聖絶の正当性

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「聖絶」とは、聖書信仰の立場によって訳された『新改訳聖書』において造られたヘブライ語のヘーレム(חרם、ḥērem)の訳語(造語)である。一般的な用途に用いることを禁じ、神のために聖別すること、ささげられたもの、奉献物、のろわれたものを意味している。

イスラエルに敵対する異民族(通例は都市国家単位)に対して聖絶が用いられる時は、「神への奉納物として、異教の神を拝むものとそれに関連する事物をことごとく滅ぼし尽くす」こと、全ての戦利品を滅却することを意味した。すなわち、聖絶の対象とされた敵対異民族は全員が剣で殺され、また家畜も含め生けるものは全て殺戮された

「聖絶」の例

カナンの王はイスラエルを襲って、幾人かを捕虜にしたため、イスラエルは主に誓願を立てた。

民数記21:2、新改訳聖書
もし、確かにあなたが私の手に、この民を渡してくださるなら、私は彼らの町々を聖絶いたします。
  • 性の乱れによるソドムとゴモラの住民への裁き(創世記18-19章)
  • 偶像礼拝をするイスラエル人に対する裁き(出エジプト記22章20節)
  • ヨベルの年に聖絶された畑が主の聖なるものとなる。(レビ記27:21)
  • エリコの戦いにおける聖絶(ヨシュア記6章他)
  • ミデヤン人に対する聖絶(民数記21章)
  • アマレク人に対する聖絶(サムエル記上巻15章)
  • 異教の偶像に用いられた金や銀を欲しがるイスラエル人に対する裁き(申命記7章26節)

しかしながら、単に異教徒であるという理由で殺されたのは、ヨシュア記のカナンの侵攻のみである。

カナン侵攻

最も重要となるエリコ侵攻について、エリコ侵攻直前のヨシュアの発言を、ヨシュア記6:16-19より引用する。
七度目に、祭司が角笛を吹き鳴らすと、ヨシュアは民に命じた。「鬨の声をあげよ。主はあなたたちにこの町を与えられた。町とその中にあるものは、ことごとく滅ぼし尽くして主にささげよ。ただし、遊女ラハブおよび彼女と一緒に家の中にいる者は皆、生かしておきなさい。我々が遣わした使いをかくまってくれたからである。あなたたちはただ滅ぼし尽くすべきものを欲しがらないように気をつけ、滅ぼし尽くすべきものの一部でもかすめ取ってイスラエルの宿営全体を滅ぼすような不幸を招かないようにせよ。金、銀、銅器、鉄器はすべて主にささげる聖なるものであるから、主の宝物倉に納めよ。」

そして、エリコ侵攻も含めたカナン侵攻について、主がそれを命じたことが、ヨシュア記11:12-15に記されている。
ヨシュアは他の王の町々をすべて占領し、王たちを捕らえ、主の僕モーセが命じたように剣をもって彼らを撃ち、これを滅ぼし尽くしたが、ヨシュアが焼き払ったのはハツォルだけで、その他の丘の上に建てられた町々をイスラエルは焼き払わなかった。 これらの町々の分捕り品と家畜はことごとく、イスラエルの人々が自分たちのために奪い取った。彼らはしかし、人間をことごとく剣にかけて撃って滅ぼし去り、息のある者は一人も残さなかった。
主がその僕モーセに命じられたとおり、モーセはヨシュアに命じ、ヨシュアはそのとおりにした。主がモーセに命じられたことで行わなかったことは何一つなかった。

異教徒の処遇

ここで、旧約聖書において、「異教徒の処遇」については、次の2つの方法がある。
  1. 契約の中に入らなかった異教徒は、イスラエル人の処刑すべき対象ではない。異教徒は、徹底した堕落に陥らない限り、地上において生存することが許される。また、堕落した場合であっても、異教徒を裁くのは主の直接的審判が基本である。直接的な審判は、疫病や、他国の侵略、同化などによる。
  2. このような審判を、イスラエルを通じて行う場合がある。(※しかし、それは、ヨシュア記にのみしか出てこない。他の個所において、イスラエルが異邦人処刑のために用いられた個所は存在しない。)

したがって、殺人を禁止し、愛を説くはずの主がなぜカナンの侵攻においてのみ根絶やしにすることを許したのか、という観点で考えると、それまでに主が、その人々がユダヤ人を害したわけではないにも関わらず人々を殺害した例を考えてみるとよい。

主が根絶やしにした例

創世記における「ノアの方舟」と「ソドムとゴモラ」の例が上げられる。

ノアの方舟

ノアの方舟の経緯は、創世記6:11-13に書かれている。
この地は神の前に堕落し、不法に満ちていた。 神は地を御覧になった。見よ、それは堕落し、すべて肉なる者はこの地で堕落の道を歩んでいた。神はノアに言われた。「すべて肉なるものを終わらせる時がわたしの前に来ている。彼らのゆえに不法が地に満ちている。見よ、わたしは地もろとも彼らを滅ぼす。」
これについての説明は創世記6:5-7に書かれている。
主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。主は言われた。「わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。人だけでなく、家畜も這うものも空の鳥も。わたしはこれらを造ったことを後悔する。」

