タルグム

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タルグーム(ヘブライ語: תרגום‎, targum)とは、ヘブライ語で「翻訳、翻訳したもの」の意味。

ユダヤ教の聖典 (旧約聖書) のアラム語訳をいう。バビロン捕囚頃よりユダヤ人のなかには聖典の言葉である古代へブライ語を解するものが少くなったため、会堂での祈祷に際して、会衆の理解のため祭司の読むへブライ語原典をアラム語に訳することが行われた。翻訳は、2世紀のエジプト人の改宗ユダヤ教徒オンケロス Onkelos による。したがって、正式にはタルグーム・オンケロスと呼ぶ。単にタルグームというと、タルグーム・オンケロスを指すことが多い。