グノーシス主義

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4世紀にかけて地中海世界で勢力を持った古代の宗教・思想のひとつである。物質と霊の二元論に特徴がある。普通名詞としてのグノーシスは古代ギリシア語で認識・知識を意味する言葉であり、グノーシス主義は自己の本質と真の神についての認識に到達することを求める思想傾向を有する。

またグノーシス主義は、地中海世界を中心とするもの以外にイランやメソポタミアに本拠を置くものがあり、ヘレニズムによる東西文化の異教#シンクレティズムのなかから生まれてきたものとも云える。代表的なグノーシス主義宗教はマニ教であるが、マニ教の場合は紀元15世紀まで中国で存続したことが確認されている。

グノーシス主義の聖典

グノーシス主義はキリスト教と共通の歴史認識を持っているものの、根本的な点で異なり、独自の聖典を有する。
ナグ・ハマディ写本が最も有名な写本であり、他にベルリン写本などがある。

歴史書(天界成立神話)


外典福音書