC版タイトル画面⇒進化したSFC版タイトル画面」へ変化する演出は、BGMも合わせて必見。
  • プレイアビリティの改善
    • あらすじ機能、メモ機能の追加。
      • ゲーム再開時にあらすじを見て、各章ごとの展開を振り返ることが可能。内容を忘れにくくなった。
      • メモ機能は聞き込みなどで新しい情報が入るごとに更新され、いつでも見ることができる。
    • 聞き込み中に出現した新しい選択肢は文字が黄色で表示されるようになり、選択肢の増加に気づき易くなった。
    • ボタンでメッセージ送りが出来るようになり、ゲームテンポがスムーズになった。
  • おまけ要素「性格診断」「あゆみちゃんとのラブラブチェック」
    • 「性格診断」はゲームの進め方によってプレイヤーの性格を診断するというもの。性格診断に繋がる行動や選択肢が随所に挿入されており、結果次第で様々な診断が下るようになっている。
    • 「ラブラブチェック」はゲーム中でとった行動によってあゆみちゃんに設定された好感度が大きく変化し、ゲーム終了後、好感度の高さに応じたキャラクター1人が現れ、プレイヤーに対してコメントをくれるというもの。
      • あゆみちゃんからのお言葉をもらうにはハートマークをほぼコンプリートに近い個数(全20個)まで集めるという条件*1を達成しなくてはならないのだが、とにかくその難易度が高い。攻略のヒントとしては、うかつに好感度の下がるような行動を取ってはいけない。

評価点

  • グラフィック、サウンドがオリジナル版からよりいっそう洗練された。
    • 恐怖演出の一環としてサンプリングボイスも密かに使用されており、それに気づくとより恐怖も盛り上がる。
      よりホラーな雰囲気を味わいたいのであれば、音量高めでヘッドフォン使用を推奨(いや、止めた方がいいかも……)。
  • プレイアビリティ面の欠点を解消し、更に快適に遊べるようにするための配慮が施された。
  • ROM媒体なのでセーブに煩わしさがなく、複数個所セーブ可能。画面の切り替え時の読み込みもないのでテンポがよくなった。

賛否両論点

  • ビジュアル面・演出面が強化され洗練されたが、それにより恐怖感が薄れたとファンから指摘されることもある。
    • これはホラー系のゲームリメイクでは必ずと言っていいほど指摘されるポイントでもある。最終盤のあるシーンはオリジナル版の方が怖いという人も多い。
      • 確かにFC版のシンプルが故に想像力を掻き立てられるシーン描写もなかなかだが、SFC版の容量を生かしたスチルやアニメーションの進化による演出強化も、時代の進化として大きく評価したいところではある。

問題点

  • 前編パートの終了後はインターバルを挟まずにそのまま後編パートへ突入するが、後編開始冒頭に挿入される前編のあらましのナレーションがそのままであるため、若干、不自然になっている。

総評

過去作のリメイクとしては、旧作のファンも納得の出来栄え。あらゆる点で洗練され、過去作のよい点、持ち味を見事に昇華させたと言えるだろう。

余談

  • オリジナル版にはなかった正真正銘のゲームオーバーが2ヶ所存在する。
    • もっとも、意図的にくり返しフラグを立てる必要があるため、普通にプレイする分にはまず気づかない、一種のお遊び要素のようなものである。
  • 「平成 新鬼ヶ島」では収録されていたオリジナル版の収録が今回はない。
    • 残念な点ではあるが、前後編をまとめて収録のため容量的な問題なのだろう。
  • 多くのファンに望まれているにもかかわらず、「消えた後継者」のリメイクは制作されず、更にシリーズの新作も未だ開発されていない。
    • 製作者が「80年代当時のあの頃だからこそ作れた作品であり、今の時代的に受け入れらるものではないと考えているから」だとインタビューで回答している。
      • 「消えた後継者」および「後ろに立つ少女」のオリジナル版が2004年8月10日にGBAで復刻販売されている。
      • 2019年にNintendo Switchにて「消えた後継者」および「後ろに立つ少女」のリメイクが制作される事が発表された。特に「消えた後継者」は待望の初リメイクとなる。
  • ニンテンドウパワーによる書き換えのみという発売形態により、知名度が低い。
    • 現在はWii/Wii Uのバーチャルコンソールで配信されており、プレイできる機会が広がった。
  • 本作の発売はシリーズ初代作である「消えた後継者」の発売から10周年という節目だったこともあり、ニンテンドーパワー作品紹介ページの本作のページでは、『ファミ探生誕10周年記念』と銘打って過去作の紹介やちらし広告の掲載ページなどのコーナーが存在した。
    中でも『ファミコン探偵倶楽部10年のあゆみ』のコーナーにはある意味騙された人も多かっただろう。
    + 詳細
    • 『ファミ探発売から今に至るまでの10年間の軌跡を紹介する』……と見せかけて、シリーズのヒロインであるあゆみちゃんの出演作品をゲーム中の彼女のグラフィックと共に振り返るというもの。つまり「歩み」と「あゆみ」をかけたダジャレである。
    • 更にこのコーナーの中に水着姿で恥じらうあゆみの公式絵画像が隠されており、特定の手順で画面内の画像をクリックすることで見ることが可能。スタッフ何やってんの。
      • ちなみにこの公式絵は、ファミマガ市場で行われたファミコン美少女コンテストの挿絵用に開発チームが書き下ろしつつ未使用になったものの1つで、その他には、袴を身に着けて模擬薙刀を振るうあゆみや、アイドル風のおしゃれな洋服を身に着けたあゆみのイラストが描かれている。
  • ニンテンドウパワーのページはトップページが消滅しているが、ソフトの紹介ページは20年経った今でも残っているので検索すれば閲覧は可能。*2
    • 余談中の余談。
      + 冷静に考えてみると本筋とは全く関係の無い所で謎が残っている。 怪談がテーマなので以下のような怪奇現象が演出として取り入れられている。
      • 肖像画の目が動いた(ような気がする)。
      • 誰かに見られていた(ような気がする)。
      • とある場所でじっとしているとすすり泣く声が聞こえる

      基本的にはテキスト中で主人公の主観で語られるためプレイヤーがそれを知覚することはない。あくまで物語の恐怖面を引き締めるためのエッセンスである。
      だから「気のせい」で片づけられる。

      だが、最後は違う。音の面から直接アプローチをかけてくる為プレイヤーはそれを否定できない。1度目こそ気のせいと思うかもしれないが、2度目以降はそうはいかない。
      そして何よりプレイヤーを焦らせるのは、このことについて登場人物が一切言及しないことであろう。

      …で、普通にプレイしている分だと気づきにくいが、あらためて整理してみるとこれらの現象は美術室に集中していることがわかる。
      物語終盤に美術教諭の駒田は「ここには得体のしれない何かがいる」という台詞を残すが、通常ならこれは『うしろの少女』を示すものとプレイヤーは受け取るだろう。
      しかし、前述の事実を確認した上で考えてみるとどうだろうか? 本編の真相と合わせて見ても(美術室は事件とは関係ないので)『うしろの少女』とは直接繋がらない。 (一応、ここに飾られている肖像画がある事件関係者と関わっているが……)

      美術室には『うしろの少女』とは異なるナニかが潜んでいる……?

    添付ファイル