ソドムとゴモラ

ソドムとゴモラの破滅の経緯は、創世記18:20-21にかかれている。
主は言われた。「ソドムとゴモラの罪は非常に重い、と訴える叫びが実に大きい。わたしは降って行き、彼らの行跡が、果たして、わたしに届いた叫びのとおりかどうか見て確かめよう。」
その故に滅ぼすと、二人の御使いは言っている。創世記19:12-13より。
二人の客(二人の御使い)はロトに言った。「ほかに、あなたの身内の人がこの町にいますか。あなたの婿や息子や娘などを皆連れてここから逃げなさい。実は、わたしたちはこの町を滅ぼしに来たのです。大きな叫びが主のもとに届いたので、主は、この町を滅ぼすためにわたしたちを遣わされたのです。」
これについての明確な説明はないが、創世記19:4-9の記述から、男色などの姓の乱れが原因とされる。
彼ら(二人の御使い)がまだ床に就かないうちに、ソドムの町の男たちが、若者も年寄りもこぞって押しかけ、家を取り囲んで、わめきたてた。「今夜、お前のところへ来た連中はどこにいる。ここへ連れて来い。なぶりものにしてやるから。」ロトは、戸口の前にたむろしている男たちのところへ出て行き、後ろの戸を閉めて、言った。「どうか、皆さん、乱暴なことはしないでください。実は、わたしにはまだ嫁がせていない娘が二人おります。皆さんにその娘たちを差し出しますから、好きなようにしてください。ただ、あの方々には何もしないでください。この家の屋根の下に身を寄せていただいたのですから。」男たちは口々に言った。「そこをどけ。」「こいつは、よそ者のくせに、指図などして。」「さあ、彼らより先に、お前を痛い目に遭わせてやる。」そして、ロトに詰め寄って体を押しつけ、戸を破ろうとした。

カナンの人々が聖絶された理由

主はアブラハムに次のように語っている。

創世記15:13-16
主はアブラムに言われた。「よく覚えておくがよい。あなたの子孫は異邦の国で寄留者となり、四百年の間奴隷として仕え、苦しめられるであろう。しかしわたしは、彼らが奴隷として仕えるその国民を裁く。その後、彼らは多くの財産を携えて脱出するであろう。あなた自身は、長寿を全うして葬られ、安らかに先祖のもとに行く。ここに戻って来るのは、四代目の者たちである。それまでは、アモリ人の罪が極みに達しないからである。」

さらに、主はモーセにも次のように語っている。

レビ記18:25
これらの行為(性の尊厳を侵す行為)によってこの土地(カナン)は汚され、わたしはこの地をその罪のゆえに罰し、この地はそこに住む者を吐き出したのである。

ここでは、アブラハムの子孫がカナンの土地(アモリ人の土地)を得るまでに400年かかるのは、アモリ人の罪が極みに達するまでの猶予期間があるからだと言っている。そして、その罪はレビ記18章で定めるような性の尊厳を侵す行為である。以上のことを考えると、カナンの人々(アモリ人)は、主を怒らせるのに十分な罪を行っていた可能性が高いといえる。ノアの方舟の時も、ソドムとゴモラの時も、主は女子供まで(一部を除けば)すべてを根絶やしにしたからである。

考古学的・高等批評的な検証

なお、考古学的な検証では、エリコの遺跡で何千人もの殺戮が行われたことを証明する物証は何一つ発見できなかった。イスラエル人らがエリコにやってきたとき、そこにはすでに誰も住んでいなかったと考えるのが最も妥当であると言われている。そうなると、聖書通りの記載でなくとも、ノアの方舟ではメソポタミアの洪水、ソドムとゴモラでは小惑星アピンというように、現実の出来事が元となっている「直接的な審判」の逸話に対して、このエリコの虐殺が主張する「イスラエルによる虐殺」の正当性は非常に低いと言わざるを得ない。
ではなぜこのような殺戮が描かれたかと言うと、高等批評的な検証では、ヨシヤ王の宗教改革がかかわっていると考えられる。北イスラエル王国が滅亡し、残った南ユダ王国も存亡の危機にあったヨシヤ王の時代、ヨシヤ王や神官たちは神がイスラエルを見捨てた理由を、イスラエルが神を愛さず、偶像崇拝を続けたためだと結論づけた。そのため、イスラエルの信仰を強い一神教信仰に向かわせるために、主の強さと恐ろしさを強調した「聖絶」の逸話と付け加えたことが指摘されている。
そのことから、キリスト教徒が、たとえばアメリカ先住民(インディアン)の虐殺やヒトラーによるユダヤ人のホロコーストの実行を神の命令と曲解して正当化してきた事実は、決して正当化することなく、過去の過ちとして反省することが必要だろうと考える。