トゥームレイダーシリーズリンク

機種 タイトル 概要 判定
Core Design製作
PC/PS/SS トゥームレイダース 名シリーズの誕生。
PC/PS トゥームレイダー2 舞台は遺跡から、チベットの雪山やイタリアの水の都など大幅な変更。
PC トゥームレイダー2 ゴールデンマスク 2に追加シナリオのディスクを同梱したバージョン。
PC/PS トゥームレイダー3 密林から、果てはエリア51まで。もはやトゥームレイダー(墓荒らし)を超越した冒険劇に。
PC トゥームレイダー3 ロストアーティファクト 3に追加シナリオのディスクを同梱したバージョン。
PC/PS/DC トゥームレイダー4 ラストレベレーション 遺跡メインの探索に原点回帰。衝撃のラスト。
PC/PS トゥームレイダー5 クロニクル 過去作のキャラクターがララの活躍を懐古するという展開で進められる、外伝的な作品。
GBA トゥームレイダー: プロフェシー 日本国内では初の携帯機作品。
PC/PS2 トゥームレイダー 美しき逃亡者 原題は『Tomb Raider:The Angel of Darkness』。
発売延期を重ねて出来上がった、もっさりアクション&なんちゃってステルス。完全なる黒歴史。
後にCore Design自身もこの影響で開発部門の身売り及びスタジオ閉鎖となった。
Crystal Dynamics製作
PC/360/
PS2/PSP
トゥームレイダー: レジェンド 前作の大失敗により開発元を変更。
QTEやタイムアタック等の追加要素や、ゲームデザインを大幅に変更したシリーズの転換点。
なし
PC/360/PS2
Wii/PSP
トゥームレイダー: アニバーサリー シリーズ10周年記念作。
最新システムで1作目をフルリメイク。旧来のファンからも好評。
PC/360/PS3
PS2/Wii
トゥームレイダー: アンダーワールド ストーリーはレジェンドの続き。カメラアングルなど問題点も。 なし
PC/360/PS3 ララ・クロフト アンド ガーディアン オブ ライト DL専売。Co-opプレイ対応の異色作。
トゥームレイダー シリーズ初のCERO:Z指定。シリーズのリブート作品。トゥームレイダーとなる前のララを描く。 なし
PS4/One トゥームレイダー ディフィニティブエディション グラフィックを高解像度化し次世代機に移植。
PC/PS4/One ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス DL専売。GoLの路線を引き継いだ新作。今度は4人で冒険が出来る。
PS4/One/360/Win ライズ オブ ザ トゥームレイダー 前作の不満点を大幅解消。より完成度の高まった新生トゥームレイダー。
Eidos Montreal、Crystal Dynamics製作
PS4/One/Win シャドウ オブ ザ トゥームレイダー リブート三部作最終章。前作からの進化は控え目
スクウェア・エニックス製作
Win Lara Croft GO ターン制パズルとなったトゥームレイダー。スマホからの移植だが、完成度は非常に高い。
日本未発売
PC Unfinished Business(北米版タイトル:Tomb Raider Gold) 1作目の追加シナリオ集。
GBC Tomb Raider: STARRING LARA CROFT
Tomb Raider: Curse of the Sword
PS3 Tomb Raider Trilogy レジェンド、アニバーサリー、アンダーワールドのセット。



シリーズ概要

女性冒険家ララ・クロフトが世界中の遺跡を探検する3Dアクションゲームシリーズ。
その内容から女性版インディー・ジョーンズとも呼ばれ、特に海外では非常に人気が高く、2006年には「ビデオゲームのヒロインとして最も成功した人物」としてギネスに登録されている。
ゲーム的には初代から『美しき逃亡者』までを担当したCore Design製作の時代と『レジェンド』以降のCrystal Dynamics製作の時代に大きく分かれている。前者は精密な操作と高難易度のゲームデザインが特徴。後者は一般的な3Dアクションで万人向けなゲームデザインになっている。
この様にゲームデザインが大きく異なるため特に近年の作品は古参のファンと新規プレイヤーとで評価が割れがち。執筆する際はその点にも留意したい。