The Elder Scrollsシリーズリンク

機種 タイトル 作中年代 概要 判定
本編
DOS The Elder Scrolls: Arena 第三紀399年 全てはここから始まった。
一人称3D、大陸、町、種族、神など後のシリーズまで受け継がれる要素は既に揃っている。
なし
The Elder Scrolls II: Daggerfall 第三紀405年 建物内部を除く全てのフィールドがつながったオープンワールドとなる。
その広さは現在でも他の追随を許さない。
なし
Win/Xb The Elder Scrolls III: Morrowind 第三紀427年 Windows/Xbox上陸。MOD対応等、シリーズの方向性を決めた傑作。
北東の赤土地帯・モロウィンドのヴァーデンフェル島は前作よりやや小規模。
Win/360/PS3 The Elder Scrolls IV: Oblivion 第三紀433年 舞台は大陸と帝国の中心地・シロディールへ。TESシリーズ一つの区切りとなる作品。
Win/360/PS3 The Elder Scrolls V: Skyrim 第四紀201年 Steamへの本格的な進出作。これまでのおよそ200年後を描く。
北国スカイリムを舞台に内戦と竜の脅威が描かれる。
Win/One/PS4 The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition リマスター版、PC版程ではないがCS版もMODに対応。
Switch The Elder Scrolls V: Skyrim 追加コンテンツ収録済みの移植。amiiboに対応し、『ゼルダ』とのコラボ装備も登場。
スピンオフ
DOS The Elder Scrolls Legends: Battlespire 第三紀398年 最初のスピンオフ作品。ダンジョン探索がメインとなる。
The Elder Scrolls Adventures: Redguard 第二紀864年 TESシリーズでは異色の主人公固定の作品。
第2紀において帝国に立ち向かったレッドガードの英雄の物語。
Win/Mac/
PS4/One
The Elder Scrolls Online 第二紀583年 シリーズ初のMMO。設定上はパラレルワールド。
第2紀の空位となった帝国を巡って3つの勢力の争いが描かれる。
なし


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
Win/360/PS3 Fallout 3 『Oblivion』のエンジンを流用した、ベセスダもう一つの看板タイトル。



シリーズ概要

Bethesda Softworksが販売するPC向けの3DアクションRPGシリーズ。惑星ニルンのタムリエル大陸とその帝国を舞台にした正統派ファンタジー作品。
長大な歴史・年表や種族などの世界観設定が非常に細かく作られており、それは膨大なゲーム内書籍や伝説・町人の噂などとして表現されている。*1
本来の意味でのロールプレイを堪能できるだけの自由度が最大の特徴であり、スピンオフを除いた全作で主人公は容姿などもほぼ自由に設定可能。
プレイヤーに共通する基礎設定は「囚人であったが、何らかの理由により大きな使命を背負って自由になる」という点のみであるが、使命を無視して気ままに旅することさえ可能。

またWindows版はMODフレンドリーなことでも有名で、ユーザーの配布したMODでゲームを自在にカスタマイズすることができる。もちろん開発ツールが公開されているので、相応の技術力と熱意さえあれば自分でMODを作成・配布もできる。