グランツーリスモシリーズリンク

機種 タイトル 概要 判定
PS グランツーリスモ リアリティを本格的に追求した結果、家庭用レースゲームのあり方を一変させてしまった名作。
パッケージ車両は「スープラ RZ」及び「スカイライン GT-R (BCNR33)」
グランツーリスモ2 収録車数・コース数が大幅に増加。グラフィック面も進化した。パッケージ車両は「S2000」
PS2 グランツーリスモ3 A-spec シリーズ最大のヒット作。収録車数は大幅に減少したが、グラフィックの飛躍的進化が話題に。
パッケージ車両は「RUF 3400S」
グランツーリスモ コンセプト 2001 TOKYO 2001年当時のコンセプトカーや最新の市販車が収録車種の中心となった外伝的一作。
パッケージ車両は「GT-R コンセプト」
なし
グランツーリスモ4"プロローグ"版 『4』の約1年前に発売。『4』の極一部のコース・車を運転技術を学びながら先行体験できた。
グランツーリスモ4 リアルサーキットと旧車の大量収録がポイント。後にオンライン実験バージョンも登場した。
パッケージ車両は「フォードGT コンセプト」
PS3 グランツーリスモHDコンセプト シリーズ初のPS3作品。2006年12月24日から2007年9月30日までPSstoreで無料配信された。
グランツーリスモ5 プロローグ パッケージ車両は「GT-R (R35)」(無印版)及び「GT by シトロエン」(Spec III版)
PSP グランツーリスモ シリーズ唯一の携帯機タイトル。『4』ベースながらクオリティは高く、400万も売り上げた。
パッケージの車両は「コルベット ZR1 (C6)」
PS3 グランツーリスモ5 粗は多々あれど、当時最多の収録車数やオンライン要素を実現、劇的な進化を遂げた。
リアリティへの接近度も最高潮に達し、 Game of the year 2010 を獲得。
パッケージ車両は「SLS AMG」(無印版)及び「X2011 プロトタイプ」(Spec 2.0版)
GTアカデミー 2012 2012年5月2日~6月25日までPSstoreより無料配信されていた。現在はプレイ不可。
GTアカデミー 2013 基本内容は2012年版と同様。『6』のゲームエンジンで製作され、一部要素を先行体験できた。
グランツーリスモ6 『5』をベースに新旧の車やコースを追加。様々なジャンルとのコラボレーションも本格化。
パッケージ車両は「コルベット スティングレイ (C7)」
PS4 グランツーリスモSPORT FIAとの協力の下、「e-Sports」を意識した、ナンバリングでもプロローグでもない作品へ。
グラフィック的にもPS2時代の素材流用を撤廃、名実共に完全なフルHD化を達成した。
パッケージ車両は「メルセデス AMG GT S」


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
PS モータートゥーングランプリ PS1のレースゲームとしては二作目。GTシリーズのディレクターである山内一典氏のデビュー作でもある。
モータートゥーングランプリ2 未完成感が強かった前作に各要素を追加した続編。隠しモード「モータートゥーンR」はGTへの布石に。
モータートゥーングランプリUSAエディション 2のゲームバランスを更に調整した修正版。
PS2 ツーリスト・トロフィー 『GT4』のエンジンを使用し製作された姉妹作。いわゆるバイク版のグランツーリスモである。


余談 ~ポルシェ車両の紆余曲折について~

  • ポルシェは長年、EA(エレクトロニック・アーツ)がゲームでの使用権を独占しており、他社が使用するにはEAに使用料を払うことが必要となっていた。
    EAは独占権を相当重要視していたらしく、他シリーズでマイクロソフトからポルシェの収録依頼があった際は、自身にとっても重要な作品プラットフォームを持つ同社の働きかけすら突っ撥ねたほどだった。
    • GTシリーズにおいても、莫大な使用料を回避すべく、別の自動車メーカー・RUF(ルーフ)が製造した「ポルシェ製のボディをもとに独自パーツを搭載した、権利上は全く別の車」で代用していた。
      しかし『GT3』において、EA側の態度軟化を期待していたのかは不明だが、没データながら911 GT3 (996)を無断で収録してしまい、ファンの間で疑惑がらみの話題となってしまった。
  • それ以降もソニー側は新作毎にアプローチを続け*1、ポルシェからも「機会があれば収録させたい」というコメントが出るなど、関係は良好に向かい、そして2016年12月、EAとポルシェの独占契約が終了。
    それに伴い、他ゲームも容易にポルシェの車両が収録可能となり、GTでも『SPORT』にて初収録。初期のPVではポルシェ車両は一切出ておらず、収録を危ぶむ声もあった中での発表にファンは沸いた。
    • 更に、その後のアップデートで『GT3』でまさしくボツになっていた996型GT3が(997型とともに)収録されたことにより、これらの「SCEによるポルシェ無断収録問題」はもはや過去のものとなった。