beatmania IIDXシリーズ

BEMANIシリーズの内の一ブランド。『beatmania』シリーズの上位作品にして、事実上の後継作品。派手で大型の筐体、より充実した音響システム、そして鍵盤の数が5鍵から7鍵に増えているのが大きな特徴。

収録楽曲はbeatmania同様クラブミュージックがメインであるが、トランスやユーロビートといったメロディアスな楽曲や、ハードコアやドラムンベースなどの高速且つ音数の多い楽曲が主流となっている。 他にもクラシック音楽のアレンジやピアノ音楽、果てはアニソン風J-POPから電波曲まで収録ジャンルは多岐に渡る。

当初コナミは、普及版の『beatmania II』と豪華版の『beatmania IIDX』を並行して展開する計画であったが、『II』はロケテストをしただけで発売中止となり、『IIDX』のみが発売された。
当初は『beatmania II』までがゲームタイトルで『DX』は筐体バージョンのみの位置づけだった*1ものの、DX筐体に一本化されタイトル自体も「DX」まででくくられるようになった、とも言える。
その後、初代『beatmania』と『beatmania III』がいずれも展開終了となる中で、『IIDX』シリーズはbeatmaniaブランド唯一の現役機種として、現在(2018年)に至るまで新作の発表が継続している。

beatmaniaシリーズの他作品はbeatmaniaシリーズを参照。

AC作品

タイトル 概要 判定
beatmaniaIIDX beatmaniaから派生した記念すべき第1作目。
元々は小型筐体『beatmania II』の方がメインとして開発されていたが、デラックス筐体に人気が集まり現在の形に。
賛否両論
beatmaniaIIDX substream ↑のバージョンアップ版。現在のマスコット、トランが初登場。
beatmaniaIIDX 2nd style 正統続編にして『DDR』との連動に対応した最後のバージョン。HI-SPEEDオプション、EASYゲージ導入。
新曲は全て専用のムービーorレイヤー付き。
beatmaniaIIDX 3rd style 『beatmania』シリーズと異なる方向性を明確に打ち出したバージョン。
初心者向け譜面モードのLIGHT7/14も初登場。
beatmaniaIIDX 4th style 新曲・前作以外の過去譜面が初めて収録される。
3rdで行われた公募の優秀作品が収録。
beatmaniaIIDX 5th style SPとDPで個別の難易度表記が与えられる。
beatmaniaIIDX 6th style HARDゲージ導入を始めにオプション関連の強化。
DVD採用による映像面での演出強化の一方、ムービーが再生されないトラブルも。
beatmaniaIIDX 7th style 段位認定モード、ONE MORE EXTRA STAGE初登場。
beatmaniaIIDX 8th style 新曲に版権曲が含まれなかった初めてのバージョン。長年の稼働によるモニターや内部システムの劣化が顕著に。
beatmaniaIIDX 9th style e-AMUSEMENTサービス導入と内部システムの換装。
旧曲が多く復活した一方で環境が問題になり、エフェクターが廃止され音質・音量バランス劣化や判定ズレも多発。
なし
beatmaniaIIDX 10th style とあるスレ住民による大規模な解禁要素バレや、難易度設定がおかしい段位認定SP八段といった事件が発生。
一方で前作までの難易度7禁(難易度7でゲージが点滅)が難易度8表記になり、エフェクターは仕様を変えつつ復活した。
beatmaniaIIDX 11 IIDX RED このバージョンからスコアグラフとライバル機能が追加される。
本作からナンバリング以外にサブタイトルが付加。前作の解禁バレを踏まえ解禁方法をオンライン方式に一本化。
前作の難易度8が細分化され8+(8でゲージ点滅)が登場。
beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY このバージョンから難易度表記が現行の12段階の仕様となり、ANOTHER譜面に初めて難易度がつけられ、LIGHT7モードが廃止されSTANDARDモードに統合。SUDDEN+とHIDDEN+が搭載。
難易度名称の変更やそれまでのIIDXのイメージから外れたサブタイトルは当時大きな賛否を呼んだ。
ワンモアはシリーズ初のノーツ数2000台に到達したが、判定も相まってその解禁は至難の業だった。
新曲は全て専用のムービーorレイヤー付き。
beatmaniaIIDX 13 DistorteD データ保存がe-AMUSEMENT PASSに移行。プレイ中のHi-Speed変更機能追加。
段位認定モードの皆伝コース、ボスフォルダ初登場とシステムの一新が進んだ。
beatmaniaIIDX 14 GOLD 9thからおかしかった判定の改善。2人プレー時の1P/2P別難易度選曲が可能になった。
