ドラッグ オン ドラグーンシリーズ

機種 タイトル 概要 判定
ドラッグオンドラグーンシリーズ
PS2 ドラッグ オン ドラグーン 『抗え、最後まで。』
キャビア渾身の怪作。狂気的なキャラクター達が織り成す血塗られたストーリーと、
抗い抜いた先に待つ前衛的なエンディングの数々がユーザーの度肝を抜いた。
怪作
ドラッグ オン ドラグーン2
封印の紅、背徳の黒
『再び、戦いの業火へ。』
2005年KOTY次点前作Aエンドの続編。
アクが薄まってしまったものの、キャラクターと一部シナリオは評価されている。
なし
PS3 ドラッグ オン ドラグーン3 『さあ、歌おう…世界の終わりを。』
8年振りのナンバリング続編。シリーズ初の女性主人公。
なし
NieRシリーズ
PS3 NieR RepliCant 『一人のために、全てを滅ぼせ。』
『DOD1』Eエンドから千年後の世界が舞台。
本家と比較して多少ライトな作風が特徴。
360 NieR Gestalt RepliCantとほぼ同一の内容で、海外向けにキャラクターデザインを変更。
PS4/Win/One NieR:Automata 『命もないのに、殺しあう。』
『NieR』から一万年後の世界を舞台に、アンドロイドと機械生命体の戦いを描く。
アクションに定評のあるプラチナゲームズが制作を担当した。
PS4/Win NieR:Automata Game of the YoRHa Edition 『NieR:Automata』にDLCや各種特典を追加。


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
AC LORD of VERMILIONシリーズ コラボ使い魔としてキャラクターが参戦。 なし
シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル 『NieR』シリーズの楽曲を収録。 なし
PS4/One/Win ソウルキャリバーVI 有料DLC第2弾として2Bが参戦。