DOOMシリーズリンク

本編

機種 タイトル 概要 判定
メイン作品
MS-DOS他 DOOM シリーズ第一作。自然な非線形マップと爽快感のあるゲームプレイで社会現象を巻き起こした。
MS-DOS他 The Ultimate DOOM 初代の完全版。新規エピソードが追加され、既存マップにも手が加えられている。
MS-DOS他 DOOM II: Hell on Earth 前作からわずか1年後に発売された第二作。
正当進化した本編とMODフリーなスタンスが評価され前作以上の売り上げを記録、現在も改良が続けられている。
MS-DOS他 FINAL DOOM 個性的なマップと凶悪な難易度を誇る、id tech 1エンジン版最後の作品。
ボリュームは本編の二倍だが新規要素はない。
なし
N64 DOOM 64 シリーズ唯一の家庭用機オリジナル作品。本家とは異なる独特な世界観がコアなシリーズファンから支持された。
PS4/One/
Switch/Win
DOOM 64 『~Eternal』と同時にリリースされた、Nightdive Studiosによるファン待望の移植作。
KEXエンジンにより『64』オリジナル版を完全再現し、新規エピソードも追加された。
Xb/Win/
Mac/Linux
DOOM 3 シリーズ第三作目であり、ナンバリングタイトルとしては10年ぶりとなる作品。
RtCW』の反響を受けてリアル路線のリブートへ方針転換、時流に乗りホラーFPSとなった。
なし
Xb/Win/Linux DOOM 3: Resurrection of Evil 『3』の拡張パック。開発は『Return to Castle Wolfenstein』のXbox版を手掛けた、Nerve Software。
新たなモンスターや武器が登場する追加ストーリーを収録。
PS4/One/Switch/
PS3/360/Win
DOOM 3: BFG edition 上記の拡張パックと新ストーリーを収録、システムの変更やHDリマスターが施された『3』の完全版。
本作からBethesda Softworksがパブリッシャーとなり、日本語ローカライズ&日本語音声が実現した。
PS4/One/
Switch/Win
DOOM(2016) 二度目となるリブート作品。目を覆いたくなるような残虐表現が特徴。
『3』から一転して旧作を意識したハイテンポな高速FPSに回帰し、旧作ファンにも受け入れられた。
PS4/One/Win DOOM Eternal 上記の続編。前作をベースとしながらも様々な点において改良・追加。
ストーリーもより壮大な内容に進化し、過去作へのリスペクト溢れる内容が評価された。
その一方で、一部武器・敵のバランスには難あり。

関連作品

機種 タイトル 概要 判定
MS-DOS他 Wolfenstein 3D 初代のベースとなった作品。画面構成などが受け継がれている。
『2』のシークレットステージは本作をモチーフとしており、雑魚敵としてナチス親衛隊がゲスト出演。
Mobile DOOM RPG 旧作『DOOM』をベースにした3Dダンジョン式RPG。携帯向けながらグラフィックは良好。
iOS DOOM Resurrection 『3』をベースにしたガンシューティング。
iOS DOOM II RPG 『DOOM RPG』の続編。
VR DOOM VFR 2016年版をベースにしたVR向けタイトル。
Commander Keenシリーズ 初代より前に『スーパーマリオ』PC移植を目指してMS-DOSで作られた、id Software初期の代表作である横スクロールアクション。
『2』のシークレットステージに主人公Keenがの首吊り死体がゲスト出演しているほか、敵キャラ「Dope Fish」は『Eternal』など多くのFPSにシークレットとして受け継がれた。
QUAKEシリーズ 『2』より後に作られた3DFPSシリーズ。
開発メンバーが共通しており、SSGやBFGをなどの一部武器やストーリー内容、高速のゲームプレイなど要素の多くが受け継がれている。

特徴

1993年に第一作が発売され、その完成度からシェアウェアを通じてアメリカ中に拡散、社会現象を巻き起こしたFPS。爽快感のあるゲームプレイが絶賛された一方で冒涜的な敵や残虐描写が社会問題となった。
多くのハードに移植され、『DOOM 3』がid Software最高の売り上げを記録するなどidの看板的タイトルである。2010年代のZenimax買収前後は人気も低迷していたが、『DOOM(2016)』が評価されたことで再びシリーズが始動、現在も精力的に新作が発売されている。

買収前に限った話ではあるが、プログラマーでありid Softwareオーナーでもあるジョン・カーマックの意向により使用されたid Techエンジンの多くが発売から数年後にオープンソース化しているのも特徴。特に『DOOM』『DOOM II』に使用されたid Tech 1は90年代にオープンソース化され、それを元に現在も多くの『DOOM』ファンが独自の起動用エンジンを開発している。


余談

  • 本編の時間軸設定は大まかに「正史」「非正史(Non-cannon)」「3」の三つに分かれており、「正史」とされる『DOOM1(UD)』『DOOM II』『DOOM 64』『DOOM(2016)』『DOOM Eternal』の主人公は同一人物。『FINAL DOOM』と『DOOM RPG』は「非正史」とされ、主人公やストーリー展開が本編と異なる。『DOOM 3』関連タイトルは全て独自の「3」時間軸であり、主人公の出自や展開などリブート前や二度目のリブート後とは完全に異なる世界となっている。