時期的に「ニコニコ動画」サービス開始と重なり、「Second heaven」「GOLD RUSH」等がネットで有名になった。
隠し曲をプレーする度に解禁ポイントを支払うもどかしさが目立った。
beatmaniaIIDX 15 DJ TROOPERS オプション・初心者に向けたフローの充実と二段階性のボスフォルダで好評。
beatmaniaIIDX 16 EMPRESS コンボが切れたら即終了となる「HAZARDモード」の登場。CSからノート表示時間を示す「緑数字」の輸入。
シリーズでも異色な女性的なテーマと、ボスフォルダにおける文字通りの「貢ぎ」、物量に偏りがちな譜面が賛否を分けた。
beatmaniaIIDX 17 SIRIUS CN(チャージノーツ)、BSS(バックスピンスクラッチ)の初登場で新たな高難易度へのアプローチ。
新オプションも登場し、オプション画面も一新。
過去作をモチーフとしたボスフォルダや、キャラクターを前面に押し出したPARTYモードが話題に。
beatmaniaIIDX 18 Resort Anthem 電子マネーPASELIに対応。異様に明るいワンモアが難易度も含めて話題になった。
ゲーム内における解禁ポイント「DELLAR」が登場。
収録曲の評価は全体的に高いが、代わりに過度の貢ぎイベントと解禁ネタバレが評価の足を引っ張った。
シリ不
beatmainaIIDX 19 Lincle STANDARDでの楽曲プレビュー、EX-HARDゲージ、STEP UPモードの導入。
階段どころか譜面とまで言われた凄まじい難易度のボス曲、新たなマスコットキャラを生み出した解禁イベント、正真正銘の『電波』曲をはじめとした収録ラインナップの大きな転換など、いろんな意味で個性的な要素も多い。
前作の解禁の重さに関する大問題は改善されたが、代わりにボスフォルダ曲の扱いに不満が出た。
なし
beatmaniaIIDX 20 tricoro HD画質化され、また所々のシステムが一新。なぜかEXPERTモード廃止。
過去作をモチーフとした赤のボスフォルダ、現代のBEMANIアーティストが参戦した青の解禁イベント、同人系アーティストの多数参戦とさらなる『電波』曲が揃い踏みした黄の店舗協力イベントの3つを主軸においた展開がなされた。
連動イベントもかなり多く、全体的に解禁が重い。イベント開催期間を逃すと後に別の手段で解禁する方式に。
なし
beatmaniaIIDX 21 SPADA 1プレー中におけるSPとDPのプレースタイル切り替えを導入。ここから旧曲無条件解禁廃止。
増税にともない電子マネー使用時とクレジット使用時のプレー仕様が差別化された。
ANOTHER譜面のさらに上位に当たる「†LEGGENDARIA」が登場。収録ジャンルの偏りと高難易度譜面の在り方が賛否を呼んだ。
なし
beatmaniaIIDX 22 PENDUAL 不定周期で「現代」Ver.と「未来」Ver.に入れ替わり、演出と一部楽曲が変化するギミックを搭載。
それに合わせたメインイベントや、その他細々としたイベントでプレイヤーは貢ぎと「時間」に追われた。
そしてついに「タイムイズマネー」と言わんばかりの課金アイテムが登場。
稼働初期に追加された幾つかのLEGGENDARIA譜面が最難関クラスに。
なし
beatmaniaIIDX 23 copula モチーフは「鉄道」というニッチなデザイン。CN捨て防止のHELL CHARGE(HCN)が搭載。
便利な新オプション「ASSISTED EASY」、十段と皆伝の間に新段位「中伝」が登場し、お馴染みのシステムにテコ入れが行われた。
旧曲・隠し楽曲解禁に問題有り。本作からメインイベント隠し曲の救済措置が消滅してしまった。
なし
beatmaniaIIDX 24 SINOBUZ サブタイ通りの和風な曲と、旧来ジャンルの再解釈が特徴のラインナップ。
曜日によってBGMが変わり特殊効果が付く「遁術システム」や、スキルポイントシステムにあたる「忍者ランク」を搭載。旧段位をベースにしたEXPERTコースも初登場。
イベント展開や解禁システム等は前作にほぼ沿っている。イベント仕様には一長一短な改変があり、前作同様楽曲の救済処置は無かった。
SPADA以来の難易度インフレを起こした。
なし
beatmaniaIIDX 25 CANNON BALLERS モチーフは「モータースポーツ」で、システムボイスもレース実況風。
ハードウェアのリニューアルにより、手元・顔元カメラが実装され、エフェクターの種類も一新された。しかし、音量のバラつきや判定の変更が混乱を招いた。
リアルタイム対戦ができるARENAモードが実装されたが、賛否両論となった。
メインイベントは久々に重めの1本に変更。
なし
beatmaniaIIDX 26 Rootage 現行作。モチーフは「音楽の図書館」。
HI-SPEEDオプション関連の機能刷新。「5KEYS」関連のアシストオプションの廃止。
EXTRAフォルダ「ARC SCORE」は3度目となる過去作振り返り系のイベント。

