正典目録

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正統教会において正典としての新約聖書に最初に言及したのはエイレナイオスであった。180年ごろのことである。新約聖書の範囲についての主な言及は、ほかに2世紀末から3世紀のテルトゥリアヌス、筆者不明の『ムラトリ断片』に示された正典表、3世紀のオリゲネス、4世紀のエウセビオス、アタナシオス(367年復活祭書簡)に見られる。アタナシオスの書簡は現在新約聖書として知られる27文書すべてを挙げている。この基準が397年のカルタゴ教会会議において正式に承認された。