CS作品

機種 タイトル 概要 判定
PS2 beatmaniaIIDX 3rd style CS第1作目。AC1st~3rdの楽曲を収録しているが、一部未収録も。
beatmaniaIIDX 4th style
-new songs collection-
全収録曲を一本のゲージで連続プレイするSURVIVALモードを搭載。CSオリジナル曲を収録。
beatmaniaIIDX 5th style
-new songs collection-
LIGHT7よりも低難度の譜面で遊べるビギナーモードと、
用意された課題をクリアするドリルモードを搭載し初心者向けのモードが充実。
beatmaniaIIDX 6th style
-new songs collection-
独自要素であるムービーの全画面鑑賞モード・達人ムービー・リザルト画面の閲覧モードを搭載。
この作品で、一旦CS版IIDXの開発が中止された。
beatmaniaIIDX 7th style ファン達の期待に応え、CS版IIDXの開発が再開された。
CS4th・5thのサバイバルモードを遊びやすくしたマスターズモードを搭載。
後のバージョンからの楽曲の先行収録も話題を呼んだ。CSオリジナル曲は無く、とある攻略本を買うと本作と次回作のギャラリーモードを平常出現させる事ができた。
beatmaniaIIDX 8th style CS6th以来となる家庭用オリジナル楽曲を収録。
AC版とは違い、内部システムの劣化などが無い代わりに演出やスコア記録の簡略化、前作と被りまくりの旧曲が足を引っ張った。
beatmaniaIIDX 9th style ACでの問題点を大幅に改善し、無難に遊べるバージョンに。
beatmaniaIIDX 10th style 9thと同様芳しくなかったAC版の問題点を改善。
ACからリザルト画像が大量追加。特に曜日リザルトは従来のIIDXと真逆の絵柄で物議を醸した。
beatmaniaIIDX 11 IIDX RED AC版とは違いANOTHERに難易度がつけられた。
発売年と同年に稼働したAC DistorteDで搭載されたプレイ中のHi-Speed変更機能やSUD+、HID+の先行搭載を実現。
この作品から先行曲がまた無くなった。
beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY スコア記録機能が大幅にパワーアップした。判定タイミングの調節機能が追加されたが、判定がデフォルトで少しズレている。
「裏七級」の存在と、そこでのロング曲が話題になった。
AC版では厳しすぎたワンモアの出現条件が緩くなったが、それにショックを受けたプレイヤーもいた。
beatmaniaIIDX 13 DistorteD beatnation recordsアーティスト同士のコラボ企画&5鍵beatmaniaシリーズの楽曲収録。
DP皆伝課題曲が(悪い意味で)有名になる。
beatmaniaIIDX 14 GOLD アーティストコラボ企画&5鍵beatmania復刻の第2弾が開催。
ワンモア曲とある旧曲のムービーがCEROに引っかかり未収録になる事態に。
SP皆伝の段位専用譜面が話題になった。
beatmaniaIIDX 15 DJ TROOPERS CS版IIDXの集大成となる作品。本作が最後のCS版IIDXになるはずだった。
アーティストコラボ企画&5鍵beatmania復刻の第3弾。先行曲が久々に収録。
CSオリジナルのボスフォルダ演出はかなり評価が高い。黒ANOTHER譜面がプレイアブルとして初登場し、エンドコンテンツとして(?)とんでもない難易度の譜面が登場。
beatmaniaIIDX 16
EMPRESS + PREMIUM BEST
真の最後のCS版IIDX。
最初にして最後の新曲&EXPERTと、旧曲コレクション&段位認定の2ディスク構成になったプレミア作。
初心者にはオススメできるが、シリーズファンにとってはガッカリ要素が多かった。
なし
beatmania (PS2) 北米のみで発売された5鍵とIIDXのカップリング。ベースは『9th style』だが、JUST GREATが「PERFECT」になっている等の細かい違いもある。
Win beatmaniaIIDX INFINITAS コナステというクラウドゲーミングサービスによる初のPC版IIDX。
料金は月額制で毎月1,594円だが、チケットと別途楽曲パック購入システムがある。
収録楽曲はSIRIUS以降が中心というものの、旧曲の現行AC収録曲の配信が比較的多くペースも1ヶ月に1回と遅め。
現行AC収録曲なのにも関わらず配信されていない楽曲もあるが、逆にACでの削除曲、及び旧譜面もプレイできる。
収録楽曲数は630曲以上あるものの、楽曲やカスタマイズの解禁及びプレー環境構築の厳しさ、独自の魅力の無さが評価の足を引っ張っている。
サービス開始をきっかけに、新専用コントローラの発売プロジェクトが始動し、現在は2種類の公式専用コントローラーが発売された。
改善

関連作品

機種 タイトル 概要 判定
Win 武装神姫BATTLE RONDO Root26のキャラクターの一人『菱宮津軽』が『サンタ型神姫ツガル』として参戦している。 なし
PSP 武装神姫BATTLE MASTERS Mk.2 なし
AC ボンバーガール ツガルがボンバーガールとして登場。
但し名目上は上記『武装神姫』からの参戦という扱いで、デザイン等も『武装神姫』版を元にしている。